Watches オブジェクト (Excel)

指定したアプリケーション内のすべての Watch オブジェクトのコレクション。

Watches コレクションを取得するには、Application オブジェクトの Watches プロパティを使用します。

次の例では、Microsoft Excel は Add メソッドを使用して新しい Watch オブジェクトを作成します。 次の使用例は、セル A3 に合計の数式を作成し、このセルをウォッチ機能に追加します。

Sub AddWatch() 
 
 With Application 
 .Range("A1").Formula = 1 
 .Range("A2").Formula = 2 
 .Range("A3").Formula = "=Sum(A1:A2)" 
 .Range("A3").Select 
 .Watches.Add Source:=ActiveCell 
 End With 
 
End Sub

Watches コレクションの Delete メソッドを使用して、ウォッチ機能から個々のセルを削除するように指定できます。 次の使用例は、ブック 1 のワークシート 1 のセル A3 を [ウォッチ] ウィンドウから削除します。 次の使用例は、ブック 1 のシート 1 にセル A3 を追加したことを前提としています (前の例を使用して Watch オブジェクトを追加します)。

Sub DeleteAWatch() 
 
 Application.Watches(Workbooks("Book1").Sheets("Sheet1").Range("A3")).Delete 
 
End Sub

ウォッチ コレクションの Delete メソッドを使用して、ウォッチ ウィンドウからすべてのセルを削除するように指定することもできます。 次の使用例は、[ウォッチ] ウィンドウからすべてのセルを削除します。

Sub DeleteAllWatches() 
 
 Application.Watches.Delete 
 
End Sub

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。