Web 用 Excel

Excel for the web (旧称 Excel Web App) は、Microsoft Excel エクスペリエンスを Web ブラウザーに拡張し、ブックが格納されている Web サイトでブックを直接操作できます。 すべての顧客は、web 用の Microsoft 365 を使用して Office ファイルを表示および簡単に編集できます。

注:

50 メガバイト (MB) を超えるブックは、Microsoft Office SharePoint Online内からExcel for the webで表示できません。 これよりサイズの大きいファイルを表示するには、ご使用のコンピューターに Excel デスクトップ アプリをインストールする必要があります。

注:

オファーの比較に役立つ、この記事に記載されている高度な機能には、Office スイートでのみ使用できる Excel デスクトップ アプリ機能 (Office Professional Plus、Office Standard、Microsoft 365 Apps for enterpriseなど) が含まれます。 Word for the web や PowerPoint for the web など、Web 機能のすべてのMicrosoft 365 の一覧については、「Web プランのMicrosoft 365 全体の機能の可用性」を参照してください。

Excel for the webでサポートされているファイルの種類については、「web 用のMicrosoft 365 でサポートされているファイルの種類」を参照してください。 Excel for the webと Excel デスクトップ アプリの違いの詳細については、「ブラウザーと Excel でのブックの使用の違い」を参照してください。

シート タブに背景色を追加

ブックの下部にあるシート タブに背景色を追加して、目立つようにします。詳細については、「 シート タブに背景色を追加する」を参照してください。

セルにハイパーリンクを追加することによって、Web ページや Web 上のファイルにリンクします。 セルに直接 Web アドレスを入力するか、または [ハイパーリンクの挿入] コマンドを使用することができます。

高度なデータ型: 株式と地域

Excel では、在庫データと地理的データを取得できます。 テキストをセルに入力し、それを Stocks データ型または Geography データ型に変換するのと同じくらい簡単です。 株式と地域のデータ型の詳細については、こちらをご覧ください。

高度な時間フィルター処理 (タイムライン スライサー)

タイムライン コントロールでは、モデル化されたデータのフィルター処理を行うことができます。 この機能を使用すると、連続した日付範囲の表示や変更、ピボットテーブルやピボットグラフなどのピボットベースのオブジェクトのフィルター処理を視覚的に行うことができます。

Alignment

[ホーム] タブの配置ボタンを使用して、テキストの配置を変更します。

条件付き書式の適用

条件付き形式を使用すると、データの視覚的な探索と分析、重大な問題の検出、パターンと傾向の特定に役立ちます。 Excel for the webで条件付き書式を使用する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

Apply data validation to cells

この機能は、Excel for the webで使用できます。 その他の高度な機能は、Excel デスクトップ アプリでのみ使用できます。

Apply smart/recommended formatting

Excel for the webでは使用できません。 Excel デスクトップ アプリで推奨されるグラフを使用すると、データの提示に最適なさまざまなグラフから選択できます。 Excel でグラフの推奨事項を使用する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

オートコンプリート

Excel for the webは、セルに入力する内容を完了でき、複数の値が存在する場合は、選択できるリストにそれらをすべて表示します。

AutoSum

列または行の数値を合計するには、合計するセルを選択して [オート SUM] をダブルクリックします。 結果は次の空白のセルに表示されます。

計算

Excel を使用して、さまざまな自動、手動、反復計算を実行することができます。 Excel では、これらの計算を実行するのに関数を使用します。 詳細については、「Excel 関数 (カテゴリ別)」を参照してください

数式でセル参照

数式ではセル参照を使用できます。 数式内のセルまたは範囲を参照すると、参照されるセルまたは範囲が色で強調表示されます。 詳細については、「 数式でセル参照を使用する」を参照してください。

新しいデータに合わせたグラフ アニメーション

高度なグラフ機能は、Microsoft Excel デスクトップ アプリのみでサポートされます。 SmartArt グラフィックをアニメーション化する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

ピボットグラフ レポートとピボットテーブル レポートを含む、グラフとテーブル

Excel のグラフとテーブルを使えば、データの書式設定と情報の管理を簡単に行うことができます。 詳細については、「テーブルの 作成と書式設定 」および 「ピボットテーブルレポートとピボットグラフ レポートの概要」を参照してください。

スペル チェック

ワークシート上の任意のテキストのスペルチェックを行う場合は、[スペル チェック>の確認>] を選択しますスペル チェックの詳細については、こちらをご覧ください。

Comment creation

Excel for the webでコメントを挿入、編集、削除できます。 コメント スレッドを解決して、編集や新しいコメントに閉じることもできますが、そのままにします。 これにより、必要に応じてスレッドをコメントに再度開くことができます。 Use @mentions in your comments をクリックして、メンションしたユーザーにメールを送信します。 Excel へのコメントの追加の詳細については、こちらをご覧ください。

テーブルを範囲に変換する

Excel テーブルを作成した後は、テーブルの機能を持たないテーブル スタイルのみが必要になる場合があります。 適用したテーブル スタイルの書式設定を失わずにテーブル内のデータの操作を停止するには、ワークシート内の通常のデータ範囲にテーブルを変換します。 Excel テーブルをデータ範囲に変換する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Copy and paste

テキスト、ハイパーリンク、数値、数式、図形、グラフ、画像を切り取り、コピー、貼り付けることができます。 行の並べ替えに回転する必要がある列のデータがある場合は、[貼り付け] メニューの [トランスポーズ] 機能を使用します。 Excel for the webでのコピーと貼り付けの詳細については、こちらをご覧ください。 ブラウザーとして Edge または Chrome を使用すると、他のアプリからハイパーリンクをコピーし、Excel for the webに貼り付けることができます。 貼り付けたハイパーリンクは正常に機能します。

Create external data connections

Excel for the webを使用してデータ接続を表示できますが、Excel for the webを使用して外部データ接続を作成することはできません。 外部データを操作するには、Excel デスクトップ アプリが必要です。

テーブルの作成

テーブルを作成して関連データの整理と分析を行います。 テーブルを作成することで、データの並べ替え、フィルター処理、および書式設定が容易になります。 スタイル ギャラリーなど、 テーブルの書式設定オプションを使用して、いくつかの磨きを追加します。

高度な分析ビューの作成 (Power Pivot とスライサー)

Power Pivot などの高度な分析ビューは、Excel デスクトップ アプリでのみ使用できます。 これらの機能は、Excel for the webではサポートされていません。 PowerPivot の詳細については、こちらをご覧ください。

データの入力規則

データ検証を使うと、ユーザーがセルに入力するデータや値の種類を制限することができます。 詳細については、「 セルにデータ検証を適用する」を参照してください。

Drag and drop cells

セルの値をExcel for the webに移動するには、セルを 1 つの場所から別の場所にドラッグ アンド ドロップします。

セルの罫線を描画する

ワークシート上のセルの周囲に罫線を描画して、データを視覚的に整理できます。 Excel のセル罫線の詳細については、こちらをご覧ください。

Dropbox

Dropbox は、クラウド ストレージ、ファイルの同期、個人用クラウド、クライアント ソフトウェアを提供するファイル ホスティング サービスです。

ワークシートの複製 (コピー)

ブック内またはExcel for the web内の別のブックにワークシートを複製 (またはコピー) できます。 Excel for the webでのワークシートのコピーの詳細については、こちらをご覧ください。

Web ページやブログ ページへのブックの埋め込み (OneDrive)

OneDrive.com に Excel ブックを保存すると、ブログや Web サイトに直接 Excel ブックを埋め込むことができます。 閲覧者はデータの並べ替え、フィルター処理、計算をその場で行うことができます。 また、OneDrive のブックを更新すると、閲覧者がページを更新したときに最新の変更内容が表示されます。ブログへの Excel ブックの埋め込みの詳細をご確認ください。

外部参照 (リンクとも呼ばれる) とは、別の Excel ブック内のワークシートのセルやワークシートの範囲への参照、または別のブック内の定義された名前への参照のことです。 Excel for the webを使用して外部参照を表示できますが、Excel for the webを使用して作成することはできません。 外部参照を作成または更新するには、Excel デスクトップ アプリが必要です。

フィル ハンドル

選択したセルまたはセルの範囲の右下に表示されるフィル ハンドルをドラッグして、隣接するセルにデータを入力します。

検索

作業中のワークシートでセルの内容を検索します。 使いやすいダイアログ ボックスでは、ワークシートの現在の選択範囲から上下に検索するオプションが表示されます。 [すべて検索 ] を使用すると、検索語句のすべてのインスタンスを強調表示できます。

フォントおよびセルの書式設定

必要に応じてデータの表示形式をカスタマイズします。 さまざまなフォント スタイルや色を選択したり、テキストのサイズや色を変更したりできます。 さらに、セルの罫線を描画し、罫線の色を選択することもできます。

Formula bar

数式バーでは、セルの表示結果の元になる数式を確認します。 Excel デスクトップ アプリと同じように、ブラウザーで数式の追加、変更、および削除を行うことができます。 Excel for the webは、数式とワークシート上のデータの間の視覚的なマッピングを提供する色で数式の引数を強調表示します。

高度な数式ツール

Microsoft Excel デスクトップ アプリには、3D 参照スタイルなどの最も高度な数式ツールが用意されています。 Excel for the webでは、動的配列数式など、高度な Excel 数式の数が増えています。 数式の詳細については こちらをご覧ください。

Freeze panes

固定ウィンドウ機能は、Excel for the web リボンで使用できます。 Excel でのウィンドウの固定のしくみの詳細と、Excel for the webに関するヒントを参照してください

忠実な閲覧表示

編集表示でブラウザーのブックに表示できるものはすべて、閲覧表示でも表示できます。

関数

FILTER 関数などの動的な配列数式で使用される関数など、Excel for the webの数式では、400 を超える Excel ワークシート関数の大部分を使用できます。

GoTo

GoTo 機能を使用して、スプレッドシート全体をすばやく移動できます。 セル参照を入力すると、スプレッドシートのその場所にジャンプします。 Excel for the webのキーボード ショートカットの詳細については、こちらをご覧ください。

データをグループ化する

Excel for the web スプレッドシートでは、行と列をグループ化またはアウトライン化できます。 キーボード ショートカットを使用すると、作成したグループをすばやく簡単に展開または折りたたみできます。 Excel for the webでのデータのグループ化の詳細については、こちらをご覧ください。

Hide/unhide rows, columns, and sheets

ブック内の行、列、シートは、Excel for the webで非表示または再表示できます。

アイデア

Excel のアイデアは、概要、傾向、パターンの概要を通じてデータを理解するのに役立ちます。 データ範囲内のセルを選択し、[ホーム] タブの [アイデア] ボタンを選択するだけです。Excel のアイデアは、データを分析し、作業ウィンドウで興味深いビジュアルを返します。 Excel のアイデアの詳細については、こちらをご覧ください。

グラフの挿入

グラフを作成してデータを視覚的に表現します。 縦棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、横棒グラフなどの各種グラフから選択できます。 使用可能なグラフの種類の詳細については、こちらをご覧ください。

Insert/delete rows and columns

[ホーム] タブで [挿入] または [削除] を選択する前に 1 つ以上の行を選択して、ワークシート内の行または列を一度に 1 つまたは複数一度に追加または削除します。

画像を挿入する

スプレッドシートに画像を挿入して、視覚的な関心を追加します。 Excel for the webに画像を挿入する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

図形の挿入

ボックス、円、線、コネクタ、矢印などの図形をExcel for the webスプレッドシートに追加して書式設定します。 図形の追加の詳細については、こちらをご覧ください。

キーボード ショートカット

キーボード ショートカットの設定を変更することで、デスクトップおよび Web バージョンの Excel で同じように動作するようにキーボード ショートカットを制御できます。ブラウザーのショートカットをオーバーライドすることもできます。 [ヘルプ>キーボード ショートカット] を選択するだけです。

Merge cells

Use Merge & Center on the Home tab to combine and center the contents of the selected cells in one larger cell. 配置を変更するには、[配置] ボタンを選択します。

名前の範囲

Excel for the webで名前付き範囲を作成することはできませんが、Excel デスクトップで作成した名前付き範囲は、Excel for the webのスプレッドシートで使用できます。 名前付き範囲を選択すると、数式バーの直前に名前が表示されます。

数値の書式

数値の書式を変更します。 書式の一覧での [通貨] や [短い日付形式] などの書式の選択、小数点以下の桁数の変更、または桁区切り記号の追加を行います。

Office アドイン

一部の Office アドインは使用できませんが、Excel for the webで使用できるわけではありません。 Excel 用のアドインは、Office ストアから入手できます。 Excel アドインを取得する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

オフラインでの表示と編集

Excel for the webはインターネット ブラウザーから起動され、インターネット接続に依存します。 オフラインでスプレッドシートにアクセスするには、ご使用のコンピューターに Microsoft Excel デスクトップ アプリをインストールし、Excel デスクトップ アプリを使用して Excel ワークシートの表示や編集を行う必要があります。

PivotTables

Excel for the web スプレッドシートにピボットテーブルを挿入し、データの計算、集計、分析を行うことができます。 Excel for the webにピボットテーブルを挿入する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

ソーシャル ネットワークへの投稿とオンライン共有

ソーシャル ネットワーク ページ、Skype for Business の会話、または会議に Web 上のスプレッドシートの選択した部分を埋め込んで共有します。 Excel for the webでは、これらの機能はサポートされていません。

Power Pivot の表示

Excel for the webでは、Power Pivot のテーブルとグラフを表示できますが、Power Pivot データ モデルを作成するには Excel デスクトップ アプリが必要です。

印刷

Excel for the webの [印刷] コマンドを使用して、ワークシート全体または現在の選択範囲をプリンターに送信します。 Excel for the webで印刷する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

リアルタイム共同編集

2 人以上のユーザーが、Excel デスクトップ アプリの代わりに各自の Web ブラウザーを使用して、同時に同じスプレッドシートで作業することができます。 リアルタイム プレゼンスを使用すれば、共同編集者が文書のどこを編集しているかを確認して編集中の競合を避けたり、彼らの変更箇所を表示したりできます。 リアルタイム共同編集の詳細については、「Excel ブックの共同編集を使用して同時に共同作業を行う」を参照してください。

高度なグラフは、Microsoft Excel デスクトップ アプリのみでサポートされます。 Excel for the webでは、これらの機能はサポートされていません。 使用可能なグラフの種類の詳細については、こちらをご覧ください。

重複する値の削除

範囲またはテーブル内の重複する値を削除できます。 詳細については、「 一意の値をフィルター処理する」または「重複する値を削除する」を参照してください。

Rename and add sheets

[新しいシート] アイコンを選択してシートを追加します。 シートの名前を変更するには、シートのタブを右クリックします。

ブックが開いている間にファイルの名前を変更

Excel for the webでは、ヘッダーでファイル名を選択して新しい名前を入力することで、ブック ファイルを閉じずに名前を変更できます。 Excel デスクトップ アプリを使用してファイルの名前を変更するには、デバイス上のその場所に移動して、その名前を変更します。

置換

Excel for the webでは使用できません。 お使いのコンピューターに Excel デスクトップ アプリがインストールされている場合は、Excel を使用してドキュメントの内容の検索と置換を行うことができます。 Excel で検索と置換を使用する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Rights Management: IRM and password security

Excel デスクトップ アプリでは、パスワード、アクセス許可、その他の制限を使ってブックを保護します。 Excel for the webでは、シート保護を含むブックを読み込んで操作できます。これにより、ユーザーが保護されたセルを選択または入力できなくなります。 これにより、ユーザーは保護されたセルの選択や入力ができなくなります。Excel ブックの保護の詳細をご確認ください。

保存またはダウンロード

ブックの独自のコピーが必要ですか? [ファイル] タブの [名前を付けて保存] コマンドを使用するか、フォルダー内のブックの名前を右クリックし、[ダウンロード] コマンドを使用してコピーをコンピューターに送信します。

秘密度ラベル

手動でラベルを適用するか、Microsoftから自動的に推奨されるラベルを使用して、ドキュメントのアクセスと機密性の制御を維持します。

共有

他のユーザーがドキュメントを表示または編集できるように、ワンクリックでリンクを送付できます。 Office 365で Web を連携させるためにMicrosoft 365 を使用する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

シートの保護

Excel ファイルを他のユーザーと共有する場合、ワークシートが変更されるのを防ぐためにワークシートを保護することができ、ワークシートのユーザーに許可する操作を選択することもできます。

シート ビュー

シート ビュー を使用すると、他のユーザーによって中断されることなく、Excel ワークシートのカスタマイズされたビューを作成できます。 たとえば、ドキュメント内の他のユーザーの並べ替えやフィルター処理の影響を受けることなく、重要なレコードのみを表示するようにフィルターを設定できます。 同じワークシートに複数のシート ビューを設定することもできます。

スライサー

ワークシートのスライサーを表示し、スライサー ボタンを選択してデータをフィルター処理します。 Excel for the webでスライサーを作成または編集することはできませんが、既存のスライサーを削除することはできます。

Sort and filter data

Excel for the webでは、すべてのワークシートの表示と並べ替え、データの並べ替えとフィルター処理 (上から下または左から右、複数のレベル)、ピボットテーブルの詳細をドリルインできます。 アイコン セットまたはカラー スケールを使用する条件付きで書式設定されたデータを、そのアイコンまたは色の値を使用して並べ替えます。 データの並べ替えとフィルター処理の詳細については、こちらをご覧ください。

スプレッドシートの監査とコンプライアンス

Microsoft Excel デスクトップ アプリでは、ワークシートの検査と比較の機能を使用して、ブックのバージョンの比較、ブックの問題点や不整合の分析、またはブックとワークシートとの間のリンクの確認を行うことができます。 Excel for the webでは、これらの機能はサポートされていません。 スプレッドシートの問い合わせでできることの詳細については、こちらをご覧ください。

Status bar aggregates

Excel for the webでセルのグループを選択すると、ステータス バーに SUM、AVERAGE、COUNT が表示されます。 表示する集計を選択することによって、ステータス バーをカスタマイズすることもできます。

アンケート調査

Survey を使用して、入力できるExcel for the web フォームをユーザーに送信します。応答はオンライン ワークシートに自動的にコンパイルされます。 Excel でのアンケートの詳細については、こちらをご覧ください。

操作アシスト

Excel for the webで何かを実行する必要があるが、その方法がわからない場合は、Tell Me 検索機能を使用して、探しているものをすばやく見つけることができます。 「教えて」を利用すればさまざまな機能について詳しく知ることができ、作業時間短縮のためのヒントが得られます。

テキストの書式設定

取り消し線、Excel for the webのインデントの増減など、さまざまなテキスト書式設定オプションを適用できます。

全データ

[行の合計の切り替え] オプションを有効にすると、テーブル内のデータをすばやく集計できます。 詳細については、「 Excel テーブルのデータの合計」を参照してください。

元に戻す/やり直し

Excel for the webは自動的に作業を保存します。 間違った場合は、[元に戻す] を使用するか、Ctrl + Z キーを押し、やり直すか Ctrl + Y キーを押します。 Excel for the webのキーボード ショートカットの詳細については、こちらをご覧ください。

VBA およびマクロの作成

Microsoft Excel デスクトップ アプリは、データの操作、分析、共有に使用できる強力なツールです。 これには充実した機能が備わっていますが、必要な場合には、プログラミング言語である VBA (Visual Basic for Applications) を使用して、日常的な繰り返し作業を実行するマクロやユーザー インターフェイス (UI) では対応していないような作業を実行するマクロを作成して、作業を効率的に進めることができます。 Excel for the webで VBA を使用してマクロを作成することはできませんが、ファイルに含まれる VBA を削除 (または破損) することなく、VBA 対応スプレッドシートを開いて編集できます。 マクロの概要について詳しくは、こちらをご覧ください。

3D グラフの表示

ワークシートに 3D グラフを表示します。 Excel for the webで 3D グラフを作成または編集することはできません。

What if analysis tools

Excel for the webでは使用できません。 "What if" 分析結果は、期待どおりにExcel for the webで表示できます。 ゴール シーク、データ テーブル、ソルバー、系列などの分析ツールを使用する場合は、Excel デスクトップ アプリが必要です。 ブラウザーと Excel デスクトップ アプリでブックを使用する場合の違いについて詳しくは、こちらをご覧ください。

ブックの統計情報

ブックの統計情報機能は、ブックの要素をカウントして識別し、そのすべてのコンテンツを検出するのに役立ちます。 [ レビュー ] タブに表示されます。

機能の可用性

プラン、スタンドアロン オプション、およびオンプレミス ソリューション全体の機能の可用性を表示するには、Web サービスの説明については、「Microsoft 365」を参照してください。