Sheets.Add メソッド (Excel)

新しいワークシート、グラフ、またはマクロ シートを作成します。 新しいワークシートがアクティブ シートになります。

構文

Add (Before, After, Count, Type)

expressionSheets オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Before 省略可能 Variant 指定したオブジェクトのシートの直前に、新しいグラフ シートを追加します。
After 省略可能 Variant 指定したオブジェクトのシートの直後に、新しいグラフ シートを追加します。
Count 省略可能 Variant 追加するシートの数を指定します。 既定値は、選択したシートの数です。
Type 省略可能 Variant ワークシートの種類を指定します。 XlSheetType 定数は、xlWorksheetxlChartxlExcel4MacroSheet、または xlExcel4IntlMacroSheet のいずれかを 指定できます。 既存のテンプレートに基づいたシートを挿入する場合は、そのテンプレートのパスを指定します。 既定値は xlWorksheet です。

戻り値

新しいワークシート、グラフ、またはマクロ シートを表すオブジェクト値。

解説

引数 Before と引数 After を共に省略すると、作業中のシートの直前に新しいシートが追加されます。

次の使用例は、作業中のブックの最後のシートの前に新しいワークシートを追加します。

ActiveWorkbook.Sheets.Add Before:=ActiveWorkbook.Worksheets(ActiveWorkbook.Worksheets.Count)

次の使用例は、アクティブなブックの最後のワークシートの後に新しいワークシートを挿入し、返されたオブジェクト参照をローカル変数にキャプチャします。

Dim sheet As Worksheet
Set sheet = ActiveWorkbook.Sheets.Add(After:=ActiveWorkbook.Worksheets(ActiveWorkbook.Worksheets.Count))

注意

32 ビット版の Excel 2010 では、この方法は一度に 255 を超えるシートを作成できません。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。