WorksheetFunction.CountIfs メソッド (Excel)

指定された範囲に含まれるセルのうち、複数の検索条件に一致するセルの個数を返します。

構文

CountIfs (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7, Arg8, Arg10, Arg11, Arg11, Arg12, Arg13, Arg14, Arg15, Arg16, Arg16, Arg17, Arg18, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25, Arg26, Arg27Arg28Arg29Arg30)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Arg1 必須 Range 対応する条件による評価の対象となる範囲を指定します。
Arg2Arg30 必須 Variant 計算の対象となるセルを定義する条件を数値、式、セル参照、または文字列で指定します。 たとえば、検索条件は 32、"32"、">32"、"Windows"、または B4 のようになります (式および文字列を指定する場合は半角の二重引用符 (") で囲む必要があります)。

戻り値

倍精度浮動小数点型 (Double)

解説

範囲内の各セルは、指定された対応する条件すべてがそのセルに対して True の場合 にのみカウントされます。

引数のセルが空のセルの場合、 CountIfs は 0 の値として扱います。

ワイルドカード文字、疑問符 (?) およびアスタリスク ()を条件で使用します。 ワイルドカード文字の疑問符は任意の 1 文字を表し、アスタリスクは任意の文字列を表します。 ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前に、"~" のように半角のティルダ (~) を付けます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。