定数を宣言する

定数を宣言すると、値にわかりやすい名前を割り当てることができます。 定数を宣言 、その値を設定するには、Const ステートメントを使用します。 定数を宣言した後に変更したり新しい値を割り当てたりすることはできません。

プロシージャ内またはモジュールの上部にある [宣言] セクションで定数を宣言できます。 モジュール レベルの定数 は、既定ではプライベートです。 パブリック モジュール レベルの定数を宣言するには、Const ステートメントの前に Public キーワード を指定します。 コードを読みやすく解釈しやすくするために、 Const ステートメントの前に Private キーワードを付け、プライベート定数を明示的に宣言できます。 詳細については、「スコープと可視性 について」を参照してください

次の例では、 Public 定数 conAge整数 として宣言し、値を割り当てします 34

Public Const conAge As Integer = 34

定数は 、ブール型、バイト 型、整数 型、 整数型、通貨型、 一型、 数型、日付 型、文字列 型、バリアント 型のいずれかのデータ型として宣言できます。 定数の値は既にわかっているため、 Const ステートメントでデータ型を指定できます。

1 つのステートメントで複数の定数を宣言できます。 データ型を指定するには、各定数のデータ型を含める必要があります。

次のステートメントでは、定数と conAge 整数 conWage として宣言 されています

Const conAge As Integer = 34, conWage As Currency = 35000

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。