Workbook.SaveAs メソッド (Excel)

ブックへの変更を別のファイルに保存します。

注意

複数のプラットフォーム間で Office エクスペリエンスを拡張するソリューションを開発することに関心がありますか? 新しい Office アドイン モデルを参照してください。 Office アドインは、VSTO アドインやソリューションに比べてフットプリントが小さく、HTML5、JavaScript、CSS3、XML などのほぼすべてのWeb プログラミング テクノロジーを使用して構築できます。

構文

SaveAs (FileNameFileFormat、Password、WriteResPassword_、ReadOnlyRecommended、_CreateBackupAccessModeConflictResolutionAddToMruTextCodepageTextVisualLayoutLocal)

Workbook オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
FileName 省略可能 Variant 保存するファイルの名前を示す文字列。 完全なパスを含めできます。保存しない場合は、Microsoft Excelを現在のフォルダーに保存します。
FileFormat 省略可能 Variant ファイルを保存するときに使用するファイル形式。 有効な選択肢の一覧については、 XlFileFormat 列挙を参照 してください。 既存のファイルの場合、既定の形式は最後に指定されたファイル形式です。新しいファイルの場合、既定は使用されているバージョンのExcelです。
Password オプション Variant ファイルを保護するためのパスワードを表す 15 文字以内の文字列を指定します。大文字と小文字が区別されます。
WriteResPassword オプション Variant ファイルの書き込みパスワードを表す文字列を指定します。 パスワードを設定して保存したファイルを、パスワードを指定しないで開くと、ファイルは読み取り専用で開かれます。
ReadOnlyRecommended 省略可能 Variant ファイルを開くとき、ファイルを読み取り専用として開くように勧めるメッセージを表示するには、 True を指定します。
CreateBackup 省略可能 Variant バックアップ ファイルを作成するには、 True を指定します。
AccessMode 省略可能 XlSaveAsAccessMode ブックのアクセス モードを指定します。
ConflictResolution 省略可能 XlSaveConflictResolution ブックの保存中にメソッドが競合を解決する方法を決定する XlSaveConflictResolution 値。 xlUserResolution を指定すると、競合を解決するためのダイアログ ボックスが表示されます。

xlLocalSessionChanges を指定すると、ローカル ユーザーの変更が自動的に受け入れられます。

xlOtherSessionChanges を指定すると、ローカル ユーザーの変更ではなく、他のセッションからの変更が自動的に受け入れられます。

この引数を省略すると、競合を解決するためのダイアログ ボックスが表示されます。
AddToMru オプション Variant 最近使用したファイルの一覧にブックを追加するには、 True を指定します。 既定値は False です。
TextCodepage 省略可能 Variant Microsoft Excel のすべての言語で無視されます。

: Excel は、FileFormat パラメーターを使用して指定された CSV 形式またはテキスト形式の 1 つにブックを保存する場合、現在のコンピューターで使用されているシステム ロケールの言語に対応するコード ページを使用します。 このシステム設定は、[コントロール パネル のRegion と > LanguageLocation > ] タブの [現在の場所] で使用できます
TextVisualLayout 省略可能 Variant Microsoft Excel のすべての言語で無視されます。

: Excelを CSV 形式またはテキスト形式の 1 つ (FileFormat パラメーターを使用して指定) に保存すると、これらの形式は論理レイアウトに保存されます。 左から右方向 (LTR) のテキストがファイル内の右から左方向 (RTL) のテキスト内に埋め込まれている場合 (またはその逆の場合)、ファイルの内容は、方向に関係なく、論理レイアウト機能によって、各言語に対応する適切な読みの順序でファイルに保存されます。 アプリケーションがファイルを開くと、LTR 文字または RTL 文字の各実行は、コード ページ内の文字値の範囲に従って正しい方向にレンダリングされます (デバッガーやエディターなど、ファイルの正確なメモリ レイアウトを表示するように設計されたアプリケーションを使用してファイルを開かない限り)。
Local オプション Variant Excel の言語設定 (コントロール パネルの設定を含む) に合わせてファイルを保存するには、True を指定します。 False (既定) は、Visual Basic for Applications (VBA) の言語に対してファイルを保存します (Workbooks.Open が実行される VBA プロジェクトが古い国際化 XL5/95 VBA プロジェクトである場合を含む場合は、通常は米国英語)。

注釈

パスワードを忘れると、シートまたはブックの保護を解除できなくなってしまうので注意してください。 大文字と小文字、数字、および記号を組み合わせた強力なパスワードを使用します。

  • 強力なパスワード: Y6dh!et5
  • 弱いパスワード: House27

強力なパスワードでありながら、書き留めておかなくても覚えておくことができるパスワードを使用してください。

次の使用例は、新しいブックを作成し、ユーザーにファイル名を入力させるダイアログ ボックスを表示して、そのファイル名でブックを保存します。

Set NewBook = Workbooks.Add 
Do 
    fName = Application.GetSaveAsFilename 
Loop Until fName <> False 
NewBook.SaveAs Filename:=fName

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。