Share via


Copy メソッド

指定したファイルまたはフォルダーを別の場所にコピーします。

構文

オブジェクトコピー、[ 上書き ]

Copy メソッドの構文には、次の指定項目があります。

パーツ 説明
object 必須です。 常に File オブジェクトまたは Folder オブジェクトの名前を 指定 します。
destination 必須。 ファイルまたはフォルダーのコピー先。 ワイルドカード文字は使用できません。
overwrite オプション。 既存のファイルまたはフォルダーを上書きする場合は True (既定値) のブール値。False を指定しない場合。

注釈

File または FolderCopy メソッドの結果は、FileSystemObject.CopyFile または FileSystemObject.CopyFolder を使用して実行される操作と同じです。ここで、オブジェクトによって参照されるファイルまたはフォルダーが引数として渡されます。 ただし、これらの方法では、複数のファイルまたはフォルダーをコピーできます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。