Share via


列ヘッダーを昇格または降格する

テキスト ファイルなどの非構造化データ ソースから新しいクエリを作成すると、Power Query によってファイルの内容が分析されます。 Power Query によって最初の行に対して異なるパターンが識別された場合、最初の行のデータがテーブルの列見出しとしてレベル上げされます。 ただし、Power Query によって、パターンが 100% 正しく識別されない場合があります。この記事では、行の列ヘッダーを手動でレベル上げ/下げする方法について説明します。

行を列見出しにレベル上げするには

次の例では、テーブルに最初の 3 行のヘッダー行のセットが含まれているため、Power Query ではテーブルの列ヘッダーが特定されませんでした。 テーブルの実際の列ヘッダーは、行 5 に含まれています。

行を列ヘッダーにレベル上げするための最初のサンプル テーブル。

列 (Column1、Column2、Column3、および Column4) をすべてテキスト データ型に設定し、上部にヘッダーを含む 4 行、5 行目に列ヘッダー、下部に 7 つのデータ行を設定したテーブル。

ヘッダーをレベル上げするには、テーブルの最初の 4 行を削除する必要があります。 これを行うには、プレビュー ウィンドウの左上隅にある [テーブル] メニューを選択し、[上位の行の削除] を選択します。

サンプル テーブルの上位行の削除。

[上位の行の削除] ウィンドウの [行数] ボックスに「4」と入力します。

[上位の行の削除] ウィンドウ。

Note

上位の行の削除とその他のテーブル操作の詳細については、「行の位置でテーブルをフィルター処理する」を参照してください。

この操作の結果、ヘッダーはテーブルの最初の行として残ります。

最初の行に列ヘッダー、次に 7 行のデータが含まれるサンプル テーブル。

ヘッダーのレベル上げ操作の場所

ここからは、ヘッダーのレベル上げ操作を選択できる場所がいくつかあります。

  • [ホーム] タブの [変換] グループ。

    [ホーム] タブの [ヘッダーのレベル上げ] ボタン。

  • [変換] タブの [テーブル] グループで。

    [変換] タブの [ヘッダーのレベル上げ] ボタン。

  • [テーブル] メニュー。

    ショートカット メニューの [ヘッダーのレベル上げ] ボタン。

ヘッダーのレベル上げ操作を実行すると、テーブルは次の画像のようになります。

ヘッダーのレベル上げ操作を含む最終テーブル。

Date、Country、Total Units、Total Revenue の各列ヘッダーと 7 行のデータを含むテーブル。 Date 列ヘッダーは日付データ型、Country 列ヘッダーはテキスト データ型、Total Units 列ヘッダーは整数データ型、Total Revenue 列ヘッダーは 10 進数データ型です。

Note

テーブルの列名は一意である必要があります。 ヘッダー行にレベル上げする行に同じテキスト文字列の複数のインスタンスが含まれている場合、Power Query では、一意ではないすべてのテキスト文字列にドットで始まる数字のサフィックスが追加され、列見出しが明確に区別されます。

列ヘッダーを行にレベル下げするには

次の例では、列ヘッダーが正しくありません。実際にはテーブルのデータに含まれています。 テーブルの行の一部としてヘッダーをレベル下げする必要があります。

列ヘッダーとして現在使用されているデータの一部を含むテーブル。

ヘッダーのレベル下げ操作の場所

ヘッダーのレベル下げ操作を選択できる場所がいくつかあります。

  • [ホーム] タブの [変換] グループ。

    [ホーム] タブの [Demote headers]\(ヘッダーのレベル下げ\) ボタン。

  • [変換] タブの [テーブル] グループで。

    [変換] タブの [Demote headers]\(ヘッダーのレベル下げ\) ボタン。

この操作を実行すると、テーブルは次の画像のようになります。

列ヘッダーが Column1、Column2、Column3、Column4 に設定された状態で、ヘッダーを行にレベル下げした後のテーブル。

最後のステップとして、各列を選択し、新しい名前を入力します。 最終的には、次の画像のようになります。

列ヘッダーの名前を変更した後の最終的なテーブル。

列ヘッダーの名前を Date、Country、Total Units、Total Revenue に変更した後の最終的なテーブル。名前が変更された列が [クエリの設定] ウィンドウで強調表示され、数式バーに M コードが表示されています。

関連項目

行位置によるフィルター