Share via


Style オブジェクト (Excel)

セル範囲のスタイル全体を表します。

注釈

Style オブジェクトには、フォント、数値の表示形式、配置などのすべてのスタイル属性がプロパティとして含まれています。 標準、通貨、パーセントなどの組み込みスタイルがあります。 多くのセルで複数の書式のプロパティを同時に変更するには、Style オブジェクトを使う方が効率よく便利です。

Workbook オブジェクトの場合、Style オブジェクトは Styles コレクションのメンバーです。 Styles コレクションには、ブックで設定されているすべてのスタイルが含まれています。

セルに適用されているスタイルのプロパティを変更すると、そのセルの表示形式を変更できます。 ただし、スタイル プロパティを変更すると、そのスタイルで既に書式設定されているすべてのセルに影響を与えることに注意してください。

スタイルはスタイル名で並べ替えられます。 スタイルのインデックス番号は、並べ替えられたスタイル名の一覧でのスタイルの並び順に対応します。 Styles(1) は一覧の最初のスタイルであり、 Styles(Styles.Count) は一覧の最後のスタイルです。

スタイルの作成と変更の詳細については、「 Styles オブジェクト」を参照してください。

Range オブジェクトで使用する Style オブジェクトを取得するには、Style プロパティを使用します。 次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:A10 にパーセント スタイルを適用します。

Worksheets("Sheet1").Range("A1:A10").Style = "Percent"

ブックの Stylesコレクションから 1 つの Style オブジェクトを取得するには、Style (index) を使用します。index はスタイルのインデックス番号または名前です。 次の例では、スタイルの Bold プロパティを設定して、作業中のブックの標準スタイルを変更します。

ActiveWorkbook.Styles("Normal").Font.Bold = True

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。