Power Apps の Average、Max、Min、StdevP、Sum、および VarP 関数

一連の数値をまとめる集計関数。

内容

Average 関数は、引数の平均または算術平均を算出します。

Max 関数は、最大値を割り出します。

Min 関数は、最小値を割り出します。

Sum 関数は、引数の合計を計算します。

StdevP 関数は、引数の標準偏差を算出します。

VarP 関数は、引数の差異を算出します。

これらの関数には、次の形式で値を指定できます。

  • 個々の引数。 たとえば、Sum( 1, 2, 3 ) は 6 を返します。
  • テーブルとそのテーブルを操作する数式。 各レコードについて、数式の値の集計が計算されます。

現在処理されているレコードのフィールドは、この数式内で使用できます。 ThisRecord 演算子を使用するか、他の値を参照するのと同様に名前でフィールドを参照します。 As 演算子を使用して処理対象のレコードを指定することもできます。そうすると数式がわかりやすくなり、入れ子になったレコードにアクセスしやすくなります。 詳細については、以下の例と「レコードのスコープに関する作業」を参照してください。

これらの関数は数値に対してのみ動作します。 文字列やレコードなど、他の種類の値は無視されます。 文字列を数値に変換するには、Value 関数を使用します。

AverageMaxMin、および Sum 関数が、これらの関数の委任をサポートするデータ ソースに使用される場合は、関数を委任できます。 ただし、StdevPVarP は、どのデータ ソースにも委任できません。 委任がサポートされていない場合、データの最初の部分だけが取得され、関数はローカルに適用されます。 結果は完全なストーリーを表さない場合があります。 作成時に表示される委任の警告は、この制限が存在し、可能であれば委任可能な代替物に切り替えるよう提案されるときに表示されます。 詳しくは、「委任の概要」を参照してください。

構文

Average( NumericalFormula1, [ NumericalFormula2, ... ] )
Max( NumericalFormula1, [ NumericalFormula2, ... ] )
Min( NumericalFormula1, [ NumericalFormula2, ... ] )
Sum( NumericalFormula1, [ NumericalFormula2, ... ] )
StdevP( NumericalFormula1, [ NumericalFormula2, ... ] )
VarP( NumericalFormula1, [ NumericalFormula2, ... ] )

  • NumericalFormula(s) - 必須。 操作の対象となる数値。

Average( Table, NumericalFormula )
Max( Table, NumericalFormula )
Min( Table, NumericalFormula )
Sum( Table, NumericalFormula )
StdevP( Table, NumericalFormula )
VarP( Table, NumericalFormula )

  • Table - 必須。 操作の対象となるテーブル。
  • NumericalFormula - 必須。 各レコードについて評価する数式。 この数式の結果が集計に使用されます。 数式では、テーブルの列を使用できます。

手順

Sales という名前の データ ソースCostPerUnit 列と UnitsSold 列が含まれており、ラベルの Text プロパティを次の関数に設定するとします。
Sum(Sales, CostPerUnit * UnitsSold)

ラベルには、各レコードのこれらの列の値を乗算し、すべてのレコードの結果を加算した合計売上が表示されます。
販売数と出荷単位あたりのコストから合計売上を計算します。

別の例として、Slider1Slider2Slider3 という名前のスライダーがあり、Text プロパティを持つラベルを次の数式に設定したとします。
Sum(Slider1.Value, Slider2.Value, Slider3.Value): ラベルには、スライダーが設定されたすべての値の合計が表示されます。
Average(Slider1.Value, Slider2.Value, Slider3.Value): ラベルには、スライダーが設定されたすべての値の平均が表示されます。
Max(Slider1.Value, Slider2.Value, Slider3.Value): ラベルには、スライダーが設定されたすべての値の最大値が表示されます。
Min(Slider1.Value, Slider2.Value, Slider3.Value): ラベルには、スライダーが設定されたすべての値の最小値が表示されます。
StdevP(Slider1.Value, Slider2.Value, Slider3.Value): ラベルには、スライダーが設定されたすべての値の標準偏差が表示されます。
VarP(Slider1.Value, Slider2.Value, Slider3.Value): ラベルには、スライダーが設定されたすべての値の分散が表示されます。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。