メッセージ ボックスのアクション

メッセージ ボックスをデスクトップ フローで使用して、ユーザーと対話したり、入力を要求したり、出力を提供したりできます。

フローの実行中にユーザーにメッセージを表示するには、メッセージを表示アクションを使用します。

次の例では、解析が完了したことをユーザーに通知し、別のファイルを解析するかどうかを尋ねるメッセージ ボックスを表示します。 メッセージ ボックスは、質問アイコンを表示し、常に他のウィンドウの上に表示されます。 ユーザーの選択は ButtonPressed 変数に格納されます。

作成したメッセージ ボックスは次の例のように表示されます:

表示されたメッセージ ボックスのスクリーンショット。

入力データを要求するダイアログを表示するには、入力ダイアログを表示 アクションを展開します。 このアクションには、ダイアログのタイトルと、ユーザーへのプロンプトとしてのメッセージが必要です。 オプションで、デフォルト値と入力タイプ (単一行、複数行、またはパスワード) を設定できます。

ファイルの選択ダイアログを表示 を使用すると、ファイルの参照を求めるメッセージがユーザーに表示されます。 次の例では、画像ファイルを選択するように促します。 変数は初期フォルダーを指定し、ファイル フィルターは使用可能な選択範囲を特定のファイル拡張子に制限します。

ファイルの選択ダイアログを表示アクションのスクリーンショット。

作成したファイル ダイアログは次の例のように表示されます。 ダイアログの右下隅に、指定したフィルターを表示できます。

ファイルの選択ダイアログのスクリーンショット。

複数の要素を受け入れるカスタム フォームを作成するには、カスタム フォームの表示アクションを使用します。 このアクションを使用して、さまざまな入力タイプとボタンを含むカスタム フォームを作成できます。 カスタム フォームの詳細については、カスタムフォームの作成 を参照してください。

カスタム フォーム デザイナーのスクリーンショット。

メッセージを表示

メッセージ ボックスを表示します。

入力パラメーター

引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Message box title 有効 テキスト値 メッセージ ボックスのタイトルとして使うテキスト
Message to display 有効 テキスト値 実際のメッセージとして表示するテキスト
Message box icon N/A なし、情報、質問、警告、エラー いいえ​​ メッセージ ボックスに表示するアイコン
Message box buttons N/A OK、 OK - キャンセル、はい - いいえ、はい - いいえ - キャンセル、中止 - 再実行 - 無視、再実行 - キャンセル OK メッセージ ボックスに表示するボタン
Default button N/A 第一ボタン、第二ボタン、第三ボタン 最初のボタン 既定の強調に使用するボタン。 ユーザーが入力を押した場合、このボタンが押されます
メッセージ ボックスを常に手前に表示する N/A ブール値 無効 メッセージ ボックスを常に他のウィンドウの手前に表示するかどうかを指定
Close message box automatically N/A ブール値 無効 既定のボタンを押した場合のように、あらかじめ設定した時間の経過後に自動的にメッセージボックスを閉じるかどうかを指定します。 そうでない場合、フローはユーザーがボタンを押すまで待機します
Timeout 有効 数値 3 入力を待機している間、自動で継続するまでオートメーションを一時停止する秒数

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
ButtonPressed Text 値 押されたボタンのテキスト

例外

例外 内容
メッセージ ボックスを表示できません メッセージ ダイアログの表示中に問題が発生したことを示します
非インタラクティブ モードでメッセージ ボックスを表示できません 非インタラクティブ モードでのメッセージ ダイアログの表示に問題があることを示します

入力ダイアログを表示

ユーザーにテキストの入力を求めるダイアログ ボックスを表示します。

入力パラメーター

引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Input dialog title 有効 テキスト値 ダイアログのタイトル
Input dialog message 有効 テキスト値 ダイアログ メッセージ
Default value 有効 テキスト値 既定で表示するテキストを指定します。 ユーザーがこのテキストを変更する場合は、テキストを上書きできます。 それ以外の場合は、既定のテキストが使用されます
Input type N/A 単一行、パスワード、複数行 単一行 入力されたテキストの形式です。 単一行 - パスワード を選択して、テキストまたは複数行を非表示にし、大きな表示ボックスで複数行のテキストが見えるようになります
Keep input dialog always on top N/A ブール値 無効 入力ダイアログを常に他のウィンドウの手前に表示するかどうかを指定

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
UserInput Text 値 ユーザーによって入力されたテキスト、または既定のテキスト
ButtonPressed テキスト値 押されたボタンのテキストです。 ユーザーには自動的に OK かキャンセルの選択が与えられます

例外

例外 内容
入力ダイアログを表示できません 入力ダイアログの表示中に問題が発生したことを示します
非インタラクティブ モードで入力ダイアログを表示できません 非インタラクティブ モードでの入力ダイアログの表示に問題があることを示します

日付選択ダイアログを表示する

ユーザーに日付または日付範囲の入力を求めるダイアログ ボックスを表示します。

入力パラメーター

引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Dialog title 有効 テキスト値 ダイアログのタイトル
Dialog message 有効 テキスト値 ダイアログ メッセージ
Dialog type N/A 単一日付、日付範囲 (2 つの日付) 1 つの日付 ユーザーが日付範囲の終了日として 1 つの日付を入力するか 2 つの日付を入力するか
Prompt for N/A 日付のみ、日時 日付のみ ユーザーが日付のみを入力するか、日付と日時を入力するかを指定
Default value 有効 Datetime 日付の既定値
Default value for second date 有効 Datetime 範囲内の終了日の既定値
Keep date selection dialog always on top N/A ブール値 無効 日付選択ダイアログを常に他のウィンドウの手前に表示するかどうかを指定

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
SelectedDate 日時 ユーザーが入力した日付、または既定の日付
SecondSelectedDate Datetime ユーザーが入力した 2 番目の日付、またはその既定の日付
ButtonPressed テキスト値 ユーザーが押したボタンのテキストです。 ユーザーには自動的に OK かキャンセルの選択が与えられます

例外

例外 内容
日付の選択ダイアログを表示できません 日付の選択ダイアログの表示中に問題が発生したことを示します
非インタラクティブ モードで日付の選択ダイアログを表示できません 非インタラクティブ モードでの入力ダイアログの表示に問題があることを示します

リストからの選択ダイアログを表示

ユーザーがリストから選択できるオプションを含むダイアログ ボックスを表示します。

入力パラメーター

引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Dialog title 有効 テキスト値 ダイアログのタイトル
Dialog message 有効 テキスト値 ダイアログ メッセージ
List to choose from 無効 一般の値 ユーザーが選択可能なドロップダウン メニューとして表示されるリスト
Keep select dialog always on top N/A ブール値 無効 選択ダイアログを常に他のウィンドウの手前に表示するかどうかを指定
Limit to list N/A ブール値 有効 ユーザーが表示中のリスト外に独自の回答を入力できるようにするかどうか
Allow empty selection N/A ブール値 無効 ユーザーが何も選択せずに、選択された項目の空の出力を作成できるようにする
Allow multiple selection N/A ブール値 False ユーザーが複数の選択肢を選択できるようになります。 選択した項目と選択したインデックスの変数が項目のリストを保持します
Preselect items starting with a + sign N/A ブール値 無効 '+' 記号が先頭に付いている項目が自動的に事前選択されるかどうかを指定

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
SelectedItem Text 値 リストからテキストとして選択する項目
SelectedItems テキスト値リスト リストからテキストのリストとして選択する項目
SelectedIndex 数値 リストから選択された項目のインデックス番号です。 選択した全文の代わりに項目番号を使用できます
SelectedIndexes 数値リスト リストから選択された項目のインデックス番号です。 このパラメーターを使用すると、選択した全文の代わりに項目番号を使用することができます
ButtonPressed Text 値 ユーザーが押したボタンの名前 ([OK] または [キャンセル])

例外

例外 内容
選択ダイアログを表示できません 選択ダイアログの表示中に問題が発生したことを示します
非インタラクティブ モードで選択ダイアログを表示できません 非インタラクティブ モードでの入力ダイアログの表示に問題があることを示します

ファイル選択ダイアログを表示する

ファイルの選択ダイアログを表示し、ユーザーに 1 つ以上のファイルの選択を求めます。

入力パラメーター

引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Dialog title 有効 テキスト値 ダイアログのタイトル
Initial folder 有効 フォルダー ファイルを閲覧する際に最初に開くフォルダーです。 このフォルダーは、ファイル選択ダイアログ アクションがユーザーによるファイルの検索を開始する場所です
File filter イエス Text 値 取得するファイルを制限するフィルターです。 このパラメーターにより、".txt"、"document?.doc" (引用符は含まない) などのワイルドカードを使用できます。ユーザーが複数のファイル フィルターから選択できるようにするには、選択肢をセミコロンで区切ります (例: ".txt;*.exe" など)
Keep file selection dialog always on top N/A ブール値 無効 ファイル選択ダイアログを常に他のウィンドウの手前に表示するかどうか
Allow multiple selection N/A ブール値 無効 ユーザーが複数のファイルを選択できるかどうか
Check if file exists N/A ブール値 無効 既に存在するファイルのみを受け入れるかどうか

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
SelectedFile ファイル ダイアログを通じて選択されるファイル
SelectedFiles ファイルリスト 選択するファイル
ButtonPressed テキスト値 押されたボタンのテキストです。 ユーザーには自動的に 開くかキャンセルの選択が与えられます

例外

例外 内容
ファイルの選択ダイアログを表示できません ファイルの選択ダイアログの表示中に問題が発生したことを示します
非インタラクティブ モードでファイルの選択ダイアログを表示できません 非インタラクティブ モードでの入力ダイアログの表示に問題があることを示します

フォルダー選択ダイアログを表示する

フォルダーの選択ダイアログを表示し、ユーザーにフォルダーの選択を求めます。

入力パラメーター

引数 オプション 受入 Default Value 説明設定
Dialog description 有効 テキスト値 フォルダーの選択ダイアログの説明です。例: "ファイルをコピーするフォルダーを選択してください"
Initial folder イエス フォルダー 最初に開くフォルダーです。 このフォルダーは、ユーザーが新しいフォルダーを選択しない限り、既定のフォルダーになります
Keep folder selection dialog always on top N/A ブール値 無効 フォルダー選択ダイアログを常に他のウィンドウの手前に表示するかどうか

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
SelectedFolder フォルダー 選択されたフォルダー
ButtonPressed テキスト値 押されたボタンのテキストです。 ユーザーには自動的に OK かキャンセルの選択が与えられます

例外

例外 内容
フォルダーの選択ダイアログを表示できません フォルダーの選択ダイアログの表示中に問題が発生したことを示します
非インタラクティブ モードでフォルダーの選択ダイアログを表示できません 非インタラクティブ モードでの入力ダイアログの表示に問題があることを示します

カスタム フォームの表示

テキスト、数値、ファイル入力など、複数のタイプの要素を含むことができる、カスタマイズしたフォームを表示します。

入力パラメーター

入力パラメーターは、カスタム フォーム デザイナー を使用して構成されます。

生成された変数

引数 タイプ 説明設定
CustomFormData カスタム オブジェクト ユーザーの入力を含むカスタム オブジェクト
ButtonPressed テキスト値 押されたボタンの ID

例外

例外 説明
カスタム フォームを表示できません カスタム フォームの表示で発生した問題を示します