Share via


Power BI Report Server とは

Power BI Report Server は Web ポータルのあるオンプレミス レポート サーバーです。その Web ポータルでレポートや KPI を表示し、管理します。 Power BI レポート、ページ分割されたレポート、モバイル レポート、KPI を作成するためのツールを備えています。 ユーザーは、さまざまな方法でレポートにアクセスできます。Web ブラウザーやモバイル デバイスで表示したり、受信ボックスのメールとして表示したりすることができます。

Screenshot shows the Power B I Report Server web portal.

Power BI Report Server の比較

Power BI Report Server は、SQL Server Reporting Services と Power BI オンライン サービスの両方に似ていますが、さまざまな相違点があります。 Power BI サービスと同様に、Power BI Report Server には Power BI レポート (.pbix)、Excel ファイル、ページ分割されたレポート (.rdl) がホストされます。 Reporting Services と同様に、Power BI Report Server はオンプレミスです。 Power BI Report Server 機能は、Reporting Services のスーパーセットです。つまり、Reporting Services でできることはすべて Power BI Report Server でできる上に Power BI Report Server では Power BI レポートもサポートされています。 詳細については、「Comparing Power BI Report Server and the Power BI service」(Power BI Report Server と Power BI サービスの比較) を参照してください。

Power BI Report Server のライセンス

Power BI Report Server は、次の 2 種類のライセンスによって利用できます:Power BI Premium とソフトウェア アシュアランス付きの SQL Server Enterprise Edition。 詳細については、Microsoft ボリューム ライセンスをご覧ください。 Power BI Premium ライセンスがあれば、クラウドとオンプレミスを混在させたハイブリッド デプロイを作成できます。

Power BI Report Server に Power BI レポートを発行する場合、Power BI Pro ライセンスも必要です。 Power BI Report Server で Power BI レポートを表示したり、操作したりする場合、Power BI Pro ライセンスは必要ありません。

注意

Power BI Premium の場合、Power BI Report Server は P SKU のみに含まれます。 EM SKU には含まれません。

Web ポータル

Power BI Report Server のエントリ ポイントは、最新のブラウザーで表示できる安全な Web ポータルです。 ここで、すべてのレポートと KPI にアクセスします。 Web ポータル上のコンテンツは、従来のフォルダー階層で構成されています。 フォルダーでは、コンテンツは次の種類にグループ化されています:Power BI レポート、モバイル レポート、ページ分割されたレポート、KPI、Excel ブック。 共有データセットと共有データ ソースはそれぞれの専用フォルダーにあり、レポートの構成要素として使用されます。 お気に入りにタグを付けると、1 つのフォルダーで表示されます。 また、KPI は Web ポータルで直接作成します。

Photograph shows a laptop that displays the Power B I Report Server web portal.

アクセス許可によっては、Web ポータルのコンテンツを管理できます。 レポート処理をスケジュールし、オンデマンドでレポートにアクセスし、発行したレポートにサブスクライブすることができます。 独自のカスタム ブランドを Web ポータルに適用することもできます。

詳細については、Power BI Report Server Web ポータルに関するページを参照してください。

Power BI レポート

Report Server 用に最適化された Power BI Desktop のバージョンで Power BI レポート (.pbix) を作成します。 次に、自分の環境の Web ポータルでレポートを発行して表示します。

Power BI reports in Power BI Report Server

Power BI レポートは、データ モデルのマルチパースペクティブ表示で、視覚化によってデータ モデルからのさまざまな発見や洞察を表します。 レポートでは、単独の視覚化を使用することも、各ページでさまざまな視覚化を使用することもできます。 ロールによっては、他のユーザーの代わりに、レポートの閲覧やレポートの探索だけでなく、レポートの作成も実行することができます。

Microsoft Power BI Desktop のインストールに関する記事をご覧ください。

ページ分割されたレポート

ページ分割されたレポート (.rdl) は、視覚化されたドキュメント スタイルのレポートです。必要に応じてテーブルを水平方向と垂直方向に展開してすべてのデータを表示したり、複数のページにデータを連続表示したりすることができます。 これは、PDF や Word など、印刷用に最適化された固定レイアウトの印刷対応ドキュメントを生成するのに適しています。

Paginated reports in Power BI Report Server

SQL Server Data Tools (SSDT)Microsoft レポート ビルダーまたはレポート デザイナーを使用して、ページ分割されたレポートを作成できます。

Reporting Services のモバイル レポート (非推奨)

Note

SQL Server のモバイル レポートは、2019 年から非推奨となりました。

モバイル レポートはオンプレミス データに接続し、さまざまなデバイスとさまざまな保持方法に対応してレイアウトが調整されます。 モバイル レポートは SQL Server Mobile Report Publisher を使用して作成します。

Report Server のプログラミング機能

Power BI Report Server のプログラミング機能を利用すると、レポートを拡張してカスタマイズしたり、API を使用してデータとレポート処理をカスタム アプリケーションに統合または拡張したりできます。

詳細は、「Report Server developer documentation」 (Report Server の開発者向けドキュメント) をご覧ください。

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください