Dataverse for Teams と Dataverse の違いはなんですか?

Microsoft Teams のチーム内のアプリケーションは、Dataverse for Teams の環境にアクセスできます。 Dataverse for Teams は、これらすべてのインターフェースが、どのようにデータがモデル化され、消費されるかを統一的に理解できるようにする、共通のプラットフォームです。 Dataverse for Teams は、Teams 内でアプリやフローなどを作成する場合に、一般的に必要とされる機能をターゲットにしたセットを提供します。 組織がセキュリティとガバナンスのより詳細な制御などのさらなる機能を必要とする場合、または Dataverse for Teams 環境に含めることができる約 100 万行を超える容量を必要とする場合は、Dataverse for Teams を Dataverse に アップグレード できます。

テーブル機能

以下は、Dataverse for Teams と Dataverse テーブルの機能です。

機能 Dataverse for Teams Dataverse
基本データの種類 有効 有効
高度なデータ型 (顧客、複数のトランザクション通貨) 番号 イエス
リレーショナル記憶域 イエス イエス
非リレーショナル記憶域 (ログ) 無効 有効
マネージド Data Lake 無効 有効
ファイルと画像のサポート 有効 有効
検索、フィルター、並べ替え 有効 有効
詳細検索と Dataverse 検索 無効 有効
Mobile offline 無効 有効

Power Platform 環境で提供されるほとんどの標準テーブルは Dataverse for Teams の一部としては存在しません。

ビジネス インテリジェンスとプロ仕様の開発者機能

この表は、Dataverse for Teams と Dataverse ビジネス インテリジェンスおよびプロ仕様の開発者機能の違いを示しています。

面グラフ 機能 Dataverse for Teams Dataverse
ビジネス インテリジェンス データのビジュアル化 有効 有効
ページ番号付きレポート (SQL Server Reporting Services) 無効 有効
プロの開発者 API アクセス 無効 有効
プラグイン 無効 有効
Power Apps component framework 無効 有効

環境

Dataverse for Teams と Dataverse では、データは環境内に格納されます。 Dataverse for Teams は、Teams 内の各チームに対して、データ、アプリ、チャットボット、ワークフローを作成する単一の環境を作成します。 環境は、バックアップ、ポイントインタイム リストア、ディザスター リカバリーに対応します。 Dataverse for Teams では、容量はリレーショナル データ、イメージ データ、およびファイル データで測定されます。 チームに提供される 2GB の容量は、通常、最大 100 万行のデータを保存することができます。

管理を容易にするために、Dataverse for Teams 環境のライフサイクルは、関連するチームのライフサイクルに接続されています。 たとえば、チームが削除されると、関連する環境も削除されます。

Dataverse for Teams では最大 10,000 チームのチームあたり 1 つの環境に重点を置いているのに対し、Dataverse ではコピーやリセットなど、複数の環境に関連する機能に加えて、無制限の環境をサポートしています。

環境のライフサイクル Dataverse for Teams Dataverse
環境 チームごとに1つ 無制限
最大サイズ 100 万行または 2 GB 4 TB またはそれ以上
Dataverse へのアップグレード 有効 N/A

セキュリティ

Teams でのコラボレーションは、組織の内外の人々との間で行われるため、これをサポートするために必要なセキュリティ モデルは使いやすいものである必要があります。 Dataverse for Teamsでは、アクセスは、所有者、メンバー、ゲストなどのメンバーシップの種類に基づいてセキュリティ ロールで事前構成されます。

Dataverse は Teams 環境に特化したものではないため、管理者やユーザーのロールの選択肢が増えます。 また、カスタマー マネージド キー、フィールド レベルのセキュリティ、階層セキュリティ、共有、レガシ認証のサポートなど、他の多くのセキュリティ機能も含まれています。

注意

Dataverse for Teams 環境はチームに固有であるため、含まれる部署はひとつだけです。

セキュリティ機能 Dataverse for Teams Dataverse
管理者ロール システム管理者およびシステム カスタマイザー システム管理者、システム カスタマイザー、およびその他のサービス管理者のロール。 詳細: サービス管理者ロールを使用してテナントを管理する
ユーザー ロール チームの所有者、メンバー、ゲスト いくつかの標準的なセキュリティ ロールとカスタム ロールを作成することもできます。 詳細: セキュリティ ロールと特権
アクティビティ ログ 無効 有効
監査 無効 有効
部署 1 無制限
顧客管理型環境の暗号化キー 無効 有効
フィールド レベルのセキュリティ 番号 イエス
階層セキュリティ 番号 イエス
レコードの共有 番号 イエス
所有者チームの作成** イエス イエス
AAD グループ チームの作成 番号 イエス
グループ チームへのレコード共有 番号 イエス
チームの役割を所有者チームに割り当てる1 イエス イエス
レコード所有権を変更する** イエス イエス

1 Power Apps のカスタム アプリで行うことができます

統合

Dataverse for Teams との統合は、主にコネクタを通じて提供されます。 標準コネクタと、Dataverse コネクタを使用して Teams 環境の Dataverse for Teams に接続する機能の両方をサポートしています。 Premium ライセンスをお持ちのユーザーは、350 以上の標準および、Premium コネクタの完全なセットをご利用いただけます。 これにより、Dataverse for Teams のテーブルにデータを取り込んだり、テーブルからデータを取得したり、テーブルのデータが変更されたときにワークフローを実行したり、ワークフロー ロジックのテーブルからデータを使用したりできます。

Dataverse でもコネクタは使用できます。 さらに、Dataverse には、データの Data Lake へのエクスポート、イベントハブやサービスバスのイベントの公開、ウェブフックを使用したイベントの公開を実現する、その他の組み込み統合機能が含まれています。 Dataverse は、SQL Server との統合を可能とする TDS プロトコルにも対応しています。

また、Dataverse は、サーバーサイド同期を使用した Exchange や POP3 との同期や、Azure SQL Database にデータを同期する 「データ エクスポート サービス」 でも利用することができます。

統合機能 Dataverse for Teams Dataverse
Power Automate 有効 有効
Azure Synapse Link for Dataverse 無効 有効
データ エクスポート サービス 無効 有効
イベントから Azure Event Hubs への接続 無効 有効
イベントから Azure Service Bus への接続 無効 有効
Webhooks 無効 有効
サーバー側同期 無効 有効
SQL Server Management Studio 無効 有効

関連項目

テーブルの作成

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。