InlineShapes オブジェクト (Word)

文書、指定範囲、選択範囲のすべての位置を固定した図形を表す InlineShape オブジェクトのコレクションです。

備考

InlineShapes コレクションを取得するには、 InlineShapes プロパティを使用します。 次の使用例は、作業中の文書の各位置を固定した図形を Shape オブジェクトに変換します。

For Each iShape In ActiveDocument.InlineShapes 
 iShape.ConvertToShape 
Next iShape

新しい図を位置を固定した図形として作成するには、 New メソッドを使用します。 AddPicture メソッドと AddOLEObject メソッドを使用して、ピクチャまたは OLE オブジェクトを追加し、それらをソース ファイルにリンクします。 ActiveX コントロールを追加するには、 AddOLEControl メソッドを使用します。

Shape オブジェクトは、文字列範囲にアンカーが配置されていて、そのページの中のどこにでも配置することができます。 ConvertToInlineShape メソッドと ConvertToShape メソッドを使用して、図形を 1 つの型から別の型に変換します。 位置を固定した図形に変換できるのは、図、OLE オブジェクト、および ActiveX コントロールだけです。

文書内のこのコレクションに Count プロパティを使用して、メイン テキスト ストーリーに含まれる項目の数を取得します。 他のストーリーに含まれる項目の数を取得するには、 Range オブジェクトと共にコレクションを使用します。

以前のバージョンの Word で作成した文書を開くと、図は位置を固定した図形に変換されます。

関連項目

Word オブジェクト モデル リファレンス

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。