Worksheet.CodeName プロパティ (Excel)

オブジェクトのコード名を返します。 値の取得のみ可能な文字列型 (String) の値です。

構文

CodeName

Worksheet オブジェクトを返 す式

解説

[プロパティ] ウィンドウの 右側のセル (Name) に表示される値は、選択したオブジェクトのコード名です。 デザイン時に、このプロパティの値を変更してコード名を変更することができます。 実行時にこのプロパティをプログラムで変更することはできません。

オブジェクトのコード名はオブジェクトを表すオブジェクト式の代わりに使用できます。 たとえば、ワークシート 1 のコード名が Sheet1 の場合、次の式は同じです。

Worksheets(1).Range("a1") 
Sheet1.Range("a1")

シート名がコード名と異なっている可能性があります。 シートを作成しても、シート名とコード名は同じですが、シート名を変更してもコード名は変更されません。コード名を変更しても (Visual Basic エディターの [プロパティ] ウィンドウを使用して) シート名は変更されません。

次の使用例は、ワークシート 1 のコード名を表示します。

MsgBox Worksheets(1).CodeName

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。