Share via


Nothing キーワード

Nothingキーワードは、実際のオブジェクトからオブジェクト変数の関連付けを解除するために使用されます。 オブジェクト変数に Nothing を割り当てるには、Set ステートメントを使用します。 例:

Set MyObject = Nothing 

複数のオブジェクト変数が同じ実際のオブジェクトを参照していることがあります。 オブジェクト変数に Nothing を代入すると、その変数は実際のオブジェクトを参照しなくなります。

複数のオブジェクト変数が同じオブジェクトを参照する場合、変数が参照するオブジェクトに関連付けられているメモリおよびシステム リソースは、すべての変数が Nothing に設定された後にのみ解放されます。明示的に Set を使用するか、実際のオブジェクトを参照する最後のオブジェクト変数が スコープ外になった後に暗黙的に解放されます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。