従量課金制プラン

従量制課金制は、ライセンス契約や事前購入なしでアプリを構築して共有できる、Azure サブスクリプションを使用した Power Apps と Power Automate の新しい支払い方法です。

従量課金制により、組織内のあらゆるユーザーとアプリや Power Automate フローを共有し、使用した分だけ料金を支払うことができます。 従量課金制プランには Microsoft Dataverse ストレージ容量が含まれており、必要に応じて追加ストレージ分を支払うという柔軟性を備えています。

このプランは、ライセンス調達の間接費を削減し、Azure サブスクリプションの原価管理レポート機能を活用することで、部署間でコストを管理および分割できるようにします。 このプランの価格情報はこちらで確認できます。

ヒント

T-Mobile がどのように Power Apps と従量課金制を使って革新しているかをご覧ください: T-Mobile が高速で強力なローコード開発に Microsoft Power Platform を採用

一般的なユース ケース

  1. 一般に普及しているアプリ: 使用状況が不定期な/予測できない、大規模なユーザー ベースと共有する必要があるアプリに、従量課金制を使用します。

  2. 使用パターンを確立する: 新しいアプリの導入パターンを理解して、プリペイド ライセンスがビジネスの財政上意味があるかどうかを判断します。

  3. 柔軟な購入: Power Apps と Power Automate に Azure サブスクリプションを使用して、ライセンス調達の間接費を削減し、他のサービス購入と統合します。 これは、他の Microsoft サービスで Azure サブスクリプションを既に使用している場合に特に役立ちます。

どのように機能しますか?

Power Apps、Power Automate または Power Platform 管理センターでは、請求ポリシーを使用して環境を Azure サブスクリプションにリンクできます。

環境が Azure サブスクリプションにリンクされると、含まれている金額を超えるアプリや Dataverse また Microsoft Power Platform 要求の使用量は、Azure メーターを使用して Azure サブスクリプションに対して請求されます。

いつでも Azure サブスクリプションから環境のリンクを解除でき、使用量は請求されなくなります。

Power Platform 管理センターと Azure ポータルの関係

請求ポリシーとは何ですか?

請求ポリシーは、Azure サブスクリプションと 1 つ以上の環境との間にリンクを作成します。 次を含みます:

  • Azure サブスクリプションの詳細
  • Azure サブスクリプションにリンクされている環境の一覧

請求ポリシーは、Power Platform 管理センターまたは Power Apps や Power Automate 内で作成できます。 請求ポリシーが作成されると、その請求ポリシーに関連付けられた Azure サブスクリプションに、対応する Azure リソース (Power Platform アカウント リソースと呼ばれる) が作成されます。 Power Apps、Power Automate、 Dataverse、Microsoft Power Platform 要求の使用料は、Azure サブスクリプションの請求書の Power Platform アカウント リソースに表示されます。

環境が請求ポリシーを介して Azure にリンクされると、従量課金制の環境 になります。 環境が一度にリンクできる請求ポリシーは 1 つだけです。 いつでも環境がリンクされているポリシーを変更したり、請求ポリシーから削除したりできます。 請求ポリシーから環境を削除すると、通常の環境として機能するようになります。 その環境の Microsoft Power Platform 製品の使用は、Azure に請求されなくなります。

Azure サブスクリプションにリンクされた請求ポリシー

請求ポリシーは、チームや部門間で Microsoft Power Platform メーターのコストの割り当てを検討している組織に柔軟なオプションを提供します。 以下の例では、顧客はマーケティング チームの 2 つの環境で、Power Platform メーターの使用をそのチームの Azure サブスクリプションに請求するよう設定しました。 ただし、財務チームについて、顧客は 2 つのサブ チーム (会計と監査) の環境に個別の請求ポリシーを設定することにしました。各サブ チームは別々の Power Platform アカウント リソースに接続されます。 これにより、両方が同じ Azure サブスクリプションに請求されていても、各サブ チームのコストを簡単に分割できます。 顧客は、Power Platform アカウント リソースを整理し、支出を追跡したり割り当てたりするため、Azure リソース グループAzure タグも活用できます。

Azure サブスクリプションにリンクされた請求ポリシーの例

次のステップ

従量課金制メーター

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。