Share via


PivotCache.SaveAsODC メソッド (Excel)

ピボットテーブル キャッシュ ソースを Microsoft Office データ接続ファイルとして保存します。

構文

SaveAsODC (ODCFileName, Description, Keywords)

PivotCache オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
ODCFileName 必須 文字列型 (String) ファイルの保存場所。
Description 省略可能 バリアント型 (Variant) ファイルに保存する説明。
Keywords 省略可能 バリアント型 (Variant) ファイルの検索に使用するキーワード。各キーワードを空白で区切って指定します。

次の例では、キャッシュ ソースを ODCFile という名前の ODC ファイルとして保存します。 次の使用例では、アクティブ ワークシートにピボットテーブル キャッシュがあるものとします。

Sub UseSaveAsODC() 
 
 Application.ActiveWorkbook.PivotCaches.Item(1).SaveAsODC ("ODCFile") 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。