Share via


UsedObjects オブジェクト (Excel)

ブック内で割り当てられたオブジェクトを表します。

UsedObjects コレクションを取得するには、Application オブジェクトの UsedObjects プロパティを使用します。

UsedObjects コレクションが返された後、Count プロパティを使用して、Microsoft Excel アプリケーションで使用されるオブジェクトの数量を決定できます。

次の使用例は、割り当てられているオブジェクトの数を調べて、通知します。 次の使用例では、アプリケーションで実行された再計算が、終了前に中断されたものとします。

Sub CountUsedObjects() 
 
 MsgBox "The number of used objects in this application is: " & _ 
 Application.UsedObjects.Count 
 
End Sub

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。