NameSpace.AutoDiscoverXml プロパティ (Outlook)

XML で情報を表す 文字列 を返しますから取得した Microsoft Exchange サーバーの自動検出サービスをホストしている Exchange のプライマリ アカウントです。 読み取り専用です。

構文

AutoDiscoverXml

'NameSpace' オブジェクトを表す変数。

解説

このプロパティは、 アカウント オブジェクトの AutoDiscoverXml プロパティに似ています。 現在のプロファイルで定義されている複数の Exchange アカウントがある場合は、特定のアカウントの AutoDiscoverXml プロパティを使用します。

返される XML の文字列には、可用性サービスやユニファイド メッセージング サービスなどの各種 Web サービスや、利用可能なサービスについての情報が含まれます。

アクティブなプロファイルに Microsoft Exchange Server 2007 またはそれ以降のサーバーに接続されたアカウントが含まれていない場合は、エラーが返されます。

NameSpace.AutoDiscoverXml は、Exchange サーバーの自動検出サービスから返される XML 文字列です。 次のコード サンプルでは、この XML 文字列は、通常の Outlook セッション中に使用可能なときに表示する AutoDiscoverConnectionMode プロパティを使用します。

Dim WithEvents Session As NameSpace 
 
Dim LastAutoDiscoverXml As String 
 
Dim LastAutoDiscoverConnectionMode As OlAutoDiscoverConnectionMode 
 
 
 
Private Sub Application_Startup() 
 
 Set Session = Application.Session 
 
 If (Session.AutoDiscoverConnectionMode <> olAutoDiscoverConnectionUnknown) Then 
 
 LastAutoDiscoverXml = Session.AutoDiscoverXml 
 
 LastAutoDiscoverConnectionMode = Session.AutoDiscoverConnectionMode 
 
 DoAutoDiscoverBasedWork 
 
 End If 
 
End Sub 
 
 
 
Private Sub Session_AutoDiscoverComplete() 
 
 LastAutoDiscoverXml = Session.AutoDiscoverXml 
 
 LastAutoDiscoverConnectionMode = Session.AutoDiscoverConnectionMode 
 
 If LastAutoDiscoverConnectionMode <> olAutoDiscoverConnectionUnknown Then 
 
 DoAutoDiscoverBasedWork 
 
 End If 
 
End Sub 
 
 
 
Private Sub DoAutoDiscoverBasedWork() 
 
 ' Do activity requires auto discover information 
 
 Dim displayName As String 
 
 Dim posStartTag, posEndTag As Integer 
 
 posStartTag = InStr(1, LastAutoDiscoverXml, "<DisplayName>") 
 
 posEndTag = InStr(1, LastAutoDiscoverXml, "</DisplayName>") 
 
 
 
 If (posStartTag > 1 And posEndTag > 1) Then 
 
 displayName = Mid(LastAutoDiscoverXml, posStartTag + 13, posEndTag - posStartTag - 13) 
 
 Debug.Print "DisplayName = " & displayName 
 
 End If 
 
End Sub

関連項目

NameSpace Object

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。