データベース

データベースに接続して SQL ステートメントを実行

SQL 接続を開く
SQL ステートメントを実行
SQL 接続を閉じる

データベース アクションの概要

データベースに接続するには、SQL 接続を開く アクションを使用します。 接続文字列 フィールドは、ドライバー、データベース、サーバー名、ユーザー名とパスワードなど、データベースに接続するために必要なすべての情報を指定します。

Excel データベースに接続する:

Excel データベースへの接続に使用できる接続文字列の例は次のとおりです。

Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=C:\myFolder\myExcelFile.xlsx;Extended Properties="Excel 12.0 Xml;HDR=YES";

Access データベースへの接続に使用される接続文字列の例:

Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=C:\myFolder\myAccessFile.accdb; Persist Security Info=False;

接続文字列を手動で作成するには、接続文字列の作成 を選択し、データ リンクのプロパティ ウィンドウを開きます。 データ リンク ツールを使用すると、ユーザーは必要な接続文字列をステップ バイ ステップで作成できます。

[データ リンクのプロパティ] ダイアログのスクリーンショット。

Note

デスクトップ用 Power Automate は 64 ビット アプリケーションであり、SQL 接続を開く アクションで選択できるのは、64 ビットのインストール済みドライバーのみです。

データベース アクション

SQL 接続を開く

データベースへの新しい接続を開きます

入力パラメーター
引数 オプション 許容可能値 既定値 説明
接続文字列 必須 テキスト値 データベースへの接続に使用する接続文字列
生成される変数
引数 タイプ 説明
SQLConnection SQL 接続 新しい SQL 接続のハンドル
例外
例外 説明
データ ソースに接続できません データソースへの接続に問題があることを示します
無効な接続文字列 指定された接続文字列が無効であることを示します

SQL ステートメントを実行

データベースに接続して SQL ステートメントを実行します

入力パラメーター
引数 オプション 許容可能値 既定値 説明
接続の取得方法 N/A 接続文字列、[SQL 接続変数] SQL 接続変数 指定された接続文字列から新しい接続を作成するか、既に開いている接続を選択するかを指定します
SQL 接続 必須 SQL 接続 新しい SQL 接続のハンドル
接続文字列 必須 テキスト値 データベースへの接続に使用する接続文字列
SQL ステートメント 必須 テキスト値 データベースに対して実行する SQL ステートメント
タイムアウト オプション 数値 30 データベースからの結果を待機する最大時間
生成される変数
引数 タイプ 説明
QueryResult データテーブル データベースから取得された結果 (行と列があるデータ テーブル形式)
例外
例外 説明
データ ソースに接続できません データソースへの接続に問題があることを示します
無効な接続文字列 指定された接続文字列が無効であることを示します
SQL ステートメントのエラー 指定された SQL ステートメントにエラーがあることを示します

SQL 接続を閉じる

データベースへの開いている接続を閉じます

入力パラメーター
引数 オプション 許容可能値 既定値 説明
SQL 接続 必須 SQL 接続 新しい SQL 接続のハンドル
生成される変数

このアクションは変数を生成しません。

例外

このアクションには例外は含まれません。

接続文字列の作成

SQL アクションにはデータベース接続が必要です。 データベースに接続するには、文字列を手動で、または変数として入力します。 アクションがデータベースに接続すると、接続は SQL 接続変数に格納されます。

  1. 接続文字列を作成 を選択して、データ リンクのプロパティ ウィンドウを開きます。 データ リンク ツールを使用すると、ユーザーは必要な接続文字列をステップ バイ ステップで作成できます。

  2. ウィザードにアクセスしたら、プロバイダー タブでデータベース用の適切なドライバーを選択します。

    データ リンクのプロパティの [プロバイダー] タブのスクリーンショット。

  3. 次に、接続 タブで、サーバー名、ユーザー名、パスワード、データベース名など、残りの詳細を入力します。 接続文字列がデータベースに正常に接続することをテストするには、接続のテスト ボタンを選択します。 または、既製の接続文字列をコピーします。

    データ リンクのプロパティの [接続] タブのスクリーンショット。

  4. 詳細 タブで、接続のタイムアウトと追加のネットワーク設定を指定します。

    データ リンクのプロパティの [詳細] タブのスクリーンショット。

Note

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。