Web 用 PowerPoint

PowerPoint for the web (旧称 PowerPoint Web アプリ) では、プレゼンテーションが保存されている Web サイトで直接プレゼンテーションを操作できる Web ブラウザーに Microsoft PowerPoint エクスペリエンスが拡張されます。 Office for the webを使用している Microsoft 365 のお客様は、外出先でファイルを表示、作成、編集できます。

PowerPoint エディターは、ブラウザーベースの編集サーフェイスを作成する Web フロントエンド コンポーネントです。これにより、ユーザーは忠実さを失うことなくドキュメントを操作できます。

PowerPoint for the web ツール バー の [PowerPoint で開く] ボタンを選択すると、プレゼンテーションが PowerPoint デスクトップ アプリで開きます (Microsoft PowerPoint 2010以降がコンピューターにインストールされている場合)。

Microsoft 365 for business を使用して PC に Office をダウンロードしてインストールする方法について説明します。

位置揃え、箇条書き、番号

PowerPoint for the webを使用すると、段落の配置を変更したり、行頭文字や段落番号を適用したり、行頭文字または段落番号付きテキストのレベルを変更したりできます。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

基本的な画面切り替えとアニメーションの適用

アニメーションおよび画面切り替え効果のギャラリーから選択します。 PowerPoint for the webでは、8 つの切り替えと 37 個のアニメーションがサポートされます。 PowerPoint for the webでサポートされていないその他のアニメーションと切り替えは、プレゼンテーションに保持され、スライド ショーに表示されますが、PowerPoint for the webでは変更できません。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

テキスト、図形、および画像へのリッチ書式の適用

PowerPoint for the webでは使用できません。 PowerPoint デスクトップ アプリでは、高度な書式設定機能 (多くの色数、グラデーション、スポイト、効果、スタイルなど) が利用できます。 PowerPoint for the webを使用すると、テキスト ボックスを追加したり、図形のギャラリーから選択したり、塗りつぶし、アウトライン、影の効果を定義するスタイルを適用したりできます。

テーマおよびテーマのバリエーションの適用

プレゼンテーションに新規スライドを追加する際に、付属しているテーマやテーマのバリエーションを選択できます。 PowerPoint for the webでサポートされていないテーマはプレゼンテーションに保持されますが、テーマを変更する機能はPowerPoint for the webでは使用できません。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

Office アドイン

PowerPoint for the webは、Office のコンテンツ アドインのみをサポートします。 コンテンツ アドインは、Web ベースの機能をプレゼンテーションに合わせて表示できるコンテンツとして統合します。 詳細については、「Office 2013 用アプリの概要」を参照してください。

オブジェクトの配置

レイヤー内の図形やテキスト ボックスの移動、サイズ変更、回転、並べ替え、並べ替PowerPoint for the web。 図形をグループ解除して、個別に操作できるようにします。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

スライド ショーのブロードキャスト

PowerPoint デスクトップ アプリは、スライド ショーをPowerPoint for the webを介してリモートの対象ユーザーにブロードキャストするために必要です。 閲覧者は、PowerPoint デスクトップ アプリがインストールされているかどうかに関係なく、PowerPoint for the webを通じてライフ プレゼンテーションを視聴できます。 ブロードキャスト スライド ショーの詳細については、こちらを参照してください。

クリップボード

PowerPoint for the webを使用すると、プレゼンテーション内のコンテンツを切り取り、コピー、貼り付けることができます。 ユーザーは、Office for the web プログラム間、およびコンピューター上のOffice for the webと Microsoft Office デスクトップ アプリの間でテキストをコピーして貼り付けることができます。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

スライドの作成と管理

PowerPoint for the webでスライドを追加、並べ替え、複製、非表示、削除します。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

カスタム アニメーションの作成

PowerPoint for the webには、アニメーション効果のギャラリーが含まれています。 PowerPoint for the webでサポートされていないアニメーションは、プレゼンテーションに保持され、スライド ショーに表示されますが、PowerPoint for the webでは変更できません。 カスタム アニメーションを作成するには、お使いのコンピューターに PowerPoint デスクトップ アプリをインストールする必要があります。 詳細については、「ユーザー設定のアニメーション効果と高度なアニメーション効果を適用する」を参照してください。

高度なデザイン ツール

PowerPoint for the webでは使用できません。 スライド マスターの作成やレイアウトの変更などの高度なデザイン機能は、PowerPoint デスクトップ アプリでのみ利用できます。 PowerPoint for the webでは、新しいファイルを作成するための基礎として独自のテンプレート ファイルを使用するか、定義済みのテーマの一覧から選択できます。

Dropbox

Dropbox は、クラウド ストレージ、ファイルの同期、個人用クラウド、クライアント ソフトウェアを提供するファイル ホスティング サービスです。

Web ページやブログ ページへのプレゼンテーションの埋め込み

PowerPoint for the webを使用すると、Web サイトやブログにプレゼンテーションを埋め込んで、Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリがなくても誰でも情報を表示できます。 Web サイトやブログに埋め込んだ情報は、Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリを持っていないユーザーも表示することができます。 アニメーション、画面切り替え、および音声/ビデオは、埋め込まれたビューアーによって、忠実な閲覧表示と同じように表示されます。Web やブログのページにプレゼンテーションを埋め込む方法について詳細情報を参照してください。

フォントのダウンロードと書式設定

フォント サービスは、Office アプリケーションが必要なフォントをローカル コンピューターにダウンロードすることで、ドキュメントやプレゼンテーションを完全に忠実にレンダリングできるようにするための CDN ベースのソリューションです。

powerPoint プレゼンテーションをPowerPoint for the web経由で受信者と共有する場合は、ここでのクラウド フォントの一覧で詳しく説明されているフォントのみを使用します。 どうしてでしょうか? これらのフォントはクラウドで使用でき、必要に応じてダウンロードされ、サーバーにインストールされます。 この一覧にないローカルにインストールされたフォントや埋め込みフォントを含む他のフォントは、サーバーにインストールされず、フォールバック フォントに置き換えられ、コンテンツのリフローと書式設定の問題が発生します。

PowerPoint for the webでは、太字、斜体、下線、フォント、サイズ、色をテキストに適用できます。 また、書式のコピー/貼り付けを使用すると、図形全体の書式をコピーできます。

注意

PowerPoint for the webで組織のカスタム フォントを使用するには、組織アセット ライブラリとしてフォントをアップロードします

忠実な閲覧表示

プレゼンテーションは、アニメーション、切り替え、オーディオ/ビデオを示す目的で表示—されます。

インクの完全サポート

インクをPowerPoint for the webに挿入することはできませんが、PowerPoint for the webは期待どおりに表示します。

アニメーションおよび画面切り替えの全体選択

PowerPoint for the webでは、8 つの切り替えと 37 個のアニメーションがサポートされます。 大きな範囲を選択するには、PowerPoint デスクトップ アプリを使用します。

ヘッダーとフッター

日付やスライド番号を含むヘッダーとフッターは、PowerPoint for the webで挿入、編集、または削除することはできませんが、PowerPoint for the webは期待どおりに表示します。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

ハイパーリンクを挿入、編集、フォローします。 ブックマーク リンクは機能しますが、PowerPoint for the webでは編集できません。

オンライン ビデオの挿入

ビデオとオーディオのコンテンツは読み取りビューとスライド ショーで再生され、ファイル サイズは 100 MB に制限されます。 YouTube からオンライン ビデオを挿入したり、メディア コントロールのサイズを変更したり、移動したり、PowerPoint for the webで削除したりできます。 ただし、YouTube 以外のオーディオとビデオを挿入するには、Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリが必要です。

Excel グラフとの統合

PowerPoint for the webでは使用できません。 PowerPoint for the webでは、既存のプレゼンテーションで Excel グラフを表示できますが、PowerPoint for the webを使用してプレゼンテーションに Excel グラフを編集したり挿入したりすることはできません。 ただし、PowerPoint Online を使用してプレゼンテーションでの Excel グラフの編集や挿入を行うことはできません。Excel グラフを PowerPoint にコピーする方法について詳細情報を参照してください。

スライドの並べ替えビューは、スライドをサムネイル形式で表示できるため、スライドの並べ替えや整理が簡単になります。 スライドの並べ替えビューを使用して、スライドを整理したり、セクションを追加したり、スライドをさまざまなカテゴリに並べ替えたりすることができます。

オフラインでの表示と編集

PowerPoint for the webは Web ブラウザーから起動され、インターネット接続に依存します。 オフラインでプレゼンテーションにアクセスするには、お使いのコンピューターに Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリをインストールし、PowerPoint デスクトップ アプリを使用してスライドの表示や編集を行う必要があります。

図のトリミング

トリミング ツールを使用して、画像の対象のフレーミングを改善します。画像の端のトリミング ハンドルのいずれかをクリックし、希望する画像になるまでドラッグします。

ピクチャ

PowerPoint for the webを使用すると、コンピューターに保存されている画像を挿入したり、Bing Images から画像を挿入したりできます。 画像の移動、サイズ変更、トリミングが可能で、複数の画像スタイルを適用することができます。 効果の適用など、画像を操作するためのより高度な機能は、PowerPoint for the webでは使用できません。 PowerPoint for the webでスクリーンショットを作成することはできませんが、プレゼンテーション内のスクリーンショットはPowerPoint for the webの画像として表示されます。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

Skype for Business または Office Presentation Service によるオンライン プレゼンテーション

PowerPoint for the webでは使用できません。 Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリでは、他のユーザーが Web ブラウザーでフォローできる無料のパブリック サービスであるOffice Presentation Serviceを使用してプレゼンテーションを配信できます。 Office Presentation Serviceの詳細については、こちらを参照してください。

発表者ツール

PowerPoint for the webでは使用できません。 Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリでは、発表者はプレゼンテーションのフロー、ノート、注釈、およびズームを制御することができます。 PowerPoint for the webでは、これらの機能はサポートされていません。

PowerPoint for the webを使用すると、プレゼンテーションを PDF リーダーに印刷できます。この場合、スライドのすべてのレイアウトと書式設定が想定どおり印刷されます。 PowerPoint for the webを使用して実行できる基本的なタスクの詳細について説明します。

校正ツール

組み込みの辞書とPowerPoint for the webを使用して、スペル チェックと校正言語の設定を行うことができます。 ただし、PowerPoint for the webはユーザー辞書を使用せず、翻訳や類義語辞典は含まれません。

リアルタイム共同編集

複数の作成者は、PowerPoint for the webとPowerPoint 2016で同時に作業できます。 リアルタイム プレゼンスによって、編集が競合しないように共同編集者が作業しているプレゼンテーション内の場所を確認したり、彼らが行っている変更を表示したりできます。 PowerPoint 2013 は同時編集をサポートしますが、プレゼンスは表示されず、文書が保存されるまで複数の編集者が変更箇所を確認することはできません。 PowerPoint でのリアルタイム共同編集の詳細については、「PowerPoint プレゼンテーションで共同作業を行う」を参照してください。

高度な校閲ツール

PowerPoint for the webでは使用できません。 重複の結合やプレゼンテーションの比較などの高度な校閲者機能は、PowerPoint デスクトップ アプリでのみ利用できます。 PowerPoint for the webを使用すると、コメントを表示、追加、編集、または削除できます。

Rights management:IRM 保護とパスワード保護の適用および使用

PowerPoint for the webでは使用できません。 PowerPoint for the webは、Information Rights Management (IRM) で保護されているプレゼンテーションを表示します。 ただし、これらのプレゼンテーションはブラウザーでは編集できず、PowerPoint for the webで IRM で保護されたプレゼンテーションを作成することはできません。 PowerPoint for the webは、デジタル署名またはパスワードで暗号化されたプレゼンテーションを開くできません。

スライド ショーの実行

PowerPoint for the webを使用すると、Web ブラウザーとインターネット接続だけでプレゼンテーションを実行できます。 PowerPoint for the webを使用して実行できる基本的なタスクの詳細について説明します。

コピーを名前を付けて保存またはダウンロードする

PowerPoint for the web変更するたびに作業を保存します。 保存 コマンドはありません。 コピーをダウンロードできますが、ローカル コピーを編集するには Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリが必要です。

図形

Word Art とグラフをPowerPoint for the webに挿入することはできませんが、期待どおりに表示PowerPoint for the web。 編集表示で、テキストの編集と書式設定を行います。 Word Art にテキスト効果を適用する場合は、Microsoft PowerPoint デスクトップ アプリが必要です。

共有

プレゼンテーションが SharePoint ドキュメント ライブラリに保存されている場合は、プレゼンテーションはオンライン上にあるため、電子メールの添付ファイルではなくリンクを送信することによってプレゼンテーションを共有できます。適切なアクセス許可を持つ閲覧者は、Web ブラウザーやモバイル デバイスでプレゼンテーションを表示することができます。プレゼンテーションの共有について詳細情報を参照してください。

スライド ショー

PowerPoint for the web全画面表示ウィンドウでスライド ショーを再生します。 スライドを進める場合は、スペースバーを押します。 スライドのアニメーションは再生されますが、スライド間の画面切り替えでサポートされるのはフェードとワイプのみです。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

SmartArt

SmartArt を挿入したり、別のレイアウトや配色に切り替えたり、SmartArt スタイルを適用したり、PowerPoint for the webでテキストを編集したりできます。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

テーブルの作成、編集、書式設定

テーブルはPowerPoint for the webで作成および編集でき、PowerPoint for the webはほとんどのテーブル関数をサポートします。 セルのマージや分割などの高度な関数については、PowerPoint デスクトップ アプリを使用します。 詳細については、「PowerPoint の web ベースの主な機能」を参照してください。

操作アシスト

PowerPoint for the webで何かを達成する必要があるが、その方法がわからない場合は、Tell Me 検索機能を使用して、探しているものをすばやく見つけることができます。 「教えて」を利用すればさまざまな機能について詳しく知ることができ、作業時間短縮のためのヒントが得られます。

元に戻す/やり直し

アクティブなプレゼンテーションで現在の編集セッション中に行った操作を無制限に元に戻す (Ctrl + Z キー) またはやり直す (Ctrl + Y キー) ことができます。 編集セッションがタイムアウトするか、閲覧表示に切り替えて 30 秒以上経過した場合、元に戻す履歴はリセットされます。 PowerPoint for the webのキーボード ショートカットの詳細については、こちらを参照してください。

コメントの表示と追加

ファイルが SharePoint Online またはOneDrive for Businessに保存されている場合は、コメントを追加、編集、または削除できます。

ファイルが OneDrive に保存されている場合は、編集ビューでコメントを追加、編集、または削除でき、閲覧ビューでコメントを表示および更新できます。

スライド ノートの表示と編集

PowerPoint for the webでは、各スライドのノートを表示または非表示にすることができます。 また、編集モードでノートを追加することもできます。

WYSIWYG 表示

完成品として印刷または表示するときは、その外観に近づくよう、プレゼンテーションを編集します。

機能の可用性

プラン、スタンドアロン オプション、およびオンプレミスのソリューション全体での機能の可用性を確認するには、「Web 用 Office プラットフォーム サービスの説明」を参照してください。