Power BI で [Excel で分析] を使用して開始する

[Excel で分析] を使うと、Power BI のデータセットを Excel に取り込んで表示し、ピボットテーブル、グラフ、スライサー、その他の Excel の機能を使って操作することができます。 詳しくは、始める前に、「Excel を Power BI に接続する」の「前提条件」セクションをご覧ください。

[Excel で分析] を使用して Power BI データに接続する

Power BI サービスで、Excel で分析したいデータセットまたはレポートを含むワークスペースに移動して、次のオプションを使います。

  • データセットまたはレポート名の横にある [その他のオプション (...)] を選択し、[Excel で分析] を選択します。

    選択された [その他のオプション] ドロップダウン メニューでの [Excel で分析] アクションを示す [マイ ワークスペース] のスクリーンショット。

  • レポートを開き、上部のリボンから [エクスポート]>[Excel で分析] を選びます。

    レポートから始めて、[エクスポート]、[Excel で分析] の順に選択する。

  • データセットを選択します。 [データセットの詳細] ペインで、メニュー バーの [Excel で分析] を選びます。

    データセットから始めて、[Excel で分析] を選択する。

    注意

    レポートに対して [Excel で分析] を選んだ場合、Excel に取り込まれるのは、レポートの基になっているデータセットです。

Power BI サービスでは、Power BI データセットへの OLAP 接続を含む Excel ブックが生成され、この Excel ブックは職場または学校の OneDrive に自動的に保存されます。 [Open in Excel for the web] (Excel for the web で開く) を選ぶと、Excel ブックを開くことができます。 ブックが新しいブラウザー タブで開きます。

[Excel で分析] ダイアログのスクリーンショット。

注意

環境に職場または学校の OneDrive がない場合、[Excel で分析] を選ぶと、Excel ブックがお使いのコンピューターのローカルのダウンロード フォルダーにダウンロードされます。

ブック ファイルの名前は、派生元のデータセット (またはレポート、またはその他のデータ ソース) と一致します。 したがって、レポートが Sales Analysis という名前の場合、ファイル名は Sales Analysis.xlsx になります。

Excel for the web でブックを開くときに、ピボット テーブル レポートの作成を始められるよう、[はい] を選んで Power BI クエリを有効にすることが必要な場合があります。

Excel for the web の警告ダイアログのスクリーンショット。

Excel for the web のリボンの [デスクトップ アプリで開く] を選ぶことにより、Excel デスクトップでブック ファイルを開くこともできます。

Excel for the web の Excel デスクトップ アプリを開くボタンのスクリーンショット。

Excel デスクトップでファイルを初めて開くとき、使っている保護ビューによっては、[編集を有効にする] を選ぶことが必要な場合があります。 保護ビューの編集を有効にするバナーのスクリーンショット

また、信頼済みドキュメントの設定によっては、[コンテンツの有効化] を選ぶことも必要な場合があります。

信頼済みドキュメントのコンテンツを有効にするバナーのスクリーンショット

[Excel で分析] を使うと、Power BI のデータセットに適用されるすべての秘密度ラベルが、Excel ファイルに自動的に適用されます。 データセットに対する秘密度ラベルが後で変更されて、制限がより厳しくなった場合は、Excel のデータを更新したときに、Excel ファイルに適用されるラベルも自動的に更新されます。 データセットが変更されて制限が緩くなった場合は、ラベルの継承や更新は発生しません。

Excel の秘密度ラベルを手動で設定した場合、それらが、データセットの秘密度ラベルによって自動的に上書きされることはありません。 その代わりに、ポリシー ヒントが表示され、ラベルをアップグレードすることが推奨されます。

詳しくは、「Power BI で秘密度ラベルを適用する方法」をご覧ください。

新しいブックを保存して共有する

他のブックと同様に、Power BI のデータセットを使って作成した Excel ブックを保存できます。 ただし、このブックは Power BI に発行することもインポートすることもできません。 Power BI に発行またはインポートできるブックは、テーブルにデータが存在するもの、またはデータ モデルがあるものだけです。 新しいブックは、Power BI 内のデータセットに接続されているので、Power BI に発行またはインポートしても意味がありません。

ブックを保存した後では、組織内の他の Power BI ユーザーとそれを共有できます。

ユーザーがブックを開いたとき、データが最新バージョンではない可能性があります。 ブックを最後に保存したときの状態でピボットテーブルとデータが表示されます。最新のデータを入手するには、ユーザーは [データ] リボンの [更新] を使う必要があります。 また、ブックは Power BI 内のデータセットに接続されるので、ユーザーがブックの更新を初めて試みる場合は、Power BI にサインインし、Excel 更新プログラムをインストールする必要があります。

外部接続の更新は、Excel Online ではサポートされていません。 ユーザーはデータセットを更新する必要があるため、デスクトップ版の Excel でブックを開くことをお勧めします。

注意

Power BI テナントの管理者は、"Power BI 管理ポータル" を使って、Analysis Services (AS) データベースに格納されているオンプレミスのデータセットでの [Excel で分析] の使用を無効にできます。 このようにすると、[Excel で分析] は AS データベースに対しては無効になりますが、他のデータセットに対しては引き続き使用できます。

考慮事項と制限事項

  • 一部の組織では、グループ ポリシーの規則により、Excel に必要な更新プログラムをインストールできないことがあります。 更新プログラムをインストールできない場合は、管理者に問い合わせてください。
  • [Excel で分析] では行レベルのセキュリティ (RLS) がサポートされています。 RLS はデータモデル レベルで適用され、レポート内のデータにアクセスするすべてのユーザーに常に適用されます。 詳細については、行レベルのセキュリティに関する記事を参照してください。
  • "Excel で分析" の使用中に、予期しない結果になる場合や、機能が期待どおりに動作しない場合があります。 一般的な問題の解決策については、"Excel で分析" でのトラブルシューティングに関する記事をご覧ください。
  • インポート モードを使う Power BI データセットだけが、Excel で分析ブックで階層を保持します。 DirectQuery または複合モデルで構築された Power BI データセットでは、Excel で分析を使うと階層が保持されません。
  • Excel で分析では、ブックの生成後に接続文字列を変更してロケールを指定することはできません。
  • データが 2 GB を超える場合、エラー メッセージが表示されることがあります。 その場合は、フィルターを適用するなどしてデータの量を減らすか、XMLA エンドポイントを使用します。 詳しくは、XMLA エンドポイントに関する記事をご覧ください。
  • ゲスト ユーザーは、データセットをホストしているテナントとは異なるテナントから送信されたデータセットについて、Excel で Power BI データを分析することはできません。
  • Excel での Power BI データの分析は、Power BI サービス機能です。 Power BI Report Server または Power BI Embedded からの Power BI データを Excel で分析することはできません。
  • 基になる Power BI データセットでフィールド パラメーターが使用されている場合、Excel で予想どおりに分析されない可能性があります。

Excel で Power BI データに接続するときの他の要件については、「Excel を Power BI に接続する」の「前提条件」セクションをご覧ください。

次のステップ

次の記事にも興味をもたれるかもしれません。