Val 関数

文字列に含まれる数値を、適切な型の数値として返します。

構文

Val(string)

必須の string 引数は、任意の有効な 文字列式です。

解説

Val 関数は、数値の一部として認識できない最初の文字で、文字列の読み取りを中止します。 数値の一部と見なされることが多い記号や文字 (ドル記号、コンマなど) は、認識されません。

ただし、この関数は、基数プレフィックス &O (8 進数) と &H (16 進数) を認識します。 空白、タブ、およびライン フィード文字は、引数から削除されます。

次の例では、値 1615198 が返されます。

Val("    1615 198th Street N.E.")

次のコード例の Val は、示されている 16 進数値の 10 進数値である -1 を返します。

Val("&HFFFF")

注意

Val 関数は、ピリオド (.) のみを 有効な小数点の記号として認識します。 別の小数点の記号を使用する場合は (国際的なアプリケーションの場合など)、代わりに CDbl を使用して文字列を数値に変換します。

次の例では、Val 関数を使用して、文字列に含まれる数値を返します。

Dim MyValue
MyValue = Val("2457")    ' Returns 2457.
MyValue = Val(" 2 45 7")    ' Returns 2457.
MyValue = Val("24 and 57")    ' Returns 24.

注意

Val 関数は、変換前に非推奨のデータ型サフィックスを認識し、型の不一致エラーが発生する可能性があります。 たとえば、文字列 "50%" として表される 50% は予想どおりに 50 に変換されますが、Val("50.5%") はデータ型を整数として宣言するサフィックスと見なされるため、エラーが発生します。この場合はそうではありません。 データ型サフィックスの完全な一覧は、Single ( ! 、 通貨 ( @ ) 、 Double ( # ) 、 String ( $ ) 、 Integer ( % ) 、 Long ( & ) 、 LongLong ( ) ( ^ 64 ビット ホストの場合)。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。