Share via


Document.Open イベント (Word)

文書が開いたときに発生します。

注:

別のドキュメントに埋め込まれたドキュメントを操作している場合、このイベントは発生しません。

構文

Private Sub Private Sub Document_Open

Document オブジェクトを表す変数。

注釈

イベント プロシージャがテンプレートに保存されている場合、そのテンプレートに基づいて新しい文書を開くとき、およびそのテンプレートを文書として開くときに、プロシージャが実行されます。

Document オブジェクトでイベントを使用する方法については、「Document オブジェクトでのイベントの使用」を参照してください。

次の使用例では、ドキュメントを開いたときにメッセージが表示されます。 (プロシージャは文書またはそれに添付されているテンプレートの ThisDocument クラス モジュールに保存できます)。

Private Sub Document_Open() 
 MsgBox "This document is copyrighted." 
End Sub

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。