Power BI Premium Gen2 とは

Power BI Premium Generation 2Premium Gen2 と呼ばれ、第 2 世代の Power BI Premium です。 Premium Gen2 には、Power BI に対する追加の機能強化と、Premium 機能の包括的なポートフォリオが用意されています。

次の表に、Premium Gen2 の機能強化の一部を示します。

拡張機能 詳細
組織内の個人向けに Premium を購入する Power BI Premium Per User (PPU)」を参照してください。
メトリックの改善 容量のパフォーマンスは、CPU 使用量のみに依存します。 メトリックは、Power BI Premium 容量使用率とメトリック アプリを使用すると簡単に理解できます。
自動スケール 過負荷容量の調整によって発生する速度低下を防ぐオプション機能。 有効にすると、容量の負荷が容量制限を超えた場合、自動スケーリングにより、一度に 1 つの仮想コアが 24 時間にわたって自動的に追加されます。 追加の仮想コアは、従量課金制で Azure サブスクリプションに課金されます。

容量と SKU

容量とは、排他的使用のために予約されたリソースの専用セットです。 コンテンツに対して信頼性の高い、一貫性のあるパフォーマンスが提供されます。

各容量には SKU の選択肢が用意されており、各 SKU ではメモリとコンピューティング能力に対して異なるリソース階層が提供されます。 必要な SKU の種類は、デプロイするソリューションの種類によって異なります。

次の表は、各 SKU のリソースと制限を示しています。

容量 データセット データフロー API のエクスポート
容量 SKU 仮想コア 最大メモリ (GB)1、2、3 DirectQuery/ライブ接続 (秒あたり)1、2 クエリあたりの最大メモリ (GB)1、2 モデル更新並列処理2 データフロー並列タスク5 最大同時ページ数6
EM1/A1 1 3 3.75 1 5 4 20
EM2/A2 2 5 7.5 2 10 8 25
EM3/A3 4 10 15 2 20 16 35
P1/A4 8 25 30 6 40 32 55
P2/A5 16 50 60 6 80 64 95
P3/A6 32 100 120 10 160 64 175
P4/A74 64 200 240 10 320 64 200
P5/A84 128 400 480 10 640 64 200

1 現在、Power BI Premium 使用率とメトリック アプリでは、これらのメトリックを公開していません。

2 これらの制限は、容量ごとのデータセットのワークロードにのみ適用されます。

3 "データセット" ヘッダーの "最大メモリ (GB)" 列は、データセットのサイズの上限を表します。 しかし、データセットに対する更新やクエリなどの操作のために、大量のメモリを予約する必要があります。 容量で許可されるデータセットの最大サイズは、この列の数値よりも小さい場合があります。 詳細については、メモリの割り当てに関する記事を参照してください。

4 これらの SKU は、すべてのリージョンで使用できるわけではありません。 このような SKU を使用できないリージョンでの使用を要求するには、Microsoft アカウント マネージャーにお問い合わせください。

5データフローでの並列タスクに関する詳細をご覧ください。

6 Power BI 対話型 (ページ分割されていない) レポートの詳細については、「Power BI レポートをファイルにエクスポートする」を参照してください。

サブスクリプションとライセンス

Power BI Premium Gen2 は、2 つの SKU (Stock Keeping Unit) ファミリで利用可能なテナントレベルの Microsoft 365 サブスクリプションです。

P EM
Range P1 から P5 EM1 から EM3
用途 エンタープライズ機能と埋め込み 組織の埋め込み (組織向けに埋め込む)
コミットメント 月単位または年単位 年単位
Billing 月単位 月単位
追加情報 オンプレミスのPower BI Report Server をインストールするためのライセンスが含まれています EM1 および EM2 SKU は、ボリューム ライセンス プランを通してのみ利用できます。 直接購入することはできません。

購入

Power BI Premium サブスクリプションは、Microsoft 365 管理センター内の管理者によって購入されます。 具体的には、グローバル管理者または課金管理者のみが SKU を購入できます。 購入すると、"仮想コア プール" と呼ばれる容量に割り当てられる対応した数の仮想コアがテナントに届きます。 たとえば、P3 SKU を購入すると、32 個の仮想コアがテナントに提供されます。 詳細については、「How to purchase Power BI Premium」(Power BI Premium の購入方法) を参照してください。

Workspaces

ワークスペースは容量内に存在します。 各 Power BI ユーザーには、マイ ワークスペースと呼ばれる個人用のワークスペースが用意されます。 ワークスペースと呼ばれる追加のワークスペースを作成して、コラボレーションを有効にすることができます。 既定では、ワークスペース (個人用のワークスペースも含む) は、共有容量内に作成されます。 Premium 容量をお持ちの場合は、マイ ワークスペースとワークスペースの両方を Premium 容量に割り当てることができます。

容量管理者は、自分のマイ ワークスペースが Premium 容量に自動的に割り当てられます。

データセットのメモリ割り当て

Premium Gen2Embedded Gen2 では、SKU に基づいて各データセットで使用できるメモリに上限があります。 たとえば、Premium Gen2 P1 の容量では、メモリ使用量が 25 GB を超えるデータセットはエラーになります。 各 SKU のデータセットのメモリ上限については、「容量と SKU」一覧の「データセットあたりの最大メモリ数」列を参照してください。

クエリなどのデータセット操作は、個々のメモリ制限の対象となります。 制限事項について説明するために、メモリ占有領域が 1 GB のデータセットと、同一のデータセットに基づくレポートとの対話中にオンデマンド更新を開始するユーザーを考えてみます。 3 つの個別のアクションによって、元のデータセットに起因するメモリの量が決まります。これは、データセットのサイズの 2 倍を超える可能性があります。 1 つの Power BI 項目で使用されるメモリの合計量は、SKU の"データセット割り当てあたりの最大メモリ" を超えることはできません。

  • データセットの読み込み - 最初のアクションは、データセットのメモリへの読み込みです。

  • データセットの更新 - 2 番目のアクションは、データセットがメモリに読み込まれた後に更新することです。 更新操作により、データセットで使用されるメモリが 2 倍になります。 別のコピーが更新によって処理されている間、データの元のコピーは引き続きアクティブなクエリで使用できるため、必要なメモリが 2 倍になります。 更新トランザクションがコミットされると、メモリ占有領域が減少します。

  • レポートの操作 - 3 番目のアクションは、ユーザーによるレポートの操作によって発生します。 データセットの更新中に、レポートの操作によって DAX クエリが実行されます。 各 DAX クエリにより、結果を生成するために必要な一定量の一時メモリが消費されます。 クエリごとに異なる量のメモリが消費される場合があります。 データセットのクエリに使用されるメモリは、データセットを読み込んで更新するために必要なメモリに追加されます。

更新

Premium Gen2 および Embedded Gen 2 は累積メモリ制限を必要としないため、データセットの同時更新はリソースの制約の一因となりません。 ただし、「容量と SKU」で説明されているように、既存の容量のメモリと CPU の制限と、SKU に対するモデル更新並列処理の制限によって、個々のデータセットの更新は制御されます。

任意の時点で必要に応じて何度でも更新をスケジュールして実行できます。また、Power BI サービスでは、ベスト エフォートとしてスケジュールされた時間にこれらの更新が実行されます。

監視

Premium Gen2 と Embedded Gen2 を監視する場合は、1 つの側面 ("任意の時点で容量が負荷に対応するために必要な CPU の量") を考慮するだけで済みます。 容量のアクティビティを監視するには、Power BI Premium 使用率とメトリック アプリを使用します。

アプリをインストールするには、「Gen2 メトリック アプリをインストールする」を参照してください。 アプリの使用方法については、「Gen2 メトリック アプリを使用する」の記事を参照してください。

購入した SKU サイズあたりの CPU 制限を超えると、次のようになります。

ページ分割されたレポート

Premium Gen2Embedded Gen 2 を使用する場合、Power BI のページ分割されたレポートは、Premium Gen2 に反映されたアーキテクチャとエンジニアリングの機能強化の利点を活用できます。

  • メモリ - ページ分割されたレポートのメモリ管理はありません。

  • SKU の可用性 - Premium Gen2 で実行されるページ分割されたレポートでは、EM1 から EM3 と A1 から A3 SKU を含めた使用可能なすべての埋め込み SKU および Premium SKU に対してレポートを実行できます。 課金は、24 時間にわたって CPU 時間ごとに計算されます。

  • セキュリティとコードの分離の強化 - コードの分離は、容量ごとのレベルではなく、ユーザー単位のレベルで行われます。

考慮事項と制限事項

現在、Premium Gen2 には次の既知の制限があります。

  • ビジュアルのレンダリング - Power BI ビジュアルのレンダリングには、225 秒の制限があります。 レンダリングに時間がかかるビジュアルは、タイムアウトになって表示されません。

  • 調整 - 調整は Power BI Premium 容量で発生する場合があります。 コンカレンシーの制限は、セッションごとに適用されます。 同時に処理されている操作が多すぎると、エラー メッセージが表示されます。 調整を軽減するために、 自動スケーリングを使用できます。 自動スケーリングが有効になっている場合、CPU 消費量が追加の制限を超えた場合でも調整が行われます。

  • クライアント ライブラリのバージョン - XMLA エンドポイントを介して Premium Gen2 容量のデータセットに接続し、それを使用するクライアント アプリケーションとツールには、Analysis Services クライアント ライブラリが必要です。 ほとんどのクライアント アプリケーションとツールには、最新のクライアント ライブラリと最新の更新プログラムがインストールされるため、通常は、クライアント ライブラリを手動でインストールする必要はありません。 クライアント アプリケーションまたはツールのバージョンに関係なく、次の最小バージョンのクライアント ライブラリが必要です。

    クライアント ライブラリ バージョン
    MSOLAP 15.1.65.22
    AMO 19.12.7.0
    ADOMD 19.12.7.0

    場合によっては、接続または操作エラーのおそれを低減するために、最新のクライアント ライブラリを手動でインストールする必要があります。 インストールされている既存のクライアント ライブラリのバージョンを確認し、最新バージョンを手動でインストールする方法の詳細については、「Analysis Services クライアント ライブラリ」を参照してください。

次のステップ