Share via


Minute 関数

分を表す 0 から 59 までの整数を指定する Variant (Integer) を返します。

構文

(時間)

必要な 時間引数 は、 時間を表すことができる任意の Variant、 数値式文字列式、または任意の組み合わせです。 timeNull が含まれている場合は Null が返されます。

この例では、Minute 関数を使用して、指定した時間から分を取得します。 開発環境では、コードのロケール設定を使用して短い時刻形式で時刻リテラルが表示されます。

Dim MyTime, MyMinute
MyTime = #4:35:17 PM#    ' Assign a time.
MyMinute = Minute(MyTime)    ' MyMinute contains 35.

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。