Workbook.Save メソッド (Excel)

指定されたブックへの変更を保存します。

構文

保存

Workbook オブジェクトを表 す変数

解説

ブック ファイルを開く場合は、 Open メソッドを使用 します。

ブックをディスクに書き込みせずに保存済みとしてマークするには、その Saved プロパティを True に設定 します

ブックを初めて保存する場合は、 SaveAs メソッドを使用してファイルの名前を指定します。

次の使用例は、作業中のブックを保存します。

ActiveWorkbook.Save

次の使用例は、開かれているすべてのブックを保存して Excel を終了します。

For Each w In Application.Workbooks 
    w.Save 
Next w 
Application.Quit

この例では 、BeforeSave イベントを使用して、ブックを保存する前に特定のセルにデータが含まれているか確認します。 D5、D7、D9、D11、D13、D15 の各セルにデータが含まれるまで、ブックを保存できません。

Private Sub Workbook_BeforeSave(ByVal SaveAsUI As Boolean, Cancel As Boolean)
   'If the six specified cells don't contain data, then display a message box with an error
   'and cancel the attempt to save.
   If WorksheetFunction.CountA(Worksheets("Sheet1").Range("D5,D7,D9,D11,D13,D15")) < 6 Then
      MsgBox "Workbook will not be saved unless" & vbCrLf & _
      "All required fields have been filled in!"
      Cancel = True
   End If
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。