Name プロパティ

指定したファイルまたはフォルダーの名前を設定または取得します。 値の取得と設定が可能です。

構文

オブジェクト。Name [ = newname ]

Name プロパティには、次の指定項目があります。

パーツ 説明
object 必須です。 常に File オブジェクトまたは Folder オブジェクト の名前を指定 します。
newname 省略可能。 指定した場合、newname が、指定した object の新しい名前になります。

解説

次のコードは、Name プロパティの使用を しています。

Sub ShowFileAccessInfo(filespec)
    Dim fs, f, s
    Set fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Set f = fs.GetFile(filespec)
    s = f.Name & " on Drive " & UCase(f.Drive) & vbCrLf
    s = s & "Created: " & f.DateCreated & vbCrLf
    s = s & "Last Accessed: " & f.DateLastAccessed & vbCrLf
    s = s & "Last Modified: " & f.DateLastModified  
    MsgBox s, 0, "File Access Info"
End Sub

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。