StrConv 関数

指定されたとおりに変換した Variant (String) を返します。

構文

StrConv(string, conversion, [ LCID ])

StrConv 関数の構文には、次の 名前付き引数があります。

パーツ 説明
string 必須。 変換する 文字列式です。
conversion 必須。 Integer。 実行する変換の種類を指定する値の合計値です。
LCID 省略可能。 LocaleID (システム LocaleID とは異なる場合)。 (システム LocaleID が既定です)。

設定

変換 引数の設定は次のとおりです。

定数 説明
vbUpperCase 1 文字列を大文字に変換します。
vbLowerCase 2 文字列を小文字に変換します。
vbProperCase 3 文字列内のすべての単語の最初の文字を大文字に変換します。
vbWide 4 文字列内の狭い (1 バイト) 文字をワイド (2 バイト) 文字に変換します。
vbNarrow 8 文字列内のワイド (2 バイト) 文字を狭い (1 バイト) 文字に変換します。
vbKatakana 16 文字列内のひらがな文字をカタカナ文字に変換します。
vbHiragana 32 文字列内のカタカナ文字をひらがな文字に変換します。
vbUnicode 64 システムの既定のコード ページ を使用 して文字列を Unicode に変換します。 (Macintosh では使用できません)。
vbFromUnicode 128 文字列を Unicode からシステムの既定のコード ページに変換します。 (Macintosh では使用できません)。

東アジア ロケールに適用されます。 ** 日本のみに適用されます。

注意

これらの定数は、Visual Basic for Applications によって指定されます。 そのため、コードの任意の場所で実際の値の代わりに使用できます。 ほとんどの定数は組み合わせて使用できますが ( vbUpperCase + vbWide など)、互いに排他的な定数もあります ( vbUnicode + vbFromUnicode など)。 定数 vbWidevbNarrowvbKatakana、vbHiragana は、適用されない 地域で使用すると、実行時エラー を引き起こします。

適切な大文字小文字の有効な単語区切り記号は、 Null (Chr$(0))、水平タブ (Chr$(9))、改行 (Chr $(10))、垂直タブ (Chr$(11))、フォーム フィード (Chr$(12))、キャリッジ リターン (Chr$(13))、スペース (SBCS) (Chr$(32)) です。 DBCS のスペースの実際の値は国/地域によって異なります。

注釈

ANSI 形式の Byte 配列を文字列に変換する場合は StrConv 関数を使用します。 このような配列から Unicode 形式で変換する場合は、割り当てステートメント を使用します

この例では、StrConv 関数を使用して Unicode 文字列を ANSI 文字列に変換します。

Dim i As Long
Dim x() As Byte
x = StrConv("ABCDEFG", vbFromUnicode)    ' Convert string.
For i = 0 To UBound(x)
    Debug.Print x(i)
Next

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。