CommandBarControls.Add メソッド (Office)

新しい CommandBarControl オブジェクトを作成し、指定されたコマンド バーのコントロールのコレクションに追加します。

注意

[!メモ] 一部の Microsoft Office アプリケーションにおける CommandBars の使用方法が、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの新しいリボン コンポーネントによって置き換えられました。 詳細については、「Office Fluent リボンの概要」を参照してください。

構文

Add (Type, Id, Parameter, Before, Temporary)

expression 必須です。 CommandBarControls オブジェクトを表す変数を指定します。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Type 省略可能 Variant 指定したコマンド バーに追加するコントロールの種類を指定します。 使用できる定数は、MsoControl クラスの msoControlButtonmsoControlEditmsoControlDropdownmsoControlComboBoxmsoControlPopup のいずれかです。
Id 省略可能 Variant 組み込みのコントロールを表す整数を指定します。 この引数を 1 に設定するか省略すると、指定した種類の空白のカスタム コントロールがコマンド バーに追加されます。
Parameter 省略可能 Variant 組み込みのコントロールの場合、この引数はコンテナー アプリケーションでコマンドを実行するときに使用されます。 カスタム コントロールの場合、この引数を使用して、Visual Basic のプロシージャに情報を渡したり、Tag プロパティの 2 番目の値のようなコントロールの情報を格納することができます。
Before 省略可能 Variant コマンド バーにおける新しいコントロールの位置を表す数字を指定します。 新しいコントロールは、指定した位置にあるコントロールの直前に挿入されます。 この引数を省略すると、コントロールは指定したコマンド バーの末尾に追加されます。
Temporary 省略可能 Variant True を指定すると、新しいコントロールが一時的なものになります。 コントロールは、コンテナー アプリケーションを閉じたときに自動的に削除されます。 既定値は False です。

次の使用例は、切り取り、コピー、および貼り付け用のボタンを持ったユーザー設定の編集ツールバーを作成します。

Dim customBar As CommandBar 
Dim newButton As CommandBarButton 
Set customBar = CommandBars.Add("Custom") 
Set newButton = customBar.Controls _ 
    .Add(msoControlButton, CommandBars("Edit") _ 
    .Controls("Cut").Id) 
Set newButton = customBar.Controls _ 
    .Add(msoControlButton, CommandBars("Edit") _ 
    .Controls("Copy").Id) 
Set newButton = customBar.Controls _ 
    .Add(msoControlButton, CommandBars("Edit") _ 
    .Controls("Paste").Id) 
customBar.Visible = True

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。