Share via


^ 演算子

指数の数値を累乗するために使用します。

構文

result=number^exponent

^ 演算子の構文には、次の 3 つの指定項目があります。

パーツ 説明
result 必須。任意の数値変数
number 必須。任意の数値式
exponent 必須。任意の数値式。

注釈

exponent が整数値の場合にのみ、number は負の値になることがあります。 1 つので複数の累乗が行われる場合、^ 演算子は左から右への順に評価されます。

通常、resultデータ型は倍精度浮動小数点型 (Double) か、または倍数度浮動小数点型 (Double) を含むバリアント型 (Variant) です。 ただし、number または exponentNull 式の場合は、resultNull となります。

この例では、^ 演算子を使用して、指数の数値を累乗します。

Dim MyValue
MyValue = 2 ^ 2    ' Returns 4.
MyValue = 3 ^ 3 ^ 3    ' Returns 19683.
MyValue = (-5) ^ 3    ' Returns -125.

注:

64 ビット ユーザーの場合: キャレット演算子は 64 ビット環境で Long Long データ型を作成するために使用されるため、VBA IDE でこの演算子が正しく解釈されない可能性があります。 適切な解釈を行うために、キャレットの直前にスペース文字を追加します。

 x=y^2    ' Will generate "expected )" from VBA IDE.
 x=y ^2   ' Will be interpreted as x equals y squared.

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。