Font オブジェクト (Microsoft Forms)

コントロールまたはフォームで使用するテキストの特性を定義します。

解説

コントロールやフォームには、それぞれ独自の Font オブジェクトがあり、他のコントロールやフォームに対して定義された特性とは別に、テキストの特性を個別に設定することができます。 フォントのプロパティを使用すると、フォント名を指定したり、テキストを太字や下線付きにしたり、テキストのサイズを調整したりできます。

注意

フォームに配置するコントロールの既定のフォント属性は、フォームまたはコンテナーのフォントのプロパティで決まります。

Font オブジェクトの既定の プロパティは Name プロパティですName プロパティの文字列が Null の場合、Font オブジェクトではシステムの既定のフォントが使用されます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。