Web 用 OneNote

OneNote for the web (OneNote Web App) を使用して、どこからでも追加して他のユーザーと簡単に共有できる OneNote ノートブックでオンラインでメモを取ることができます。 すべてのお客様は、ユーザーがファイルを使用してOfficeファイルを表示し、軽Office for the web。

Advanced collaboration: New content shows as unread, presence

このサイトではOneNote for the web。 OneNote デスクトップ アプリでは、OneNote の統合プロファイルを使用して他の編集者の識別と認証を容易に行うことができます。 ノートブックの変更内容を編集者の名前を使って検索できるため、共有ノートブックを再度利用する際に最近行われたすべての編集内容を確認できます。

Apply tags

このOneNote for the web、さまざまなタグをメモに適用して、簡単な組織とフォローアップを行います。 たとえば、質問、To-Do、または連絡先情報などのフラグをノートに設定することができます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

Office アドイン

OneNote for the webのコンテンツ アドインのみをサポートOffice。 コンテンツ アドインは、Web ベースの機能をドキュメントに合わせて表示できるコンテンツとして統合します。 詳細については、「Office 2013 用アプリの概要」を参照してください。

Audio notes recording

このサイトではOneNote for the web。 デスクトップ アプリOneNoteを使用すると、録音中に使用するテキスト ノートに直接リンクされているオーディオノートとビデオ ノートを録音できます。 OneNote for the webビデオ コンテンツは再生されませんが、メディアはノートブックに保存され、オーディオ ファイルとビデオ ファイルをコンピューターにダウンロードして再生できます。

箇条書きと段落番号

このOneNote for the web、3 つの箇条書きスタイルまたは 5 つの番号付けスタイルを適用できます。 [インデントの増加] ボタンと [インデントの減少] ボタンを使用して、ノートブック内の既存の箇条書きおよび番号付きリストのリスト レベルと、OneNote for the web で作成されたリストのレベルを変更します。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

クリップボード

このOneNote for the web、ノートブック内のコンテンツを切り取り、コピー、貼り付けできます。 デスクトップ アプリとデスクトップ アプリの間でOneNote for the web貼りOneNote貼り付けできます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

Clipping experiences

このサイトではOneNote for the web。 OneNote デスクトップ アプリを使用すると、画面に表示されているコンテンツをクリップしたり、Web ページまたはドキュメント全体をノートブック セクションに送信したり、ノートブックの一部として自動的に保存およびファイルされるクイック ノートを書き換えることができます。

共同編集

このOneNote for the web、デスクトップ アプリまたはデスクトップ アプリを使用している他の場所のOneNote for the webノートブックOneNote同時に編集できます。 詳細については、「OneNote Online の基本的な作業」を参照してください。

Create and manage pages and sections

このOneNote for the web、セクション内に新しいページを作成するか、ノートブック内の新しいセクションを作成することで、新しいノートブックまたは既存のノートブックに簡単に追加できます。 ページとセクションは、カスタマイズ、書式設定、ノートブック間での移動またはコピーが可能です。 詳しくは、ノートブックのOneNote for the webをご覧ください

Download copy of embedded Office files

このOneNote for the webを使用すると、Officeファイルを添付ファイルまたは印刷物として挿入して、ノートブックの一部として保存できます。 OneNote 2013 デスクトップ アプリには、ノートに Excel スプレッドシートや Visio 図面を埋め込む機能もあります。 詳細については、「OneNote に Microsoft Office ファイルを埋め込む」を参照してください。

Dropbox

Dropbox は、クラウド ストレージ、ファイルの同期、個人用クラウド、およびクライアント ソフトウェアを提供するファイル ホスティング サービスです。

Edit embedded files

このOneNote for the web、埋め込みファイルをコンピューターにダウンロードして開きます。 デスクトップ アプリOneNoteを使用すると、ノートの任意の部分に約 1 つのコンピューター ファイルを添付できます。ノートブックにファイルのコピーを保存します。 会議の詳細やOutlookタスクOutlookにOneNoteしたり、OneNoteを送信Outlook。 また、メモ内でスプレッドシートExcel Visioを作成またはインポートし、OneNote内の情報を編集することもできます。 挿入されたファイルは、メモ ページにアイコンとして表示されます。 任意のアイコンをダブルクリックしてファイルを開きます。

数式

このサイトではOneNote for the web。 OneNote デスクトップ アプリでは、会議、カンファレンス、または授業の最中に数式をすばやく書いて、OneNote で瞬時に結果を計算することができます。

このOneNote for the web、Web アドレスへのハイパーリンクを挿入したり、選択したテキストへのリンクを適用することができます。 ページ タブを右クリックして、そのページへの直接リンクをコピーすることもできます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

Image optical character recognition (OCR)

このサイトではOneNote for the web。 スキャンしたドキュメントなどのテキストの画像を実際のテキスト文字に変換する光学式文字認識 (OCR) は、OneNote デスクトップ アプリのみで使用できます。

Ink viewing

このOneDrive、OneNote for the webが表示されますが、数式はプレースホルダーとして表示されます。 このSharePointインクは表示可能で、数式はプレースホルダーとして表示され、図形は非表示になります。 これらは、ユーザーに挿入または編集OneNote for the web。 このOneDrive図形、インク、および数式のプレースホルダーを選択および削除できます。 このSharePoint、これらのオブジェクトのプレースホルダーを選択および削除できます。

Inking: ink-to-text and math, customizable pens, drawing tools

このサイトではOneNote for the web。 OneNote デスクトップ アプリでは、指、スタイラス、またはマウスを使用して滑らかに描画、消去、編集することができます。 手書きする場合は、OneNote で手書きを変換することができます。 SharePoint ドキュメント ライブラリからノートブックを開いた場合、ノートブック内の数式とインクはプレースホルダーとして表示されます。

リンクされたノート

メモをファイルにリンクする機能は、OneNote for the webでは使用できません。ファイルへのリンクは非表示になります。 ただし、ファイルへのリンクはノート内にそのまま保持されるため、OneNote デスクトップ アプリで開くことができます。

クイック OneNote for the webを使用すると、クイック アクセス ツール バーの [戻る] ボタンと [ブラウザースタイルの転送] ボタンを使用して、ページ間をすばやくジャンプできます。

Notebook management: Cross section/notebook page filing, section re-order, create/delete section groups

このOneNote for the web、ドラッグ アンド ドロップしてページとセクションの順序を変更できます。
セクション グループの作成、削除、並べ替えなどの高度な管理機能は、デスクトップ アプリOneNote使用できます。

オフラインでの表示と編集

このサイトではOneNote for the web。 Office for the webインターネット接続と Web ブラウザーが必要です。 Web Apps Server またはインターネットOneNote接続されていない状態でドキュメントを表示および編集するには、コンピューターにインストールOfficeデスクトップ アプリが必要です。

Outlook integration (tasks)

OneNote for the web、メール ページ、タスク、会議の詳細など、Microsoft Outlookで動作するコマンドOutlookサポートされていません。

段落の書式設定

このOneNote for the web、段落の配置を変更したり、インデントを左余白から増減したり、テキストの方向を左から右に変更できます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

ピクチャ

このOneNote for the webを使用して、ファイルまたは画像から画像を挿入Bingできます。 また、画像のサイズ変更や代替テキストの追加を行うこともできます。 より高度な画像機能 (画面のクリッピング、スキャンしたイメージ、またはオンライン画像など) が必要な場合は、OneNote デスクトップ アプリを使用する必要があります。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

印刷

メモを印刷するには、OneNote for the web。

校正ツール

OneNote for the web入力時に自動的にスペル チェックを行い、波線の赤い下線をスペルミステキストに適用します。 一般的なスペルミスの訂正や文字の記号への変換などのオートコレクトの一般的な機能が利用できます。 また、校正言語を設定したり、選択したテキストのスペル チェックをオフにしたりすることもできます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

著作権管理:IRM 保護とパスワード保護の適用および使用

OneNote for the webアクセス権管理 (IRM) で保護されているノートブックが表示されます。 ただし、これらのノートブックはブラウザーで編集することはできません。また、IRM で保護されたノートブックをブラウザーでOneNote for the web。 OneNote for the webで暗号化されたドキュメントを開くことができません。 IRM で保護されたノートブックの作成やパスワード保護の適用などの高度なドキュメント保護機能は、デスクトップ アプリOneNote使用できます。

Search (on page, within sections)

このOneNote for the webを使用すると、インスタント検索を使用して、ユーザーが作成または保存した情報をOneNote。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

Search by: tag, title, author/date, audio notes

このサイトではOneNote for the web。 タグ、タイトル、作成者/日付、音声ファイルなどの高度な検索機能は、OneNote デスクトップ アプリのみで利用できます。

共有

ドキュメント ライブラリにOneNoteした場合SharePointノートブックOneNoteオンラインです。 このため、電子メールの添付ファイルではなくリンクを送信することによってノートブックを共有できます。 リンクを選択すると、ユーザーは Web ブラウザーでメモを読み取る可能性があります。 詳細については、「OneNote Online の基本的な作業」を参照してください。

Show or hide authors

このOneNote for the web、ユーザーがノートブックを編集するときに表示される作成者タグをオフにできます。 この操作を行うと、ページ上で新規ノートの横に表示されるイニシャルが削除されます。 作成者のタグはデフォルトでオンになっています。

スタイル

このOneNote for the webを使用すると、テキスト スタイルを簡単に適用して簡単に書式設定できます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

テーブル

このOneNote for the web、テーブルの挿入、テーブル テキストの編集、行や列の追加や削除などの基本的なテーブル構造を簡単に編集できます。 テーブルを Excel スプレッドシートまたはセルシェーディング、ヘッダー行、テーブル セル内でのデータ並べ替えに変換するなどの高度なテーブル機能については、OneNote デスクトップ アプリを使用する必要があります。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

Template support

このサイトではOneNote for the web。 OneNote デスクトップ アプリを使用すると、テンプレートをページデザインとして使用して、ノートブック内の新しいページに適用して、魅力的な背景、より均一な外観、または一貫性のあるレイアウトを提供できます。

元に戻す/やり直し

キーボードを使用すると、OneNote for the web でアクティブなノートブックで編集されたページごとに、元に戻す (Ctrl + Z) またはやり直し (Alt + F7) の最近のアクションを元に戻すことができます。 OneNote for the webノートブックで編集したページごとに個別の元に戻す履歴が表示されます。 現在の編集セッション中に行ったページごとの操作は、画像の挿入または他の作成者による編集が行われるまで、無制限に元に戻すことができます。 移動および削除を元に戻すことはできません。 キーボード ショートカットの詳細OneNote for the webを参照してください

Video playback

ビデオ メモはメモに保持されますが、メモに記録OneNote for the web。 ビデオのノートを再生する場合は、お使いのコンピューターにビデオ ファイルをダウンロードします。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

View previous page versions

このOneNote for the webを使用すると、以前のページバージョンのページを表示および復元できます。そのページの作成者と書き込み時間を含む。 以前のバージョンのページに関連する変更点は自動的に強調表示されます。 詳細については、「ブラウザーと OneNote でのノートブックの使用の相違点」を参照してください。

機能の可用性

プラン、スタンドアロン オプション、オンプレミス ソリューションの機能の可用性を表示するには、「サービスの説明Office for the web参照してください