Share via


ThreeDFormat.IncrementRotationX メソッド (Excel)

指定した図形の x 軸回りの回転角度を、指定した角度だけ変更します。 図形の x 軸回りの絶対回転量を設定するには、 RotationX プロパティを使用します。

構文

IncrementRotationX (Increment)

ThreeDFormat オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Increment 必須 単精度浮動小数点型 (Single) 図形を x 軸回りに回転するときの回転角度を度単位で指定します。 -90 から 90 までの値を指定できます。 正の値を指定すると図形は上に傾き、負の値を指定すると下に傾きます。

注釈

RotationX プロパティの上限 (90 度から -90 度) を超えて、指定した図形の回転を x 軸の周りで調整することはできません。 たとえば、 RotationX プロパティが最初に 80 に設定されていて 、Increment 引数に 40 を指定した場合、結果の回転は 120 ではなく 90 ( RotationX プロパティの上限) になります。

Y 軸回りの図形の回転角度を変更するには、 IncrementRotationY メソッドを使用します。 z 軸の周りの図形の回転角度を変更するには、 IncrementRotationZ メソッドを使用します。

次の使用例は、myDocument の図形 1 を上に 10 度傾けます。 この使用例が動作するためには、図形 1 は 3-D 図形である必要があります。

Set myDocument = Worksheets(1) 
myDocument.Shapes(1).ThreeD.IncrementRotationX 10

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。