次の方法で共有


Replace および Substitute 関数

適用先 : キャンバス アプリ Dataverse 数式列 デスクトップ フロー モデル駆動型アプリ Power Platform CLI

テキストの文字列の一部を別の文字列に置換します。

Description

Replace 関数は、開始位置と長さによって、置換するテキストを識別します。

Substitute 関数は、文字列を照合することで、置換するテキストを識別します。 複数の一致が見つかった場合、それらすべてを置き換えるか、または置き換えるものを指定できます。

1 つの文字列を渡すと、変更された文字列が戻り値として返されます。 文字列を含む単一列 テーブル を渡すと、戻り値は、変更された文字列の Value 列を持つ単一列テーブルになります。 複数列テーブルがある場合は、テーブルの使用 に関するページの説明に従って、そのテーブルを単一列テーブルにすることができます。

構文

Replace( String, StartingPosition, NumberOfCharacters, NewString )

  • String - 必須。 操作の対象となる文字列。
  • StartingPosition - 必須。 置換を開始する文字の位置。 String の最初の文字の位置は 1 です。
  • NumberOfCharacters - 必須。 String で置換する文字の数。
  • NewString - 必須。 置換後の文字列。 この引数の文字数は、NumberOfCharacters 引数とは異なっていてもかまいません。

Substitute( String, OldString, NewString [, InstanceNumber ] )

  • String - 必須。 操作の対象となる文字列。
  • OldString - 必須。 置換の対象となる文字列。
  • NewString - 必須。 置換後の文字列。 OldStringNewString の長さは異なっていてもかまいません。
  • InstanceNumber - オプション。 String に複数のインスタンスが含まれている場合、この引数を使用して OldString のどのインスタンスを置換するか指定します。 この引数を指定しない場合、すべてのインスタンスが置き換えられます。

Replace( SingleColumnTable, StartingPosition, NumberOfCharacters, NewString )

  • SingleColumnTable - 必須。 操作対象となる複数の文字列の単一列テーブル。
  • StartingPosition - 必須。 置換を開始する文字の位置。 テーブル内の各文字列の最初の文字の位置は 1 です。
  • NumberOfCharacters - 必須。 各文字列で置換する文字の数。
  • NewString - 必須。 置換後の文字列。 この引数の文字数は、NumberOfCharacters 引数とは異なっていてもかまいません。

Substitute( SingleColumnTable, OldString, NewString [, InstanceNumber ] )

  • SingleColumnTable - 必須。 操作対象となる複数の文字列の単一列テーブル。
  • OldString - 必須。 置換の対象となる文字列。
  • NewString - 必須。 置換後の文字列。 OldStringNewString の長さは異なっていてもかまいません。
  • InstanceNumber - オプション。 String に複数のインスタンスが含まれている場合、この引数を使用して OldString のどのインスタンスを置換するか指定します。 この引数を指定しない場合、すべてのインスタンスが置き換えられます。

計算式 内容 結果
Replace( "abcdefghijk", 6, 5, "*" ) 「abcdefghijk」の 5 つの文字を、6 番目の文字 (「f」) で始まる単一の「*」文字に置き換えます。 「abcde*k」
Replace( "2019", 3, 2, "20" ) 「2019」の最後の 2 文字を「20」に置き換えます。 「2020」
Replace( "123456", 1, 3, "_" ) 「123456」の最初の 3 つの文字を単一の「_」文字に置き換えます。 「_456」
Substitute( "Sales Data", "Sales", "Cost" ) 文字列「Cost」を「Sales」に置換します。 「Cost Data」
Substitute( "Quarter 1, 2018", "1", "2", 1 ) 4 番目の引数 (InstanceNumber) に 1 が指定されているので、最初の「1」のインスタンスのみを「2」に置換します。 「2018 年第 2 四半期」
Substitute( "Quarter 1, 2011", "1", "2", 3 ) 4 番目の引数 (InstanceNumber) に 3 が指定されているので、3 番目の「1」のインスタンスのみを「2」に置換します。 「2012 年第 1 四半期」
Substitute( "Quarter 1, 2011", "1", "2" ) 4 番目の引数 (InstanceNumber) が指定されていないので、「1」のすべてのインスタンスは「2」に置換されます。 「2022 年第 2 四半期」
Replace(
[ "Quarter 1, 2018",
"Quarter 2, 2011",
"Quarter 4, 2019" ],
9, 1, "3" )
単一列テーブルの各レコード内で 9 番目の文字を「3」に置き換えます。 次の値を含む Value 列を持つ単一列テーブル: [ "Quarter 3, 2018",
"Quarter 3, 2011",
"Quarter 3, 2019" ]
Substitute(
[ "Qtr 1, 2018",
"Quarter 1, 2011",
"Q1, 2019" ],
"1", "3", 1 )
4 番目の引数 (InstanceNumber) に 1 の値が指定されている場合、単一列テーブルの各レコード内で「1」の最初のインスタンスのみが「3」に置き換えられます。 次の値を含む Value 列を持つ単一列テーブル: [ "Qtr 3, 2018",
"Quarter 3, 2011",
"Q3,2019"]
Substitute(
[ "Qtr 1, 2018",
"Quarter 1, 2011",
"Q1, 2019" ],
"1", "3" )
4 番目の引数 (InstanceNumber) が指定されていない場合、単一列テーブルの各レコード内で「1」のすべてのインスタンスが「3」に置換されます。 次の値を含む Value 列を持つ単一列テーブル: [ "Qtr 3, 2038",
"Quarter 3, 2033",
"Q3,2039"]