Azure PowerShell リリース ノート

10.4.1 - 2023 年 9 月

Az.Resources 6.11.1

  • 'Get-AzRoleAssignment' で回帰を引き起こしたコミットを元に戻しました。

10.4.0 - 2023 年 9 月

Az.Accounts 2.13.1

  • 破壊的変更メッセージにモジュール名を追加しました
  • Microsoft.ApplicationInsights を 2.13.1 から 2.18.0 にアップグレードしました

Az.Cdn 3.1.1

  • 'Get-AzCdnEdgeNode' コマンドのカスタマイズされた出力プロパティ

Az.ContainerInstance 3.2.2

  • 'Get/New/Remove-ContainerGroup'、'New-ContainerInstanceInitDefinitionObject'、'New-ContainerInstanceObject' に破壊的変更警告メッセージを追加しました [#22268]
    • 'PreviouState' で始まる出力プロパティは 'PreviousState' に修正されます

Az.DataProtection 2.1.0

  • バックアップ コンテナーの論理的な削除と MUA 機能を追加しました

Az.KeyVault 4.12.0

  • "Import-AzKeyVaultSecurityDomain" プロセスを 3 つの手順に分割し、キーをオフラインで非表示にすることをサポートしました。
    • 'Import-AzKeyVaultSecurityDomain' に 'DownloadExchangeKey'、'RestoreBlob'、'ImportRestoredBlob' を追加しました。

Az.RecoveryServices 6.6.0

  • ワークロードの種類が AzureVM のポリシーの作成中または変更中のサフィックス付きのカスタム RG のサポートが追加されました。
  • Azure Site Recovery とバックアップの TLaD 警告 https://aka.ms/TLaD を追加しました。
  • 回復サービス コンテナーの AlwaysON 論理的な削除状態の設定のサポートを追加しました。

Az.ResourceMover 1.2.0

  • API バージョンを 2023-08-01 にアップグレードしました。
  • エラーの処理方法が改善されるよう、カスタム コマンドレットを使用し、顧客へのエラー報告を改善しました。

Az.Resources 6.11.0

  • '.bicepparam' ファイルを受け取る 'TemplateParameterFile' がサポートされました。
  • サブスクリプションとスコープがどちらも 'Get-AzRoleDefinition' で指定されていない場合の不可解なエラー メッセージを修正しました。 [#22716]

Az.SecurityInsights 3.1.0

  • 'New-AzSentinelAlertRule' と 'Update-AzSentinelAlertRule' のパラメーターの問題を修正しました [#21181][#21217][#22318]

Az.StackHCI 2.2.0

  • 構成証明コマンドのバグ修正。
  • HCI OS 22H2 に必須拡張機能をインストールするためのサポートを追加し、同意の確認プロンプトを削除しました。
  • 登録中に生成されるログの場所をカスタマイズする機能を追加しました。
    • カスタム ログの場所は、'Register-AzStackHCI' でオプションの '-LogsDirectory' パラメーターを指定することで指定できます。
    • 'Get-AzStackHCILogsDirectory' を使用してログの場所を取得できます。
  • ARC 統合を設定するための再試行回数を増加しました。

Az.Storage 5.10.1

  • キュー アクセス ポリシーの作成時と更新時に出力のアクセス許可が文字列に変更されるという、今後予定している破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました
    • 'Get-AzStorageQueueStoredAccessPolicy'
    • 'Set-AzStorageQueueStoredAccessPolicy'

10.3.0 - 2023 年 9 月

Az.Accounts 2.13.0

  • バージョンアップグレードでサポートされているツール内通知。
  • エイリアス 'Set-AzConfig' を 'Update-AzConfig' に追加しました
  • 'Save-AzContext' の実行時に 'AzKeyStore' から再入力された資格情報 [#22355]
  • ファイル システムへのエラー レコードの書き込みを無効にする構成 'DisableErrorRecordsPersistence' を追加しました [#21732]
  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。

Az.ArcResourceBridge 1.0.0

  • モジュール Az.ArcResourceBridge の一般提供

Az.Compute 6.3.0

  • '-Hibernate' スイッチ パラメーターが 'Stop-AzVmss' の既定のパラメーター セットに追加されました。
  • 'Get-AzVmRunCommand' の場合、RunCommands の一覧を返すときに機能するバグが修正されました [#22403]
  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。
  • 新しいコマンドレット 'Get-AzHostSize' と 'Update-AzHost' を追加しました。
  • コマンドレット 'Set-AzDiskSecurityType'、'New-AzvmssConfig'、'Set-AzVmssSecurityProfile'、'Update-AzVmss'、'New-AzVmss'、'New-AzVMConfig'、'Set-AzVMsecurityProfile'、および 'New-AzVMVM' に 'Standard' 値を 'SecurityType' パラメーターに追加しました。
  • ImageReferenceSKU を更新するための 'Update-AzVMSS' を修正しました [#22195]
  • このコマンドレットのみを使用する場合、1 つのシナリオが最初に見落とされたため、上記の変更を "New-AzVMConfig" が含まれるように更新しました。

Az.ContainerInstance 3.2.1

  • 一部の条件下で結果が返されなかった場合の 'Invoke-AzContainerInstanceCommand' のバグを修正しました [#22453]

Az.ContainerRegistry 4.1.1

  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。

Az.CosmosDB 1.12.0

  • 'Restore-AzCosmosDBAccount' に PublicNetworkAccess パラメーターを追加しました。

Az.DataLakeAnalytics 1.0.3

  • Microsoft によって署名されたカタログ ファイルを確認するためにモジュールを更新しました。

Az.EventHub 4.1.0

  • コマンドレット 'New-AzEventHub' および 'Set-AzEventHub' でサポートされている EventHub MSI キャプチャ機能

Az.HDInsight 6.0.1

  • この変更により、次のバージョンの受信中断の変更にいくつかの警告メッセージが追加され、詳細情報が次のようになります:
    • 'Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.DiskEncryptionProperties' から 'Azure.ResourceManager.HDInsight.Models.HDInsightDiskEncryptionProperties' に型 'Microsoft.Azure.Commands.HDInsight.Models.AzureHDInsightCluster' のプロパティ 'DiskEncryption' の型を置き換えることを計画するための警告メッセージを追加しました。
    • 'List< Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.DataDisksGroups>' から 'List<Azure.ResourceManager.HDInsight.Models.HDInsightClusterDataDiskGroup>' に型 'Microsoft.Azure.Commands.HDInsight.Models.AzureHDInsightCluster' のプロパティ 'WorkerNodeDataDisksGroups' の型を置き換えることを計画するための警告メッセージを追加しました。
    • パラメーター 'NodeType' 型を 'Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.ClusterNodeType' から 'Microsoft.Azure.Commands.HDInsight.Models.Management.RuntimeScriptActionClusterNodeType' に置き換えることを計画するための警告メッセージを追加しました。

Az.KeyVault 4.11.0

  • DnsName が null の場合の証明書ポリシーのバグを修正しました。 [#22642]
  • Managed Hsm でサポートされているマルチリージョン: 'Add/Get/Remove-AzAzKeyVaultManagedHsmRegion' が追加されました。
  • 'Test-AzKeyVaultNameAvailability' と 'Test-AzKeyVaultManagedHsmNameAvailability' が追加されました。
  • '-AzKeyVault'、'-AzKeyVaultKey'、'-AzKeyVaultKey' および '*-AzKeyVaultSecret' のテーブル ビューをフォーマットしました
  • 'New/Update/Get-AzKeyVaultManagedHsm' ('PSManagedHsm' ) の出力に 'SecurityDomain' プロパティと 'Regions' プロパティを追加しました。
  • マネージド HSM のサポートされている設定: 'Get-AzKeyVaultSetting' と 'Update-AzKeyVaultSetting' を追加しました。
  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。

Az.Maintenance 1.3.1

  • 破壊的変更情報を修正しました

Az.Media 1.1.2

  • Microsoft によって署名されたカタログ ファイルを確認するためにモジュールを更新しました。

Az.Monitor 4.6.0

  • 'ResourceId' パラメーターをサポートするように 'Get-AzInsightsPrivateLinkScope' を修正しました [#22568]
  • 'exclude' または 'include' の値のみを持つよう 'New-AzMetricAlertRuleV2DimensionSelection' を修正しました [#22256]
  • Web テストの条件をサポートするように 'Add-AzMetriAlertRuleV2' と 'Get-AzMetricAlertRuleV2' を修正しました [#22350]
  • ディメンションでメトリックを簡単にフィルター処理するために、'Get-AzMetric' のパラメーター 'Dimension' を追加しました [#22320]
  • データ収集ルールの破壊的変更を追加しました
  • アクション グループの破壊的変更を追加しました

Az.Network 6.2.0

  • 新しい Application Gateway SKU の種類、Basic SKU のサポートを追加しました
  • プライベート リンク コマンドレットに 'Microsoft.EventGrid/partnerNamespaces' をオンボードしました
  • プライベート リンク コマンドレットに 'Microsoft.EventGrid/namespaces' をオンボードしました
  • VariableName の有効な入力として 'GeoLocation' を追加する 'NewAzureApplicationGatewayFirewallCustomRuleGroupByVariable' のバグを修正しました
  • 有効な入力として 'Geo' を削除するために、'NewAzureApplicationGatewayFirewallCustomRuleGroupByVariable' にパラメーター 'VariableName' の破壊的変更メッセージを追加しました。

Az.NotificationHubs 1.1.2

  • Microsoft によって署名されたカタログ ファイルを確認するためにモジュールを更新しました。

Az.PolicyInsights 1.6.3

  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。

Az.RecoveryServices 6.5.1

  • StorageAccountName プロパティを AzureFileShare ジョブに追加しました。
  • ソース ストレージ アカウントとは異なるリージョンとリソース グループの代替ストレージ アカウントへの AFS 復元のサポートが追加されました。

Az.Resources 6.10.0

  • Azure Policy コマンドレットの破壊的変更に関する警告を追加しました。
  • デプロイ スタック オブジェクトを Save and Remove Deployment Stack コマンドレットにパイプ処理できるようにするロジックを実装しました。

Az.SecurityInsights 3.0.2

  • 'Az.SecurityInsights' の破壊的変更メッセージを追加しました。

Az.Sql 4.10.0

  • 2018-06-01-preview API バージョンを使用するコマンドレットを修正しました
    • 'Set-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityClassification'、
    • 'Remove-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityClassification'、
    • 'Enable-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityRecommendation'、
    • 'Disable-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityRecommendation'、
  • 'EncryptionProtectorAutoRotation' パラメーターを 'New-AzSqlDatabase'、'Get-AzSqlDatabase'、'Set-AzSqlDatabase'、'New-AzSqlDatabaseCopy'、'New-AzSqlDatabaseSecondary'、'Restore-AzSqlDatabase' コマンドレットに追加しました

Az.SqlVirtualMachine 2.1.0

  • コマンドレット 'Update-AzSqlVM' にパラメーターを追加しました。

Az.StackHCI 2.1.2

  • デバイスの種類のチェックを削除し、サービスが既に存在するかどうかを確認します。

Az.Storage 5.10.0

  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。
  • 暗号化コンテキストのサポートを追加しました
    • 'New-AzDataLakeGen2Item'
  • ストレージ アカウント作成時の今後の重大な変更に関する警告メッセージを更新しました
    • 'New-AzStorageAccount'
  • 'New-AzStorageQueueSASToken' のヘルプ ファイルを更新しました

Az.Synapse 3.0.3

  • Azure.Core を 1.34.0 に更新しました。
  • Azure.Analytics.Synapse.Artifacts を 1.0.0-preview.18 に更新しました

Az.Websites 3.1.1

  • XenonMV3 Web アプリのサポートを追加しました

10.2.0 - 2023 年 8 月

Az.Accounts 2.12.5

  • 出力ストリームをデバッグ ストリームから 'CmdletPreviewAttribute' の警告ストリームに変更しました
  • プレビュー警告メッセージのプロンプトの頻度を 1 つのセッションのコマンドレットごとに 1 回に減らしました
  • 既定のプレビュー メッセージを書き換え、'CmdletPreviewAttribute' の推定 GA 日付を追加しました
  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました

Az.AppConfiguration 1.3.0

  • データ プレーン操作をサポートするコマンドレットを追加しました:
    • 'Get-AzAppConfigurationKey'
    • 'Get-AzAppConfigurationKeyValue'
    • 'Get-AzAppConfigurationLabel'
    • 'Get-AzAppConfigurationRevision'
    • 'Remove-AzAppConfigurationKeyValue'
    • 'Remove-AzAppConfigurationLock'
    • 'Set-AzAppConfigurationKeyValue'
    • 'Set-AzAppConfigurationLock'
    • 'Test-AzAppConfigurationKeyValue'

Az.Batch 3.5.0

  • コマンドレット 'Get-AzBatchPoolStatistic' と 'Get-AzBatchJobStatistic' が削除されました
  • 非推奨のコマンドレット: 'Get-AzBatchCertificate' と 'New-AzBatchCertificate'
    • Batch アカウント証明書機能は非推奨です。 Azure Key Vault を使用して Batch プールに証明書に安全にアクセスしてインストールする方法に移行してください。詳細情報

Az.Compute 6.2.0

  • 'Update-AzVmss' コマンドレットを修正し、'AutomaticRepairGracePeriod'、'AutomaticRepairAction'、および 'EnableAutomaticRepair' パラメーターが正しく機能するようにしました。
  • 'New-AzVM'、'New-AzVMConfig'、'New-AzVmss'、'New-AzVmssConfig'、'Update-AzVM'、および 'Update-AzVmss' のヘルプ ドキュメントが更新され、トラステッド起動機能用に以前に追加されたパラメーターが含まれます。
  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。

Az.ContainerRegistry 4.1.0

  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。
  • 新しいコマンドレット 'New-AzContainerRegistryCredentials' を追加しました

Az.CosmosDB 1.11.2

  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。

Az.Databricks 1.7.0

  • 'Update-AzDatabricksWorkspace' にいくつかのパラメーターを追加しました:
    • 'EnableNoPublicIP'
    • 'PublicNetworkAccess'

Az.DataFactory 1.17.0

  • Set_AzDataFactoryV2 コマンドに DisablePublish を追加しました

Az.Dns 1.1.3

  • Azure CLI と Azure portal との一貫性を保つ DNS TXT レコードの長さの検証を削除しました。

Az.KeyVault 4.10.1

  • '-AzKeyVaultNetworkRuleSet' の 'IpAddressRange' と 'VirtualNetworkResourceId' の最大数をクライアント側から削除しました。 [#22137]
  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。

Az.Maintenance 1.3.0

  • リソース グループとサブスクリプションの構成割り当てのサポートを追加しました。

Az.Network 6.1.1

  • プライベート リンク コマンドレットに 'Microsoft.ElasticSan/elasticSans' をオンボードしました

Az.PolicyInsights 1.6.2

  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。

Az.PrivateDns 1.0.4

  • Azure CLI と Azure portal との一貫性を保つ DNS TXT レコードの長さの検証を削除しました。

Az.Resources 6.9.0

  • 'New-AzRoleAssignment' がサブスクリプションなしでは機能しない問題を修正しました。
  • グループ所有者用のコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzADGroupOwner'
    • 'New-AzADGroupOwner'
    • 'Remove-AzADGroupOwner'
  • デプロイ スタックの New コマンドレットと Set コマンドレットの Tags 機能を更新しました

Az.Sql 4.9.0

  • Azure SQL Managed Instance の開始/停止スケジュールの新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Start-AzSqlInstance'、
    • 'Stop-AzSqlInstance'、
    • 'Get-AzSqlInstanceStartStopSchedule'、
    • 'New-AzSqlInstanceStartStopSchedule'、
    • 'Remove-AzSqlInstanceStartStopSchedule'、
    • 'New-AzSqlInstanceScheduleItem'

Az.StackHCI 2.1.0

  • API バージョン 2023-03-01 に更新しました。
  • 追加されたコマンドレット:
    • Invoke-AzStackHciExtendClusterSoftwareAssuranceBenefit : クラスターのソフトウェア アシュアランスを有効にする
    • Invoke-AzStackHciConsentAndInstallDefaultExtensions: クラスターに既定の拡張機能をインストールすることに同意する

Az.Storage 5.9.0

  • File Service コマンドレットでサポートされている OAuth 認証
    • 'New-AzStorageContext'
    • 'Get-AzStorageFile'
    • 'Get-AzStorageFileContent'
    • 'Get-AzStorageFileCopyState'
    • 'New-AzStorageDirectory'
    • 'Remove-AzStorageDirectory'
    • 'Remove-AzStorageFile'
    • 'Set-AzStorageFileContent'
    • 'Start-AzStorageFileCopy'
    • 'Stop-AzStorageFileCopy'
    • 'Get-AzStorageFileHandle'
    • 'Close-AzStorageFileHandle'
  • サポートされている共有プロパティを取得なしにファイル共有オブジェクトの取得。 OAuth 認証を使用したファイル/ディレクトリ コマンドレットへのパイプラインの場合。
    • 'Get-AzStorageShare'
  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。

Az.Synapse 3.0.2

  • Azure.Core を 1.33.0 に更新しました。

Az.Websites 3.1.0

  • P0V3 および P*mv3 レベルの AppServicePlan 管理サポートを追加しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Dante Stancato (@dantecit0)、Set-AzFirewall.md の更新 (#22224)
  • 吉岡 浩 (@hyoshioka0128)、誤字 "flexible server"→"Flexible Server" (#22215)
  • @Jingshu918、[DataFactory]disablePublish を Set_AzDataFactoryV2 コマンドに追加しました (#22273)
  • Miguel Vega (@miguel-vega)、正しい PowerShell 変数を使用するように Connect-AzAccount.md ページの例 3 を更新しました。 (#22376)
  • @Skatterbrainz、Remove-AzVM.md の更新 (#22378)
  • @veppala、New-AzSqlVM コマンドレットの例を追加しました (#22185)
  • @vladik-hbinov、例 2 wp修正しました (#22193)

10.1.0 - 2023 年 7 月

Az.Accounts 2.12.4

  • 'Set-AzEnvironment' と 'Add-AzEnvironment' の ARM メタデータで 'gallery' プロパティを省略可能に変更しました [#22037]。

Az.Aks 5.5.1

  • 'Set-AzAksCluster' での 'nextLink' の処理に関する問題を修正しました。 [#21846]
  • ロールの割り当て名が guid であることが原因の 'Set-AzAksCluster' のパラメーター 'AcrNameToDetach' の問題を修正しました。
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター 'DockerBridgeCidr' に関する破壊的変更のメッセージを追加しました。
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター '-NodeOsSKU' と 'New-AzAksNodePool' のパラメーター '-OsSKU' の値 'AzureLinux' がサポートされました。
  • 'Set-AzAksCluster' の '-DisableLocalAccount' の問題を修正しました。 [#21835]

Az.Billing 2.0.3

  • Consumption PriceSheet コマンドレットのページ継続を修正しました

Az.Cdn 3.1.0

  • API バージョンを 2023-05-01 にアップグレードしました
  • 'Update-AzCdnProfile'、'Update-AzFrontDoorCdnProfile'、'Remove-AzCdnProfile'、'Remove-AzCdnProfile' の既知の問題を修正しました

Az.CognitiveServices 1.14.0

  • 2023-05-01 バージョンを使用するように CognitiveServices PowerShell を更新しました。

Az.Compute 6.1.0

  • 'New-AzVMConfig' のヘルプ ドキュメントに便利な例を追加しました。
  • 'Get-AzVmss' コマンドレットに新しい 'ResourceId' パラメーターを追加しました。
  • '-SecurityType'、'-EnableSecureBoot' および '-EnableVtpm' パラメーターを 'New-AzVm'、'New-AzVmConfig'、'New-AzVmss'、'New-AzVmssConfig'、'Update-AzVms'、'Update-AzVmss' コマンドレットに追加しました。
  • 'New-AzVmConfig'、'New-AzVmss'、'New-AzVmssConfig'、'Update-AzVms'、'Update-AzVmss' コマンドレットの '-SecurityType' パラメーターの TrustedLaunch と ConfidentialVM の値でパラメーター フラグ '-EnableSecureBoot' と '-EnableVtpm' が既定で True になるように構成しました。
  • '-Image' パラメーターを使用して 'New-AzVM' で、または '-ImageName' パラメーターを使用して 'New-AzVmss' でユーザーが古いイメージ エイリアスを指定したときのメッセージを追加しました。 バージョン管理されていないイメージ エイリアスが 2023 年 10 月にバージョン管理された値に更新されました。このメッセージは、お客様に新しいバージョン管理されたイメージ エイリアス値の使用を促すのに役立ちます。
  • プロパティ 'EnableAutomaticUpgrade' を true に設定するように、'New-AzVM' および 'New-AzVmss' の 'GuestAttestation' 拡張機能のインストール動作を変更しました。
  • 不要な必須パラメーターを修正するように 'Set-AzVMOperatingSystem' を変更しました。

Az.CosmosDB 1.11.1

  • 応答で表示される場所に、状態、isSubscriptionRegionAccessAllowedForRegular および isSubscriptionRegionAccessAllowedForAz プロパティが含まれます

Az.Databricks 1.6.0

  • 'New-AzDatabricksWorkspace' と 'Update-AzDatabricksWorkspace' にいくつかのパラメーターを追加しました。
    • 'ManagedDiskKeyVaultPropertiesKeyName'
    • 'ManagedDiskKeyVaultPropertiesKeyVaultUri'
    • 'ManagedDiskKeyVaultPropertiesKeyVersion'
    • 'ManagedDiskRotationToLatestKeyVersionEnabled'
    • 'ManagedServicesKeyVaultPropertiesKeyName'
    • 'ManagedServicesKeyVaultPropertiesKeyVaultUri'
    • 'ManagedServicesKeyVaultPropertiesKeyVersion'
    • 'Authorization'
    • 'UiDefinitionUri'
  • 'Update-AzDatabricksVNetPeering' にいくつかのパラメーターを追加しました。
    • 'DatabricksAddressSpacePrefix'
    • 'DatabricksVirtualNetworkId'
    • 'RemoteAddressSpacePrefix'
    • 'RemoteVirtualNetworkId'

Az.Migrate 2.2.0

  • 一部のユーザーに対してキー コンテナーの SPN ID が null 値として表示される問題を修正しました
  • Azure Migrate を使用してサーバーを Azure に移行する際の Windows Server OS のアップグレードのサポートを追加しました
  • Azure Migrate の OsUpgradeVersion パラメーターを更新しました

Az.MySql 1.1.1

  • iops と高可用性パラメーターの問題を修正しました

Az.Network 6.1.0

  • ネットワーク仮想アプライアンスの接続子リソースを取得するための新しいコマンドレットを追加しました。 -'Get-AzNetworkVirtualApplianceConnection'
  • ネットワーク仮想アプライアンスで接続を返すようにコマンドレットを更新しました - 'Network Virtual Appliance'
  • 'PSApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleGroupOverride' に 'Rules' を指定しないことを許可しました。これにより、NRP に渡す空の 'RuleID' が返されます。
  • Express Route Virtual Network Gateway に省略可能なパラメーター 'AdminState' を追加しました
  • 'Remove-AzApplicationGatewayAutoscaleConfiguration' が常に失敗する原因となったバグを修正しました
  • PSApplicationGateway に読み取り専用プロパティ 'DefaultPredefinedSslPolicy' を追加しました
  • コマンドレットを更新し、省略可能なパラメーター 'DomainNameLabelScope' をパブリック IP アドレスに追加しました
    • 'New-AzPublicIpAddress'
  • 'Get-AzRouteServer' の実行時に HubRoutingPreference が表示されないバグを修正しました
  • 'ExtendedLocation' パラメーターの検証を削除するように 'New-AzVirtualNetworkGateway' を更新しました

Az.RecoveryServices 6.5.0

  • 新しいリージョン malaysiasouth、chinanorth3、chinaeast3、jioindiacentral、jioindiawest のための CRR サポートを追加しました。
  • CRR SDK を再生成しました。 SQL CRR に関する問題を修正しました。
  • rp 有効期限のバグを修正し、アドホック バックアップの 30 日の有効期限がクライアント側からの既定値になるようにしました。
  • ポリシーの変更後に排除された復旧ポイントをフェッチする例を追加しました。
  • 不変バックアップの中断に関するドキュメントを修正しました。

Az.RedisCache 1.8.0

  • API バージョンを 2023-04-01 にアップグレードしました

Az.Resources 6.8.0

  • 'Get-AzTag' の改ページ位置の自動修正の正しくない動作を修正しました
  • API バージョンを 2022-09-01 に更新しました。
  • デプロイ スタック コマンドレットを追加しました
  • シンボリック名テンプレートをデプロイするときの動的パラメーターのサポートを追加しました。
  • 'Set-AzPolicyExemption' のパラメーター PolicyDefinitionReferenceId が空の配列を受け入れない問題を修正しました。
  • 'Get-AzPolicyExemption' の出力にシステム データが含まれない問題を修正しました。

Az.Sql 4.8.0

  • 'Switch-AzSqlDatabaseFailoverGroup' に 'TryPlannedBeforeForcedFailover' パラメーターを追加しました
  • マネージド データベースの移動およびコピー操作用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Copy-AzSqlInstanceDatabase'
    • 'Move-AzSqlInstanceDatabase'
    • 'Complete-AzSqlInstanceDatabaseCopy'
    • 'Stop-AzSqlInstanceDatabaseCopy'
    • 'Complete-AzSqlInstanceDatabaseMove'
    • 'Stop-AzSqlInstanceDatabaseMove'
    • 'Get-AzSqlInstanceDatabaseMoveOperation'
    • 'Get-AzSqlInstanceDatabaseCopyOperation'

Az.Storage 5.8.0

  • ストレージ アカウント管理ポリシーで TierToCold と TierToHot をサポートします
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'
  • BLOB 層のコールドをサポートします
    • 'Copy-AzStorageBlob'
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'
  • 次の Azure キュー データプレーン コマンドレットを 'Microsoft.Azure.Storage.Queue' から 'Azure.Storage.Queue' に移行しました
    • 'New-AzStorageQueueSASToken'
  • SAS トークン作成時の今後の破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました
    • 'New-AzStorageBlobSasToken'
    • 'New-AzStorageContainerSasToken'
    • 'New-AzStorageAccountSasToken'
    • 'New-AzStorageContext'
    • 'New-AzStorageFileSasToken'
    • 'New-AzStorageShareSasToken'
    • 'New-AzStorageQueueSasToken'
    • 'New-AzStorageTableSasToken'
    • 'New-AzDataLakeGen2SasToken'
  • ストレージ アカウント作成時の今後の破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました
    • 'New-AzStorageAccount'

Az.StorageMover 1.0.1

  • System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHost がシステム パラメーター System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHost と競合する問題を修正しました

Az.Synapse 3.0.1

  • 要求の状態が 202 の場合に例外をスローしない 'Start-AzSynapseTrigger/Stop-AzSynapseTrigger' の問題を修正しました

Az.TrafficManager 1.2.1

新しい API 'CheckTrafficManagerNameAvailabilityV2' を追加しました。

Az.Websites 3.0.1

  • Publish-AzWebApp コマンドのタイムアウトを大きくしました
  • Get-AzWebApp オブジェクでパイプするときの 'Set-AzWebApp' に関する Set-AzWebApp の問題を修正しました [#21820]
  • PremiumMV3 レベルのサポートを 'New-AzAppServicePlan' に追加しました [#21933]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Bas Wijdenes (@baswijdenes)、Get-AzAutomationJob.md の更新 (#21984)
  • Sebastiaan Koning (@OneAndOnlySeabass)、Get-AzMarketplaceTerms.md のいくつかの入力ミスを修正 (#21945)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)
    • 入力ミス "CosmosDB Account"→"Cosmos DB Account" (#22005)
    • 入力ミス "azure key vault"→"Azure Key Vault" (#22103)

10.0.0 - 2023 年 6 月

Az.Accounts 2.12.3

  • System.Security.Permissions を 4.7.0 に更新しました。

Az.Aks 5.5.0

  • アドオンがない場合の 'Enable-AzAksAddon' の問題を修正しました。 [#21665]
  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' にパラメーター '-EnableAHUB' を追加しました
  • 'Set-AzAksCluster' のパラメーター '-WindowsProfileAdminUserPassword' を追加しました

Az.Billing 2.0.2

  • Consumption PriceSheet コマンドレットのスキップ トークンを修正しました

Az.Cdn 3.0.0

  • API バージョンを 2022-11-01-preview にアップグレードしました
  • Azure Front Door (クラシック) から Azure Front Door Standard および Premium に移行するためのサポートを追加しました。
  • Standard レベルから Premium レベルへの AFDX アップグレードのサポートが追加されました。

Az.Compute 6.0.0

  • 新しいスイッチ パラメーター 'OSImageScheduledEventEnabled' と文字列パラメーター 'OSImageScheduledEventNotBeforeTimeoutInMinutes' をコマンドレット 'New-AzVmssConfig' と 'Update-AzVmss' に追加しました。
  • Windows PowerShell で 'Add-AzVhd' が 'FileNotFoundException' をスローする問題を修正しました。 [#21321]
  • 'Get-AzVM' コマンドレットから 'NextLink' パラメーターとパラメーター セットを削除しました。

Az.ContainerRegistry 4.0.0

  • モジュールを autorest ベースに更新しました

Az.CosmosDB 1.11.0

  • 継続的な 7 日間のバックアップ モードのサポートが追加されました。
  • 'Update-AzCosmosDBAccount' と 'New-AzCosmosDBAccount' に新しいパラメーター 'EnablePartitionMerge' を追加しました。

Az.Databricks 1.5.1

  • 暗号化を有効にしているときに 'Update-AzDatabricksWorkspace' が期待どおりに動作しない問題を修正しました。 [#21324]

Az.DataProtection 2.0.0

  • Blob Hardened 復旧ポイント (VaultStore) のサポートを追加しました。
  • 'AzureDisk'、'AzureDatabaseForPostgreSQL' および 'AzureBlob' のサブスクリプション間の復元を追加しました。
  • 実行時間の長いコマンドレットの非同期のために 'Get-AzDataProtectionOperationStatus' コマンドを追加しました。

Az.DesktopVirtualization 4.0.0

  • API バージョンを 2022-09-09 にアップグレードしました
  • 次のコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzWvdScalingPlanPooledSchedule'
    • 'New-AzWvdScalingPlanPooledSchedule'
    • 'Remove-AzWvdScalingPlanPooledSchedule'
    • 'Update-AzWvdScalingPlanPooledSchedule'
  • パラメーター 'pageSize'、'isDescending' および 'initialSkip' を次に追加しました。
    • 'Get-AzWvdApplication'
    • 'Get-AzWvdApplicationGroup'
    • 'Get-AzWvdDesktop'
    • 'Get-AzWvdHostPool'
    • 'Get-AzWvdMsixPackage'
    • 'Get-AzWvdScalingPlan'
    • 'Get-AzWvdSessionHost'
    • 'Get-AzWvdStartMenuItem'
    • 'Get-AzWvdUserSession'
    • 'Get-AzWvdWorkspace'
  • パラメーター 'AgentUpdateMaintenanceWindow'、'AgentUpdateMaintenanceWindowTimeZone'、'AgentUpdateType'、'AgentUpdateUseSessionHostLocalTime' を次に追加しました。
    • 'New-AzWvdHostPool'
    • 'Update-AzWvdHostPool'
  • パラメーター 'FriendlyName' を次に追加しました。
    • 'New-AzWvdHostPool'
    • 'Update-AzWvdHostPool'
    • 'Update-AzWvdSessionHost'

Az.EventHub 4.0.0

  • 'New-AzEventHubNamespace'、'Remove-AzEventHubNamespace'、'Set-AzEventHubNamespace'、'Get-AzEventHubNamespace' にそれぞれ、'New-AzEventHubNamespaceV2'、'Remove-AzEventHubNamespaceV2'、'Set-AzEventHubNamespaceV2'、'Get-AzEventHubNamespaceV2' という別名を設定しました
  • 'New-AzEventHubEncryptionConfig' を 'New-AzEventHubKeyVaultPropertiesObject' に置き換えました

Az.Functions 4.0.7

  • v3 関数アプリの作成のサポートを削除しました (Functions v3 は 2022 年 12 月に EOL に到達しました) [#20838]
  • ARM API を使用して関数アプリの作成に関するスタック情報を取得できるようにしました [#14682][#20009]
  • dotnet 分離関数アプリの作成のサポートを追加しました [#16349]
  • カスタム ハンドラー関数アプリのサポートを追加しました [#12542]

Az.HDInsight 6.0.0

  • 重要な変更:
    • 長い間非推奨とマークされていたパラメーター '-RdpAccessExpiry' をコマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' から削除しました
    • 長い間非推奨とマークされていたパラメーター '-RdpCredential' をコマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' から削除しました

Az.KeyVault 4.10.0

  • 'New-AzKeyVaultManagedHsm' のパラメーター 'SoftDeleteRetentionInDays' の破壊的変更のお知らせを追加しました。 パラメーター 'SoftDeleteRetentionInDays' が必須になります
    • この変更はバージョン 6.0.0 で有効になります
  • 'Invoke-AzKeyVaultKeyOperation' の文字列からバイト配列へのエンコード方法を ASCII から UTF8 に変更しました。 UTF8 は ASCII と下位互換性があります。 [#21269]
  • バグ修正: エンコード方法に一致するように、バイト配列から文字列へのデコード方法をシステムの既定のエンコードから UTF8 に変更しました。 [#21269]
  • カスタム ポリシーをサポートするために、'Import-AzKeyVaultCertificate' にパラメーター 'PolicyPath' と 'PolicyObject' を追加しました [#20780]

Az.MachineLearningServices 1.0.0

  • モジュール Az.MachineLearningServices の一般提供

Az.Migrate 2.2.0

  • Azure Migrate を使用してサーバーを Azure に移行する際の Windows Server OS のアップグレードのサポートを追加しました
  • 一部のユーザーに対して keyvault SPN ID が null と表示される問題の修正を追加しました

Az.Monitor 4.5.0

  • 次のモニター ワークスペースのコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzMonitorWorkspace'
    • 'New-AzMonitorWorkspace'
    • 'Update-AzMonitorWorkspace'
    • 'Remove-AzMonitorWorkspace'

Az.Network 6.0.0

  • VirtualHub の RouteMap 子リソースに新しいコマンドレットを追加しました。 -'Get-AzRouteMap' -'New-AzRouteMapRuleCriterion' -'New-AzRouteMapRuleActionParameter' -'New-AzRouteMapRuleAction' -'New-AzRouteMapRule' -'New-AzRouteMap' -'Set-AzRouteMap' -'Remove-AzRouteMap'
  • routingConfiguration に受信/送信ルート マップを追加するようにコマンドレットを更新しました -'New-AzRoutingConfiguration'
  • コマンド 'New-AzFirewallPolicyApplicationRuleCustomHttpHeader' を追加しました
  • 'PSAzureFirewallPolicyApplicationRule' にメソッド 'AddCustomHttpHeaderToInsert' を追加しました
  • Application Gateway WAF のレート制限規則をサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallCustomRuleGroupByUserSession'、
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallCustomRuleGroupByVariable'、
    • また、'RateLimitDuration'、'RateLimitThreshold' および 'GroupByUserSession' のプロパティを追加するようにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzureApplicationGatewayFirewallCustomRule'
  • 'New-AzNetworkVirtualAppliance' に 'AdditionalNic' プロパティのサポートを追加しました
  • 'AdditionalNic' プロパティをサポートするための新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzVirtualApplianceAdditionalNicProperty'
  • Application Gateway WAF ファイアウォール ポリシーのログ スクラブ機能をサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyLogScrubbingConfiguration'、
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyLogScrubbingRule'、
    • また、'LogScrubbing' のプロパティを追加するようにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicySetting'
  • プライベート リンク コマンドレットに 'Microsoft.HardwareSecurityModules/cloudHsmClusters' をオンボードしました
  • 'DisableRequestBodyEnforcement'、'RequestBodyInspectLimitInKB' および 'DisableFileUploadEnforcement' のプロパティを追加するようにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicySetting'
  • オプションのプロパティ 'AuxiliarySku' をコマンドレット 'New-AzNetworkInterface' に追加し、'AuxiliaryMode' が有効なネットワーク インターフェイスのパフォーマンスを選択できるようにしました。
  • 'New-AzNetworkInterface' の既存のプロパティ 'AuxiliaryMode' に新しい値 'AcceleratedConnections' を追加しました
  • 仮想ハブの有効なルートと受信/送信ルートを取得するための新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzVHubEffectiveRoute'
    • 'Get-AzVHubInboundRoute'
    • 'Get-AzVHubOutboundRoute'

Az.RedisEnterpriseCache 1.2.0

  • API バージョンを 2023-03-01-preview にアップグレードしました

Az.Relay 2.0.0

  • API バージョンを 2021-11-01 に更新しました

Az.Resources 6.7.0

  • リスト操作のパラメーター '-CountVariable' を追加しました。'odataCount' をこの変数に割り当てることができるようになりました [#20982]
    • 'Get-AzADApplication'
    • 'Get-AzADServicePrincipal'
    • 'Get-AzADUser'
    • 'Get-AzADGroup'
  • 'Get-AzADGroupMember' のポリモーフィズムをサポートしました。このコマンドレットの出力は、'odataType' に基づく 'Application'、'ServicePrincipal'、'User' および 'Group' になりました [#19728]
  • 既存のモジュールの上書きをサポートするために、'Publish-AzBicepModule' に '-Force' パラメーターを追加しました。
  • 複数のリダイレクト URL の種類が指定された場合の 'New-AzADApplication' を修正しました。 [#21108]
  • 'IdentifierUri' に空の配列が渡されたときの 'Update-AzADServicePrincipal' を修正しました [#21345]
  • 'New-AzManagedApplication' のサービスからの応答に location ヘッダーが見つからない問題を修正しました。
  • 'Get-AzResourceGroup' が '-Id' のサブスクリプション ID を無視する問題を修正しました [#21725]

Az.ServiceBus 3.0.0

  • 'New-AzServiceBusNamespace'、'Remove-AzServiceBusNamespace'、'Set-AzServiceBusNamespace'、'Get-AzServiceBusNamespace' にそれぞれ、'New-AzServiceBusNamespaceV2'、'Remove-AzServiceBusNamespaceV2'、'Set-AzServiceBusNamespaceV2'、'Get-AzServiceBusNamespaceV2' という別名を設定しました。
  • 'New-AzServiceBusEncryptionConfig' を 'New-AzServiceBusKeyVaultPropertiesObject' に置き換えました

Az.ServiceFabric 3.2.0

  • マネージド クラスター リソースのネットワーク セキュリティ規則を更新するための新しいコマンドレット 'Add-AzServiceFabricManagedClusterNetworkSecurityRule' を追加しました

Az.SignalR 2.0.0

  • 重大な変更:
    • 次のコマンドレットの出力型 'PSSignalRResource' の 'HostNamePrefix' プロパティを削除しました。
      • 'Get-AzSignalR'
      • 'New-AzSignalR'
      • 'Update-AzSignalR'

Az.Sql 4.7.0

  • 新しいコマンドレット 'Get-AzSqlInstanceDatabaseLedgerDigestUpload'、'Disable-AzSqlInstanceDatabaseLedgerDigestUpload'、および 'Enable-AzSqlInstanceDatabaseLedgerDigestUpload' を追加しました
  • 'EnableLedger' パラメーターを 'New-AzSqlInstanceDatabase' に追加しました
  • 'PreferredEnclaveType' パラメーターを 'NewAzureSqlElasticPool' および 'SetAzureSqlElasticPool' コマンドレットに追加しました

Az.SqlVirtualMachine 2.0.0

  • Az.SqlVirtualMachine を autorest ベースのモジュールに変換しました。

Az.StackHCI 2.0.0

  • 'Register-AzStackHCI' コマンドレットで Region パラメーターを必須にしました。
  • 'Register-AzStackHCI' コマンドレットから EnableAzureArcServer パラメーターを削除しました。
  • 'Test-AzStackHCIConnection' コマンドレットを削除しました。 お客様は、拡張接続性検証テストに AzStackHCI.EnvironmentChecker モジュールの 'Invoke-AzStackHciConnectivityValidation' を使用できます。
  • Azure China Cloud でのマネージド サービス ID (MSI) のサポートを追加しました。
  • 23H2 以降の OS バージョンの必須拡張機能のサポートを追加しました。
  • 'Register-AzStackHCI' コマンドレットのパラメーター検証を追加しました。
  • 登録と登録解除のエラー ログが改善されました。

Az.Storage 5.7.0

  • 先頭にスラッシュが付いた 1 つの BLOB を取得する問題を修正しました
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • 管理プレーン コマンドレットでの CORS ルールの設定をサポートしました
    • 'Update-AzStorageBlobServiceProperty'
    • 'Update-AzStorageFileServiceProperty'
  • コンテキストが無効な場合のコンテキスト オブジェクトの 'StorageAccountName' フィールドの問題を修正しました
    • 'New-AzStorageContext'
  • コンテキストに Credentials フィールドがない場合の問題を修正しました
  • 有効なコンテナー名となるように '' を追加しました

Az.StorageSync 2.0.0

  • Set-AzStorageSyncServerEndpoint の InputObject パラメーターの 'RegisteredServer' 別名が非推奨になりました

Az.Synapse 3.0.0

  • 'New-AzSynapseSparkPool' および 'Update-AzSynapseSparkPool' の各コマンドレットのパラメーター '-SparkConfigFilePath' の不必要な破壊的変更を削除しました

Az.Websites 3.0.0

  • 'New-AzWebAppContainerPSSession' および 'Enter-AzWebAppContainerPSSession' の各コマンドレットを削除しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Gitanjali Verma (@gitanjali1993): Set-AzApplicationGatewayBackendAddressPool.md を更新 (#21458)
  • Jeremiah Mathers (@jeremiahmathers): Set-AzApplicationGatewayConnectionDraining.md を更新 (#21601)
  • Morris Janatzek (@morrisjdev): 1 つのアクションで複数のパッケージの削除と追加をサポートするために Update-AzSynapseSparkPool の PackageAction Set を追加しました (#21579)
  • Adam Myatt (@myatt83)
    • Set-AzNetworkManagerSubscriptionConnection.md を更新 (#21621)
    • Get-AzApiManagementAuthorizationServerClientSecret.md を更新 (#21619)
  • Noah Koontz (@prototypicalpro)
    • Az.Network のヘルプを再生成 (#21533)
    • feat: 仮想ハブの自動スケーリングのサポートを追加し、ネットワークの形式を更新 (#21518)
  • Simon Wåhlin (@SimonWahlin): Publish-AzBicepModule に -Force パラメーターを追加 (#21713)
  • Steve Matney (@stevematney): Update-AzWebAppTrafficRouting.md の入力ミスを修正 (#21667)

9.7.1 - 2023 年 5 月

Az.Accounts 2.12.2

  • 'USGovernment' 環境の 'AzureSynapseAnalyticsEndpointResourceId' を修正しました。
  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。
  • Azure Powershell Common の参照が 1.3.75-preview に更新されました。

Az.Aks 5.4.0

  • コマンドレット 'New-AzAksMaintenanceConfiguration'、'Get-AzAksMaintenanceConfiguration'、'Remove-AzAksMaintenanceConfiguration'、'New-AzAksSnapshot'、'Get-AzAksSnapshot'、 'Remove-AzAksSnapshot'、'Get-AzAksManagedClusterCommandResult'、'Get-AzAksManagedClusterOSOption'、'Get-AzAksManagedClusterOutboundNetworkDependencyEndpoint'、'Invoke-AzAksAbortAgentPoolLatestOperation'、'Invoke-AzAksAbortManagedClusterLatestOperation'、'Invoke-AzAksRotateManagedClusterServiceAccountSigningKey'、'Start-AzAksManagedClusterCommand'、'New-AzAksTimeInWeekObject'、'New-AzAksTimeSpanObject' を追加しました。
  • パラメーター '-OutboundType' を 'New-AzAksCluster' に追加しました
  • パラメーター '-EnableUptimeSLA' を 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' に追加しました
  • パラメーター '-NodePodSubnetID' を 'New-AzAksCluster' に、'-PodSubnetID' を 'New-AzAksNodePool' に追加しました

Az.Compute 5.7.1

  • 'NextLink' パラメーターとパラメーター セットが 2023 年 6 月に削除されることを示す破壊的変更の警告を 'Get-AzVM' コマンドレットに追加しました。 このパラメーターは、長い間機能していませんでした。
  • 新しいバージョン管理されたイメージ エイリアスの使用に関する 'New-AzVM' と 'New-AzVmss' の破壊的変更の警告を、特定のエイリアスが次の破壊的変更リリースで削除されることを示すように更新しました。
  • 'ProvisioningState' 値を含むように 'Get-AzVMRunCommand' を更新しました。 [#21473] の修正
  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。

Az.ContainerRegistry 3.0.4

  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。

Az.CosmosDB 1.10.1

  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。

Az.KeyVault 4.9.3

  • 'Invoke-AzKeyVaultKeyOperation' の破壊的変更を追加しました。 'Invoke-AzKeyVaultKeyOperation' の文字列とバイトの間のエンコード/デコード方法は UTF8 に変更されます。
    • この変更は 2023 年 5 月 23 日に有効になります
    • この変更は、バージョン 5.0.0 から適用される予定です
  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。

Az.LoadTesting 1.0.0

  • 'Az.LoadTesting' モジュールの一般提供

Az.Network 5.7.0

  • プライベート リンク コマンドレットに 'Microsoft.HardwareSecurityModules/cloudHsmClusters' をオンボードしました
  • 'NoInternetAdvertise' を指定しない場合は false に設定する必要がある 'Update-AzCustomIpPrefix' の問題を修正しました

Az.PolicyInsights 1.6.1

  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。

Az.PowerBIEmbedded 1.2.1

  • ワークスペース コレクション コマンドレットに非推奨を示す警告メッセージを追加しました

Az.RecoveryServices 6.4.0

  • コンテナーの CrossSubscriptionRestoreState を更新するためのサポートを追加しました
  • ワークロードの種類 MSSQL に対するクロス サブスクリプションの復元のサポートを追加しました

Az.Resources 6.6.1

  • Bicep パラメーター構文を使用したパラメーター ファイルを使用して Azure リソースをデプロイするためのサポートを追加しました

Az.Sql 4.6.0

  • サーバー構成オプションを管理するための新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Set-AzSqlServerConfigurationOption'
    • 'Get-AzSqlServerConfigurationOption'

Az.Storage 5.6.0

  • ファイルとディレクトリの名前変更がサポートされるようになりました
    • 'Rename-AzStorageFile'
    • 'Rename-AzStorageDirectory'
  • 1 つの BLOB を取得したときに表示される、今後の破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • 先頭のスラッシュを使用した BLOB の一覧表示の問題を修正しました
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • スティッキー ビットのサポートを追加しました
    • 'New-AzDataLakeGen2Item'
    • 'New-AzDataLakeGen2ACLObject'
    • 'Update-AzDataLakeGen2Item'
  • 今後のコマンドレットの破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • BLOB の BLOB タグをクリアできるようになりました
    • 'Set-AzStorageBlobTag'
  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました

Az.Synapse 2.3.1

  • Azure.Core を 1.31.0 に更新しました。

Az.Websites 2.15.0

  • 'New-AzWebApp' の ASE に関するタグ パラメーターの問題を修正しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @geologyrocks
    • ロール定義の例の IsCustom プロパティを更新 (#21514)
    • 出力での代入/定義の入力ミスを修正 (#21442)

9.6.0 - 2023 年 4 月

Az.Aks 5.3.2

  • 'Windows PowerShell' でシステム変数 'True' が 未定義である問題を修正しました。
  • AutoMapper 依存関係を分離し、AdapterHelper に置き換えました。

Az.Batch 3.4.0

  • 'AccountCreateParameters' に、新しい 'Encryption' プロパティ ('EncryptionProperties' 型) を追加しました。
    • Batch アカウント内で顧客データを暗号化する方法を構成します。

Az.Billing 2.0.1

  • 'Get-AzConsumptionPriceSheet' コマンドレットの改ページ位置の自動修正の問題を修正しました。

Az.CognitiveServices 1.13.1

  • 'New-AzCognitiveServicesAccount' から通知と構成証明を削除しました。

Az.Compute 5.7.0

  • 'Remove-AzVmss' で '-InstanceId' が null の場合にエラーがスローされるバグを修正しました。 [#21162]
  • 'Invoke-AzVMReimage' に、'-CustomData'、'-AdminPassword'、'-ExactVersion' のパラメーターを追加しました。
  • 公開元の CoreOS に Azure 用のイメージがなくなったので、イメージ エイリアス 'CoreOS' を削除しました。 'openSUSE-Leap' と 'SLES' のエイリアスの名前を、それぞれ 'OpenSuseLeap154' と 'SuseSles15SP4' に更新しました。 実際に存在するイメージを指すようにこれらのエイリアスを更新しました。
  • イメージのサポート終了に伴う今後のイメージ エイリアスの削除に関する破壊的変更警告を、"New-AzVM" と "New-AzVmss" に追加しました。
  • Linux イメージ エイリアスのわかりやすいバージョン付きエイリアス名を新たに追加しました (公開元 'Kinvolk' の新しいエイリアスを含む)。

Az.ContainerRegistry 3.0.3

  • コマンドレットの破壊的変更属性を追加しました。

Az.CosmosDB 1.10.0

  • Gremlin と Table の復元可能な API のサポートを導入しました。これには以下が含まれます。
    • RestorableGremlinDatabases、RestorableGremlinGraphs、RestorableGremlinResources、RestorableTables、RestorableResources の API を追加しました。
    • Gremlin と Table の RetrieveContinuousBackupInfo API を追加しました。この API は、復元ポイントの時刻と復元するリソースの決定に役立ちます。
    • データベース アカウント API をプロビジョニングおよび復元するための GremlinDatabasesToRestore フィールドと TablesToRestore フィールドを追加しました。
    • 復元可能なコンテナー イベント フィードを一覧表示するための StartTime と EndTime のサポートを追加しました。

Az.DataProtection 1.2.0

  • バックアップ コンテナーを使用した AKS ワークロードのサポートを追加しました。
  • AKS ワークロードでの復元時の 'Set-AzDataProtectionMSIPermission' のサポートを追加しました。

Az.EventGrid 1.6.0

  • DeliveryAttributeMapping の修正プログラムを追加しました。
  • StorageQueueTtl の検証を追加しました。

Az.EventHub 3.2.3

  • Az.EventHub モジュールの今後の破壊的変更通知を追加しました。

Az.Kusto 2.2.0

  • 'Get-AzKustoSku' コマンドレットを追加しました。
  • 'AzKustoDatabase' コマンドレットと 'Update-AzKustoDatabase' コマンドレット用の 'CallerRole' パラメーターを追加しました。
  • 'New-AzKustoDataConnection' コマンドレットと 'Update-AzKustoDataConnection' コマンドレット用に、新しいデータ接続の種類 'CosmosDb' のサポートを追加しました。
  • 'New-AzKustoAttachedDatabaseConfiguration' コマンドレット用に、'DatabaseNameOverride'、'DatabaseNamePrefix'、'TableLevelSharingPropertyFunctionsToInclude'、'TableLevelSharingPropertyFunctionsToExclude' のパラメーターを追加しました。

Az.Network 5.6.0

  • グローバル レベルのロード バランサーのサーフェス レベル パラメーターを検証するように 'New-AzLoadBalancer' と 'Set-AzLoadBalancer' を更新しました。
  • ExpressRouteCircuit に 'AuthorizationStatus' プロパティを追加しました。
  • ExpressRoutePort に 'BillingType' プロパティを追加しました。
  • ネットワーク セキュリティ グループにおける接続フラッシュのサポートを追加しました。有効にすると、ルールが更新されたときにフローが再評価されます。
    • 'New-AzNetworkSecurityGroup'
  • WAF カスタム 規則における状態のサポートを追加しました
  • 'New-AzGatewayCustomBgpIpConfigurationObject' コマンドを追加しました。
  • GatewayCustomBgpIpConfiguration をサポートするように、'New-AzVirtualNetworkGatewayConnection'、'Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection'、'New-AzVpnSiteLinkConnection' を更新しました。
  • IpConfigurationId をサポートするように 'Reset-AzVpnGateway' を更新しました。
  • Basic SKU ファイアウォールの作成時または更新時に一部のリージョンをブロックしました。
  • 自動学習 IP プレフィックスと Snat に関連するバグを修正しました。
  • 複数認証を更新し、VNG と VWAN VPN に OpenVPN と IkeV2 の両方のプロトコルが使用されている場合にサポートされるようにしました。

Az.Resources 6.6.0

  • 'New-AzManagementGroup' コマンドが実行時に非同期操作を管理グループとしてキャストしようとする問題を修正しました。 [#21000]
  • 'Get-AzResourceGroup -Name 'some_name'' の実行時に、指定した '-Location' が無視される問題を修正しました。[#21225]

Az.ServiceBus 2.2.1

  • Az.ServiceBus モジュールの今後の破壊的変更通知を追加しました。

Az.Sql 4.5.0

  • 外部ガバナンスの状態を更新する新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Invoke-AzSqlServerExternalGovernanceStatusRefresh'

Az.SqlVirtualMachine 1.1.1

  • コマンドレットの削除とパラメーターの変更に関する破壊的変更通知を追加しました。
    • 'New-AzSqlVMConfig' コマンドレットが削除されます。
    • 'Set-AzSqlVMConfigGroup' コマンドレットが削除されます。
    • 'Update-AzAvailabilityGroupListener' コマンドレットが削除されます。
    • 'SqlVM' パラメーターが 'New-AzSqlVM' コマンドレットから削除されます。
    • 'SqlVMGroupObject' パラメーターが、'Get-AzAvailabilityGroupListener' コマンドレットと 'Remove-AzAvailabilityGroupListener' コマンドレットから削除されます。
    • 'SqlVM' パラメーター エイリアスが、'Remove-AzSqlVM' コマンドレットの 'InputObject' から削除されます。
    • 'SqlVMGroup' パラメーター エイリアスが、'Update-AzSqlVMGroup' コマンドレットと 'Remove-AzSqlVMGroup' コマンドレットの 'InputObject' から削除されます。
  • SqlManagementType の破壊的変更通知を追加しました。

Az.Storage 5.5.0

  • DnsEndpointType を使用したストレージ アカウントの作成をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
  • 現在のコンテキストが入力 Azure ファイル オブジェクトの資格情報と一致しない場合の、ファイル コマンドレットの潜在的なコンテキスト問題を修正しました
    • 'Close-AzStorageFileHandle'
    • 'Get-AzStorageFile'
    • 'Get-AzStorageFileContent'
    • 'Get-AzStorageFileHandle'
    • 'New-AzStorageDirectory'
    • 'New-AzStorageFileSASToken'
    • 'Remove-AzStorageDirectory'
    • 'Remove-AzStorageFile'
    • 'Remove-AzStorageShare'
    • 'Set-AzStorageFileContent'
    • 'Set-AzStorageShareQuota'
    • 'Start-AzStorageFileCopy'

Az.Websites 2.14.0

  • 有効または無効のバックアップ構成を渡すように 'Edit-AzWebAppBackupConfiguration' を修正しました。
  • 論理的な再起動を実行するために、'Restart-AzWebApp' と 'Restart-AzWebApp' 用の新しい '-SoftRestart' パラメーターを追加しました
  • 'VirtualNetwork Integration Info' を公開するように 'Get-AzWebApp' と 'Get-AzWebAppSlot' を更新しました。[#10665]
  • 'New-AzStaticWebApp' の '-RepositoryUrl' の既定値を設定しました。[#21202]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Allen TechWorld (@hachi1030-Allen)、バグ - Invoke-AzCostManagementQuery コマンドレットで応答行の null 値を処理する必要がある (#21180)
  • Simon Angling (@sangling)、軽微なスペルミス (#21165)
  • Thomas Pike (@thwpike)、コード ブロックの書式設定がない (#21130)

9.5.0 - 2023 年 3 月

Az.Accounts 2.12.0

  • WAM が有効になっていない場合に、WAM に関連するエラーがスローされる問題を修正しました。 20871] [#20824]
  • Azure.Core ライブラリを 1.28.0 に更新しました。
  • 不足しているモジュールに関するヘルパー メッセージが間違った時刻に表示される問題を修正しました。 [#19228]
  • コストを削減できる別のリージョンがある場合に、一部のリソース作成コマンドレット用のヒント メッセージを追加しました。
  • API バージョン 2022-09-01 の ArmMetadata を使用した環境の初期化と自動検出をサポートしました。

Az.Aks 5.3.1

  • パラメーター CommandContextAttachment のディレクトリにサブディレクトリが含まれている場合に、Invoke-AzAksRunCommand が失敗する問題を修正しました。 [#20734]

Az.Automanage 1.0.0

  • モジュール Az.Automanage の一般提供

Az.Automation 1.9.1

  • バグを修正しました: Runbook の名前パターン エラー。

Az.CloudService 1.2.0

  • API バージョンを 2022-09-04 にアップグレードしました。
  • 参照先ネットワークの API バージョンを 2022-07-01 にアップグレードしました。

Az.CognitiveServices 1.13.0

  • 2022-12-01 バージョンを使用するように CognitiveServices PowerShell を更新しました。
  • 新しい CognitiveServices CommitmentPlan および Association コマンドレットを追加しました。
  • CognitiveServices Account コマンドレットの MultiRegionSetting サポートを追加しました。

Az.Compute 5.5.0

  • 'New-AzVmss' の破壊的変更メッセージを追加しました。
  • 'New-AzDiskConfig' に '-PerformancePlus' パラメーターを追加しました。
  • Set-AzVmssRollingUpgradePolicyCommand に 'MaxSurge' を追加しました。
  • 'Get-AzvmImage' '-Version' パラメーターに 'latest' のサポートを追加しました
  • PSDisk オブジェクトに 'CompletionPercent' プロパティを追加しました。

Az.ContainerInstance 3.2.0

  • コンテナー グループのプロパティに 'priority' プロパティを追加しました
  • コンテナー グループ SKU に 'Confidential' SKU の種類を追加しました

Az.ContainerRegistry 3.0.2

  • Azure.Core を 1.28.0 に更新しました。

Az.CosmosDB 1.9.1

  • Azure.Core を 1.28.0 に更新しました。

Az.Databricks 1.5.0

  • API バージョンを 2023-02-01 にアップグレードしました

Az.DataFactory 1.16.13

  • ADF .Net SDK のバージョンを 9.2.0 に更新しました
  • ADF に AzureBlobFS sasUri および sasToken プロパティを追加しました
  • ADF に AzureBlobStorage containerUri および authenticationType プロパティを追加しました
  • IntegrationRuntime に copyComputeScale と pipelineExternalComputeScale のサポートを追加しました

Az.EventHub 3.2.2

  • パラメーター 'MessageRetentionInDays' に破壊的変更の説明を追加しました。これは非推奨になり、'RetentionTimeInHours' に置き換えられます

Az.FrontDoor 1.10.0

  • Azure Frontdoor waf ポリシーのタグの追加をサポートするように New-AzFrontDoorWafPolicy コマンドレットを修正しました

Az.IotHub 2.7.5

  • IoT Hub 管理 SDK をバージョン 4.2.0 (API バージョン 2021-07-02) に更新しました
  • DigiCert ハブと連携するように 'Get-AzIoTHub' を修正しました

Az.KeyVault 4.9.2

  • Azure.Core を 1.28.0 に更新しました。

Az.ManagedServiceIdentity 1.1.1

  • API バージョン 2023-01-31 にアップグレードしました。
  • フェデレーション ID 資格情報の GA バージョンが利用可能になりました。

Az.Network 5.5.0

  • Azure Firewall Policy に 'Snat' の新しいプロパティを追加するようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzFirewallPolicySnat'
    • 'New-AzFirewallPolicy'
    • 'Set-AzFirewallPolicy'
  • get と set を実行するときにクラシック fw プライベート範囲が既定値に戻るバグを修正しました
  • プライベート リンク コマンドレットに 'Microsoft.Monitor/accounts' をオンボードしました

Az.PolicyInsights 1.6.0

  • ポリシー構成証明のサポートを追加しました。

Az.RecoveryServices 6.3.0

  • Azure Site Recovery での HyperV から Azure プロバイダーへのレプリケーションでのマネージド ディスクの使用をサポートしました

Az.Relay 1.0.4

  • コマンドレットの破壊的変更メッセージを追加しました。
    • 'Set-AzRelayNamespace'
    • 'Get-AzRelayOperation'

Az.Resources 6.5.3

  • -Id に存在しないポリシー定義 ID が指定されたときに、すべての定義を返していた Get-AzPolicyDefinition の動作を更新しました。このような場合は、404 例外を正しくスローするように修正しました。

Az.Security 1.4.0

  • アラート コマンドレットを更新しました: 'Get-AzSecurityAlert' 'Set-AzSecurityAlert'
  • 下位互換性をサポートする最新の API バージョン '2020-01-01-preview' に基づくようにセキュリティ連絡先を移動します

Az.ServiceBus 2.2.0

  • API バージョンを 2022-10-01-preview にアップグレードしました
  • 'Set-AzServiceBusQueue' のバグを修正しました

Az.ServiceFabric 3.1.1

  • Windows 2022 サーバー VM イメージのサポートを追加しました。
    • これにより、Windows 2022 サーバー VM イメージを使用したクラスター操作が可能になります

Az.Sql 4.4.0

  • 'Set-AzSqlDatabase' コマンドレットでの ID の割り当てを修正しました
  • 'New-AzSqlDatabase'、'Get-AzSqlDatabase'、'Set-AzSqlDatabase'、'New-AzSqlDatabaseCopy'、'New-AzSqlDatabaseSecondary' コマンドレットに新しいパラメーターを追加しました
    • AssignIdentity
    • EncryptionProtector
    • UserAssignedIdentityId
    • KeyList
    • KeysToRemove
    • FederatedClientId
  • 'Get-AzSqlDatabaseGeoBackup' と 'Get-SqlDeletedDatabaseBackup' に 'ExpandKeyList' および 'KeysFilter' パラメーターを追加しました
  • DB ごとの CMK 用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Revalidate-AzSqlDatabaseTransparentDataEncryptionProtector'
    • 'Revert-AzSqlDatabaseTransparentDataEncryptionProtector'
    • 'Revalidate-AzSqlServerTransparentDataEncryptionProtector'
    • 'Revalidate-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector'
  • 'Set-AzSqlDatabaseInstanceFailoverGroup' 'New-AzSqlDatabaseInstanceFailoverGroup' に省略可能なパラメーター 'SecondaryType' を追加しました

Az.StackHCI 1.4.3

  • Az.StackHCI から Az.Accounts の手動インストールを削除しました。
  • モジュールのインポート中の詳細を削除しました。

Az.Storage 5.4.1

  • Azure.Core を 1.28.0 に更新しました。

Az.StorageMover 1.0.0

  • モジュール Az.StorageMover の一般提供
  • StorageMover API のバージョンを 2023-03-01 に更新しました

Az.Synapse 2.3.0

  • Azure.Analytics.Synapse.Artifacts を 1.0.0-preview.17 にアップグレードしました
  • '-EnableIsolatedCompute' によって Spark プールの分離コンピューティングの設定をサポートするように 'New-AzSynapseSparkPool' と 'Update-AzSynapseSparkPool' を更新しました
  • Spark プール ノード サイズの 'XLarge'、'XXLarge'、'XXXLarge' の設定をサポートするように 'New-AzSynapseSparkPool' と 'Update-AzSynapseSparkPool' を更新しました

Az.Websites 2.13.0

  • 親アプリからスロットに ID をコピーするために、'New-AzWebAppSlot' の新しいパラメーター '-CopyIdentity' を追加しました。
  • -WhatIf パラメーターをサポートするように 'New-AzWebAppSSLBinding' を更新しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Brett Miller (@brettmillerb)、ConfirmAction の構文を修正しました (#20902)
  • Dave Neeley (@daveneeley)、AcountEnabled と Password の動作を明確にしました (#21006)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)、入力ミス "udpate"→"update" (#20810)
  • @meenalsri
    • New-AzSynapseRoleAssignment.md の更新 (#20905)
    • Remove-AzSynapseRoleAssignment.md の更新 (#20906)
    • SPN ロールの割り当てが一覧表示されているシナリオに関するメモを追加しました (#20907)
  • @sushil490023、Runbook コマンドレットの最新の Swagger への参照の更新 (#20803)

9.4.0 - 2023 年 2 月

Az.Accounts 2.11.2

  • ARM64 ベースの Windows システムで Web アカウント マネージャーがサポートされました。 'Connect-AzAccount' がエラー 'DLL 'msalruntime_arm64' を読み込むことができません' で失敗する問題を修正しました。 [#20700]
  • トークン取得時にテナントが一致しなかった場合に、applicationId によってのみ資格情報が検出されるようにしました。 [#20484]
  • Az.Accounts が並列で実行された場合に、待機処理がオートメーション環境で例外をスローしないよう無限に待機できるようになりました。 [#20455]

Az.Aks 5.3.0

  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' にパラメーター '-AadProfile' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' にパラメーター '-NodeHostGroupID' を、'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-HostGroupID' を追加しました

Az.ApplicationInsights 2.2.2

  • 'Get-AzApplicationInsights' のパラメーター検証を追加しました [#20697]

Az.Compute 5.4.0

  • '-SkipIdentity'、'-PathUserIdentity'、'-IsTest' パラメーターを 'Set-AzVMAEMExtension' に追加しました
  • 'New-AzRestorePoint' に 'ConsistencyMode' パラメーターを追加しました。
  • 数か所のストレージ アカウントの種類の値を従来の 'StandardLRS' から現在の 'Standard_LRS' に更新しました。
  • 複数のパラメーターで不足しているパラメーターの説明を補足し、既存のパラメーターの説明を一部改善しました。
  • 新しい .Net SDK バージョン 59.0.0 を使用するように Compute PS を更新しました。 これには、非機能的な機能に対する承認済みの破壊的変更が含まれます。
    • 型 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.GalleryDataDiskImage'、'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.GalleryOSDiskImage'、および 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.GalleryImageStorageProfile' のプロパティ 'Source' の型が、'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.GalleryArtifactVersionSource' から 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.GalleryDiskImageSource' に変更されました。
  • 存在しないイメージ '20.04-LTS' ではなく、元の SKU バージョンである '16.04-LTS' を使用するように、壊れた 'UbuntuLTS' イメージ エイリアスを更新しました。 これにより、バージョン 5.3.0 リリースで発生した問題が修正されます。
  • Set-AzVMRunCommand と Set-AzVmssRunCommand ScriptLocalPath パラメーター セットが Linux とコメントを含むファイルで動作するように更新しました。
  • '-TargetExtendedLocation' パラメーターを 'New-AzGalleryImageVersion' と 'Update-AzGalleryImageVersion' に追加しました
  • '-AllowDeletionOfReplicatedLocation' を 'Update-AzGalleryImageVersion' に追加しました

Az.DataFactory 1.16.12

  • ADF .Net SDK のバージョンを 9.0.0 に更新しました

Az.DataProtection 1.1.0

  • 不変バックアップ コンテナーのサポートを追加しました
  • バックアップ コンテナーのクロス サブスクリプション復元フラグを追加しました
  • バックアップ コンテナーの論理的な削除設定を追加しました
  • Set-AzDataProtectionMSIPermission コマンドに関する問題を修正しました
  • Get-InstalledModule を Get-Module -ListAvailable に置き換えました
  • New-AzDataProtectionSoftDeleteSettingObject コマンドを追加しました

Az.EventHub 3.2.1

  • 間違った skn 値を返していた 'New-AzEventHubAuthorizationRuleSASToken' コマンドレットを修正しました

Az.Monitor 4.4.1

  • 自動スケーリング プロファイルの時間枠の既定値を削除しました [#20660]
    • 'Get-AzAutoscaleSetting'
    • 'New-AzAutoscaleSetting'

Az.Network 5.4.0

  • [Perform SNAT] (SNAT の実行) を [Always] (常に) に設定できないバグを修正しました
  • 'New-AzNetworkWatcherPacketCapture' の '-TotalBytesPerSession' の正しくない型を修正しました

Az.RecoveryServices 6.2.0

  • パブリック ネットワーク アクセスと PrivateEndpoints の有効化/無効化のサポートを追加しました
  • 不変コンテナーのサポートを追加しました
  • Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection コマンドレットで RetainRecoveryPointsAsPerPolicy のサポートを追加しました。 これで、ユーザーはバックアップを中断し、ポリシーに従って RP を保持できるようになりました
  • リスト回復ポイントの有効期限を追加しました
  • RecoveryServices、RecoveryServices.Backup、RecoveryServices.Backup.CrossRegionRestore 管理 SDK を追加しました
  • workloadType IaasVM、MSSql、AzureFiles の標準ポリシーで、非 UTC タイム ゾーンのサポートを追加しました

Az.RedisCache 1.7.1

  • 'Get-AzRedisCacheLink' と 'New-AzRedisCacheLink' を更新し、'PrimaryHostName'、'GeoReplicatedPrimaryHostName'、'ServerRole'、および 'LinkedRedisCacheLocation' を出力するようにしました。

Az.Resources 6.5.2

  • 'Get-DenyAssignment' において、割り当て中の objectId が空の場合に発生するクエリの問題を修正しました
  • '-WhatIf' を使用して配置コマンドレットを実行すると、入れ子になった配列の変更で結果を書式設定するときに例外がスローされる問題を修正しました

Az.Sql 4.3.0

  • 'Restore-AzSqlDatabase' に省略可能なパラメーター 'HAReplicaCount' を追加しました
  • マネージド インスタンス DTC の新しいコマンドレット 'Get-AzSqlInstanceDtc' 'Set-AzSqlInstanceDtc' を追加しました
  • サブスクリプション間の復元を有効にするために、'Restore-AzSqlInstanceDatabase' に 'TargetSubscriptionId' を追加しました
  • 監査 での UserAssignedManagedIdentity のサポートを有効にしました
  • 'Set-AzSqlServerAudit' の WorkspaceResourceId パラメーター値を修正しました

Az.StackHCI 1.4.2

  • HCI デバイスの種類にリモート サポートの使用条件を追加しました。
  • サーバー リソースの Azure Stack HCI と Arc の両方に対する統合リソース グループのサポート。
  • Register-AzStackHCI コマンドレットでのエラー フィードバックとログ記録が強化されました。
  • Register-AzStackHCI コマンドレットでの Azure Arc for servers の有効化に関するバグ修正と機能強化。
  • Register-AzStackHCI コマンドレットのパラメーター検証が改善されました。
  • Fairfax Cloud での登録に対してマネージド システム ID (MSI) を有効にしました。
  • 軽微なバグ修正と機能強化。

Az.Storage 5.4.0

  • ストレージ アカウントの作成時に、今後の破壊的変更に関する警告メッセージが表示されるようにしました
    • 'New-AzStorageAccount'
  • StandardBlobTier パラメーターの ValidateSet を削除しました
    • 'Copy-AzStorageBlob'
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'

Az.TrafficManager 1.2.0

  • エンドポイントに新しい省略可能なパラメーター 'AlwaysServe' を追加しました。

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Arun Sabale (@Ar-Sa)、Set-AzVirtualNetworkPeering.md の例 1 を修正しました (#20588)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)
    • 入力ミス "resouce group" を "resource group" に修正しました (#20664)
    • 入力ミス "resouce group"→"resource group" (#20713)

9.3.0 - 2023 年 1 月

Az.Accounts

  • オプトイン対話型ログイン エクスペリエンスとして Web アカウント マネージャー (WAM) をサポートしました。 'Update-AzConfig -EnableLoginByWam True' で有効にします。
  • アセンブリ読み込みのメカニズムを最適化しました。
  • Linux のキーリングで AzKeyStore を有効にしました。
  • GetAzureRmContextAutosaveSetting.cs の入力ミスを修正し、コマンドレット クラス名を GetAzureRmContextAutosaveSetting に変更しました。
  • 'Resolve-AzError' のエラー メッセージに関するアンケートを削除しました。 [#20398]

Az.Aks

  • 'New-AzAksCluster' と 'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-EnableEncryptionAtHost' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' と 'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-EnableUltraSSD' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター '-NodeKubeletConfig' および 'New-AzAksNodePool' の '-KubeletConfig' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster'、'-LinuxOSConfig' および 'New-AzAksNodePool' のパラメーター '-NodeLinuxOSConfig' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター '-NodeMaxSurge' および 'New-AzAksNodePool' と 'Update-AzAksNodePool' の '-MaxSurge' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' と 'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-PPG' を追加しました
  • 'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-SpotMaxPrice' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' と 'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-EnableFIPS' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' にパラメーター '-AutoScalerProfile' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' と 'New-AzAksNodePool' にパラメーター '-GpuInstanceProfile' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' にパラメーター '-EnableUptimeSLA' を追加しました
  • 'New-AzAksCluster' にパラメーター '-EdgeZone' を追加しました

Az.ApiManagement

  • ResourceId パラメーター 'New-AzApiManagementBackend' と 'Set-AzApiManagementBackend' コマンドレットの説明を更新しました [#16868]

Az.ApplicationInsights

  • 'Get-AzApplicationInsights' の出力オブジェクト列挙を有効にしました [#20225]

Az.Automation

  • 例を更新しました: Start-AzAutomationRunbook はパラメーターの順序付きディクショナリを渡す必要がある [#20408]

Az.Batch

  • 'NodeCommunicationMode' 型の新しいプロパティ 'CurrentNodeCommunicationMode' (読み取り専用) と 'TargetCommunicationMode' を 'PSCloudPool' に追加しました。
    • 'NodeCommunicationMode' の有効な値: Default、Classic、Simplified
    • 'PSCloudPool' が新しい 'TargetCommunicationMode' 値で更新されると、Batch サービスは、次回プールのサイズを 0 個のコンピューティング ノードにサイズ変更してバックアップするときに、プールを新しい値に更新しようとします。
  • 'PSPrivateLinkServiceConnectionState' の 'ActionRequired' プロパティの名前が 'ActionsRequired' に変更されました。 古いプロパティは古いものとしてマークされており、単に新しいプロパティを返します。 これにより、既存の利用者に影響を与えません。

Az.Compute

  • 使用可能なイメージの一覧とドキュメントからイメージ 'Win2008R2SP1' を削除しました。 このイメージはバックエンドで使用できなくなったため、クライアント ツールはその変更に同期する必要があります。
  • SIG/Community ギャラリー イメージからの Linux VM 作成に関するバグを修正しました
  • 'ImageReferenceId' 文字列パラメーターを 'New-AzVmssConfig' コマンドレットに追加しました。 これにより、Confidential VM 機能のギャラリー イメージ参照を追加できます。
  • Confidential VM 機能の 'Set-AzVmssStorageProfile' コマンドレットに 'SecurityEncryptionType' と 'SecureVMDiskEncryptionSet' の文字列パラメーターを追加しました。

Az.ContainerRegistry

  • 'Get-AzContainerRegistryTag' のバグを修正して正しいタグを表示するようにしました [#20528]

Az.Monitor

  • 'Remove-AzDataCollectionRuleAssociation' のバグを修正しました [#20207]
  • テスト通知コマンドレットのサポートを追加しました
    • 'Test-AzActionGroup'
  • 'Get-AzActivityLog' の開始時刻パラメーターの説明を修正しました [#20409]

Az.Network

  • 'New-AzApplicationGatewayPrivateLinkIpConfiguration' と修正プログラムを使用して Private Link の IP 構成を取得するためのサンプルを追加しました [#20440]
  • 'AzPublicIpAddress' に 'DdosProtectionPlan' プロパティを追加しました
  • 常に DdosSettings を表示/作成するように 'AzPublicIpAddress' のマッピングを更新しました
  • PublicIpAddress および DdosProtectionPlan オブジェクトを表示するときに Ddos 関連のプロパティが追加されるバグを修正しました
  • Set-AzIpGroup コマンドレットのバグを修正して '-WhatIf' パラメーターをサポートするようにしました
  • 'Add-AzLoadBalancerFrontendIpConfig'、'Add-AzLoadBalancerProbeConfig'、'Add-AzLoadBalancerBackendAddressPoolConfig'、'Set-AzLoadBalancer'、'New-AzLoadBalancerRuleConfig'、'Remove-AzLoadBalancerInboundNatRuleConfig' コマンドレットのバグを修正し、'-WhatIf' パラメーターをサポートするようにしました [#20416]
  • DestinationPortBehavior 情報を取得および設定するためにこのプロパティを追加することで、'Get-AzNetworkWatcherConnectionMonitor'、'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitor' PowerShell コマンドの DestinationPortBehavior のバグを修正しました。 [#15996]

Az.RedisCache

  • 'Export-AzRedisCache' に省略可能なパラメーター 'PreferredDataArchiveAuthMethod' を追加しました
  • 'Import-AzRedisCache' に省略可能なパラメーター 'PreferredDataArchiveAuthMethod' を追加しました
  • geo レプリケーション リンクに次の 4 つのプロパティを追加しました。'Get-AzRedisCacheLink' および 'New-AzRedisCacheLink' の 'PrimaryHostName'、'GeoReplicatedPrimaryHostName'、'ServerRole'、および 'LinkedRedisCacheLocation'

Az.Resources

  • 以前の修正が原因で発生していた、イニシアティブが大きすぎる場合の 'Set-AzPolicySetDefinition' の InternalServerError の問題を修正しました [#20238]。これにより、値のスペースが削除されます。
  • スコープが '/' の場合の 'Get-AzRoleAssignment' の BadRequest を修正しました [#20323]

Az.SecurityInsights

  • '-TriggerThreshold 0' を使用すると 'Update-AzSentinelAlertRule' が失敗する問題を修正しました [#20417]

Az.Sql

  • 'Set-AzSqlServerAudit'、'Set-AzSqlDatabaseAudit'、'Set-AzSqlServerMSSupportAudit' に 'UseIdentity' という名前のパラメーターを追加しました
  • 'Get-AzSqlServerMSSupportAudit' の出力に 'IsManagedIdentityInUse' プロパティを追加しました
  • 'PreferredEnclaveType' パラメーターを 'New-AzSqlDatabase'、'Get-AzSqlDatabase' および 'Set-AzSqlDatabase' コマンドレットに追加しました

Az.StackHCI

  • HCI クラスターの IMDS エンドポイントに依存する Arc 拡張機能のサポートを追加しました。

Az.Storage

  • BLOB リストの結果で ListBlobProperties を返す
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • アカウント取得の結果で AllowedCopyScope を出力する
    • 'Get-AzStorageAccount'

Az.Websites

  • ポータルと同じ証明書名前付け規則を使用するように、'Import-AzWebAppKeyVaultCertificate' を修正しました [#19592]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Pavel Lyalyakin (@bahrep)、New-AzDiskConfig.md: copy-pasto を修正 (#20514)
  • Eugene Ogongo (@eugeneogongo)、Images.json の更新 (#18654)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)、入力ミス "resouce"→"resource" (#20441)
  • Paul Gledhill (@pmgledhill102)、スペル ミス 'Accpeted' (#20380)
  • Cameron Sowder (@sowderca)、Get-AzContextAutosaveSetting クラス名の入力ミスを修正: GetzureRmContextAutosaveSetting -> GetAzureRmContextAutosaveSetting (#20420)

9.2.0 - 2022 年 12 月

Az.Accounts

  • クライアント アサーションを使用してログインする際のトークンのキャッシュを有効にしました。 これにより、トークンの有効期間が誤って短くなる問題が修正されました。
  • Microsoft.Identity.Client のターゲット フレームワークが net461 にアップグレードされました [#20189]
  • 'ServicePrincipalSecret' と 'CertificatePassword' を 'AzKeyStore' に格納しました。
  • Azure Powershell Common の参照が 1.3.67-preview に更新されました。

Az.Aks

  • API バージョンを 2022-09-01 へアップグレードしました
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター '-NodeOsSKU' と 'New-AzAksNodePool' のパラメーター '-OsSKU' が追加されました
  • 'New-AzAksNodePool' および 'Update-AzAksNodePool' のパラメーター '-Mode' が追加されました
  • 'Get-AzAksNodePool' の出力にプロパティ '-NodeImageVersion' が追加されました [#19893]
  • 'Set-AzAksCluster' のパラメーター '-NodePoolLabel'、'New-AzAksNodePool' および 'Update-AzAksNodePool' のパラメーター '-NodeLabel' が追加されました
  • 'New-AzAksCluster' および 'Set-AzAksCluster' のパラメーター '-NodePoolTag'、'New-AzAksNodePool' および 'Update-AzAksNodePool' の パラメーター '-Tag' が追加されました

Az.ApplicationInsights

  • サポートされている Workbook 関数。 新しいコマンドレットを次に示します
    • 'Get-AzApplicationInsightsMyWorkbook'
    • 'Get-AzApplicationInsightsWorkbook'
    • 'Get-AzApplicationInsightsWorkbookRevision'
    • 'Get-AzApplicationInsightsWorkbookTemplate'
    • 'New-AzApplicationInsightsMyWorkbook'
    • 'New-AzApplicationInsightsWorkbook'
    • 'New-AzApplicationInsightsWorkbookTemplate'
    • 'New-AzApplicationInsightsWorkbookTemplateGalleryObject'
    • 'Remove-AzApplicationInsightsMyWorkbook'
    • 'Remove-AzApplicationInsightsWorkbook'
    • 'Remove-AzApplicationInsightsWorkbookTemplate'
    • 'Update-AzApplicationInsightsMyWorkbook'
    • 'Update-AzApplicationInsightsWorkbook'
    • 'Update-AzApplicationInsightsWorkbookTemplate'

Az.Compute

  • 'Set-AzVmssVMRunCommand' で見つかった問題を修正しました [#19985]
  • パラメーター '-Status' が指定されている場合の 'Get-AzVm' コマンドレット、戻り値プロパティ 'OsName'、'OsVersion' および 'HyperVGeneration' を修正しました
  • 'New-AzVM' コマンドレットで、bootdiagnostic ストレージを使用して VM を作成すると、例外 'Kind' を null 値にできない問題を修正しました。

Az.CosmosDB

  • Cosmos DB サービス関連のコマンドレットのサポートを追加しました。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 8.0.0 に更新しました

Az.DataProtection

  • Set-AzDataProtectionMSIPermission.ps1 の間隔に関する問題を修正しました

Az.EventHub

  • EventHub に NamespaceV2 コマンドレットを追加しました

Az.KeyVault

  • 'Add-AzKeyVaultKey' の証明書エクスポート パラメーターの問題を修正しました [#19623]
  • 'Import-AzKeyVaultCertificate' の CertificateString デコードの問題を修正しました
  • 主要な CVM リリース ポリシーの場所を GitHub に移行 [#19984]
  • GitHub から既定の CVM ポリシーをフェッチできなかった場合のフォールバック ロジック (ローカル コピーからの既定の CVM ポリシーの読み取り) を追加しました。

Az.Monitor

  • 'New-AzActivityLogAlert' と 'Update-AzActivityLogAlert' のバグを修正しました [#19927]

Az.Network

  • 省略可能なパラメーター 'CustomBlockResponseStatusCode' と 'CustomBlockResponseBody' パラメーターを 'AzApplicationGatewayFirewallPolicySettings' に追加しました
  • アプリケーション ゲートウェイの waf マニフェストとルールを取得するための新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzApplicationGatewayWafDynamicManifest'

Az.RecoveryServices

  • リージョンをまたがる復元に DiskEncryptionSetId を渡すサポートを追加しました
  • V2ARCM シナリオの 'Get-AzRecoveryServicesAsrProtectableItem' の改ページ バグを修正しました。
  • H2A の 'New-ASRReplicationProtectedItem' コマンドレットの 'IncludeDiskId' プロパティを修正しました

Az.Resources

  • コマンドレット 'Get-AzADOrganization' を追加しました
  • イニシアティブが大きすぎる場合の 'Set-AzPolicySetDefinition' InternalServerError を修正しました [#20238]

Az.ServiceBus

  • ServiceBus に NamespaceV2 コマンドレットを追加しました

Az.SignalR

  • API バージョン 2022-08-01-preview への更新
    • カスタム ドメインのサポートを追加しました。 新しいコマンドレット New-AzWebPubSubCustomCertificate、Get-AzWebPubSubCustomCertificate、Remove-AzWebPubSubCustomCertificate、New-AzWebPubSubCustomDomain、Get-AzWebPubSubCustomDomain、Remove-AzWebPubSubCustomDomain を追加しました。
    • ハブ設定でイベント リスナーのサポートを追加しました。 新しいコマンドレット New-AzWebPubSubEventHubEndpointObject、New-AzWebPubSubEventNameFilterObject を追加しました。

Az.StackHCI

  • HCI クラスターのリソース登録と修復登録フローで、システム割り当て ID を有効にしました。
  • Arc が有効になっていない場合のコマンド Register-AzStackHCI にエラー メッセージを追加しました。
  • Register-AzStackHCI コマンドでリージョンが指定されていない場合の既定のリージョン確認プロンプトを追加しました。
  • 一般的なログの機能強化を追加しました。
  • Arc SPN の資格情報を読み取るために必要なアクセス許可がお客様にない場合に、Register-AzStackHCI で Arc SPN アクセス許可チェックをスキップするロジックが追加されました。
  • Test-AzStackHCIConnection コマンドの非推奨メッセージを追加しました。 お客様は、接続性検証テストにモジュール AzStackHCI.EnvironmentChecker の Invoke-AzStackHciConnectivityValidation を使用できます。

Az.Storage

  • 暗号化スコープを一覧表示するためにサポートされている MaxPageSize、Include、Filter パラメーター
    • 'Get-AzStorageEncryptionScope'
  • BLOB インベントリでサポートされている excludePrefix、includeDeleted、および多くの新しいスキーマ フィールド
    • 'New-AzStorageBlobInventoryPolicyRule'

Az.Synapse

  • '-SparkConfigFilePath' の破壊的変更メッセージを追加しました。 12 月中旬頃に非推奨となる予定です。
  • 'New-AzSynapseSparkPool' と 'Update-AzSynapseSparkPool' を更新して、'-SparkCongifuration' によるスパーク プール構成の成果物の設定をサポートするようになりました。 '-SparkCongifuration' はパラメーター '-SparkConfigFilePath' の代替手段です。

Az.Websites

  • 'New-AzWebApp' および 'New-AzWebAppSlot' の Tag パラメーターを追加しました
  • サービス プリンシパル/ユーザーに Web アプリ構成を一覧表示するアクセス許可がない場合に例外を再スローする 'Set-AzWebApp' と 'Set-AZWebAppSlot' を修正しました。 [#19942]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @Ajay1250、この例では間違ったコマンドが使用されていました (#20237)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)、入力ミス "resouce"→"resource" (#20321)
  • Mats Estensen (@matsest)、[Az.Tools.Installer]: 新しいマイナー/パッチ バージョンの更新 (#20022)
  • Matthew Burleigh (@mburleigh)、入力ミスを修正 (#20020)
  • Mo Zaatar (@mzaatar)、New-AzStorageBlobSASToken の例で文字の大文字と小文字を変更 (#20018)
  • @patchin404、Enable-AzCdnCustomDomainCustomHttps ドキュメントを更新 (#20165)
  • Robin Malik (@robinmalik)、New-AzADAppCredential.md を更新 (#20317)
  • @SherrySahni、コンテナー名は大文字をサポートしていません (#20012)
  • @sushil490023、Azure Automation Python3 操作用の PS コマンドレットを追加 (#19598)
  • Thomas Pike (@thwpike)、入力ミスの修正 (#20087)

9.1.0 - 2022 年 11 月

Az.Accounts

  • サブスクリプション ID が指定された場合は、サーバーのすべてのサブスクリプションを一覧表示するのではなく、ID でサブスクリプションを取得するように 'Get-AzSubscription' を更新しました。 [#19115]

Az.CognitiveServices

  • 2022-10-01 バージョンを使用するように CognitiveServices PowerShell を更新しました。

Az.Compute

  • EdgeZone が 'New-AzVM' 'SimpleParameterSet' を VM に渡さない問題を修正しました [#18978]
  • 'Set-AzVMRunCommand' および 'Set-AzVmssVMRunCommand' に 'ScriptFilePath' パラメーター セットを追加して、ユーザーが実行コマンド スクリプトを含むファイルのパスを渡すことができるようにしました
  • '-AsJob' 省略可能パラメーターを 'Remove-AzVMExtension' コマンドレットに追加しました。
  • 'Get-AzComputeResourceSku' および 'New-AzSnapshotUpdateConfig' コマンドレットに '-EdgeZone' 省略可能パラメーターを追加しました。
  • 'Set-AzVmssStorageProfile' (OS ディスク) と 'Add-AzVmssDataDisk' (データ ディスク) に、ディスク削除の省略可能パラメーター 'OsDisk Deletion Option' と 'Delete Option' を追加しました
  • 'Get-AzComputeResourceSku' の印刷出力を改善しました
  • '-ResourceId' パラメーター セットに Host を返すように 'Get-AzHost' コマンドレットのロジックを更新しました。
  • 'Set-AzVmssStorageProfile' に '-OSDiskSizeGB' 省略可能パラメーターを追加しました。
  • 'Set-AzVM' に対するコマンドレットの説明が改善され、例が追加されました。
  • 'New-AzGalleryImageVersion' のパラメーター 'Encryption' のプロパティ マッピングを更新しました
  • 'Get-AzVmssVmRunCommand' のすべての VmssVmRunCommand プロパティを表示するようにリスト形式を更新しました
  • コミュニティ ギャラリーをサポートするために、'Get-AzGallery'、'New-AzGallery'、'Update-AzGallery'、'Get-AzGalleryImageDefinition'、'Get-AzGalleryImageVersion'、'New-AzVm'、'New-AzVmss' を更新しました

Az.Databricks

  • 'Update-AzDatabricksWorkspace' に 'RequiredNsgRule' パラメーターを追加しました。

Az.DataFactory

  • ADF の .Net SDK のバージョンを 7.0.0 に更新しました

Az.DataProtection

  • 'Get-AzDataProtectionBackupVault' のリスト パラメーター セットを修正しました

Az.EventGrid

  • 2022-06-15 API バージョンを使用するように更新しました。
  • 追加された新機能:
    • パートナー トピック
    • パートナー トピック イベント サブスクリプション
    • パートナー名前空間
    • パートナー名前空間のキー
    • パートナーの構成
    • パートナー登録
    • 検証済みパートナー
    • チャンネル

Az.EventHub

  • EventHub 名前空間に読み取り専用の Status プロパティを追加しました

Az.Functions

  • Get-AzFunctionApp で Az コンテキストの切り替えを検出するための警告ログを追加しました

Az.KeyVault

  • API バージョンを 2022-07-01 へアップグレードしました
  • 削除されたマネージド HSM を回復するために 'Undo-AzKeyVaultManagedHsm' を追加しました

Az.ManagedServiceIdentity

  • ユーザー割り当てマネージド ID で次を使用したフェデレーション ID 資格情報の作成、取得、更新、削除をサポートしました
    • 'Get-AzFederatedIdentityCredentials'
    • 'New-AzFederatedIdentityCredentials'
    • 'Remove-AzFederatedIdentityCredentials'
    • 'Update-AzFederatedIdentityCredentials'
  • ユーザー割り当てマネージド ID で次を使用した関連リソースの一覧表示をサポートしました
    • 'Get-AzUserAssignedIdentityAssociatedResource'

Az.Migrate

  • 'Initialize-AzMigrateReplicationInfrastructure' にパラメーター 'CacheStorageAccountId' を追加しました
  • OS ディスク スワップとテスト移行でのサブネットの選択のサポートを追加しました

Az.Network

  • 次について、パラメーター 'GatewayType' に使用可能な値 'LocalGateway' を追加しました
    • 'New-AzVirtualNetworkGateway'
  • 次について、'VirtualNetworkGateway' の 'ExtendedLocation' と 'VNetExtendedLocationResourceId' が公開されました
    • 'Get-AzVirtualNetworkGateway'
  • 次について、ファイアウォールで学習された IP プレフィックスを取得するための新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzFirewallLearnedIpPrefix'
  • description パラメーターを使用して説明が指定されていても、ファイアウォール ポリシー アプリケーション、ネットワーク、および NAT ルールの説明が更新されないバグを修正しました
  • 'New-AzIpConfigurationBgpPeeringAddressObject' を更新して、Azure Virtual Network Gateway での CustomAddress の null または空の検証チェックを削除しました
  • 'New-AzVirtualNetworkGateway' を更新して、Azure Virtual Network Gateway での CustomAddress の null または空の検証チェックを追加しました
  • コマンドレットを更新して、Azure Virtual Network Gateway で 'VirtualNetworkGatewayPolicyGroup' と 'VpnClientConnectionConfiguration' の新しいプロパティを追加しました
    • 'New-AzVirtualNetworkGateway'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGateway'
  • 次の新しい作成コマンドレットを追加しました
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayPolicyGroup'
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayPolicyGroupMember'
    • 'New-AzVpnClientConnectionConfiguration'
  • 次について、破壊的変更属性に、ロード バランサー SKU の既定の動作が変更されることを通知するメッセージを追加しました
    • 'New-AzLoadBalancer'
  • 次について、ロード バランサー プローブのしきい値プロパティに既定値を使用するか、null のままにすることを顧客に通知するコマンドレット プレビューを追加しました
    • 'New-AzLoadBalancerProbeConfig'
    • 'Set-AzLoadBalancerProbeConfig'
    • 'Add-AzLoadBalancerProbeConfig'

Az.RecoveryServices

  • ZonePinned 以外の VM の ZRS コンテナーのクロスゾーン復元のサポートを追加しました
  • Update-AzRecoveryServicesAsrProtectionContainerMappingのバグを修正しました
  • 新しいシナリオ EZ から AZ、EZから AZ、EZ から EZ を追加しました
  • 適用できないため、'New-AzRecoveryServicesAsrReplicationProtectedItem' の A2A 以外のシナリオから 'VmName' を削除しました

Az.Resources

  • 次のパラメーター 'Count' を修正しました
    • Get-AzADApplication
    • Get-AzADServicePrincipal
    • Get-AzADUser
  • 次のプレビュー警告メッセージを詳細にしました。
    • Add-AzADGroupMember
    • Get-AzADGroupMember
    • Remove-AzADGroupMember
  • Bicep 拡張機能を使用して JSON テンプレートをデプロイするときの 'NullReferenceException' を修正しました
  • ジョブとしての 'Register-AzResourceProvider' の実行をサポートするために '-AsJob' を追加しました

Az.Sql

  • SQL Server IPv6 ファイアウォール規則 'Get-AzSqlServerIpv6FirewallRule'、'New-AzSqlServerIpv6FirewallRule'、'Remove-AzSqlServerIpv6FirewallRule'、'Set-AzSqlServerIpv6FirewallRule' に対する CRUD 操作用の新しいコマンドレットを追加しました
  • 'Start-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay' コマンドレットの StorageContainerSasToken パラメーターが省略可能になりました

Az.StackHCI

  • WDAC 準拠 API をサポートしました
  • 依存 PS モジュールのモジュール バージョンを修正しました
  • HCIv2 と AzureEdge の間でデバイスの種類を確認するようにリモート サポート コマンドレットを更新しました

Az.Storage

  • 暗号化スコープを使用した DataLakeGen2 Sas トークンの生成をサポートしました
    • 'New-AzDataLakeGen2SasToken'
  • 同期 BLOB コピーで BLOB 型の変換をサポートしました
    • 'Copy-AzStorageBlob'
  • 別のテナントからの Keyvault を使用したストレージ アカウントの作成/アップグレードと、FederatedClientId を使用した Keyvault へのアクセスをサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • BLOB タグ フィルター SQL 式を使用したコンテナー内の BLOB の検索をサポートしました
    • 'Get-AzStorageBlobByTag'
  • 次の Azure ファイル データプレーン コマンドレットを 'Microsoft.Azure.Storage.File' から 'Azure.Storage.Files.Shares' に移行しました
    • 'Get-AzStorageFileHandle'
    • 'Close-AzStorageFileHandle'

Az.Websites

  • WAR パッケージをデプロイするときに最新の発行 API を使用するように 'Publish-AzWebApp' を修正しました [#19791]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @alekiv、例 1 の入力ミスを修正 (#19727)
  • Johan Vanneuville (@JohanVanneuville)、New-AzGalleryApplicationVersion.md を更新 (#19858)
  • Simon Bass (@nimsarr)、入力ミスを修正 (#19912)
  • @wooch82、New-AzApplicationInsightsContinuousExport.md を更新 (#19802)

9.0.1 - 2022 年 10 月

Az.Accounts

  • Azure.Core を 1.25.0 に、Azure.Identity を 1.6.1 にアップグレードしました
  • Microsoft.Identity.Client を 4.46.2 に、Microsoft.Identity.Client.Extensions.MSAL を 2.23.0 にアップグレードしました
  • Microsoft.ApplicationInsights を 2.13.1 にアップグレードしました
  • [破壊的変更] AuthenticationAssemblyLoadContext のターゲット フレームワークを netcoreapp3.1 に変更しました。
  • [破壊的変更] Azure Germany の組み込み環境を削除しました
  • 'Connect-AzAccount' とパラメーター 'Tenant' の併用中の入力としてテナント ドメインをサポートしました。 [#19471]
  • ArgumentCompleter 属性を使用して、'Get-AzContext' の動的パラメーターを置き換えました。 [#18041]
  • 必須ファイルがロックされている際にモジュールをインポートできない問題を修正しました [#19624]

Az.Advisor

  • API バージョンを 2020-01-01 へアップグレードしました

Az.Aks

  • [破壊的変更] 'Install-AzAksCliTool' の別名 'Install-AzAksKubectl' を削除しました。

Az.ApiManagement

  • [破壊的変更] 'Add-AzApiManagementRegion'、'New-AzApiManagement'、'Update-AzApiManagementRegion' でパラメーター 'Sku' の型を Enum から String に変更しました。

Az.Attestation

  • [破壊的変更] 'New/Remove/Get-AzAttestation' を 'New/Remove/Get-AzAttestationProvider' に置き換えました
  • 'Get-AzAttestationDefaultProvider' と 'Update-AzAttestationProvider' を追加しました
  • API バージョンを 2018-09-01-preview から 2020-10-01 にアップグレードしました

Az.Automation

  • Hybrid Runbook Worker グループ管理に関するコマンドレット 'Remove-AzAutomationHybridRunbookWorker'、'Remove-AzAutomationHybridRunbookWorkerGroup'、'Set-AzAutomationHybridRunbookWorkerGroup'、'Get-AzAutomationHybridRunbookWorker'、'Get-AzAutomationHybridRunbookWorkerGroup'、'Move-AzAutomationHybridRunbookWorker'、'New-AzAutomationHybridRunbookWorker'、'New-AzAutomationHybridRunbookWorkerGroup' を追加しました。

Az.Compute

  • 仮想マシンと仮想マシン スケール セットのモデルに 'TimeCreated' プロパティを追加しました。
  • 複数のコマンドレットに機密 VM 機能を追加しました。
    • コマンドレット 'Set-AzDiskSecurityProfile' に新しいパラメーター 'SecureVMDiskEncryptionSet' を追加しました。
    • コマンドレット 'Set-AzVMOSDisk' に新しいパラメーター 'SecureVMDiskEncryptionSet' と 'SecurityEncryptionType' を追加しました。
  • VM/VMSS の作成に関するコマンドレットの説明とパラメーターの説明を改善しました。
  • 'BaseRegularPriorityCount' 整数プロパティをコマンドレット 'New-AzVmssConfig' と 'Update-AzVmssConfig' に追加しました
  • 'RegularPriorityPercentage' 整数プロパティをコマンドレット 'New-AzVmssConfig' と 'Update-AzVmssConfig' に追加しました
  • Add-AzVMAdditionalUnattendContent および Get-AzGallery コマンドレットに関する破壊的変更を追加しました
  • '-DiskControllerType' プロパティを 'New-AzVm'、'New-AzVmss'、'New-AzVmConfig'、'Set-AzVmssStorageProfile' コマンドレットに追加しました

Az.Databricks

  • API バージョンを 2022-04-01-preview にアップグレードしました
  • 'New-AzDatabricksWorkspace' の 'EnableNoPublicIP' パラメーターの説明を変更しました。 [#14381]

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 6.4.0 に更新しました

Az.EventGrid

  • 以下の残りの高度なフィルターを追加します
    • StringNotContains
    • StringNotBeginsWith
    • StringNotEndsWith
    • NumberInRange
    • NumberNotInRange
    • IsNullOrUndefined
    • IsNotNull

Az.EventHub

  • Az.EventHub モジュールのほとんどのコマンドレットを新しい形式に移行しており、破壊的変更を監視します。 破壊的変更の詳細については、移行ガイド https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2204690 を参照してください。

Az.Functions

  • Node 18 プレビューおよび Java 17 プレビュー関数アプリの作成のサポートを有効にしました (問題 #19184 と #18925 の修正)
  • クラウド エンドポイント内の AzureGermanCloud を検査するロジックを削除しました (問題 #19667 の修正)
  • 生成済みの未使用のコマンドレットを非表示にしました (#16666 の修正)

Az.KeyVault

  • 例外時に例外のコンテンツが受け入れられる問題を修正しました。応答は null 値です [#19531]
  • パラメーター セット 'InteractiveCreate'、'InputObjectCreate'、'ResourceIdCreate' に既存のパラメーター 'Exportable'、'Immutable'、'UseDefaultCVMPolicy'、'ReleasePolicyPath' を追加しました。

Az.MarketplaceOrdering

  • API バージョンを 2021-01-01 にアップグレードしました。

Az.Migrate

  • ApiVersion を 2022-05-01 に更新しました
  • 以下の一時停止と再開に関するサポートを追加しました
    • 'Suspend-AzMigrateServerReplication'
    • 'Resume-AzMigrateServerReplication'
  • [破壊的変更] コマンドレット以外削除しました
    • 'Get-AzMigrateReplicationEligibilityResult'
    • 'Get-AzMigrateReplicationProtectionIntent'
    • 'Get-AzMigrateReplicationVaultSetting'
    • 'Get-AzMigrateSupportedOperatingSystem'
    • 'New-AzMigrateReplicationProtectionIntent'
    • 'New-AzMigrateReplicationVaultSetting'

Az.Monitor

  • [破壊的変更] ActivityLogAlert の API バージョンを 2017-04-01 から 2020-10-01 にアップグレードしました。以下のコマンドレットに影響があります。
    • 'Get-AzActivityLogAlert'
    • 'Remove-AzActivityLogAlert'
    • 'Set-AzActivityLogAlert' が 'New-AzActivityLogAlert' に置き換えられました
    • 'Disable-AzActivityLogAlert' が 'Update-AzActivityLogAlert' に置き換えられました
    • 'Enable-AzActivityLogAlert' が 'Update-AzActivityLogAlert' に置き換えられました
    • 'New-AzActionGroup' が 'New-AzActivityLogAlertActionGroupObject' に置き換えられました
  • [破壊的変更] 以下について、DiagnosticSetting の API バージョンを 2017-05-01-preview から 2021-05-01-preview にアップグレードしました
    • 'Get-AzDiagnosticSettingCategory'
    • 'Get-AzDiagnosticSetting'
    • 'New-AzDiagnosticSetting'
    • 'Remove-AzDiagnosticSetting'
    • 'Set-AzDiagnosticSetting' が 'New-AzDiagnosticSetting' に置き換えられました
    • 'New-AzDiagnosticDetailSetting' が 'New-AzDiagnosticSettingLogSettingsObject' と 'New-AzDiagnosticSettingMetricSettingsObject' に置き換えられました
    • 'Get-AzSubscriptionDiagnosticSettingCategory' が 'Get-AzEventCategory' に置き換えられました
  • [破壊的変更] 以下について、Autoscale の API バージョンを 2015-04-01 から 2022-10-01 にアップグレードしました
    • 'Get-AzAutoscaleSetting'
    • 'Remove-AzAutoscaleSetting'
    • 'Add-AzAutoscaleSetting' が 'New-AzAutoscaleSetting' に置き換えられました
    • 'New-AzAutoscaleNotification' が 'New-AzAutoscaleNotificationObject' に置き換えられました
    • 'New-AzAutoscaleProfile' が 'New-AzAutoscaleProfileObject' に置き換えられました
    • 'New-AzAutoscaleRule' が 'New-AzAutoscaleScaleRuleObject' に置き換えられました
    • 'New-AzAutoscaleWebhook' が 'New-AzAutoscaleWebhookNotificationObject' に置き換えられました
  • [破壊的変更] 以下について、ScheduledQueryRule の API バージョンを 2018-04-16 から 2021-08-01 にアップグレードしました
    • 'Get-AzScheduledQueryRule'
    • 'New-AzScheduledQueryRuleAlertingAction'
    • 'New-AzScheduledQueryRuleAznActionGroup'
    • 'New-AzScheduledQueryRule'
    • 'New-AzScheduledQueryRuleLogMetricTrigger'
    • 'New-AzScheduledQueryRuleSchedule'
    • 'New-AzScheduledQueryRuleSource'
    • 'New-AzScheduledQueryRuleTriggerCondition'
    • 'Remove-AzScheduledQueryRule'
    • 'Set-AzScheduledQueryRule'
    • 'Update-AzScheduledQueryRule'

Az.MySql

  • 'Update-AzMySqlServer' に 'PublicNetworkAccess' を追加しました [#19189]

Az.Network

  • 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitor' に新しいエンドポイント スイッチ 'AzureArcVM' を追加しました
  • プライベート リンクへのアクセス時に ExpressRoute ゲートウェイのバイパスをサポートするように 'New-AzVirtualNetworkGatewayConnection' を更新しました
  • インターネット公開なしの CustomIpPrefix をサポートするように 'Update-AzCustomIpPrefix' を更新しました
  • DisableTcpStateTracking プロパティを使用した NIC の作成/更新をサポートするように 'New-AzNetworkInterface' を更新しました
  • 仮想ハブでの VirtualRouterAsn の指定をサポートするようにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzVirtualHub'
    • 'Update-AzVirtualHub'
  • VPN Gateway での ASN の指定をサポートするようにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzVpnGateway'
    • 'Update-AzVpnGateway'
  • スポーク vNet トラフィックでの NVA のバイパスをサポートするように 'New-AzRoutingConfiguration' を更新しました
  • 新しいパラメーター Asn、Geo、ExpressRouteAdvertise をサポートするように 'Update-AzCustomIpPrefix' を更新しました
  • ApplicationGatewayClientAuthConfiguration の新しいプロパティ VerifyClientRevocation を使用した、クライアント証明書の失効に対する検証を有効にするように、以下のコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration'
    • 'Set-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration'
  • IPv4 親/子 CustomIpPrefix の作成をサポートするように 'New-AzCustomIpPrefix' を更新しました。
  • New-AzApplicationGatewayFirewallCondition に大文字変換を追加しました
  • New-AzPublicIpAddress に DdosProtectionMode パラメーターを追加しました
  • 以下について、Load Balancer プローブに ProbeThreshold パラメーターを追加しました
    • 'Add-AzLoadBalancerProbeConfig'
    • 'New-AzLoadBalancerProbeConfig'
    • 'Set-AzLoadBalancerProbeConfig'
  • Application Gateway WAF ポリシー内のマネージド ルールのオーバーライドに関するアクションの指定をサポートするように、'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleOverride' を更新しました
  • 以下のネットワーク マネージャー コマンドレットに関する破壊的変更の列挙型の値/通知を追加しました
    • 'Deploy-AzNetworkManagerCommit'
    • 'New-AzNetworkManagerConnectivityConfiguration'
    • 'New-AzNetworkManagerConnectivityGroupItem'
    • 'New-AzNetworkManagerSecurityAdminRule'
    • 'New-AzNetworkManagerSecurityAdminConfiguration'
    • 'New-AzNetworkManagerAddressPrefixItem'
    • 'New-AzNetworkManager'
  • 'EnableUDPLogOptimization' パラメーターを 'New-AzFirewall' に追加しました
  • Get-AzFirewall コマンドの実行中に HubIPAddresses と PrivateIPAddress が返されないバグを修正しました
  • 'New-AzFirewall' に対する 'IdentifyTopFatFlow' パラメーターを 'EnableFatFlowLogging' パラメーターに置き換えました
  • AZURE FIREWALL POLICY に MSSQL アプリケーション ルールを追加できないバグを修正しました
  • プロジェクト AzureML レジストリを Private Link 共通コマンドレットにオンボードします

Az.RecoveryServices

  • [破壊的変更] Enable-AzRecoveryServicesBackupProtection コマンドレットに関する修正を追加しました。 ポリシーを必須パラメーターにすることで、null 参照の問題を解決しました。
  • [破壊的変更] Get-AzRecoveryServicesBackupContainer コマンドから状態フィルターを削除しました
  • IaasVM ジョブの SubTasks 期間を追加しました

Az.Resources

  • 'New-AzRoleAssignment' の NullReferenceException の問題を修正しました [#19793]

Az.SecurityInsights

  • 'Az.SecurityInsights' を AutoRest ベースのモジュールに変更しました

Az.ServiceBus

  • Az.ServiceBus モジュールのほとんどのコマンドレットを新しい形式に移行しており、破壊的変更を監視します。 破壊的変更の詳細については、移行ガイド https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2204584 を参照してください。

Az.Sql

  • 'Get-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay' コマンドレットに新しいフィールドを追加しました
  • 'Stop-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay' コマンドレットのエラー処理を改善しました
  • 'Start-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay' コマンドレットに StorageContainerIdentity パラメーターを追加しました
  • コマンドレット 'Clear-AzSqlServerAdvancedThreatProtectionSetting' と 'Clear-AzSqlDatabaseAdvancedThreatProtectionSetting' を削除しました
  • コマンドレット 'Get-AzSqlInstanceDatabaseAdvancedThreatProtectionSetting'、'Get-AzSqlInstanceAdvancedThreatProtectionSetting'、'Update-AzSqlInstanceDatabaseAdvancedThreatProtectionSetting'、'Update-AzSqlInstanceAdvancedThreatProtectionSetting' を追加しました
  • 別名 'Enable-AzSqlServerAdvancedThreatProtection'、'Disable-AzSqlServerAdvancedThreatProtection'、'Get-AzSqlServerThreatDetectionSetting'、'Remove-AzSqlServerThreatDetectionSetting'、'Set-AzSqlServerThreatDetectionSetting'、'Get-AzSqlDatabaseThreatDetectionSetting'、'Set-AzSqlDatabaseThreatDetectionSetting'、'Remove-AzSqlDatabaseThreatDetectionSetting' を削除しました
  • コマンドレット 'Get-AzSqlServerAdvancedThreatProtectionSetting' と 'Get-AzSqlDatabaseAdvancedThreatProtectionSetting' の返されるオブジェクトを変更しました
  • コマンドレット 'Update-AzSqlServerAdvancedThreatProtectionSetting' と 'Update-AzSqlDatabaseAdvancedThreatProtectionSetting' のパラメーターを変更しました。 'Enable' パラメーターのみサポートされるようになりました。
  • SQL Server および SQL インスタンスで使用されるエンドポイントを AD Graph から MS Graph に変更しました

Az.StackHCI

  • Register-AzStackHCI、Unregister-AzStackHCI、Set-AzStackHCI コマンドレットの GraphAccessToken パラメーターを廃止しました。 この理由は、Az.StackHCI モジュールが Microsoft Entra に依存しなくなったためです。
  • Microsoft.AzStackHCI 関連の AZ-Resource 呼び出しすべてに API バージョンを含めました

Az.Storage

  • 以下の Azure ファイル データプレーン コマンドレットを 'Microsoft.Azure.Storage.File 11.2.2' から 'Azure.Storage.Files.Shares 12.10.0' に移行しました
    • 'Get-AzStorageFile'
    • 'Get-AzStorageFileCopyState'
    • 'Get-AzStorageShare'
    • 'Get-AzStorageShareStoredAccessPolicy'
    • 'New-AzStorageDirectory'
    • 'New-AzStorageFileSasToken'
    • 'New-AzStorageShare'
    • 'New-AzStorageShareSasToken'
    • 'New-AzStorageShareStoredAccessPolicy'
    • 'Remove-AzStorageDirectory'
    • 'Remove-AzStorageFile'
    • 'Remove-AzStorageShare'
    • 'Remove-AzStorageShareStoredAccessPolicy'
    • 'Set-AzStorageShareQuota'
    • 'Set-AzStorageShareStoredAccessPolicy'
    • 'Start-AzStorageFileCopy'
    • 'Stop-AzStorageFileCopy'
  • 以下について、BLOB の取得/リストを、常に 'Azure.Storage.Blobs' を使用するように移行しました
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • 以下について、ファイル オブジェクト パイプラインを使用したファイル SAS 作成の失敗を修正しました
    • 'New-AzStorageFileSasToken'

Az.Synapse

  • [破壊的変更] Azure SQL Database の Synapse Link のモデルを更新しました
  • '-UserAssignedIdentityAction' と '-UserAssignedIdentityId' によりユーザー割り当てマネージド ID (UAMI) をサポートするように、'New-AzSynapseWorkspace' と 'Update-AzSynapseWorkspace' を更新しました
  • EnablePublicNetworkAccess パラメーターを 'New-AzureSynapseWorkspace' と 'Update-AzSynapseWorkspace' に追加しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Aliaksei Venski (@AliakseiVenski)、New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken.md を更新しました (#19521)
  • Jason (@moo2u2)、App Gateway HTTP リスナーの複数のホスト名パラメーターを修正しました (#19451)
  • Jan-Hendrik Peters [MSFT] (@nyanhp)、[Connect-AzConnectedMachine] 戻り値の処理時のエラーを修正しました (#19542)
  • @rahulbissa2727、大文字変換に関する PS 変更 (#19546)

8.3.0 - 2022 年 9 月

Az.Accounts

  • 'Get-AzSubscription' とパラメーター 'SubscriptionName' の併用中に、指定された名前のサブスクリプションをすべて返すことをサポートしました。 [#19295]
  • コマンドレットで AzureRestOperation を使用する際の null 参照例外を修正しました [#18104]
  • アンケート メッセージと設定を更新しました

Az.Aks

  • 'Import-AzAksCredential' に 'FQDN' のサポートを追加しました [#17711]
  • 'Import-AzAksCredential' が不適切な形式の Kubernetes 構成ファイルに合致する際のヒントを追加しました [#16741]
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター '-NodeResourceGroup' を追加しました。 [#19014]
  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' に 'Auto Upgrade' のサポートを追加しました。
  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' に 'Http Proxy' のサポートを追加しました。
  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' にパラメーター 'DisableLocalAccount' と 'DiskEncryptionSetID' を追加しました。
  • 'Install-AzAksKubectl' に 'kubelogin' をインストールするためのロジックを追加しました。

Az.ApiManagement

  • 今後の破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました: パラメーター SKU の型を Enum から String に変更しました
  • GraphQL 仕様形式をサポートしました

Az.AppConfiguration

  • コマンドレット 'Get-AzAppConfigurationDeletedStore' と 'Clear-AzAppConfigurationDeletedStore' を追加しました
  • ApiVersion を 2022-05-01 に更新しました。

Az.Automation

  • バグを修正しました: Export-AzAutomationRunbook でファイル名に余分な '' が追加されなくなりました [#11101]
  • バグを修正しました: Get-AzAutomationDscCompilationJobOutput で完全な概要が返されます [#12322]
  • バグを修正しました: Get-AzAutomationDscNode [#10404]
  • バグを修正しました: 一部の jobId で Get-AzAutomationJob が失敗します

Az.Batch

  • 新しい JobSchedule の作成時に出力ファイルが正しく送信されないバグを修正しました。

Az.Compute

  • 'New-AzVM'、'New-AzDisk'、'New-AzVMSS' コマンドレットに関するトラステッド起動の汎用破壊的変更の警告を追加しました。
  • 'Get-AzVMRunCommand' で、VMRunCommand のすべてのプロパティがリスト形式で表示されるようになりました。
  • 新しいパラメーター '-PublicIpSku' を 'NewAzVM' コマンドレットに追加しました。許容される値は 'Basic' と 'Standard' です。
  • '-PublicIpSku' が明示的に指定されている際の、汎用破壊的変更の PublicIpSku 警告とオーバーライドされる '-Zone' のロジックを追加しました。
  • 'Set-AzVmssStorageProfile' (OS ディスク) と 'Add-AzVmssDataDisk' (データ ディスク) に、ディスク削除の省略可能パラメーター 'OsDisk Deletion Option' と 'Delete Option' を追加しました
  • 'Get-AzComputeResourceSku' の印刷出力を改善しました
  • パラメーターで空の変数が渡される際に建設的なエラー メッセージを表示するように 'Update-AzVm' を更新しました。 [#15081]
  • コマンドレット 'New-AzProximityPlacementGroup' に 'Zone' と 'IntentVMSizeList' という省略可能なパラメーターを追加しました。
  • コミュニティ ギャラリーのギャラリー コマンドレットにパラメーターを追加しました
  • 'New-AzGalleryImageVersion' で、パラメーター '-Target' のキーとして 'CVMEncryptionType' と 'CVMDiskEncryptionSetID' を追加しました。

Az.DesktopVirtualization

  • 'Remove-AzWvdUserSession' の '-Force' のパラメーター説明を修正しました。

Az.EventGrid

  • 2021-12-01 API バージョンを使用するように更新しました。
  • 追加された新機能:
    • システム トピック
    • システム トピックのイベント サブスクリプション
    • システム トピックのイベント サブスクリプションのデリバリー属性
  • 更新されたコマンドレット:
    • 'New-AzEventGridDomain':
      • 最初のサブスクリプションでトピックの自動作成をサポートする新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • 最後のサブスクリプションでトピックの自動削除をサポートする新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • Azure マネージド ID をサポートする省略可能なパラメーターを追加します
    • 'New-AzEventGridTopic'/'Update-AzEventGridTopic' :
      • Azure マネージド ID をサポートする省略可能なパラメーターを追加します
    • 'New-AzEventGridSubscription '/'Update-AzEventGridSubscription ':
      • 配列に対する高度なフィルター処理をサポートする新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • デリバリー属性マッピングをサポートする新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • ストレージ キュー メッセージ TTL をサポートする新しい省略可能なパラメーターを追加します。

Az.EventHub

  • 2022 年 10 月の今後の主要な破壊的変更のリリースでは、Az.EventHub は、PowerShell エクスペリエンスを向上させるためにほとんどのコマンドレットを新しい形式に移行し、その結果、破壊的変更を監視します。 詳細については、移行ガイド https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2204690 を参照してください。

Az.Functions

  • PowerShell 関数アプリを作成する際に、PowerShell 7.2 を既定値にしました

Az.KeyVault

  • '-UseDefaultCVMPolicy' のパラメーター検証ロジックを修正しました
  • 証明書文字列による PEM のインポートをサポートするために、'Import-AzKeyVaultCertificate' にパラメーター 'ContentType' を追加しました
  • 'New-AzKeyVaultCertificatePolicy' の 'DnsName' で空のリストを受け入れることができるようになりました [#18954]

Az.MarketplaceOrdering

  • 'Get-AzMarketplaceTerms' に今後の破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました。

Az.Monitor

  • 以下に関する破壊的変更の警告メッセージを追加しました
    • 'ActivityLogAlert'
    • 'DiagnosticSetting'
    • 'ScheduledQueryRule'
    • 'Autoscale'

Az.Network

  • 'Get-AzFirewall'、'New-AzFirewall'、'Set-AzFirewall'、'New-AzFirewallHubIpAddress' に関する破壊的変更の通知を追加しました

Az.OperationalInsights

  • テーブル リソースに関する新しいコマンドレット 'New-AzOperationalInsightsRestoreTable'、'New-AzOperationalInsightsSearchTable'、'New-AzOperationalInsightsTable'、'Remove-AzOperationalInsightsTable'、'Update-AzOperationalInsightsTable'、'Convert-AzOperationalInsightsMigrateTable' を追加しました
  • 新しいプロパティ 'DefaultDataCollectionRuleResourceId' を 'Set-AzOperationalInsightsWorkspace' および 'New-AzOperationalInsightsWorkspace' コマンドレットに追加しました

Az.PolicyInsights

  • Get-AzPolicyState に関するパラメーターのドキュメントを更新しました

Az.RecoveryServices

  • AzureVM および MSSQL ワークロードに関するアーカイブのスマート階層化のサポートを追加しました。

Az.Resources

  • 'New-AzADUser' で '-Password' が '-PasswordProfile' を上書きするバグを修正しました [#19265]
  • 'Get-AzADUSer' の 'EmployeeOrgData' 'Manager' を公開しました [#18205]
  • 'Get-AzADUser' のパラメーター '-Count' を公開しました [#16874]

Az.ServiceBus

  • 2022 年 10 月の今後の主要な破壊的変更のリリースでは、Az.ServiceBus は、PowerShell エクスペリエンスを向上させるためにほとんどのコマンドレットを新しい形式に移行し、その結果、破壊的変更を監視します。 詳細については、移行ガイド https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2204584 を参照してください。
  • New-AzServiceBusNamespace と Set-AzServiceBusNamespace に -MinimumTlsVersion を追加しました

Az.Storage

  • 以下について、Azure Files Active Directory ドメイン サービス Kerberos 認証でのストレージ アカウントの作成または更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • 以下について、SFTP を有効にして LocalUser を有効にすることで、ストレージ アカウントの作成/アップグレードをサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • 以下について、ストレージ アカウントのローカル ユーザー管理をサポートしました
    • 'Set-AzStorageLocalUser'
    • 'Get-AzStorageLocalUser'
    • 'Remove-AzStorageLocalUser'
    • 'New-AzStorageLocalUserSshPassword'
    • 'Get-AzStorageLocalUserKey'
    • 'New-AzStorageLocalUserSshPublicKey'
    • 'New-AzStorageLocalUserPermissionScope'
  • 以下について、DataLake Gen2 項目の論理的な削除をサポートしました
    • 'Get-AzDataLakeGen2DeletedItem'
    • 'Restore-AzDataLakeGen2DeletedItem'

Az.Synapse

  • '-EnableDynamicExecutorAllocation' による Spark プールの動的 Executor 割り当ての設定をサポートするように、'New-AzSynapseSparkPool' と 'Update-AzSynapseSparkPool' を更新しました

Az.Websites

  • Az-CLI と同じ証明書名前付け規則を使用するように、'Import-AzWebAppKeyVaultCertificate' を修正しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Harshit Aggarwal (@harshit283)、PrivatelinkCommonCmdlets に EnergyServices をオンボードします (#19271)
  • Jarrad O'Brien (@jarrad-obrien)、入力ミス (#19153)
  • sravani saluru (@sravanisaluru)、Set-AzSynapseSqlPoolAuditSetting.md を更新します (#18839)

8.2.0 - 2022 年 8 月

Az.Accounts

  • 'Invoke-AzRestMethod' の 'SupportsShouldProcess' を実装しました
  • コマンド名に入力ミスがある場合など、Azure PowerShell コマンドが見つからない場合に提案する機能をサポートしました。

Az.Aks

  • MSGraph の移行に関する警告メッセージを削除しました [#18856]

Az.Compute

  • 'New-AzGalleryApplicationVersion' のパラメーター 'PackageFileName'、'ConfigFileName' を追加しました

Az.ConfidentialLedger

  • 'Az.ConfidentialLedger' の一般提供

Az.EventHub

  • New-AzEventHubNamespace と Set-AzEventHubNamespace に -MinimumTlsVersion を追加しました
  • セルフ サービス クラスターをサポートするために New-AzEventHubCluster と Set-AzEventHubCluster に -SupportsScaling を追加しました
  • 11 月のメジャー リリースで非推奨になるクラスター コマンドレットの一部のパラメーターに関する非推奨の警告

Az.KeyVault

  • MSGraph の移行に関する警告メッセージを削除しました [#18856]

Az.Migrate

  • クロスサブスクリプションの問題を修正しました

Az.Network

  • Azure Firewall Policy に 'ExplicitProxy' の新しいプロパティを追加するようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzFirewallPolicyExplicitProxy'
    • 'New-AzFirewallPolicy'
    • 'Set-AzFirewallPolicy'
  • Network Watcher のパケット キャプチャを作成する新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzNetworkWatcherPacketCaptureV2'
    • 'New-AzPacketCaptureScopeConfig'
  • Application Gateway の CustomV2 ssl ポリシーのサポートを追加しました。
    • 'PolicyType' の検証セットに 'CustomV2' を追加しました
    • 'MinProtocolVersion' の検証セットに 'TLSv1_3' を追加しました
    • 最小プロトコル バージョンである TLS1.3 では、空の暗号スイート リストを使用できるため、null または空の暗号スイート リストの検証を削除しました
  • Network Watcher の機能変更: ConnectionMonitor のソース エンドポイントとして、AzureVMSS などの新しいパラメーターを追加しました。
    • 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndpointObject'
  • 'IdentifyTopFatFlow' パラメーターを 'AzureFirewall' に追加しました
    • 'New-AzFirewall'
  • Basic SKU ファイアウォールが作成されるたびに、既定で Azure Firewall の強制トンネリングが有効になるようにしました (AzureFirewallManagementSubnet と ManagementPublicIpAddress が必要です)。
    • 'New-AzFirewall'
  • SNAT プライベート範囲の IP 検証が正しくないためにオーバーフローが発生するバグを修正しました。
  • ApplicationGateway の L4 (TCP/TLS) オブジェクトを作成および管理する新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzApplicationGatewayListener'
    • 'New-AzApplicationGatewayListener'
    • 'Add-AzApplicationGatewayListener'
    • 'Set-AzApplicationGatewayListener'
    • 'Remove-AzApplicationGatewayListener'
    • 'Get-AzApplicationGatewayBackendSetting'
    • 'New-AzApplicationGatewayBackendSetting'
    • 'Add-AzApplicationGatewayBackendSetting'
    • 'Set-AzApplicationGatewayBackendSetting'
    • 'Remove-AzApplicationGatewayBackendSetting'
    • 'Get-AzApplicationGatewayRoutingRule'
    • 'New-AzApplicationGatewayRoutingRule'
    • 'Add-AzApplicationGatewayRoutingRule'
    • 'Set-AzApplicationGatewayRoutingRule'
    • 'Remove-AzApplicationGatewayRoutingRule'
  • Application Gateway の TCP/TLS リスナー、BackendSetting、RoutingRule のサポートを追加するようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzApplicationGateway'
  • アプリケーション ゲートウェイの正常性プローブ構成に TCP/TLS プロトコルのサポートを追加するようにコマンドレットを更新しました。
    • 'Set-AzApplicationGatewayProbeConfig'
    • 'Add-AzApplicationGatewayProbeConfig'
    • 'New-AzApplicationGatewayProbeConfig'
  • Azure Firewall と Azure Firewall Policy で Basic SKU のサポートを追加するようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzFirewall'
    • 'New-AzFirewallPolicy'
    • 'Set-AzFirewallPolicy'
  • ExpressRoutePort の認可オブジェクトを作成または管理するための新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Add-AzExpressRoutePortAuthorization'
    • 'Get-AzExpressRoutePortAuthorization'
    • 'Remove-AzExpressRoutePortAuthorization'
  • 別の所有者を指定して ExpressRoutePort で ExpressRoute 回線を作成できるように、コマンドレット 'New-AzExpressRouteCircuit' にオプション パラメーター 'AuthorizationKey' を追加しました。
  • PublicIpPrefix で CustomIpPrefix を表示できないバグを修正しました。
  • VirtualHub に 'HubRoutingPreference' の新しいプロパティを追加したり、'PreferredRoutingGateway' のプロパティを非推奨に設定したりするために、コマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualHub'
    • 'Update-AzVirtualHub'
  • コマンドレット 'New-AzNetworkInterface' に省略可能なパラメーター 'AuxiliaryMode' を追加しました。これで、このネットワーク インターフェイスを Sirius 対応として有効にします。 使用できる値は None (既定値) と MaxConnections です。
  • マルチプール機能の変更: コマンドレットを更新して、ポリシー グループを関連付けるための新しい省略可能なプロパティ、'ConfigurationPolicyGroups' オブジェクトを追加しました。
    • 'Update-AzVpnServerConfiguration'
    • 'New-AzVpnServerConfiguration'
  • マルチプール機能の変更: コマンドレットを更新して、複数の接続構成を指定するための新しい省略可能なプロパティ 'P2SConnectionConfiguration' オブジェクトを追加しました。
    • 'Update-AzP2sVpnGateway'
    • 'New-AzP2sVpnGateway'
  • マルチプール機能の変更: VpnServerConfiguration 用の構成ポリシー グループの CRUD をサポートするために新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
    • 'New-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
    • 'Update-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
    • 'Remove-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
  • VirtualHub の RoutingIntent 子リソースに新しいコマンドレットを追加しました。 -'Add-AzRoutingPolicy' -'Get-AzRoutingPolicy' -'New-AzRoutingPolicy' -'Remove-AzRoutingPolicy' -'Set-AzRoutingPolicy' -'Get-AzRoutingIntent' -'New-AzRoutingIntent' -'Remove-AzRoutingIntent' -'Set-AzRoutingIntent'
  • RouteServer の新しいオプション 'HubRoutingPreference' を追加するようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzRouteServer'
    • 'Update-AzRouteServer'
  • swagger から powershell への CustomIpPrefixParent パラメーターを解析できないバグを修正しました。
  • New-AzApplicationGatewayFirewallCondition に 'Any' 演算子を追加しました
  • コマンドレット 'Set-AzPrivateEndpoint' で 'PrivateEndpoint' のプロパティ 'ApplicationSecurityGroups' と 'IpConfigurations' を更新できるようにしました
  • IoT Hub から Private Link への共通コマンドレットに関するデバイスの更新プログラムをオンボードしました

Az.RedisEnterpriseCache

  • API バージョンを 2022-01-01 にアップグレードしました

Az.Resources

  • MSGraph の移行に関する警告メッセージを削除しました [#18856]
  • [破壊的変更] コマンドレットの名前を '{}-AzADAppFederatedIdentityCredential' から '{}-AzADAppFederatedCredential' に変更しました
  • [破壊的変更] 以下について、名前を '-Id' から '-FederatedCredentialId' に変更しました
    • 'Get-AzADAppFederatedCredential'
    • 'Remove-AzADAppFederatedCredential'
    • 'Update-AzADAppFederatedCredential'
  • API バージョンをベータから 1.0 にアップグレードしました

Az.Sql

  • MSGraph の移行に関する警告メッセージを削除しました [#18856]
  • SQL Server と SQL インスタンスを ActiveDirectoryClient から MicrosoftGraphClient に移動しました
  • 'New-AzSqlDatabaseFailoverGroup' コマンドレットで 'PartnerSubscriptionId' パラメーターを使ったクロスサブスクリプション フェールオーバー グループの作成をサポートしました

Az.Storage

  • ストレージ アカウント sas トークンがストレージ アカウント キーを使ってセキュリティで保護されているかどうかのチェックを追加しました。
    • 'New-AzStorageAccountSASToken'
  • 管理ポリシー規則フィルター BlobIndexMatch をサポートしました
    • 新しいコマンドレット 'New-AzStorageAccountManagementPolicyBlobIndexMatchObject' を追加しました
    • 'New-AzStorageAccountManagementPolicyFilter' に新しいパラメーター 'BlobIndexMatch' を追加しました

Az.Synapse

  • 'Set-AzSynapseSqlAuditSetting' コマンドレットの 'ResourceGroupName' を省略可能に設定しました
  • 'New-AzureSynapseGitRepositoryConfig' に LastCommitId パラメーターを追加しました
  • 'Update-AzSynapseSparkPool' を使った Spark プール バージョンの更新に失敗する問題を修正しました

Az.Websites

  • 相対パスを適切に処理するように 'Publish-AzWebapp' を修正しました [#18028]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Harish Karthic (@hkarthik7)、パラメーター名を -Type から -SkuName に更新しました (#18882)
  • Oscar de Groot (@odegroot)、"pfx として保存" の例を修正しました (#19003)
  • @shiftychris、New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleSet.md を修正しました (#18972)

8.1.0 - 2022 年 7 月

Az.Accounts

  • 'Export-AzConfig' と 'Import-AzConfig' による構成のエクスポートとインポートをサポートしました。
  • Az.Accounts を並列 PowerShell プロセスでインポートできない問題を修正しました。 [#18321]
  • 正しくないアクセス トークンを修正しました [#18105]
  • .NET Framework 用の Microsoft.Identity.Client のバージョンをアップグレードしました。 [#18495]
  • 大文字と小文字のみ異なる複数の環境変数が設定されている場合に Az.Accounts をインポートできない問題を修正しました。 [#18304]

Az.Aks

  • 'Invoke-AzAksRunCommand' のパラメーター 'CommandContextAttachmentZip' を追加しました。 [#17454]
  • Aks の ManagedIdentity のサポートを追加しました [#15656]。
  • 'Get-AzAksCluster' の出力用にプロパティ 'PowerState' を追加しました [#18271]
  • パラメーター 'NodeImageOnly' の 'Set-AzAksCluster' のロジックを更新しました。
  • 'Update-AzAksNodePool' のパラメーター 'NodeImageOnly' を追加しました。
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター 'AvailabilityZone' を追加しました。 [#18658]

Az.ApplicationInsights

  • Set-AzApplicationInsightsDailyCap のパラメーターを修正しました [#18315]
  • 'New-AzApplicationInsightsContinuousExport' と 'Set-AzApplicationInsightsContinuousExport' のパラメーター 'DocumentType' を修正しました [#18350]
  • 'Get-AzApplicationInsights' のパラメーター 'ResourceId' を修正しました [#18707]

Az.Compute

  • イメージ エイリアス 'Win2022AzureEditionCore' を追加しました
  • '-DisableIntegrityMonitoring' スイッチ パラメーターを 'New-AzVM' コマンドレットに追加しました。 次の条件が満たされた場合の 'New-AzVM' と 'New-AzVmss' の既定の動作を変更しました。
    1. '-DisableIntegrityMonitoring' が true ではない。
    2. SecurityProfile の 'SecurityType' が 'TrustedLaunch' である。
    3. SecurityProfile の 'VTpmEnabled' が true である。
    4. SecurityProfile の 'SecureBootEnabled' が true である。 これらの条件が満たされた場合に、'New-AzVM' によって 'Guest Attestation' 拡張機能が新しい VM にインストールされるようになりました。 これらの条件が満たされた場合に、'New-AzVmss' によって 'Guest Attestation' 拡張機能が新しい Vmss にインストールされるようになりました (Vmss 内のすべての VM インスタンスにインストールされます)。
  • 次のコマンドレットに '-UserAssignedIdentity' と '-FederatedClientId' を追加しました。
    • 'New-AzDiskEncryptionSetConfig'
    • 'Update-AzDiskEncryptionSet'
  • コマンドレット 'Add-AzVmGalleryApplication' と 'Add-AzVmssGalleryApplication' に '-TreatFailureAsDeploymentFailure' を追加しました
  • 'OrchestrationMode' で SinglePlacementGroup が true に設定されている場合の例外を削除しました

Az.CosmosDB

  • クライアント暗号化ポリシーの一部となるパーティション キーと ID パスのサポートを追加しました。
  • クライアント暗号化ポリシーを使用したコンテナーでの Update-AzCosmosDBSqlContainer コマンドに関連するバグを修正しました。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 6.3.0 に更新しました

Az.EventHub

  • EventHub アプリケーション グループに CRUD 操作用のコマンドレットを追加しました。 追加されたコマンドレットには、New-AzEventHubApplicationGroup、Set-AzEventHubApplicationGroup、Remove-AzEventHubApplicationGroup、Get-AzEventHubApplicationGroup、New-AzEventHubThrottlingPolicyConfig が含まれます
  • Get-AzEventHubNamespace は、これまで、リソース グループ別リストまたはサブスクリプション別リストに対して最大 100 個の名前空間を返しました。 今後、100 個を超える名前空間があるリソース グループとサブスクリプションについて、このコマンドレットはすべての名前空間を返します。 リソース グループまたはサブスクリプションに含まれる名前空間が 100 未満の場合、このコマンドレットの動作はこれまでと変わりありません。
  • EventHubs プライベート エンドポイント接続を手動で承認するためのコマンドレットを追加しました。 追加されたコマンドレットには、Approve-AzEventHubPrivateEndpointConnection、Deny-AzEventHubPrivateEndpointConnection、Get-AzEventHubPrivateEndpointConnection、Remove-AzEventHubPrivateEndpointConnection、Get-AzEventHubPrivateLink が含まれます

Az.KeyVault

  • 'Import-AzKeyVaultCertificate' による pem 証明書のインポートをサポートしました [#18494]
  • JSON ファイルでのローテーション ポリシーの受け入れをサポートしました
  • [破壊的変更] 'Set-AzKeyVaultKeyRotationPolicy' のパラメーター 'ExpiresIn' を TimeSpan? から string に変更しました。 これは、ISO 8601 の期間 (たとえば、30 日の場合は 'P30D') である必要があります。
  • [破壊的変更] 'Set-AzKeyVaultKeyRotationPolicy' と 'Get-AzKeyVaultKeyRotationPolicy' の出力プロパティ 'ExpiresIn'、'TimeAfterCreate'、'TimeBeforeExpiry' を TimeSpan? から string に変更しました。
  • マネージド HSM でのリリース ポリシーを使用したキーの作成/更新をサポートしました
  • キー コンテナー作成の処理時の 'EnabledForDeployment'、'EnabledForTemplateDeployment'、'EnabledForDiskEncryption'、'EnableRbacAuthorization' の既定値を削除しました
  • Key Vault シークレット、証明書、ストレージの既定のアクセス ポリシーを 'All' に変更しました

Az.Network

  • Application Gateway の CustomV2 ssl ポリシーのサポートを追加しました。
    • 'PolicyType' の検証セットに 'CustomV2' を追加しました
    • 'MinProtocolVersion' の検証セットに 'TLSv1_3' を追加しました
    • 最小プロトコル バージョンである TLS1.3 では、空の暗号スイート リストを使用できるため、null または空の暗号スイート リストの検証を削除しました
  • [破壊的変更] 'Add-AzVirtualNetworkSubnetConfig' と 'New-AzVirtualNetworkSubnetConfig' で '-PrivateEndpointNetworkPoliciesFlag' の既定値を 'Disabled' に変更しました
  • 既存の VNet を更新するときに仮想ネットワーク暗号化パラメーターを解析できないバグを修正しました。

Az.PowerBIEmbedded

  • A7 と A8 をサポートするように SKU 許可値を更新しました

Az.RecoveryServices

  • 実行時間の長い操作の遅延を修正しました [#18567]

Az.Resources

  • PassThru が使用されていない場合でもロールの割り当てを削除するときにフィードバックが行われるようにしました
  • -AsJob シナリオでの相対パス エラーを修正しました [#18084]
  • 'Get-AzResource --ExpandProperties' の 'createtime' と 'ChangedTime' のロジックを修正しました。 [#18206]
  • 'New-AzADServicePrincipal' のロール割り当ての待機時間を修正しました [#16777]

Az.ServiceBus

  • Service Bus プライベート エンドポイント接続を手動で承認するためのコマンドレットを追加しました。 追加されたコマンドレットには、Approve-AzServiceBusPrivateEndpointConnection、Deny-AzServiceBusPrivateEndpointConnection、Get-AzServiceBusPrivateEndpointConnection、Remove-AzServiceBusPrivateEndpointConnection、Get-AzServiceBusPrivateLink が含まれます

Az.ServiceFabric

  • 詳細ログ メッセージのスペルミスを修正しました。
  • マネージド クラスターの作成と更新に関するタグのサポートを追加しました

Az.Sql

  • GeoZone ハイパースケール データベースの作成、更新、コピー、Geo セカンダリと PITR のサポートを有効にするために、'New-AzSqlDatabase'、'Set-AzSqlDatabase'、'New-AzSqlDatabaseCopy'、'New-AzSqlDatabaseSecondary'、'Restore-AzSqlDatabase' への 'BackupStorageRedundancy' パラメーターに 'GeoZone' オプションを追加しました
  • ターゲット データベースがログ再生サービスによって作成されたことを確認するために、'Stop-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay' コマンドレットに入力検証を追加しました
  • コマンドレット 'Restore-AzSqlDatabase' のバグを修正しました。 省略可能なプロパティ 'Tags' が想定どおりに動作していませんでした
  • 'Get-AzSqlServerAudit' と 'Get-AzSqlDatabaseAudit' に isManagedIdentityInUse get パラメーターを追加しました
  • 新しいコマンドレット 'Set-AzSqlInstanceDatabase' を追加しました

Az.StackHCI

  • Stack HCI クラスターのサポートを追加しました
  • Stack HCI 拡張機能のサポートを追加しました
  • Stack HCI Arc 設定のサポートを追加しました

Az.Storage

  • 管理ポリシーで BaseBlob DaysAfterCreationGreaterThan をサポートしました
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @ayeshurun、PowerBI Embedded 容量の SKU 許容値を更新 (#18670)
  • @JulianePadrao、[SQL] 非推奨の用語を修正 (#18620)
  • @kaushik-ms、appgw の新しい SSL ポリシーの PowerShell 変更 (#18287)
  • Adrian Leonhard (@NaridaL)、3 つのファイルで入力ミスである beging を begin に修正 (#18391)

8.0.0 - 2022 年 5 月

Az.Accounts

  • ユーザーが 'Get-AzConfig'、'Update-AzConfig'、'Clear-AzConfig' を使用して次の構成を制御できるようにするプレビュー機能を追加しました。
    • 'DefaultSubscriptionForLogin': サブスクリプション名または GUID。 サブスクリプションを指定せずにログインしたときに Azure PowerShell の既定のコンテキストを設定します。
    • 'DisplayBreakingChangeWarning': 破壊的変更に関する警告メッセージを表示するか、しないかを制御します。
    • 'EnableDataCollection': 有効にすると、Azure PowerShell コマンドレットにより、テレメトリ データがカスタマー エクスペリエンスを向上させるために Microsoft に送信されます。
  • Windows PowerShell の System.Reflection.DispatchProxy をアップグレードしました [#17856]
  • Azure.Identity を 1.6.0 に、Azure.Core を 1.24.0 にアップグレードしました

Az.Aks

  • 次の別名を削除しました。
    • 'Get-AzAks'
    • 'New-AzAks'
    • 'Set-AzAks'
    • 'Remove-AzAks'

Az.ApiManagement

  • [破壊的変更] 'New-AzApiManagementOperation' および 'Set-AzApiManagementOperation' のパラメーター 'Sample' を 'Examples' に置き換えました
  • APIM .Net SDK バージョンを 8.0.0 に、API バージョン 2021-08-01 に更新しました

Az.ApplicationInsights

  • ApplicationInsights コンポーネントの API バージョンを 2020-02-02 にアップグレードしました
  • 'New-AzApplicationInsights' と 'Update-AzApplicationInsights' によって Log Analytics ワークスペース ベースのコンポーネントがサポートされます

Az.Cdn

  • API バージョンを 2021-06-01 にアップグレードしました
  • 非推奨のコマンドレットを削除しました
    • Disable-AzCdnCustomDomain
    • Enable-AzCdnCustomDomain
    • Get-AzCdnEdgeNodes
    • Get-AzCdnProfileSsoUrl
    • New-AzCdnDeliveryPolicy
    • Set-AzFrontDoorCdnSecret
  • 新しいコマンドレットを追加しました
    • Clear-AzFrontDoorCdnEndpointContent
    • Get-AzFrontDoorCdnEndpointResourceUsage
    • Get-AzFrontDoorCdnOriginGroupResourceUsage
    • Get-AzFrontDoorCdnProfileResourceUsage
    • Get-AzFrontDoorCdnRuleSetResourceUsage
    • Test-AzFrontDoorCdnEndpointCustomDomain
    • Test-AzFrontDoorCdnEndpointNameAvailability
    • Test-AzFrontDoorCdnProfileHostNameAvailability
    • Update-AzFrontDoorCdnCustomDomainValidationToken
    • Update-AzFrontDoorCdnRule
  • Set コマンドレットの名前を Update コマンドレットに変更しました
  • メモリ オブジェクトの作成のコマンドレットに 'Object' サフィックスを追加しました

Az.Compute

  • 'New-AzVm' コマンドレットの内部ロジックを編集して、新しい仮想マシンで 'PSVirtualMachine' オブジェクトに渡された 'PlatformFaultDomain' 値を使用するようにしました。
  • 専用ホストを再起動するために、"Restart-AzHost" という名前の新しいコマンドレットを追加しました。
  • 次のコマンドレットに '-DataAccessAuthMode' パラメーターを追加しました。
    • 'New-AzDiskConfig'
    • 'New-AzDiskUpdateConfig'
    • 'New-AzSnapshotConfig'
    • 'New-AzSnapshotUpdateConfig'
  • 次のコマンドレットに '-Architecture' パラメーターを追加しました。
    • 'New-AzDiskConfig'
    • 'New-AzDiskUpdateConfig'
    • 'New-AzSnapshotConfig'
    • 'New-AzSnapshotUpdateConfig'
    • 'New-AzGalleryImageDefinition'
  • 'Get-AzRestorePoint' に '-InstanceView' パラメーターを追加しました
  • 'Invoke-AzvmRunCommand' と 'Invoke-AzvmssRunCommand' にパラメーター '-ScriptString' を追加しました
  • 'Update-Azvmss' にパラメーター '-ScaleInPolicyForceDeletion' を追加しました

Az.ContainerRegistry

  • 'Update-AzContainerRegistryRepository' のパラメーターの型を bool から bool? に更新しました [#17857]
    • 'ReadEnabled'
    • 'ListEnabled'
    • 'WriteEnabled'
    • 'DeleteEnabled'

Az.CosmosDB

  • クライアント暗号化ポリシーを使用したコンテナーの作成のサポートを導入しました。 現在サポートされているクライアント暗号化ポリシーのバージョンは 1 です。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 6.1.0 に更新しました
  • PublicNetworkAccess パラメーターを含む Set-AzDataFactoryV2 -InputObject の誤りを修正しました

Az.EventHub

  • 'Set-AzEventHubNetworkRuleSet' の 'IPRule' と 'VirtualNetworkRule' を省略可能にしました。
  • 'Set-AzEventHubNamespace' と 'New-AzEventHubNamespace' の古い MSI プロパティを非推奨にしました

Az.Functions

  • 指定されていないパラメーターの既定値を設定するときに New-AzFunctionApp コマンドレットによって警告メッセージが書き込まれる必要がある問題を修正しました。

Az.HealthcareApis

  • 生成されたコードベースにモジュールを移行しました。
  • 次のコマンドレットを追加しました。
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareApisService
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareApisWorkspace
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareFhirService
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareDicomService
    • New/Get/Update/Remove-AzHealthcareIoTConnector
    • New/Get/Remove-AzHealthcareIotConnectorFhirDestination
    • Get-AzHealthcareFhirDestination

Az.KeyVault

  • キーに対するアクセス許可の一覧に 'Rotate' を追加しました [#17970]

Az.ManagedServiceIdentity

  • 'Az.ManagedServiceIdentity' の一般提供

Az.Network

  • 'Get-AzPrivateEndpointConnection' で 'Microsoft.Network/privateLinkServices' がサポートされます [#16984]。
  • リソースの種類がプライベート エンドポイント接続機能でサポートされていない場合に、わかりやすいメッセージを表示します [#17091]。
  • 'Virtual Network Gateway' に 'DisableIPsecProtection' を追加しました。
  • ExpressRoutePort の認可オブジェクトを作成または管理するための新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Add-AzExpressRoutePortAuthorization'
    • 'Get-AzExpressRoutePortAuthorization'
    • 'Remove-AzExpressRoutePortAuthorization'
  • 別の所有者を指定して ExpressRoutePort で ExpressRoute 回線を作成できるように、コマンドレット 'New-AzExpressRouteCircuit' にオプション パラメーター 'AuthorizationKey' を追加しました。
  • PublicIpPrefix で CustomIpPrefix を表示できないバグを修正しました。
  • VirtualHub に 'HubRoutingPreference' の新しいプロパティを追加したり、'PreferredRoutingGateway' のプロパティを非推奨に設定したりするために、コマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualHub'
    • 'Update-AzVirtualHub'
  • コマンドレット 'New-AzNetworkInterface' に省略可能なパラメーター 'AuxiliaryMode' を追加しました。これで、このネットワーク インターフェイスを Sirius 対応として有効にします。 使用できる値は None (既定値) と MaxConnections です。
  • マルチプール機能の変更: コマンドレットを更新して、ポリシー グループを関連付けるための新しい省略可能なプロパティ、'ConfigurationPolicyGroups' オブジェクトを追加しました。
    • 'Update-AzVpnServerConfiguration'
    • 'New-AzVpnServerConfiguration'
  • マルチプール機能の変更: コマンドレットを更新して、複数の接続構成を指定するための新しい省略可能なプロパティ 'P2SConnectionConfiguration' オブジェクトを追加しました。
    • 'Update-AzP2sVpnGateway'
    • 'New-AzP2sVpnGateway'
  • マルチプール機能の変更: VpnServerConfiguration 用の構成ポリシー グループの CRUD をサポートするために新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
    • 'New-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
    • 'Update-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'
    • 'Remove-AzVpnServerConfigurationPolicyGroup'

Az.RecoveryServices

  • 復旧サービス コンテナーに Resource Guard を使用したマルチユーザー認可のサポートを追加しました。
  • 復旧サービス コンテナーのサブスクリプション間での復元に対するサポートを追加し、ターゲット サブスクリプションからフェッチされるストレージ アカウントを変更しました。

Az.Resources

  • アプリケーション フェデレーション ID 資格情報に対するコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzADAppFederatedIdentityCredential'
    • 'New-AzADAppFederatedIdentityCredential'
    • 'Remove-AzADAppFederatedIdentityCredential'
    • 'Update-AzADAppFederatedIdentityCredential'
  • 'Get-AzLocation' コマンドレットをアップグレードおよび改訂しました。
    • 'Get-AzLocation' の 'subscriptionClient' をアップグレードしました。 その apiVersion を 2016-01-01 から 2021-01-01 に変更しました。[#18002]
    • 'Get-AzLocation' の場所情報の属性すべて ('pairedRegion' など) を追加しました。 [#18045][#17536]
    • 'Get-AzLocation' で ExtendedLocations をサポートします [#18046]
  • 2021-04-01 API バージョンと同等の機能を維持するために、次のコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzHierarchySetting'
    • 'Get-AzHierarchySetting'
    • 'Update-AzHierarchySetting'
    • 'Remove-AzHierarchySetting'
    • 'Get-AzManagementGroupSubscription'
    • 'Get-AzSubscriptionUnderManagementGroup'
    • 'Start-AzTenantBackfill'
    • 'Get-AzTenantBackfillStatus'
    • 'Get-AzManagementGroupNameAvailability'
    • 'Get-AzEntity'
  • [破壊的変更] API 仕様に合わせてプロパティ isSyncedFromOnPremis の名前を isSyncedFromOnPremise に変更しました

Az.Security

  • 新しいコマンドレット 'Get-AzSecuritySolution' を追加しました
  • コマンドレット 'Get-AlertsSuppressionRule'、'Remove-AlertsSuppressionRule'、'Set-AlertsSuppressionRule'、'New-AzAlertsSuppressionRuleScope' にアラート抑制ルールを追加しました

Az.ServiceBus

  • モジュールにわたってネットワーク ルール セットの各種入力ミスを修正しました。
  • 'Set-AzServiceBusNetworkRuleSet' に 'TrustedServiceAccessEnabled' を追加します

Az.Sql

  • 新しいコマンドレット 'Get-AzSqlInstanceEndpointCertificate' を追加しました
  • パラメーター 'HighAvailabilityReplicaCount' を 'New-AzSqlElasticPool' および 'Set-AzSqlElasticPool' に追加しました

Az.Storage

  • DataLakeGen2 の SAS トークンの生成がサポートされます
    • 'New-AzDataLakeGen2SasToken'
  • デバッグ ビルドのみでデバッグ ログに OAuth トークンを表示します
    • 'New-AzStorageContext'
  • Azure ファイルを一覧表示するときに、より多くのファイル プロパティが返されることがサポートされます
    • 'Get-AzStorageFile'

Az.Synapse

  • Azure SQL Database での Synapse Link のサポートを追加しました
    • 'Get-AzSynapseLinkConnection' コマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzSynapseLinkConnectionDetailedStatus' コマンドレットを追加しました
    • 'Set-AzSynapseLinkConnection' コマンドレットを追加しました
    • 'Remove-AzSynapseLinkConnection' コマンドレットを追加しました
    • 'Start-AzSynapseLinkConnection' コマンドレットを追加しました
    • 'Stop-AzSynapseLinkConnection' コマンドレットを追加しました
    • 'Set-AzSynapseLinkConnectionLinkTable' コマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzSynapseLinkConnectionLinkTable' コマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzSynapseLinkConnectionLinkTableStatus' コマンドレットを追加しました
    • 'Update-AzSynapseLinkConnectionLandingZoneCredential' コマンドレットを追加しました
  • 'Update-AzSynapseSparkPool' によって Spark プールにパッケージを追加するときに 'UploadedTimestamp' を設定します

Az.Websites

  • 'VirtualNetworkSubnetId' プロパティを公開するように 'Get-AzWebApp' と 'Get-AzWebAppSlot' を更新しました [#18042]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @bb-froggy、DCR の概要へのリンク切れを修正しました (#17998)
  • Darryl van der Peijl (@DarrylvanderPeijl)、on-premise を on-premises に変更 (#17974)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)、入力ミス "Github Actions"→"GitHub Actions" (#18160)
  • @misbamustaqim、Virtual Network ゲートウェイへの DisableIPsecProtection チェック (bool) の追加 (#18029)
  • Scott Tang (@scottwtang)、Get-AzApiManagementSubscription コマンドレットのドキュメントを更新 (#18027)
  • @SnehaSudhirG、Get-AzAutomationScheduledRunbook.md を更新 (#18059)

7.5.0 - 2022 年 4 月

Az.Accounts

  • Microsoft.Rest.ClientRuntime を 2.3.24 にアップグレードしました

Az.Aks

  • 'Invoke-AzAksRunCommand' の 'Force' の説明を更新しました [#17756]
  • 'identity' を 'Set-AzAksCluster' にパイプできない issue を修正しました [#17376]

Az.ApiManagement

今後の破壊的変更に関する警告メッセージを追加しました。

Az.Batch

  • 'Microsoft.Azure.Batch' SDK バージョン 15.3.0 を使用するように Az.Batch を更新しました
    • ユーザー割り当てのマネージド ID を 'PSCloudPool' に割り当てる機能を追加します。 これらの ID は、プール内の各ノードで使用できるようになり、さまざまなリソースにアクセスするために使用できます。
    • マネージド ID を使用したリソースへのアクセスをサポートするために、次のモデルに 'IdentityReference' プロパティを追加しました。
      • 'PSAzureBlobFileSystemConfiguration'
      • 'PSOutputFileBlobContainerDestination'
      • 'PSContainerRegistry'
      • 'PSResourceFile'
      • 'PSUploadBatchServiceLogsConfiguration'
    • ノードの仮想マシン拡張機能を指定するために、'PSCloudPool' の 'PSVirtualMachineConfiguration' に新しい 'extensions' プロパティを追加しました
    • 'VirtualMachineConfiguration' で新しいプロパティ 'NodePlacementConfiguration' を使用して可用性ゾーンを指定する機能を追加しました
    • 仮想マシンのオペレーティング システム ディスクの設定を含む新しい 'OSDisk' プロパティを 'VirtualMachineConfiguration' に追加しました。
      • 'PSDiffDiskSettings' の 'Placement' プロパティは、プール内のすべての VM のオペレーティング システム ディスクのエフェメラル ディスクの配置を指定します。 'CacheDisk' に設定すると、エフェメラル OS ディスクが VM キャッシュに格納されます。
    • ジョブごとに許可されるタスクの最大数を制御するために 'PSCloudJob' に 'MaxParallelTasks' プロパティを追加しました (既定値は -1 で、無制限を意味します)。
    • VM が使用しているマーケットプレース イメージの正確なバージョンなど、仮想マシンの現在の状態に関する情報を含む 'VirtualMachineInfo' プロパティを 'PSComputeNode' に追加しました。
    • ジョブ スケジュールの下で 2 つの連続するジョブの開始時刻の間隔を制御するために 'RecurrenceInterval' プロパティを 'PSSchedule' に追加しました。
    • 特定の計算ノードに対して、名前またはすべての拡張機能の一覧を使用して特定の拡張機能を取得する新しい 'Get-AzBatchComputeNodeExtension' コマンドを追加しました。
  • Az.Batch'Microsoft.Azure.Management.Batch' SDK バージョン 14.0.0 を更新しました。
    • 特定の場所で使用可能な Batch でサポートされる仮想マシン VM サイズの一覧を取得する、新しい 'Get-AzBatchSupportedVirtualMachineSku' コマンドを追加しました。
    • 指定したジョブに必要なタスク スロットの数を取得する新しい 'Get-AzBatchTaskSlotCount' コマンドを追加しました。
    • 機能の変更に合わせて、'MaxTasksPerComputeNode' の名前が 'TaskSlotsPerNode' に変更されました。
      • 'MaxTasksPerComputeNode' は別名として残りますが、今後の更新プログラムで削除されます。

Az.Cdn

  • Az.CDN モジュールのすべてのコマンドレットに破壊的変更のメッセージを追加しました

Az.CognitiveServices

  • 2022-03-01 バージョンを使用するように CognitiveServices PowerShell を更新しました。
  • 'Get-AzCognitiveServicesAccountModel' コマンドレットを追加しました。

Az.Compute

  • '-ImageReferenceId' パラメーターを次のコマンドレットに追加しました: 'New-AzVm'、'New-AzVmConfig'、'New-AzVmss'、'Set-AzVmssStorageProfile'
  • VM、VMSS、マネージド ディスク、ギャラリー イメージ バージョンの作成に関するクロステナント イメージ リファレンスの機能を追加しました。
  • 'New-AzGallery' は、その sharingProfile プロパティを設定するために '-Permission' パラメーターで受け取ることができます。
  • 'Update-AzGallery' は sharingProfile を更新できます。
  • 'Get-AzGallery' は、展開されたリソース ビューの '-Expand' パラメーターで受け取ることができます。
  • 新しいパラメーターが Shared Image Gallery ダイレクト共有をサポートするために次のコマンドレットに設定されました
    • Get-AzGallery
    • Get-AzGalleryImageDefinition
    • Get-AzGalleryImageVersion
  • 'Add-AzVhd' の更新プログラムと機能強化
    • より堅牢なマネージド ディスク設定にアップロードするために、DirectUploadToManagedDisk パラメーター セットに '-DiskHyperVGeneration' と '-DiskOsType' パラメーターを追加しました。
    • '&' 文字を持つ VHD ファイルを名前に使用できるように、進行状況出力関数を更新しました。
    • 動的にサイズ変更された VHD ファイルのアップロードが、アップロード中に固定サイズに変換されるように更新しました。
    • 差分ディスクのアップロードのバグを修正しました。
    • アップロード後に変換またはサイズ変更された VHD ファイルを自動的に削除します。
    • '-ResourceGroupName' パラメーターが実際には必須なときにオプションと示されるバグを修正しました。

Az.ContainerInstance

  • コンテナー グループを作成するための空のディレクトリ ボリュームとシークレット ボリュームをサポートしました [#17410]

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 6.0.0 に更新しました

Az.EventHub

  • New-AzEventHubNamespace と Set-AzEventHubNamespace の古い MSI 関連フィールドの非推奨化

Az.KeyVault

  • 'Get-AzKeyVaultRandomNumber' によるマネージド HSM からの乱数の取得をサポートしました
  • Az.KeyVault.Extension のサブスクリプションの接続状態の検証がスキップされました [#17712]
  • 公衆ネットワーク アクセスの設定が有効になりました

Az.Kusto

  • インライン スクリプト リソース (SAS トークンではなくコンテンツを含むスクリプトの作成) をサポートしました
  • EventGrid にマネージド ID のサポートを追加しました
  • すべてのデータ接続に databaseRouting (シングルまたはマルチ) を追加しました
  • クラスターに PublicIPType を追加しました

Az.Network

  • 'RouteTable.Routes' が null の場合の 'Add-AzureRmRouteConfig' の 'ArgumentNullException' を修正しました。

Az.RecoveryServices

  • workloadType AzureVM の 1 日あたりの複数バックアップ (時間単位) 拡張ポリシーのサポートを追加しました。

Az.Resources

  • リストの改ページ位置の自動修正の冗長な引用符を修正しました [#17667]
  • コマンドレット 'Update-AzADGroup' を追加しました [#17514]
  • グループ メンバー関連のコマンドレットの API バージョンをベータ版に更新し、サービス プリンシパルをグループとの間で追加、取得、および削除できるようにしました [#16698]
  • 現在のユーザーが所有するアプリケーションを取得するために、'Get-AzADApplication' にパラメーター '-OwnedApplication' を追加しました
  • 'Update-AzADApplication' にパラメーター '-Web' を追加しました [#16750]

Az.Security

  • セキュリティ オートメーション API 用の新しいコマンドレットを追加しました

Az.StackHCI

  • 構成証明ネットワークのファイアウォール規則を更新し、他のすべてのトラフィックがブロックされるようにしました
  • 構成証明ネットワークを無視するようにクラスターを更新しました

Az.Storage

  • 管理ポリシーで DaysAfterLastTierChangeGreaterThan をサポートしました
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'
  • Linux で BLOB のアップロードが失敗する issue を修正しました [#17743]
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
  • BLOB の論理的な削除を有効にするときの AllowPermanentDelete をサポートしました
    • 'Enable-AzStorageBlobDeleteRetentionPolicy'
  • 今後のコマンドレットの破壊的変更に関する破壊的変更の警告メッセージを追加しました
    • 'Get-AzStorageFile'

Az.Synapse

  • Synapse Microsoft Entra 専用の認証のサポートを追加しました
    • 'Get-AzSynapseActiveDirectoryOnlyAuthentication' コマンドレットを追加しました
    • 'Enable-AzSynapseActiveDirectoryOnlyAuthentication' コマンドレットを追加しました
    • 'Disable-AzSynapseActiveDirectoryOnlyAuthentication' コマンドレットを追加しました

Az.Websites

  • CmdletDeprecation 属性を使用して 'New-AzWebAppContainerPSSession' を更新しました [#16646]
  • ロケールが 'en-US' ではないホストでコマンドレットが動作しなくなる issue を修正するため、'Restore-AzDeletedWebApp' を更新しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Aleksandar Nikolić (@alexandair)、例の UniqueName プロパティを修正 (#17826)
  • @enevoj、マークアップのレンダリングの issue? (#17732)
  • @jeremytanyz、Set-AzStorageFileContent.md を更新しました (#17805)
  • Martin Bentancour (@mbentancour)、削除された Web アプリの復元に関する DateTime の問題を修正しました (#16308)
  • Preben Huybrechts (@pregress)、アクセス前の null チェックを実行しました (#16552)
  • Ryan Buckman (@ryan-buckman)、コード サンプルの ApiRevision 引数と一致するようにサンプル 1 のコマンドの説明を更新しました (#17741)

7.4.0 - 2022 年 4 月

Az.Accounts

  • MSAL から vm の get ssh credential をサポートするために 'SshCredentialFactory' を追加しました。
  • サービス プリンシパルのログイン コンテキストに -DefaultProfile が設定されている場合にコマンドレットが失敗するバグを修正しました。 [#16617]
  • Dogfood 環境で認可が機能しない問題を修正しました

Az.AppConfiguration

  • 'New-AzAppConfigurationStore' と 'Update-AzAppConfigurationStore' にパラメーター 'PublicNetworkAccess' を追加しました

Az.ApplicationInsights

  • 今後予定されている Az.ApplicationInsights 2.0.0 に関する破壊的変更の警告を追加しました

Az.Cdn

  • 今後予定されているバージョン 2.0.0 の破壊的変更リリースに関する破壊的変更のメッセージを追加しました。

Az.Compute

  • ブート診断用のストレージ アカウントが存在しない場合に新規に作成できるように 'New-AzVM' を更新しました。 その結果、コマンドレットから、ブート診断に使うために現在のサブスクリプション内のランダムなストレージ アカウントを使用できなくなります。
  • 'New-AzVmssConfig' および 'Update-AzVmss' コマンドレットに 'AutomaticRepairAction' 文字列パラメーターを追加しました。
  • 'GetVirtualMachineById' パラメーター セットを含むように 'Get-AzVm' を更新しました。
  • 例の正確さを期すために、コマンドレット 'Set-AzVMADDomainExtension' のドキュメントを編集しました。
  • ディスク作成の説明と例を改善しました。
  • 復元ポイントと復元ポイント コレクションをコピーするための新しいパラメーターを 'New-AzRestorePoint' と 'New-AzRestorePointCollection' に追加しました。
  • 'Repair-AzVmssServiceFabricUpdateDomain' に 'Zone' と 'PlacementGroupId' パラメーターを追加しました。
  • パラメーター 'OrchestrationMode' が使われているときに null プロパティをより適切に確認できるように 'New-AzVmss' ロジックを編集しました。

Az.CosmosDB

  • CosmosDB クライアント側暗号化に必要なクライアント暗号化キー リソース管理のサポートを導入しました。そのために、次のコマンドレットを使ったクライアント暗号化キーの作成、更新、取得のサポートを追加しました: 'Get-AzCosmosDbClientEncryptionKey'、'New-AzCosmosDbClientEncryptionKey'、'Update-AzCosmosDbClientEncryptionKey'

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 5.4.0 に更新しました

Az.Functions

  • Functions V4 でのみ、関数アプリ作成用の PowerShell 7.2 スタック定義を公開しました

Az.HDInsight

このリリースでは、Microsoft.Azure.Graph SDK を MicrosoftGraph SDK に移行しました。

Az.KeyVault

  • ARM API からキー コンテナーを一覧表示するときに、'NextPageLink' へのアクセスを継続するバグを修正しました

Az.Network

  • パケット キャプチャのプロビジョニング状態が失敗の場合でも、パケット キャプチャの状態をキャプチャできるようにサポートを追加しました
    • 'Get-AzNetworkWatcherPacketCapture'
  • 次のコマンドレットで、TargetResourceId として VNet、Subnet、NIC リソースを受け入れるためのサポートを追加しました
    • 'Set-AzNetworkWatcherFlowLog'
    • 'New-AzNetworkWatcherFlowLog'

Az.OperationalInsights

  • サーバー側に検証が存在するため、クラスターの新規作成および更新コマンドレットの容量検証を削除しました。
  • 拡張情報のために基底クラスのエラー メッセージを拡張しました。
  • バグの修正 - StorageInsight コマンドレットの使用時に例外を回避します。
  • バグの修正 - クラスターを更新するときに、値が渡されなかった場合でも SKU が設定されていました。

Az.PostgreSql

  • PostgreSQL シングル サーバー関連のコマンドレットにパラメーター PublicNetworkAccess を追加しました [#17263]

Az.RecoveryServices

  • WorkloadType AzureVM の信頼された VM バックアップと拡張ポリシーのサポートを追加しました。
  • 'Set-AzRecoveryServicesVaultProperty' コマンドレットでハイブリッド バックアップ セキュリティ機能を無効にするサポートを追加しました。 'DisableHybridBackupSecurityFeature' フラグを False に設定することで、この機能を再度有効にすることができます。

Az.Resources

  • 'New-AzADServicePrincipal' 'SimpleParameterSet' から '-ApplicationId' を削除しました [#17256]
  • 'New-AzResourceManagementPrivateLink' および 'New-AzPrivateLinkAssociation' コマンドレットを追加しました
  • 認可関連のコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzRoleAssignmentSchedule'
    • 'Get-AzRoleAssignmentScheduleInstance'
    • 'Get-AzRoleAssignmentScheduleRequest'
    • 'Get-AzRoleEligibilitySchedule'
    • 'Get-AzRoleEligibilityScheduleInstance'
    • 'Get-AzRoleEligibilityScheduleRequest'
    • 'Get-AzRoleEligibleChildResource'
    • 'Get-AzRoleManagementPolicy'
    • 'Get-AzRoleManagementPolicyAssignment'
    • 'New-AzRoleAssignmentScheduleRequest'
    • 'New-AzRoleEligibilityScheduleRequest'
    • 'New-AzRoleManagementPolicyAssignment'
    • 'Remove-AzRoleManagementPolicy'
    • 'Remove-AzRoleManagementPolicyAssignment'
    • 'Stop-AzRoleAssignmentScheduleRequest'
    • 'Stop-AzRoleEligibilityScheduleRequest'
    • 'Update-AzRoleManagementPolicy'
  • 'Get-AzResourceManagementPrivateLink'、'Remove-AzResourceManagementPrivateLink'、'Get-AzResourceManagementPrivateLinkAssociation'、'Remove-AzResourceManagementPrivateLinkAssociation' コマンドレットを追加しました

Az.ServiceBus

  • 'New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken' によって無効なトークンが返されることを修正しました。 [#12975]

Az.ServiceFabric

  • Ubuntu 20.04 vm イメージのサポートを追加しました。
    • これにより、AZ powershell を使って Ubuntu 20.04 vm イメージに対するクラスター操作が可能になります。

Az.Sql

  • 'New-AzSqlInstance' および 'Set-AzSqlInstance' にパラメーター 'ServicePrincipalType' を追加しました
  • [破壊的変更] 'Get-AzSqlDatabaseTransparentDataEncryptionActivity' を削除しました
  • Managed Instance CRUD コマンドの出力にプロパティ 'CurrentBackupStorageRedundancy' と 'RequestedBackupStorageRedundancy' を追加しました
  • 省略可能なプロパティ 'Tag' を 'Restore-AzSqlDatabase' に追加しました
  • サーバー信頼性証明書を管理する新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzSqlInstanceServerTrustCertificate'
    • 'Get-AzSqlInstanceServerTrustCertificate'
    • 'Remove-AzSqlInstanceServerTrustCertificate'
  • Managed Instance リンクを管理するための新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzSqlInstanceLink'
    • 'Get-AzSqlInstanceLink'
    • 'Remove-AzSqlInstanceLink'
    • 'Set-AzSqlInstanceLink'
  • 'Restore-AzSqlDatabase' コマンドレットに DataWarehouse クロス テナントおよびクロス サブスクリプションの復元操作のサポートを追加しました

Az.Storage

  • 'Close-AzStorageFileHandle' のリファレンス ドキュメントの例を更新しました
  • カスタマイズされた BLOB、キュー、ファイル、テーブル サービスのエンドポイントを使うストレージ コンテキストの作成をサポートしました
    • 'New-AzStorageContext'
  • Premium ストレージ アカウント、または階層型名前空間が有効なアカウントでのコピー BLOB の失敗を修正しました
    • 'Copy-AzStorageBlob'
  • EncryptionScope を使用したアカウント SAS トークン、コンテナー SAS トークン、BLOB SAS トークンの作成をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccountSASToken'
    • 'New-AzStorageContainerSASToken'
    • 'New-AzStorageBlobSASToken'
  • 新しい API バージョンで非同期 BLOB コピー実行をサポートしました
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'
  • ヘルプの IpRule の例を修正しました
    • 'Add-AzStorageAccountNetworkRule'
    • 'Remove-AzStorageAccountNetworkRule'
    • 'Update-AzStorageAccountNetworkRuleSet'

Az.Synapse

  • Azure.Analytics.Synapse.Artifacts を 1.0.0-preview.14 にアップグレードしました
  • 次のコマンドレットで 100 個のエントリしか表示されない問題を修正しました
    • 'Get-AzSynapseRoleAssignment' コマンドレット
    • 'Get-AzSynapsePipelineRun' コマンドレット
    • 'Get-AzSynapseTriggerRun' コマンドレット
    • 'Get-AzSynapseActivityRun' コマンドレット
  • 依存関係パイプラインの削除時にエラー メッセージを表示すべき問題を修正しました

Az.Websites

  • MinTlsVersion バージョンの更新をサポートするように 'Set-AzWebAppSlot' を修正しました [#17663]
  • 新しいタグを追加するときに既存のタグを保持するように 'Set-AzAppServicePlan' を修正しました
  • 'SiteConfig' で 'VnetRouteAllEnabled' プロパティを公開するように 'Set-AzWebApp'、'Set-AzWebAppSlot'、'Get-AzWebApp'、'Get-AzWebAppSlot' を修正しました [#15663]
  • 'SiteConfig' で 'HealthCheckPath' プロパティを公開するように 'Set-AzWebApp'、'Set-AzWebAppSlot'、'Get-AzWebApp'、'Get-AzWebAppSlot' を修正しました [#16325]
  • カルチャによって発生する DateTime 変換の問題を修正しました [#17253]
  • Web ジョブ機能のサポートを追加しました [#661]
    • Get-AzWebAppContinuousWebJob
    • Get-AzWebAppSlotContinuousWebJob
    • Get-AzWebAppSlotTriggeredWebJob
    • Get-AzWebAppSlotTriggeredWebJobHistory
    • Get-AzWebAppSlotWebJob
    • Get-AzWebAppTriggeredWebJob
    • Get-AzWebAppTriggeredWebJobHistory
    • Get-AzWebAppWebJob
    • Remove-AzWebAppContinuousWebJob
    • Remove-AzWebAppSlotContinuousWebJob
    • Remove-AzWebAppSlotTriggeredWebJob
    • Remove-AzWebAppTriggeredWebJob
    • Start-AzWebAppContinuousWebJob
    • Start-AzWebAppSlotContinuousWebJob
    • Start-AzWebAppSlotTriggeredWebJob
    • Start-AzWebAppTriggeredWebJob
    • Stop-AzWebAppContinuousWebJob
    • Stop-AzWebAppSlotContinuousWebJob

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Axel B. Andersen (@Agazoth)
    • Get-AzADUser.md を更新しました (#17549)
    • 新しい例を追加しました (#17535)
  • @davidslamb、New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken からの無効な SAS トークンを修正しました (#17349)
  • elle (@elle24)、Get-AzApplicationGatewayRequestRoutingRule.md を更新しました (#17405)
  • @enevoj、Get-AzDataCollectionRule.md を更新しました (#17586)
  • Felipe Guth de Freitas Bergstrom (@guthbergstrom)、New-AzDatabricksWorkspace.md を更新しました (#17472)
  • @k0rtina、Set-AzConsumptionBudget.md を更新しました (#17355)
  • Kanika Gupta (@kangupt)、New-AzVM の例を追加しました
  • Evgeniy Chuvikov (@snofe)、Update-AzCosmosDBSqlDatabaseThroughput.md を更新しました

7.3.2 - 2022 年 3 月

Az.Accounts

  • AuthenticationAssemblyLoadContext のターゲット フレームワークが netcoreapp 2.1 に変更されました [#17428]

Az.Compute

  • 'VCPUsAvailable' パラメーターと 'vCPUsPerCore' パラメーターの New-AzVM 機能が更新されました。 コマンドレットは、ユーザーがその機能にアクセスできない場合には、新しい 'VMCustomizationPreview' 機能を使用しようとしません。 [#17370]

7.3.0 - 2022 年 3 月

Az.Accounts

  • カスタマイズされた環境で承認が機能しない問題を修正しました [#17157]
  • MSGraph の継続的アクセス評価を有効にしました
  • ログインが Microsoft Entra ID によってブロックされた場合のエラー メッセージを改善しました
  • サイレント再認証に失敗した場合のエラー メッセージを改善しました
  • Loaded System.Private.ServiceModel and System.ServiceModel.Primitives on Windows PowerShell [#17087]

Az.Aks

  • 破壊的変更の警告メッセージを更新しました [#16805]

Az.CloudService

  • 'AzCloudServiceNetworkInterface' と 'Get AzCloudServicePublicIPAddress' の問題を修正しました。

Az.Compute

  • Compute .NET SDK パッケージ リファレンスをバージョン 52.0.0 にアップグレードしました
  • 生成されたキーへのファイル パスがコンソールではなく、警告ストリームに書き込まれるように、'New-AzSshKey' コマンドレットを更新しました。
  • 'VCPUsAvailable' と 'vCPUsPerCore' の整数パラメーターを 'New-AzVm'、'New-AzVmConfig'、'Update-AzVm' コマンドレットに追加しました。

Az.ContainerInstance

  • ImageRegistryCredential の ID バグを修正しました

Az.Databricks

  • API バージョンを 2021-04-01-preview にアップグレードしました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 5.2.0 に更新しました

Az.DataShare

  • API バージョンの更新による破壊的変更の警告メッセージを追加しました。

Az.EventHub

  • New-AzEventHubNamespace と Set-AzEventHubNamespace に MSI プロパティを追加しました。 Adding New-AzEventHubEncryptionConfig.

Az.KeyVault

  • 'New-AzKeyVaultManagedHsm': 削除されたマネージド hsm が ' SoftDeleteRetentionInDays ' によって保持される期間を指定し、'EnablePurgeProtection' によって消去保護を有効にすることをサポートしました
  • 'Update-AzKeyVaultManagedHsm': ' EnablePurgeProtection ' による消去保護の有効化をサポートしました
  • 'Get-AzKeyVaultManagedHsm': 削除されたマネージド HSM の取得または一覧表示をサポートしました
  • 'Remove-AzKeyVaultManagedHsm': 指定された削除済みマネージド HSM の消去をサポートしました

Az.Monitor

  • 環境変数の設定後にユーザーが警告メッセージを正しく無視できない問題を修正しました [#17013]

Az.Network

  • Azure Firewall ポリシーのコマンドレットの新しいプロパティ 'SqlSetting' を追加しました
    • 'Get-AzFirewallPolicy'
    • 'New-AzFirewallPolicy'
    • 'Set-AzFirewallPolicy'
  • Azure Firewall ポリシーを作成するための新しい 'SqlSetting' オブジェクトを新たに追加しました
    • 'New-AzFirewallPolicySqlSetting'
  • バックエンド アドレスのクエリ Load Balancer 受信 nat ルール ポート マッピング リストをサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzLoadBalancerBackendAddressInboundNatRulePortMapping'
    • また、受信 nat 規則 V2 の構成をサポートするようにコマンドレットを更新しました
      • 'New-AzLoadBalancerInboundNatRuleConfig'
      • 'Set-AzLoadBalancerInboundNatRuleConfig'
      • 'Add-AzLoadBalancerInboundNatRuleConfig'

Az.RecoveryServices

  • Azure Backup は、Restore-AzRecoveryServicesBackupItem コマンドレットで管理対象 VM の「新しい仮想マシンの作成」および「既存の仮想マシンの置き換え」のエクスペリエンスのサポートを追加しました。 AlternateLocation への VM の復元を実行するには、TargetVMName、TargetVNetName、TargetVNetResourceGroup、 TargetSubnetName の各パラメーターを使用します。 OriginalLocation で VM への復元を実行するには、TargetResourceGroupName および RestoreAsUnmanagedDisks パラメーターを指定しないでください。詳細については、例を参照してください。

Az.Resources

  • base64url から byte へと keycredential キー形式を修正しました [#17131]
  • キー資格情報の追加を修正し、既存のものを上書きします [#17088]
  • 'New-AzADSericePrincipal' の削除されたパラメーター セットに到達できません
  • オブジェクトが見つからないか、現在のアカウントにロール割り当てのオブジェクトの種類を取得するための十分な権限がない場合、'ObjectType' を 'Unknown' としてマークしました [#16981]
  • スコープを指定しない場合に 'Get-AzRoleAssignment' にカスタム ロールの空の RoleDefinitionName が表示される問題を修正しました。 [#16991]
  • PSRoleAssignment で返された 'RoleDefinitionId' を GUID に統合しました [#16991]

Az.ServiceBus

  • New-AzServiceBusNamespace および Set-AzServiceBusNamespace に ID と暗号化のプロパティを追加しました。
  • Added New-AzServiceBusEncryptionConfig

Az.Storage

  • Sas Uri および ベアラー トークンを使用したマネージド ディスク アカウントからの BLOB のダウンロードをサポートしました
    • 'Get-AzStorageBlobContent'
  • ActiveDirectorySamAccountName および ActiveDirectoryAccountType を使用したストレージ アカウントの作成/アップグレードをサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'

Az.StorageSync

  • Az.StorageSync の Microsoft Entra 機能を MSGraph API に移行しました。 コマンドレットは入力パラメーターに従って MSGraph API を呼び出します: New-AzStorageSyncCloudEndpoint
  • 完全共有検出を使用するように Invoke-AzStorageSyncChangeDetection の既定のパラメーター セットを変更しました

Az.Synapse

  • 新しいパラメーター [-ForceApplySetting] をサポートするように 'AzSynapseSparkPool' を更新しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Aleksandar Nikolić (@alexandair)
    • StayProvisioned パラメーターを修正 (#17070)
    • 入力ミスを修正 (#17069)
  • Joel Greijer (@greijer)、TemplateParameterUri で特別なケースを明確にしました (#17004)
  • Aman Sharma (@HarvestingClouds)、承認された値と一致するようにワークロードの種類を箇条書きに追加しました (#17041)
  • @hsrivast, Hsrivastava/破壊的変更のメッセージ (#16985)
  • Chris (@isjwuk)、New-AzAutomationUpdateManagementAzureQuery.md を更新 (#16365)
  • @MSakssharm。GetAgentRegistrationInfo に対するユーザーのアクセス許可が不足している場合にエラーを返します (#16965)
  • Emanuel Palm (@PalmEmanuel)、New-AzSshKey はコンソールではなく警告ストリームに記録する必要があります (#16988)
  • Pavel Safonov (@PSafonov)、ManagedResourceGroupName パラメーターの説明の入力ミスを修正しました (#17039)
  • Michael Arnwine (@vsmike)、誤りのある New-AzApplicationGatewayRewriteRuleSet.md の説明テキストを更新 (#17102)

7.2.1 - 2022 年 2 月

Az.Resources

  • New-AzADServicePrincipal が機能しない問題を修正しました [#17054] [#17040]

7.2.0 - 2022 年 2 月

Az.Accounts

  • レガシ アセンブリ System.Private.ServiceModel と System.ServiceModel.Primitives を削除しました [#16063]

Az.Aks

  • 'New-AzAksCluster' の入力ミスを修正しました [#16733]

Az.Compute

  • PSRestorePoint オブジェクトから ProvisioningDetails プロパティを削除します。
  • '-Name' および '-Location' パラメーターが必須として正しく表示されるように 'Set-AzVmExtension' コマンドレットを更新しました。
  • 'New-AzVmssConfig' の 2 番目の例を編集し、タグ入力を正しい形式に変更して正常に実行されるようにしました。
  • 'Stop-AzVm' コマンドレットに 'Hibernate' パラメーターを追加しました。
  • 'HibernationEnabled' パラメーターを 'New-AzVm'、'New-AzVmConfig'、および 'Update-AzVm' コマンドレットに追加しました。
  • 'Set-AzVmssOSProfile' コマンドレットに 'EnableHotpatching' パラメーターを追加しました。
  • 'ForceDeletion' パラメーターを Remove-AzVM と Remove-AzVMSS に追加しました。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 5.1.0 に更新しました

Az.EventHub

  • 'Set-AzEventHubNetworkRuleSet' 設定コマンドレットにパブリック ネットワーク アクセスを追加しました
  • eventhubs PS に 'New-AzEventHubSchemaGroup'、'Remove-AzEventHubSchemaGroup'、および 'Get-AzEventHubSchemaGroup' を追加しました。

Az.HealthcareApis

  • HealthcareApis コマンドレットによって API のバージョンが上がり、破壊的変更が発生する可能性があります。 詳細については、お問い合わせください。

Az.KeyVault

  • Az.KeyVault.Extension のエラー メッセージを改善しました [#16798]
  • Key Vault キーの既定のアクセス ポリシーを 'All but purge' として追加しました
  • マネージド HSM で証明書からキーをインポートするときにパラメーターから KeyOps を吸収しました [#16773]
  • マネージド HSM でのキー操作を更新する際のバグを修正しました [#16774]
  • パスワードなしの証明書をインポートするときに発生する問題を修正しました [#16742]

Az.OperationalInsights

  • 'StorageInsight' コマンドレット使用用中のに例外を回避するロジックを追加しました。

Az.PolicyInsights

  • 修復率とエラー処理をより詳細に制御して、より多くのリソースを修復できるように、新しい修復プロパティのサポートを追加しました
  • ポリシー状態とポリシー イベントのコマンドに対してページ分割された API 呼び出しを内部的に使用して、非常に大きな結果セットをフェッチするサポートを追加しました

Az.RecoveryServices

  • VM のポリシーごとのバックアップの構成制限を 1000 から 100 に戻しました。 この制限は以前に緩和されましたが、Azure portal にポリシーあたり 100 VM の制限があるため、この制限を元に戻します。
  • FileShares の 1 日あたり複数のバックアップのサポートを追加しました。
  • SDK の更新に基づいて、CRR フローと CRR 以外のフローの一部を分離しました。
  • Azure Site Recovery サービスのコマンドレット 'New-AzRecoveryServicesAsrRecoveryPlan' に EdgeZone パラメーターを追加します

Az.Resources

  • 'User' オブジェクトにプロパティ 'onPremisesLastSyncDateTime' と 'onPremisesSyncEnabled' を追加しました [#16892]
  • 'New-AzADServicePrincipal' と 'Update-AzADServicePrincipal' の要求を作成するときの追加プロパティを追加しました [#16847] [#16841]
  • 'New-AzADAppCredential' の 'DisplayName' と 'ApplicationId' を修正しました [#16764]
  • 'Update-AzADUser' のパスワードのリセットを有効にしました [#16869]
  • パラメーター名 'EnableAccount' を 'AccountEnabled' に更新し、'Update-AzADUser' のエイリアス 'EnableAccount' を追加しました [#16753] [#16795]
  • 空の場合に 'Set-AzPolicyAssignment' が 'notScope' を削除しない問題を修正しました [#15828]

Az.ServiceBus

  • 省略可能なパラメーター 'PublicNetworkAccess' としてパブリック ネットワーク アクセスを有効または無効にするサポートを 'Set-AzServiceBusNetworkRuleSet'に追加しました
  • タグ付きの 'Set-AzServiceBusNamespace' を修正しました

Az.Sql

  • Get-AzSqlDatabaseTransparentDataEncryptionActivity コマンドレットの廃止
  • Microsoft Entra Admin 向けに 'AzureSqlServerActiveDirectoryAdministratorAdapter' および 'AzureSqlInstanceActiveDirectoryAdministratorAdapter' のコマンドレットを修正し、'AzureEnvironment.Endpoint.AzureEnvironment.Endpoint.Graph' から 'AzureEnvironment.ExtendedEndpoint.MicrosoftGraphUrl' に移行しました

Az.StackHCI

  • リモート サポートのサポート コマンドレットの追加
    • 新しいコマンドレット - Install-AzStackHCIRemoteSupport、Remove-AzStackHCIRemoteSupport、Enable-AzStackHCIRemoteSupport、Disable-AzStackHCIRemoteSupport、Get-AzStackHCIRemoteSupportAccess、Get-AzStackHCIRemoteSupportSessionHistory

Az.Storage

  • BLOB の更新/コピー時のコンソールの出力番号の問題を修正しました [#16783]
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
    • 'Copy-AzStorageBlob'
  • ヘルプ ファイルを更新し、非同期 BLOB コピーの説明を追加しました。
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'

Az.TrafficManager

  • 入れ子になったエンドポイントに対して 2 つの新しい省略可能なパラメーター 'MinChildEndpointsIPv4' と 'MinChildEndpointsIPv6' を追加しました

Az.Websites

  • ホスト環境 ID を使用した App Service プランを作成するように 'New-AzAppServicePlan' を更新しました #16094

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @adriancuadrado、New-AzADServicePrincipal.md を更新 (#16896)
  • Alan (@AlanFlorance)、Get-AzDataLakeGen2ChildItem.md を更新 (#16292)
  • @geologyrocks、重複したヘッダー (#16876)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)、入力ミス "Azure CosmosDB"→"Azure Cosmos DB" (#16561)
  • Jean-Paul Smit (@jeanpaulsmit)、-Force オプションが文書化されておらず、パラメーターとして受け入れられない (#16910)
  • Kamil Konderak (@kamilkonderak)、NodeOsDiskSize パラメーターの説明を修正しました (#16716)
  • Muralidhar Ranganathan (@rmuralidhar)、Get-AzKeyVaultSecret に対処: パラメーター AsPlainText が無効 (#16730)
  • Ørjan Landgraff (@theorjan)、PS の例を改善 (#16748)
  • @ahbleite、新しい ParameterSetName 値を反映するように switch オプションが更新されなかったため、$id が常に null である。 (#16818)

7.1.0 - 2022 年 1 月

Az.Accounts

  • 'ServicePrincipalSecret' と 'CertificatePassword' を Az.Accounts buildin プロファイルから customer set プロファイルにコピーしました。 [#16617]
  • コマンドレット 'Set-AzContext' のパラメーター 'Tenant' のヘルプ メッセージとヘルプ マークダウンを更新しました。 [#16515]
  • ワークフローでAzure PowerShell が機能しない問題を修正しました。 [#16408]
  • "Invoke-AzRestMethod" によって発行される、基になる要求の URI で API バージョンが Double になっている問題を修正しました。 [#16615]

Az.Aks

  • 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' で 'load balancer' と 'api server access' のサポートを追加しました。 [#16575]

Az.Automation

  • "New-AzAutomationSchedule" で、オフセットを使用して StartTime を定義できます。
  • バグの修正: 特定バージョンのモジュールを更新するときに PUT 呼び出しを使用するように 'Set-AzAutomationModule' を更新しました [#12552]

Az.CognitiveServices

  • 2021-10-01 バージョンを使用するように PowerShell を更新しました。
  • CommitmentTier と CommitmentPlan コマンドレットを追加しました。
  • Deployment コマンドレットを追加しました。
  • CommitmentPlan/Deployment オブジェクトを生成するための "New-AzCognitiveServicesObject" コマンドレットを追加しました。

Az.Compute

  • パイプ処理シナリオが正しく発生するように、VM および VMSS コマンドレットの "UserData" パラメーターをプロパティ名でパイプするように更新しました。
  • "PublicIPAddress" 名が指定されていない場合に、SimpleParameterSet を使用した "New-AzVM" コマンドレットで "PublicIPAddress" を作成しないように変更しました。
  • コマンドレット "New-AzVM" と "New-AzVMConfig" に "PlatformFaultDomain" パラメーターを追加しました。
  • 'New-AzGalleryImageDefinition' の '-Feature' パラメーターを追加しました。
  • 'DiffDiskPlacement' 文字列パラメーターを 'Set-AzVmOSDisk' コマンドレットと 'Set-AzVmssStorageProfile' コマンドレットに追加しました。

Az.CosmosDB

  • Get-AzCosmosDBAccount 応答の一部として BackupPolicyMigrationState を公開しました。
    • これにより、アカウントが定期的バックアップ モードから継続的バックアップ モードに変換された場合の、バックアップ ポリシーの移行状態が表示されます。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 5.0.0 に更新しました

Az.Functions

  • Linux の PowerShell 7.0 スタックからプレビューを削除しました

Az.KeyVault

  • コマンドレット 'Invoke-AzKeyVaultKeyRotation'、'Get-AzKeyVaultKeyRotationPolicy' および 'Set-AzKeyVaultKeyRotationPolicy' を追加しました。

Az.MySql

  • Az.MySql の一般提供

Az.Network

  • ResourceId の大文字と小文字を区別しない比較 (Set/New-NetworkWatcherFlowLog)
  • プライベート エンドポイント コマンドレットの新しいプロパティ "ApplicationSecurityGroup"、"IpConfiguration"、"CustomNetworkInterfaceName" を追加しました
    • 'Get-AzPrivateEndpoint'
    • 'New-AzPrivateEndpoint'
  • プライベート エンドポイントを構築するために新しい "IpConfiguration" オブジェクトを作成する新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzPrivateEndpointIpConfiguration'
  • FlowLog コマンドレットの 'ResourceIdentifier' 型の文字列比較用に OrdinalIgnoreCase を追加しました
  • "InvalidWorkspaceResourceId" のエラー メッセージの入力ミスを修正しました

Az.PostgreSql

  • Az.PostgreSql の一般提供

Az.RedisCache

  • 'New-AzRedisCache' および 'Set-AzRedisCache' コマンドレットに 'IdentityType' と 'UserAssignedIdentity' パラメーターを追加しました。
    • これは、Azure Cache for Redis の ID の割り当てと変更に使用されます。

Az.ResourceMover

  • Azure リソース ムーバーでのタグのサポートを追加しました
  • Azure リソース ムーバーでの SystemData のサポートを追加しました
  • 2021-08-01 api-version をリリースしました

Az.Resources

  • 'Get-AzADSpCredential' の不適切なエイリアスを修正しました [#16592]
  • 'Update-AzADServicePrincipal' の 'ServicePrincipalName' パラメーターと 'InputObject' パラメーターを修正しました [#16620]
  • 'New-AzADAppCredential' の例を修正しました [#16682]
  • 'New-AzADApplication' のパラメーター 'Web' を追加しました [#16659]
  • 'New-AzADApplication' と 'New-AzADServicePrincipal' の応答にシークレット テキストを追加しました [#16659]
  • 'DeploymentVariable' の 'Value' をオブジェクト配列として逆シリアル化しまました (その型が Array の場合) [#16523]
  • 'New-AzRoleAssignment' の 'SignInName' の使用を修正しました [#16627]
  • 'DeploymentVariable' の出力形式を書式設定しました
  • GetAzureProviderOperation コマンドレットから 'isUser' 操作フィルターを削除します

Az.SignalR

  • リソースの状態を誤ってリセットする 'Update-AzSignalR' コマンドレットのバグを修正しました。

Az.Sql

  • 'New-AzSqlDatabaseCopy'、'New-AzSqlDatabaseSecondary'、および 'Restore-AzSqlDatabase' に 'ZoneRedundant' パラメーターを追加して、ハイパースケール データベースのゾーン冗長コピー、geo セカンダリ、ポイントインタイム リストアのサポートを有効にしました

Az.Storage

  • コピー先の BLOB 名が長い BLOB 同期コピーのエラーを修正しました [#16628]
    • 'Copy-AzStorageBlob'
  • ストレージ テーブル コマンドレットで Microsoft Entra ID OAuth ストレージ コンテキストをサポートしました。
    • Get-AzStorageCORSRule
    • Get-AzStorageServiceLoggingProperty
    • Get-AzStorageServiceMetricsProperty
    • Get-AzStorageServiceProperty
    • Get-AzStorageTable
    • Get-AzStorageTableStoredAccessPolicy
    • New-AzStorageTable
    • New-AzStorageTableSASToken
    • New-AzStorageTableStoredAccessPolicy
    • Remove-AzStorageCORSRule
    • Remove-AzStorageTableStoredAccessPolicy
    • Set-AzStorageCORSRule
    • Set-AzStorageServiceLoggingProperty
    • Set-AzStorageServiceMetricsProperty
    • Set-AzStorageServiceProperty
    • Set-AzStorageTable
    • Set-AzStorageTableStoredAccessPolicy

Az.Synapse

  • Az.Synapse の一般提供
  • Az.Synapse の Microsoft Entra 機能を MSGraph API に移行しました。 以下のコマンドレットは、入力パラメーターに従って MSGraph API を呼び出します。
    • 'New-AzSynapseRoleAssignment' コマンドレット
    • 'Get-AzSynapseRoleAssignment' コマンドレット
    • 'Remove-AzSynapseRoleAssignment' コマンドレット
    • 'Set-AzSynapseSqlActiveDirectoryAdministrator' コマンドレット
  • コマンド 'New-AzSynapseSparkpool' と 'Update-AzSynapseSparkpool' の [-AutoPauseDelayInMinute] パラメーターの既定値を追加しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @adishiritwick、特定バージョンのモジュールを更新するときに PUT 呼び出しを使用するように 'Set-AzAutomationModule' を更新しました (#16505)
  • @anuraj。New-AzWebAppCertificate を更新しました (#16634)
  • @BrajaMS。NodeType パラメーターを使用したコマンドの例を更新しました (#16670)
  • @geologyrocks。プリンシパルの入力ミス (princial になっていました) (#16699)
  • Hen Itzhaki (@HenItzhaki)、例を追加しました (#16424)
  • Chris (@isjwuk)、書式設定の改善 (#15826)
  • Jaromir Kaspar (@jaromirk)、パスワード資格情報の例を追加しました (#16600)
  • Martin Falkus (@mfalkus)、Update Az-Tags のドキュメントで入力ミスを修正しました。"Replaces" が "Repalces" になっていました (#16541)
  • Radoslav Gatev (@RadoslavGatev)、[Az.Accounts] Invoke-AzRestMethod によって発行される要求の URI で API バージョンが重複する問題を修正しました (#16616)
  • @Skuldo。入力ミスを修正しました (#16585)
  • Sujit Singh (@sujitks)、Set-AzApplicationGatewayFirewallPolicy.md を更新 (#16583)
  • @trudolf-msft。回避策のための新しい例 (#16437)

7.0.0 - 2021 年 12 月

Az.Accounts

  • 'PSAzureRmAccount' で 'ServicePrincipalSecret' および 'CertificatePassword' を削除しました [#15427]
  • オプションのパラメーター 'MicrosoftGraphAccessToken' を 'Connect-AzAccount' に追加しました
  • 'Add-AzEnvironment' と 'Set-AzEnvironment' にオプションパラメーター 'MicrosoftGraphEndpointResourceId'、'MicrosoftGraphUrl' を追加しました
  • 'Connect-AzAccount' の 'UserWithSubscriptionId' パラメーター セットに '-AccountId' プロパティを追加しました。これにより、ユーザー名を対話型ログイン用に事前に選択できます。
  • '-Uri' と '-ResourceId' を 'Invoke-AzRestMethod' に追加しました
  • 次のコマンドレットに環境オート コンプリートを追加しました: Connect-AzAccount、Get-AzEnvironment、Set-AzEnvironment、Remove-AzEnvironment [#15991]
  • User-Agent 文字列にモジュール名とバージョンを追加しました [#16291]

Az.Advisor

  • 'Az.Advisor.psd1' が署名されない問題を修正しました [#16226]

Az.Aks

  • [破壊的変更] 'Get-AzAksVersion' のパラメーター エイリアスと出力の種類を更新しました
  • aks クラスターでのシェル コマンドの実行 (kubectl、helm を使用) をサポートするために、"Invoke-AzAksRunCommand" を追加しました。 [#16104]
  • 'New-AzAksCluster' と 'New-AzAksNodePool' の 'EnableNodePublicIp' と 'NodePublicIPPrefixID' のサポートを追加しました。 [#15656]
  • "New-AzAksCluster" でサービス プリンシパルを作成するロジックを "Azure Active Directory Graph" から "Microsoft Graph" に移行しました。
  • ノード プールのバージョンがクラスターのバージョンと一致しない場合に 'Set-AzAksCluster' がクラスターをアップグレードできない問題を修正しました。 [#14583]
  • 'PSKubernetesCluster' で 'ResourceGroupName' を追加しました。 [#15802]

Az.ApplicationInsights

  • WebTest 関数を追加しました。 新しいコマンドレットを次に示します。
    • 'Get-AzApplicationInsightsWebTest'
    • 'New-AzApplicationInsightsWebTest'
    • 'New-AzApplicationInsightsWebTestGeolocationObject'
    • 'New-AzApplicationInsightsWebTestHeaderFieldObject'
    • 'Remove-AzApplicationInsightsWebTest'
    • 'Update-AzApplicationInsightsWebTestTag'

Az.Automation

  • 'Remove-AzAutomationHybridWorkerGroup' のリファレンス ドキュメントの例を修正しました
  • 特定のバージョンでモジュールを更新中に PUT 呼び出しを使用するように 'Set-AzAutomationModule' を更新しました [#12552]

Az.CloudService

  • "Az.CloudService" モジュールの一般提供

Az.Compute

  • 次の PowerShell コマンドレットの更新プログラムが含まれています。
    • 'SetAzVmssDiskEncryptionExtension' : テスト拡張機能を使用するためのコマンドレットの拡張パラメーターと、Virtual Machine Scale Sets のパラメーター "EncryptFormatAll" を追加しました
    • 'GetAzVmssVMDiskEncryptionStatus' : Virtual Machine Scale Sets のデータ ディスクの暗号化状態を適切に表示するために、コマンドレットの機能を変更しました
    • 'SetAzDiskEncryptionExtension' : 2pass から 1pass 暗号化への移行シナリオでのコマンドレットのバグを修正しました
  • Hyper-V を使用して VHD を変換する "Add-AzVhd" を追加しました
  • VM および VMSS コマンドレットに 'UserData' パラメーターを追加しました
  • DiskConfig、SnapshotConfig コマンドレットに文字列パラメーター "PublicNetworkAccess" を追加しました
  • DiskConfig、SnapshotConfig コマンドレットにブール型パラメーター 'AcceleratedNetwork' を追加しました
  • 'CompletionPercent' プロパティが PSSnapshot モデルに追加され、ユーザーに表示されます。

Az.ContainerInstance

  • API バージョンを 2021-09-01 にアップグレードしました
    • [破壊的変更] 'New-AzContainerGroup' のパラメーター 'LogAnalyticWorkspaceResourceId' の型を Hashtable から String に変更しました
    • [破壊的変更] "New-AzContainerGroup" のパラメーター "NetworkProfileId" を削除し、代替として "SubnetId" を追加しました
    • [破壊的変更] "New-AzContainerInstanceObject" のパラメーター 'ReadinessProbeHttpGetHttpHeadersName' と 'ReadinessProbeHttpGetHttpHeadersValue' を削除し、'ReadinessProbeHttpGetHttpHeader' を代替として追加しました
    • [破壊的変更] "New-AzContainerInstanceObject" のパラメーター 'LivenessProbeHttpGetHttpHeadersName' と 'LivenessProbeHttpGetHttpHeadersValue' を削除し、'LivenessProbeHttpGetHttpHeader' を代替として追加しました
    • New-AzContainerGroup' に 'Zone' を、'New-AzContainerGroupImageRegistryCredentialObject' に 'AcrIdentity' を追加しました
    • 'New-AzContainerGroupImageRegistryCredentialObject' の 'ユーザー名' を必須から省略可能に変更しました
  • 'Invoke-AzContainerInstanceCommand' の場合
    • [破壊的変更] バックエンドで websocket を接続してコマンドレットの出力としてコマンド実行結果を表示する [#15754]
    • コマンドが成功した場合に最後の実行結果を取得する '-PassThru' を追加しました
    • 'TerminalSizeCol' と 'TerminalSizeRow' を必須から省略可能に変更し、現在の PowerShell ウィンドウ サイズで既定値を設定しました
  • 'Restart-AzContainerGroup'、'Get-AzContainerInstanceContainerGroupOutboundNetworkDependencyEndpoint' と 'New-AzContainerInstanceHttpHeaderObject' を追加しました

Az.CosmosDB

  • AnalyticalStorageSchemaType の値が指定されていない場合に、値に関する警告が表示されるのを修正しました。
  • マネージド Cassandra のサポートが追加されました。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.28.0 に更新しました

Az.EventHub

  • バージョン 1.9.0 以降、"New-AzEventHubKey" によってセカンダリ キーではなく新しい主キーが常に生成される問題を修正しました [#16362]

Az.Functions

  • [破壊的変更] 確認を求める 'Update-AzFunctionAppPlan' プロンプト [#16490]
  • [破壊的変更] プランの最後のアプリである場合、'Remove-AzFunctionApp' は ASP を削除しません [#16487]
  • [破壊的変更] FunctionApp の作成のため 'FunctionsVersion' を 4 に設定します [#16426]
  • [破壊的変更] 確認を求める' Update-AzFunctionApp' プロンプト [#14442]
  • PowerShell 5.1 の "New-AzFunctionApp" で関数を作成する際のエラーを修正しました [#15430]
  • サポートされているストレージ アカウント SKU 'Standard_GZRS' [#14633]

Az.HDInsight

  • コマンドレット "New-AzHDInsightCluster" に 2 つのパラメーター "-Zone" と "-PrivateLinkConfiguration" を追加しました
    • 可用性ゾーン機能を備えたクラスターの作成をサポートするために、コマンドレット "New-AzHDInsightCluster" にパラメーター "-Zone" を追加しました
    • "New-AzHDInsightCluster" コマンドレットにパラメーター "-PrivateLinkConfiguration" を追加しました。これにより、プライベート リンク機能を備えたクラスターを作成するときに、プライベート リンク構成を追加できます。
  • メモリ内に ip 構成オブジェクトを作成するコマンドレット New-AzHDInsightIPConfiguration を追加しました。
  • メモリ内にプライベート リンク構成オブジェクトを作成するコマンドレット New-AzHDInsightPrivateLinkConfiguration を追加しました。
  • 返されるオブジェクトの実際の型との一貫性を保つために、Set-AzHDInsightClusterDiskEncryptionKey コマンドレットのヘルプ ドキュメントの出力の種類を、'Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.Cluster' から'Microsoft.Azure.Commands.HDInsight.Models.AzureHDInsightCluster' に修正しました。
  • 重大な変更:
    • コマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' のパラメーター 'OSType' の型を "Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.OSType" から "System.string" に変更しました。
    • コマンドレット "New-AzHDInsightCluster" と "New-AzHDInsightClusterConfig" で、パラメーター "ClusterTier" の型を "Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.ClusterTier" から "System.string" に変更しました。
    • クラス 'AzureHDInsightCapabilities' のプロパティ 'VmSizes' の型を IDictionary<string, AzureHDInsightVmSizesCapability> から IList<string> に変更しました。
    • クラス 'AzureHDInsightCluster' のプロパティ 'AssignedIdentity' の型を "Microsoft.Azure.Management.HDInsight.Models.ClusterIdentity" から "Microsoft.Azure.Commands.HDInsight.Models.AzureHDInsightClusterIdentity" に変更しました。

Az.KeyVault

  • [破壊的変更] Azure RBAC のパターンに従って、"PSKeyVaultPermission" 型のプロパティの名前が変更されました。
  • Azure AD Graph API を MSGraph API に移行しました。
  • Permissions パラメーターに 'All' オプションを使用すると 'Purge' アクセス許可が含まれないというメッセージが 'Set-AzKeyVaultAccessPolicy' に追加されました。

Az.ManagedServices

  • [破壊的変更] API バージョンを 2020-02-01-preview に更新しました

Az.Monitor

  • Get-AzLog コマンドの出力として、文字列型の新しいプロパティ EventName、Category、ResourceProviderName、OperationName、Status、SubStatus を追加しました [#15833]
  • アクション グループでサポートされているイベント ハブ レシーバー [#16348]
  • コマンド 'Get-AzAlertRule' に既定のパラメーター セット 'GetByResourceGroup' を追加しました [#16356]

Az.Network

  • FirewallPolicy 用 PSAzureFirewallPolicyThreatIntelWhitelist のバグ修正
  • 省略可能なパラメーター '-IsSecuritySite' を次のコマンドレットに追加しました。
    • 'New-AzVpnSite'
  • WAF 除外の新しい Match 変数に対するサポートを追加しました
  • Virtual Network Encryption を Virtual Network コマンドレットにオンボードします
  • VPN NAT 規則リソースでの NAT ポート範囲パラメーターに対するサポートを追加しました
    • 'New-AzVpnGatewayNatRule.md'
    • 'Update-AzVpnGatewayNatRule.md'
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayNatRule.md'
    • 'Update-AzVirtualNetworkGatewayNatRule.md'
  • Application Gateway WAF のルールごとの除外をサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyExclusionManagedRuleSet'
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyExclusionManagedRuleGroup'
    • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyExclusionManagedRule'
    • また、除外内で ExclusionManagedRuleSet を構成するためのプロパティを追加するようにコマンドレットも更新しました
      • 'New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyExclusion'
  • ファイルから証明書チェーン全体を読み込む Application Gateway の信頼されたクライアント証明書コマンドレットのバグ修正。

Az.OperationalInsights

  • LinkedStorageAccount コマンドレットの値 "Query"、"Alerts" を含む拡張 DataSourceType
  • [破壊的変更] 名前を 'StorageAccountId' から 'StorageAccountIds' に変更
    • 'New-AzOperationalInsightsLinkedStorageAccount'
  • [破壊的変更] 'New-AzOperationalInsightsComputerGroup' により 'HttpStatusCode' ではなく 'PSSavedSearch' が返されます。
  • [破壊的変更] 'Update-AzOperationalInsightsCluster' により 'PSLinkedService' ではなく 'PSCluster' が返されます
  • ワークスペースの値 'capacityreservation'、'servluster' で SKU を拡張しました
  • ワークスペースに新しいプロパティ"SkuCapacity"、"ForceCmkForQuery"、"DisableLocalAuth" を追加しました
  • 新しいプロパティ 'DailyQuotaGb'on'Set-AzOperationalInsightsWorkspace' を追加しました
  • StorageInsight コマンドレットに新しいプロパティ "ETag"、"Tag" を追加しました
  • コマンドレットに新しいプロパティ "StorageAccountResourceId" を追加しました。
    • 'Set-AzOperationalInsightsStorageInsight'
  • SupportsShouldProcess 属性をコマンドレットに追加しました。
    • 'Set-AzOperationalInsightsStorageInsight'
  • Table、DataExport、WorkspaceShareKey、PurgeWorkspace、AvailableServiceTier をサポートする新しいコマンドレットを追加しました
  • クエリの実行中に部分的なエラーを取得するため 'Invoke-AzOperationalInsightsQuery' の結果に 'Error' プロパティを追加しました [#16378]

Az.RecoveryServices

  • Azure Backup は、'Get-AzRecoveryServicesBackupItem'、'Get-AzRecoveryServicesBackupContainer'、Get-AzRecoveryServicesBackupJob コマンドレットでサポートされている BackupManagementType の検証セットを更新しました。
  • Azure Backup では、'Disable-AzRecoveryServicesBackupProtection'、'Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer'、'Get-AzRecoveryServicesBackupItem'、'Get-AzRecoveryServicesBackupContainer' コマンドレットの SAPHanaDatabase のサポートが追加されました。
  • 破壊的変更: 'Get-AzRecoveryServicesBackupJob'、'Get-AzRecoveryServicesBackupContainer'、'Get-AzRecoveryServicesBackupItem' コマンドでは、'MARS' ではなく 'BackupManagementType MAB' だけがサポートされます。
  • Azure Site Recovery では、Azure から Azure へのプロバイダーの容量予約がサポートされます。

Az.Resources

  • 'Get-AzProviderPreviewFeature'、'Register-AzProviderPreviewFeature'、 'Unregister-AzProviderPreviewFeature' コマンドレットを追加しました。
  • NamespaceMatch パラメーターの値が空の状態で Get-AzPolicyAlias を実行したときのバグを修正しました [#16370]
  • [破壊的変更] Azure AD Graph から Microsoft Graph に移行しました
  • [破壊的変更] PSDenyAssignment で返される 'Id' を GUID 文字列から完全修飾 ID に変更しました
  • 'Get-AzDenyAssignment " のパラメーター "Id "に完全修飾 ID を指定できるようになりました
  • Bicep モジュールを発行するための新しいコマンドレット 'Publish-AzBicepModule' を追加しました
  • '*-AzPolicyAssignment' コマンドレットの 'AssignIdentity' パラメーターに非推奨のメッセージを追加しました。
  • 'IdentityType' および 'IdentityId' パラメーターを '*-AzPolicyAssignment' コマンドレットに追加することで、ポリシー割り当てにおける、ユーザー割り当てマネージド ID のサポートを追加しました。
  • 新しい API バージョン 2021-06-01 を使用するようにポリシー コマンドレットが更新され、ポリシー割り当てでのユーザー割り当てマネージド ID のサポートが導入されました。
  • *-AzRoleAssignment の Active Directory オブジェクトに関する情報を取得するときに API アクセス許可を絞り込みました [#16054]

Az.Sql

  • 'Get-AzSqlServerFirewallRule' の FirewallRuleName ワイルドカードフィルター処理を修正しました [#16199]
  • SQL Server と SQL インスタンス Microsoft Entra ID をActiveDirectoryClient から MicrosoftGraphClient に移動しました

Az.StackHCI

  • Az.StackHCI を GA に昇格しました

Az.Storage

  • アクセス許可が null の場合の 'Get-AzStorageContainerStoredAccessPolicy' のエラーを修正しました [#15644]
  • BLOB サービス Sas トークンまたはアクセス許可 i を持つアカウント Sas トークンの作成がサポートされました
    • 'New-AzStorageBlobSASToken'
    • 'New-AzStorageContainerSASToken'
    • 'New-AzStorageAccountSASToken'
  • 有効期限のないアクセス ポリシーで、コンテナー SAS トークンの作成に失敗する問題を修正し、SAS トークンの有効期限を設定しました。 [#16266]
    • 'New-AzStorageContainerSASToken'
  • パラメーター -Name from Get-AzRmStorageShare ShareResourceIdParameterSet を削除しました
    • 'Get-AzRmStorageShare'
  • バージョン管理での不変ストレージを有効にするため、コンテナーの作成または移行をサポートしました。
    • 'New-AzRmStorageContainer'
    • 'Invoke-AzRmStorageContainerImmutableStorageWithVersioningMigration'
  • Storage blob での不変性ポリシーの設定/削除をサポートしました。
    • 'Set-AzStorageBlobImmutabilityPolicy'
    • 'Remove-AzStorageBlobImmutabilityPolicy'
  • Storage blob での訴訟ホールドの有効化/無効化をサポートしました。
    • 'Set-AzStorageBlobLegalHold'
  • バージョン管理でのアカウント レベルの不変性を有効にしたストレージアカウントの作成と、アカウント レベルの不変性ポリシーによるストレージ アカウントの作成/更新をサポートしました。
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'

Az.Websites

  • Microsoft.Azure.Management.Websites SDK を 3.1.2 に更新しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)、入力ミス "Azure CosmosDB" を "Azure Cosmos DB" に修正 (#16470)
  • Chris (@isjwuk)、New-AzAutomationSourceControl.md を更新 (#16366)
  • Julian Hüppauff (@jhueppauff)、[API Management] 変数の参照を修正しました (#16525)
  • @toswedlu、[CosmosDB] AnalyticalStorageSchemaType の警告メッセージを変更 (#15723)

6.6.0 - 2021 年 11 月

Az.Accounts

  • Microsoft Graph API を使用して、Microsoft Entra サービス クライアントの新しいバージョンを追加しました

Az.Aks

  • 'New-AzAksCluster' の新しいパラメーター 'NetworkPolicy'、'PodCidr'、'ServiceCidr'、'DnsServiceIP'、'DockerBridgeCidr'、'NodePoolLabel'、'AksCustomHeader' のサポートを追加しました。 [#13795]
  • Microsoft Graph への移行の今後の破壊的変更に関する警告を追加しました。
  • ノード プール内のノード数を変更するためのサポートを追加しました。 [#12379]

Az.ApiManagement

  • 'Get-AzApiManagementTenantGitAccess' コマンドレットのバグを修正しました。

Az.Batch

  • アセンブリ 'System.Text.Encodings.Web.dll' を削除しました [#16062]

Az.Compute

  • VMGalleryApplication プロパティを VM/VMSS に追加するコマンドレットを追加しました
    • New-AzVmGalleryApplication
    • New-AzVmssGalleryApplication
    • Add-AzVmGalleryApplication
    • Add-AzVmssGalleryApplication
    • Remove-AzVmGalleryApplication
    • Remove-AzVmssGalleryApplication
  • SAP (AEM) 用 VM 拡張機能のプロキシとデバッグ設定のサポートを追加しました
  • 'Encryption' プロパティを '-TargetRegion' パラメーターから正しく取り込むために New-AzGalleryImageVersion を更新しました。
  • 指定されない場合に、マネージド ストレージ アカウントに既定で設定されるように Set-AzVmBootDiagnostic を更新しました。
  • 'OrchestrationMode' がフレキシブルに設定されている場合の、New-AzVmss の既定の動作を編集しました。
    • NAT プールを削除しました。
    • UpgradePolicy を削除しました。 指定されている場合はエラーをスローします。
    • SinglePlacementGroup は false である必要があります。 true の場合はエラーをスローします。
    • ネットワーク プロファイルの API バージョンは 2020-11-01 以降です。
    • ネットワーク プロファイル IP 構成のプライマリ プロパティが true に設定されています。

Az.CosmosDB

  • MongoDB の最新のバックアップ情報を取得するために Get-AzCosmosDBMongoDBBackupInformation を導入しました。
  • New-AzCosmosDBAccount、Update-AzCosmosDBAccount を更新して BackupStorageRedundancy を受け入れました。
  • Get-AzCosmosDBLocation を導入して、Azure CosmosDB アカウントとその場所のプロパティを一覧表示しました。

Az.DataFactory

  • PublicNetworkAccess をUpdate_AzDataFactoryV2 コマンドに 追加しました
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.26.0 に更新しました

Az.DesktopVirtualization

  • API バージョンを 2021-07-12 にアップグレードしました

Az.EventHub

  • Premium SKU、名前空間、オプションのスイッチ パラメーター "DisableLocalAuth" のサポートを 'New-AzEventHubNamespace' と 'Set-AzEventHubNamespace' に追加しました

Az.Functions

  • Windows V4 アプリ専用のサイト構成 netFrameworkVersion を設定します
  • Functions V4 スタックに対する関数アプリの作成が有効になりました [#15919]

Az.IotHub

  • IoT Hub 管理 SDK をバージョン 4.1.0 (API バージョン 2021-07-10) に更新しました

Az.KeyVault

  • "New-AzKeyVaultRoleDefinition" と 'Get-AzKeyVaultRoleDefinition' に、今後の破壊的変更の警告メッセージを追加しました。
    • "New-AzRoleDefinition" と "Get-AzRoleDefinition" の構文に準拠するために、"PSKeyVaultPermission" モデルのプロパティのいくつかの名前を変更します。これは、これら 2 つのコマンドレットに影響する可能性があります。
  • Microsoft Graph への移行の今後の破壊的変更に関する警告を追加しました。

Az.Migrate

  • 無効な IP アドレスのチェックを追加しました

Az.OperationalInsights

  • 'Set-AzOperationalInsightsLinkedService のバグを修正しました: リンクされたサービスが存在しない場合は、失敗するのではなく作成 (更新) を行います。

Az.RecoveryServices

  • StorageConfig に関する Azure Backup の修正された問題
  • Azure Backup によって、NodesList と AutoProtectionPolicy が Get-AzRecoveryServicesBackupProtectableItem コマンドレットに追加されました。
  • Azure Backup は、MAB バックアップ項目のフェッチをサポートするために GetItemsForContainerParamSet を修正しました。
  • Azure Backup は、MARS の代わりに BackupManagementType MAB をサポートするように Get-AzRecoveryServicesBackupContainer を修正しました。
  • 破壊的変更に関する警告を追加しました: 'Get-AzRecoveryServicesBackupJob'、'Get-AzRecoveryServicesBackupContainer'、'Get-AzRecoveryServicesBackupProtectableItem' コマンドは 'MARS' 別名の代わりに 'BackupManagementType MAB' のみをサポートし、変更は今後の破壊的リリースから有効になります。
  • Azure から Azure へのレプリケーションに対する ZRS ディスクの種類のサポートを追加しました。
  • Azure から Azure へのレプリケーションに対するレプリケートされた保護された項目の応答に、可用性ゾーン情報を追加しました。

Az.RedisCache

  • "New-AzRedisCache" と "Set-AzRedisCache" のドキュメントで新しい例を作成しました。

Az.Resources

  • Bicep の exitcode に関するバグを修正しました [#16055]
  • Microsoft Entra コマンドレットの破壊的変更に関する警告を追加しました
  • テンプレート スペック バージョンにプロパティ 'UIFormDefinition' を追加しました。'Export-AzTemplateSpec' には、エクスポートの一部としてテンプレート スペック バージョンの UIFormDefinition (ある場合) が含まれるようになりました。
  • サービス プリンシパルの作成中にロール割り当ての作成が失敗した場合のエラーキャッチを追加しました
  • NamespaceMatch が 1 つの RP 名前空間と一致する場合の Get-AzPolicyAlias のパフォーマンスの向上

Az.Security

  • セキュリティ .NET SDK パッケージ リファレンスをバージョン 3.0.0 に更新しました

Az.ServiceBus

  • ZoneRedundant とオプションのスイッチ パラメーター "DisableLocalAuth" のサポートを "New-AzServiceBusNamespace" と 'Set-AzServiceBusNamespace' に追加しました

Az.SignalR

  • Web PubSub コマンドレットを追加しました
    • 'New-AzWebPubSub'
    • 'Get-AzWebPubSub'
    • 'Update-AzWebPubSub'
    • 'Restart-AzWebPubSub'
    • 'Remove-AzWebPubSub'
    • 'New-AzWebPubSubHub'
    • 'Get-AzWebPubSubHub'
    • 'Remove-AzWebPubSubHub'
    • 'New-AzWebPubSubKey'
    • 'Get-AzWebPubSubKey'
    • 'Get-AzWebPubSubSku'
    • 'Get-AzWebPubSubUsage'
    • 'Test-AzWebPubSubNameAvailability'

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • bgomezangulo (@beagam)、Resume-AzNetAppFilesReplication.md を更新しました (#16040)
  • Jim McCormick (@eimajtrebor)、入力ミスを修正しました (#16091)
  • Lampson Nguyen (@lampson)、Get-AzDataShare.md を更新しました (#16015)
  • @MaxMeng1985, Get-AzSynapseSqlPoolRestorePoint.md を更新しました (#16138)
  • Reggie Gibson (@regedit32)、New-AzBotService: Windows PowerShell でのプレーンテキストへの AppSecret の変換を修正しました (#16160)
  • Mötz Jensen (@Splaxi)、BusinessIdentities の詳細が現在の実装と一致しません (#16141)

6.5.0 - 2021 年 10 月

Az.Accounts

  • Microsoft Graph のアクセス トークンの取得をサポートしました。
  • サービス モジュールによるトークン対象ユーザーの調整を許可するために AuthorizeRequestDelegate を追加しました。
  • PowerShell でのアセンブリの競合の問題を解決するために AssemblyLoadContext を使用しました。
  • Azure.Core を 1.16.0 から 1.19.0 に更新しました。

Az.Attestation

  • 'Az.Attestation' モジュールの一般提供

Az.Cdn

  • 'New-AzFrontDoorCdnRule' コマンドレットの null 参照例外と入力ミスを修正しました

Az.Compute

  • Compute .NET SDK パッケージリファレンスをバージョン 49.1.0 に更新しました
  • 誤った電源状態出力が発生する 'Get-AzVM' のバグを修正しました。

Az.DataFactory

  • 次のパイプライン アクティビティでクラスターを簡単に再利用できるようにするために 'Set-AzDataFactoryV2IntegrationRuntime' コマンドレットに DataFlowEnableQuickReuse 引数を追加しました。
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.25.0 に更新しました
  • Azure-SSIS Integration Runtime の高速仮想ネットワーク インジェクションをサポートするために、'Set-AzDataFactoryV2IntegrationRuntime' コマンドレットに VNetInjectionMethod 引数を追加しました。

Az.FrontDoor

  • 'New-AzFrontDoorRulesEngineActionObject' で RouteConfigurationOverride を使用せずにルール エンジン アクションを作成できるようにしました。
  • 'New-AzFrontDoorRulesEngineActionObject' の DynamicCompression パラメータが無視される問題を修正しました。

Az.KeyVault

  • マネージド HSM でカスタム ロール定義をサポートしました。
    • 'New-AzKeyVaultRoleDefinition' を使用して作成します。
    • 'Remove-AzKeyVaultRoleDefinition' を使用して削除します。
    • 'Get-AzKeyVaultRoleDefinition -Custom' を使用してすべてのカスタム ロールをフィルター処理します。
  • キーを使用した暗号化、復号化、ラップ、ラップ解除をサポートしました [#15679]
  • -Subscription <String> を追加することでコンテキストを切り替えなくても、他のサブスクリプションのリソースの管理ができるようになりました。

Az.Maintenance

  • ゲスト パッチ メンテナンスのサポートを追加しました。

Az.Network

  • BastionHost リソースの SKU、ScaleUnits パラメーターのサポート。
    • 'New-AzBastion'
    • 'Set-AzBastion'
  • Azure Resource Manager をプライベート リンク共通コマンドレットにオンボードします
  • VpnGateway の BgpRouteTranslationForNat を有効または無効にするプロパティを追加するコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVpnGateway'
    • 'Update-AzVpnGateway'
  • コマンドレットを更新し、P2SVpnGateway の InternetSecurity を無効にするプロパティを追加しました。
    • 'New-AzP2sVpnGateway'
  • VirtualHub の HubBgpConnection 子リソースの新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzVirtualHubBgpConnection'
    • 'New-AzVirtualHubBgpConnection'
    • 'Update-AzVirtualHubBgpConnection'
    • 'Remove-AzVirtualHubBgpConnection'
  • Azure HDInsight をプライベート リンク共通コマンドレットにオンボードします

Az.RecoveryServices

  • VMware から Azure への再保護、ポリシーの更新、およびシナリオの無効化に関する Azure Site Recovery のバグ修正。
  • Azure Backup で、RecoveryServices コンテナーに UserAssigned MSI のサポートを追加しました。

Az.Resources

  • TemplateUri が bicep ファイルを受け入れない場合に、より明確なエラー メッセージを追加しました。
  • ManagementGroups の破壊的変更の説明の入力ミスを修正しました [#15819]。
  • リソース タグの大文字と小文字の区別に関する問題 (リソース タグの大文字と小文字の区別が保持されない) を修正しました。
  • Microsoft.Azure.Management.Authorization 2.13.0-preview に更新しました。

Az.Sql

  • 発生したエラーを報告するように 'Get-AzSqlDatabaseImportExportStatus' を修正しました

Az.Storage

  • Azure.Storage.Blobs を 12.10.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Files.Shares を 12.8.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Files.DataLake を 12.8.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Queues を 12.8.0 にアップグレードしました
  • HierarchicalNamespace を有効にするためのストレージ アカウントのアップグレードをサポートしました。
    • 'Invoke-AzStorageAccountHierarchicalNamespaceUpgrade'
    • 'Stop-AzStorageAccountHierarchicalNamespaceUpgrade'
  • AccessTierInferred と、BLOB インベントリ ポリシー スキーマのタグをサポートしました
    • 'New-AzStorageBlobInventoryPolicyRule'
  • PublicNetworkAccess を有効または無効にした状態でのストレージ アカウントの作成または更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • RootSquash を使用したストレージ BLOB コンテナーの作成または更新をサポートしました
    • 'New-AzRmStorageContainer'
    • 'Update-AzRmStorageContainer'
  • コンテナーの不変性ポリシーの設定で AllowProtectedAppendWriteAll をサポートし、コンテナーの LegalHold を追加しました
    • 'Set-AzRmStorageContainerImmutabilityPolicy'
    • 'Add-AzRmStorageContainerLegalHold'

Az.StorageSync

  • PSSyncSessionStatus と PSSyncActivityStatus オブジェクトの一部のプロパティが正しく設定されないバグを修正しました。
  • これは、出力の次のプロパティにアクセスしようとするときに、'Get-AzStorageSyncServerEndpoint' コマンドレットに影響を与えました。
    • SyncStatus.UploadStatus
    • SyncStatus.DownloadStatus
    • SyncStatus.UploadActivity
    • SyncStatus.DownloadActivity

Az.Websites

  • keyvault 名と証明書名の組み合わせで既定の名前を設定するように 'Import-AzWebAppKeyVaultCertificate1' を更新しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @DSakura207、Statuses の最後の PowerState インスタンスを電源状態に使用 (#15941)
  • Yannic Graber (@grabery)、Example2 を再コーディング (#15808)
  • @joelmforsyth、複数リージョンの例を修正 (#15918)
  • Adam Coffman (@SysAdminforCoffee)、Set-AzNetworkInterfaceIpConfig.md を更新 (#15846)
  • Michael Howard (@x509cert)、特定のキー バージョンを指定する必要があることを明確にするために文章を変更しました (#15886)

6.4.0 - 2021 年 9 月

Az.Accounts

  • 'Get-AzEnvironment' と 'Get-AzContext' の結果で Azure portal への URL を修正しました。 [#15429]
  • -SubscriptionId <String> パラメーターを使用した既定のサブスクリプションのオーバーライドをサポートするためにインフラストラクチャの変更を行いました。
    • Az.Aks が、それをサポートする最初のモジュールです。

Az.Aks

  • すべての Aks コマンドレットで -Subscription <String> を使用可能にしました。 コンテキストを切り替えなくても、他のサブスクリプションの Aks リソースを管理できます。

Az.ApiManagement

  • 新しい 'Sync-AzApiManagementKeyVaultSecret' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'New-AzApiManagementKeyVaultObject' コマンドレットを追加しました。
  • 'Get-ApiManagementCache'、'New-ApiManagementCache'、'Update-ApiManagementCache' コマンドレットに新しい省略可能な [-useFromLocation] パラメーターを追加しました。
  • ApiManagement サービスを管理するためにコマンドレット New-AzApiManagement を更新しました
    • 新しい 'Isolated' SKU のサポートを追加しました
    • 'Zone' プロパティを使用して Availability Zones を管理するためのサポートを追加しました
    • 'DisableGateway' プロパティを使用したリージョンでのゲートウェイの無効化のサポートを追加しました
    • 'MinimalControlPlaneApiVersio' プロパティを使用してコントロール プレーンで許可する最小 API バージョンを管理するためのサポートを追加しました。
  • ApiManagement サービスを管理するためのコマンドレット New-AzApiManagementRegion を更新しました
    • 'Zone' プロパティを使用して Availability Zones を管理するためのサポートを追加しました
    • 'DisableGateway' プロパティを使用したリージョンでのゲートウェイの無効化のサポートを追加しました
  • ApiManagement サービスを管理するためのコマンドレット Add-AzApiManagementRegion を更新しました
    • 'Zone' プロパティを使用して Availability Zones を管理するためのサポートを追加しました
    • 'DisableGateway' プロパティを使用したリージョンでのゲートウェイの無効化のサポートを追加しました
  • ApiManagement サービスを管理するためのコマンドレット Update-AzApiManagementRegion を更新しました
    • 'Zone' プロパティを使用して Availability Zones を管理するためのサポートを追加しました
    • 'DisableGateway' プロパティを使用したリージョンでのゲートウェイの無効化のサポートを追加しました
  • カスタム ホスト名の構成を管理するためのコマンドレット New-AzApiManagementCustomHostnameConfiguration を更新しました
    • KeyVault で使用するマネージド ID ユーザー割り当て ClientId を提供する "IdentityClientId" を指定するためのサポートを追加しました

Az.Automation

  • バグを修正しました: Import-AzAutomationRunbook の入力ファイルハンドルを閉じます

Az.Cdn

  • 'Get-AzCdnEndpointResourceUsage' コマンドレットの必須パラメーターの問題を修正しました

Az.Compute

  • 新しいパラメーター '-LinuxConfigurationPatchMode'、'-WindowsConfigurationPatchMode'、および '-LinuxConfigurationProvisionVMAgent' を 'Set-AzVmssOSProfile' に追加しました
  • SSH を使用して VM を作成するために、新しいパラメーター '-SshKeyName' および '-GenerateSshKey' を 'New-AzVM' に追加しました
  • 特定の宛先 URI のアップロードが失敗する原因となる Linux の 'Add-AzVHD' のバグを修正しました
  • 復元ポイントと復元ポイント コレクションの新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzRestorePoint'
    • 'New-AzRestorePointCollection'
    • 'Get-AzRestorePoint'
    • 'Get-AzRestorePointCollection'
    • 'Update-AzRestorePointCollection'
    • 'Remove-AzRestorePoint'
    • 'Remove-AzRestorePointCollection'
  • スポット リストア ポリシーを有効にするための新しいパラメーター "-EnableSpotRestore" と "-SpotRestoreTimeout" を "New-AzVMSSConfig" に追加しました
  • 新しいコマンドレット "Update-AzCapacityReservationGroup" と "Update-AzCapacityReservation" を追加しました

Az.CosmosDB

  • 削除されたデータベース アカウントの復元が失敗するバグを修正しました。

Az.DataFactory

  • VNet リソース ID ではなくサブネット リソース ID に対する VNet インジェクションの RBAC チェックをサポートするために、"Set-AzDataFactoryV2IntegrationRuntime" コマンドレットの subnetId 引数を追加しました。
  • 仮想ネットワークに参加する Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイムの送信ネットワーク依存関係の一覧を提供する "Get-AzDataFactoryV2IntegrationRuntimeOutboundNetworkDependenciesEndpoint" コマンドレットを追加しました。
  • Data Factory に PublicNetworkAccess を追加しました。
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.23.0 に更新しました

Az.KeyVault

  • キー コンテナーでの EC キーの追加をサポートしました [#15699]

Az.Migrate

  • ソース ディスクでの重複ディスク UUID をサポートしました。
  • AVSet の同じ VNet でのサブネットをサポートしました。
  • 同じサイト内の複数の Vcenter での runAsAccount フェッチをサポートしました。

Az.Network

  • IP ベースのロード バランサーバックエンド アドレス プールの 'Subnet' プロパティを追加するコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzLoadBalancerBackendAddressConfig'
  • コマンドレットを更新して、バックエンド プール関連の操作に 'TunnelInterface' プロパティを追加しました。
    • 'New-AzLoadBalancerBackendAddressPool'
    • 'Set-AzLoadBalancerBackendAddressPool'

Az.RecoveryServices

  • コントロール プレーンとして RCM を使用する VMware から Azure へのディザスター リカバリー シナリオに対する Azure Site Recovery での複数アプライアンスのサポート。
  • Azure Backup の SQL CRR での targetPhysicalPath の問題を修正しました
  • Azure Backup の SQL ワークロードに対する保護無効化を修正しました
  • Azure Backup の最新リリースでの CMK プロパティの設定に関するバグを解決しました
  • Azure Backup で、register-azrecoveryservicesbackupcontainer コマンドのヘルプ テキストから特殊文字を削除しました

Az.Resources

  • JsonExtensions を使用して、逆シリアル化された JSON オブジェクトをシリアル化し、カスタムのシリアル化設定が確実に使用できるようにします [#15552]
  • デプロイ What-If コマンドレットへの 'Unsupported' と 'NoEffect' の変更の種類のサポートを追加しました。

Az.SecurityInsights

  • 'Get-AzSentinelIncident' パラメーターに更新しました
    • OData フィルターをサポートするために '-Filter' を追加しました
    • OData の順序付けをサポートするために '-OrderBy' を追加しました
    • 既定の 1,000 件を超えるインシデントの取得をサポートするために、'-Max' を追加しました。

Az.Sql

  • サーバーからのページ分割された応答をサポートするために、'Get-AzSqlDatabase' の基になる実装を変更しました
  • 'New-AzSqlInstance' と 'Set-AzSqlInstance' に 'ZoneRedundant' パラメーターを追加し、ゾーン冗長インスタンスの作成と更新を有効にしました。
  • 'Get-AzSqlInstance' によって返されるゾーンの冗長性に関する情報を表示するために、マネージド インスタンスのモデルに ZoneRedundant フィールドを追加しました。
  • サーバーとデータベースの監査で AuditActionGroups 列挙型を拡張しました。 DBCC_GROUP、DATABASE_OWNERSHIP_CHANGE_GROUP、および DATABASE_CHANGE_GROUP を追加しました。
  • 'Remove-AzSqlInstance' に 'AsJob' フラグを追加しました
  • クロスサブネット更新 SLO をサポートするために 'Set-AzSqlInstance' に 'SubnetId' パラメーターを追加しました
  • 最新バージョンの SDK にアップグレードしました

Az.Storage

  • 特定の BLOB での BLOB タグの取得および設定をサポートしました
    • 'Get-AzStorageBlobTag'
    • 'Set-AzStorageBlobTag'
  • BLOB のアップロードまたはコピー中に特定の BLOB タグを使用した宛先 BLOB の作成がサポートされます
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'
  • BLOB タグ フィルター SQL 式を使用した、コンテナー間での BLOB の一覧表示をサポートします
    • 'Get-AzStorageBlobByTag'
  • コンテナー内での BLOB の一覧表示をサポートし、BLOB タグを含めます
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • BLOB タグ条件を使用した BLOB の実行操作がサポートされ、BLOB タグ条件が一致しない場合はコマンドレットが失敗します
    • 'Get-AzStorageBlob'
    • 'Get-AzStorageBlobContent'
    • 'Get-AzStorageBlobTag'
    • 'Remove-AzStorageBlob'
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
    • 'Set-AzStorageBlobTag'
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'
    • 'Stop-AzStorageBlobCopy'
  • 新しい API バージョンで BLOB SAS トークンを生成します
    • 'New-AzStorageBlobSASToken'
    • 'New-AzStorageContainerSASToken'
    • 'New-AzStorageAccountSASToken'
  • クライアントとサーバーに時間差がある場合の OAuth 資格情報による BLOB コピー エラーを修正しました [#15644]
    • 'Copy-AzStorageBlob'
  • 読み取り専用 SAS トークンで Data Lake Gen2 項目の削除が失敗する問題を修正しました
    • 'Remove-AzDataLakeGen2Item'
  • Data Lake Gen2 アイテムの移動での宛先の存在チェックを変更しました
    • 'Move-AzDataLakeGen2Item'

Az.StorageSync

  • 'Invoke-AzStorageSyncChangeDetection' にパラメーター セットを追加しました
    • -DirectoryPath パラメーターと -Path パラメーターを指定せずにコマンドレットを呼び出して、ファイル共有全体で変更の検出をトリガーできます
  • New-AzStorageSyncServerEndpoint の一部として、権限付きアップロードのサポートを追加しました。
  • Cloud Endpoint オブジェクトにクラウド変更列挙状態情報を追加しました。
  • さまざまな正常性プロパティを使用してサーバー エンドポイント オブジェクトを更新しました
  • サーバー の現在の FQDN の表示をサポートするために、サーバー エンドポイントオブジェクトと登録済みサーバー オブジェクトに 'ServerName' プロパティを追加しました。

Az.Websites

  • -Hostname の追加に失敗した場合に有効な警告メッセージを返すように 'Set-AzWebApp' を修正しました #9316
  • 応答で CustomDomainVerificationId を返すように 'Get-AzWebApp' を修正しました。 #9316

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Andrew Sears (@asears)
    • アカウント名のスペルの修正 (#15779)
    • 例のスペルの修正 (#15780)
  • @cawrites、New-AzDataMigrationService.md の更新 (#15646)
  • @harpaul-gill、Sql Get Databases での改ページのサポートの追加 (#15772)
  • @jeepingben、Linux での安全なミューテックス名の作成 (修正 #15653) (#15666)
  • @LosManos、Docs: シークレットの一覧を取得するときにパラメーターが無視される (#15788)
  • Mats Estensen (@matsest)、ドキュメント: Update-AzSubscription の例を追加 (#15748)
  • Mauricio Arroyo (@mauricio-msft)、コマンドレットの例で入力ミスを修正 (#15719)

6.3.0 - 2021 年 8 月

Az.Accounts

  • Windows と macOS でトークン キャッシュを永続化できなかった場合にコンテキストの自動保存を無効にしました
  • テレメトリ レコードに PowerShell バージョンを追加しました
  • Microsoft.ApplicationInsights を 2.4.0 から 2.12.0 にアップグレードしました
  • Azure.Core を 1.16.0 に更新しました

Az.Aks

  • 'Start-AzAksCluster'、'Stop-AzAksCluster'、'Get-AzAksUpgradeProfile'、'Get-AzAksNodePoolUpgradeProfile' を追加しました。 [#14194]
  • 'Get-AzAksCluster' の出力にプロパティ 'IdentityProfile' を追加しました。 [#12546]

Az.CognitiveServices

  • [破壊的変更] PSCognitiveServicesAccount.Identity.Type の種類を IdentityType から ResourceIdentityType に変更しました。
  • [破壊的変更] PSCognitiveServicesAccount.Sku.Tier の種類を SkuTier から string に変更しました。
  • [破壊的変更] PrivateLinkServiceConnectionState から ActionRequired を削除しました。
  • 2021-04-30 バージョンを使用するために PowerShell を更新しました。
  • 'Undo-AzCognitiveServicesAccountRemoval' コマンドレットを追加しました。
  • パラメーター '-RestrictOutboundNetworkAccess'、'-AllowedFqdnList'、'-DisableLocalAuth'、'-KeyVaultIdentityClientId'、'-IdentityType'、'-UserAssignedIdentityId' を 'New-AzureCognitiveServicesAccount' および 'Set-AzureCognitiveServicesAccount' に追加しました。
  • パラメーター '-InRemovedState'、'-Location' を 'Remove-AzureCognitiveServicesAccount' および 'Get-AzureCognitiveServicesAccount' に追加しました。

Az.Compute

  • ユーザーが SKU サイズを指定した場合でも VM の SKU が既定値になることを示す "New-AzVM" コマンドレットの警告を修正しました。 ユーザーが SKU サイズを指定しない場合にのみ発生するようになりました。
  • 渡された仮想マシンに既存の EnableAutomaticUpdates 値が存在する場合にこれが上書きされないように 'Set-AzVmOperatingSystem' コマンドレットを修正しました。
  • 最新の .Net SDK バージョン 48.0.0 を使用するように Compute モジュールを更新しました。
  • 容量予約機能の新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzCapacityReservationGroup'
    • 'Remove-AzCapacityReservationGroup'
    • 'Get-AzCapacityReservationGroup'
    • 'New-AzCapacityReservation'
    • 'Remove-AzCapacityReservation'
    • 'Get-AzCapacityReservation'
  • 次のコマンドレットに新しいパラメーター '-CapacityReservationGroupId' を追加しました。
    • 'New-AzVm'
    • 'New-AzVmConfig'
    • 'New-AzVmss'
    • 'New-AzVmssConfig'
    • 'Update-AzVm'
    • 'Update-AzVmss'

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.21.0 に更新しました

Az.Migrate

  • SQL Server のライセンスの種類を追加しました。
  • CRN 機能を追加しました。
  • リソース タグ機能を追加しました。
  • 2021-02-10 API バージョンに更新しました。

Az.Monitor

  • 'Add-AzAutoscaleSetting' パラメーター セット 'AddAzureRmAutoscaleSettingUpdateParamGroup' のパラメーター 'ResourceGroupName' を追加し直し、省略可能にしました [#15491]

Az.RecoveryServices

  • V1 コンテナーのアーカイブを追加しました。
  • Get-AzRecoveryServicesBackupProtectionPolicy に ProtectedItemsCount を追加しました。
  • Azure から Azure への Azure Site Recovery の VM のプロパティの更新のバグ修正。

Az.RedisCache

  • 'New-AzRedisCache' および 'Set-AzRedisCache' に 'RedisVersion' パラメーターを追加しました

Az.Resources

  • 一部のコンストラクターによって 'SubscriptionId' プロパティが未割り当て/null のままになるという 'PSResource' のバグを修正しました。 [#10783]
  • Bicep ファイルでのテンプレート スペックの作成と更新のサポートを追加しました [#15313]
  • deployment create コマンドレットに '-ProceedIfNoChange' パラメーターを追加しました。

Az.ServiceFabric

  • コンストラクターがすべての新しいプロパティを受け取るように更新して、マネージドおよびクラシックのアプリケーション モデル (アプリケーション、クラスター、サービス) を修正しました
    • これにより、Get コマンドレットの呼び出しから Update または Set の呼び出しに直接結果がパイプ処理されて、意図的に設定されたプロパティが削除されるというパイプ処理に関連する問題が解決します
    • 上記のケースをカバーするために該当するテスト ファイルを更新しました

Az.Sql

  • 'Set-AzSqlServer' と 'Set-AzSqlInstance' の ID ロジックを修正しました

Az.Storage

  • BLOB の最終アクセス時刻をサポートしました
    • 'Enable-AzStorageBlobLastAccessTimeTracking'
    • 'Disable-AzStorageBlobLastAccessTimeTracking'
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'
  • 'Get-AzDataLakeGen2ChildItem' は、チャンク別に一覧表示することをユーザーに求める代わりに、既定ですべての datalake gen2 項目を一覧表示します。
  • プレフィックス '?' を含めずに SAS を使用すると、BlobProperties が空になる問題を修正しました[#15460]
  • 小さな BLOB を同期的にコピーする際のエラーを修正しました [#15548]
    • 'Copy-AzStorageBlob'

Az.Websites

  • サービス タグ の一覧を取得するためのアクセス許可がユーザーにない場合に、'Add-AzWebAppAccessRestrictionRule' が失敗するのを修正しました #15316 および #14862

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Borys Generalov (@bgener)、Get-AzPolicyState.md を更新 (#15455)
  • Dean Mock (@deanmock)、New-AzAutomationSchedule.md を更新 (#15371)
  • John Bevan (@JohnLBevan)、#10783 - Get-AzResource が、SubscriptionId が null の PSResource を返すのを修正 (#15106)
  • Michael Mejias Sanchez (@mikemej)、更新 - デプロイ (外部 VNET) を更新 (#15391)
  • @mjsharma、代替コマンドのメモを追加 (#15360)
  • Ked Mardemootoo (@nocticdr)、明確性を向上させるために、いくつかの入力ミスを修正 (#15428)
  • Pascal Berger (@pascalberger)、Sync-AzVirtualNetworkPeering の例のパラメーター名を修正 (#15493)
  • @rcabr、Get-AzStorageContainer のドキュメントを修正 (#15476)
  • AAron (@S-AA-RON)、New-AzNetworkSecurityGroup.md を更新 (#15512)
  • 坂本ポテコ (@sakamoto-poteko)、New-AzVMConfig.md を更新 (#15376)
  • @Shawn-Yuen、Remove-AzDataLakeGen2Item.md を更新 (#15388)

6.2.1 - 2021 年 7 月

Az.Accounts

  • サブスクリプションに 'Tags' プロパティがない場合のアクセス エラーを修正しました [#15425]。

6.2.0 - 2021 年 7 月

Az.Accounts

  • PSAzureSusbscripiton に Tags、AuthorizationSource を追加し、PSAzureTenant に TenantType、DefaultDomain、TenantBrandingLogoUrl、CountryCode を 追加しました [#15220]
  • サブスクリプション クライアントを 2021-01-01 にアップグレードしました [#15220]
  • 共通ライブラリでの対話型モードのチェックを削除しました
  • AzureChinaCloud 環境に OperationalInsights のエンドポイントを追加しました [#15305]
  • 自動生成されたモジュールの既定のログを詳細ストリームに出力しました

Az.Aks

  • 'New-AzAksNodePool' にパラメーター 'AvailabilityZone' を追加しました。 [#14505]

Az.ApplicationInsights

  • applicationinsights コンポーネントに読み取り専用プロパティ 'ConnectionString' と 'ApplicationId' を追加しました

Az.Compute

  • 'New-AzVmss' と 'New-AzVmssConfig' に省略可能なパラメーター '-OrchestrationMode' を追加しました
  • リソースが AKS または Shared Image Gallery を使用してリモート イメージ ソースを使用する場合に動作する次のコマンドレットを更新しました。
    • 'Update-AzVm'
    • 'Update-AzVmss'
    • 'Update-AzGalleryImageVersion'
  • 'Set-AzVmssRollingUpgradePolicy' にパラメーター '-EnableCrossZoneUpgrade' と '-PrioritizeUnhealthyInstance' を追加しました
  • 'Set-AzVMOperatingSystem' コマンドレットに 'AssessmentMode' パラメーターを追加しました。
  • 'Add-AzVmssNetworkInterfaceConfiguration' のバグを修正しました
  • 'Test-AzVMAEMExtension' での IOPS とスループットのチェックを修正しました
  • 2020-12-01 DiskRP API バージョンの新しいコマンドレットを追加しました
    • New-AzDiskPurchasePlanConfig
    • Set-AzDiskSecurityProfile
  • 2020-12-01 DiskRP API バージョンのコマンドレットを変更しました
    • New-AzDiskConfig
    • New-AzSnapshotConfig
    • New-AzSnapshotUpdateConfig
    • New-AzDiskUpdateConfig
    • New-AzDiskEncryptionSetConfig
    • Update-AzDiskEncryptionSet

Az.CosmosDB

  • このリリースでは、継続的バックアップ (ポイントインタイム リストア) の機能のコマンドレットが導入されています。
    • 継続的モードのバックアップ ポリシーを使用してアカウントを作成するためのサポートが導入されました。
    • 継続的モードのバックアップ ポリシーを使用するアカウントのポイントインタイム リストアのサポートが導入されました。
    • 定期的モードのバックアップ ポリシーを使用してアカウントのバックアップ間隔とバックアップ保有期間を更新するサポートが導入されました。
    • ライブ データベース アカウントで復元可能なリソースを一覧表示するためのサポートが導入されました。
    • アカウントの作成および更新時に分析ストレージ スキーマの種類を指定するサポートが導入されました。
    • 次のコマンドレットが追加されました。
      • Restore-AzCosmosDBAccount、New-AzCosmosDBDatabaseToRestore、Get-AzCosmosDBRestorableDatabaseAccount、
      • Get-AzCosmosDBSqlRestorableDatabase、Get-AzCosmosDBSqlRestorableContainer、Get-AzCosmosDBSqlRestorableResource、
      • Get-AzCosmosDBMongoDBRestorableDatabase、Get-AzCosmosDBMongoDBRestorableCollection、Get-AzCosmosDBMongoDBRestorableResource。

Az.DataFactory

  • DataFactory にカスタマー マネージド キーの暗号化を追加しました

Az.Functions

  • Linux 従量課金アプリ用の 2 つの追加のアプリ設定 (WEBSITE_CONTENTSHARE とWEBSITE_CONTENTAZUREFILECONNECTIONSTRING) が追加されました。 [15124]
  • Azure Gov で作成されたときの New-AzFunctionApp のバグを修正しました。 [13379]
  • Az.Functions コマンドレットを追加しました。空の値を使用したアプリ設定の作成とコピーをサポートする必要があります。 [14511]

Az.Monitor

  • 'ResultType' が 'Metadata' に設定されている場合の 'Get-AzMetric' の null 参照バグを修正しました
  • 'Add-AzAutoscaleSetting' が 'Get-AzAutoscaleSetting' から結果をパイプできないバグを修正しました [#13861]

Az.Network

  • ルート サーバーを作成する省略可能なパラメーターとしてパブリック IP を追加しました
    • 'New-AzRouteServer'
  • エッジ ゾーンの仕様を有効にするためにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzPublicIpPrefix'
    • 'New-AzLoadBalancer'
    • 'New-AzPrivateLinkService'
    • 'New-AzPrivateEndpoint'
  • コンソールで仮想ネットワークの拡張された場所を表示するサポートを追加しました
    • 'New-AzVirtualNetwork'
    • 'Get-AzVirtualNetwork'
  • コンソールでパブリック IP の拡張された場所を表示するサポートを追加しました
    • 'New-AzPublicIpAddress'
    • 'Get-AzPublicIpAddress'

Az.RecoveryServices

  • SQL AG AutoProtection の無効化を修正しました。

Az.Security

  • Az.Security モジュールの一般提供
  • 入力ミスを修正するために Get-AzRegulatoryComplainceAssessment の名前を Get-AzRegulatoryComplianceAssessment に変更しました

Az.Sql

  • 次のコマンドレットに 'RestrictOutboundNetworkAccess' パラメーターを追加しました
    • 'New-AzSqlServer'
    • 'Set-AzSqlServer'
  • 送信ファイアウォール規則の使用可能な FQDN の CRUD 操作のために、新しいコマンドレット 'Get-AzSqlServerOutboundFirewallRule'、'New-AzSqlServerOutboundFirewallRule'、'Remove-AzSqlServerOutboundFirewallRule' を追加しました
  • New-AzSqlServer と New-AzSqlInstance の SystemAssigned および UserAssigned ID の ID ロジックを修正しました
  • SQL データベースの差分バックアップ頻度を取得および更新するためのコマンドレット 'Get-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy' と 'Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy' を更新しました
  • 'Set-AzSqlServer' および 'Set-AzSqlInstance' における Azure Policy の部分的な PUT の問題を修正しました

Az.Storage

  • BLOB コンテナーの論理的な削除の有効化/無効化をサポートしました
    • 'Enable-AzStorageContainerDeleteRetentionPolicy'
    • 'Disable-AzStorageContainerDeleteRetentionPolicy'
  • 削除済み BLOB コンテナーの一覧表示をサポートしました
    • 'Get-AzRmStorageContainer'
    • 'Get-AzStorageContainer'
  • 削除済み BLOB コンテナーの復元をサポートしました
    • 'Restore-AzStorageContainer'
  • ファイル サービスのプロパティにおける SMB 設定のセキュリティ保護をサポートしました
    • 'Update-AzStorageFileServiceProperty'
  • EnableNfsV3 を使用したアカウントの作成をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
  • パイプラインからのより多くのコピー BLOB パラメーターの入力をサポートしました [#15301]
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'

Az.Websites

  • ServerFarmId をサポートするように 'Import-AzWebAppKeyVaultCertificate' を修正しました [#15091]
  • '最後の WebApp をプランから削除するときに Appservice プランを削除または保持するための省略可能なパラメーターを追加しました' を修正しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Mikey Bronowski (@MikeyBronowski)
    • Get-AzSynapseTriggerRun.md を更新 (#15231)
    • Get-AzSynapsePipelineRun.md により多くのシナリオをカバーする例を追加して更新 (#15232)
  • @mjsharma、代替コマンドのメモの追加 (#15359)
  • @tomswedlund、CosmosDB のアカウント作成および更新で分析ストレージ スキーマの種類を設定するサポートを追加 (#15362)
  • @ylabade、例の Web アプリ パラメーター名を修正 (#15291)

6.1.0 - 2021 年 6 月

Az.Accounts

  • コマンドレット 'Open-AzSurveyLink' を追加しました
  • Connect-AzAccount の入力パラメーターとして証明書ファイルをサポートしました

Az.Aks

  • Automation Runbook で 'Set-AzAks' が失敗する問題を修正しました。 [#15006]

Az.ApplicationInsights

  • 'InputObject' パラメーターを指定して以下のコマンドレットを実行すると、'ResourcegroupName' が欠落する問題を修正しました [#14848]
    • 'Get-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount'
    • 'New-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount'
    • 'Update-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount'
    • 'Remove-AzApplicationInsightsLinkedStorageAccount'

Az.Cdn

  • 'Remove-AzCdnProfile' コマンドレットでプロファイルが欠落する問題を修正しました

Az.Compute

  • 最新の .Net SDK バージョン 47.0.0 を使用するように Compute モジュールを更新しました。

Az.ContainerInstance

  • ファイル共有資格情報の表示を削除しました [#15224]

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.19.0 に更新しました

Az.EventHub

  • 'Get-AzEventHubNamespace' から 'Get-AzEventHub' に対するパイプラインからの入力を受け入れる機能を追加しました。

Az.HDInsight

  • HDInsight での新しい Azure Monitor 機能のサポート:
    • お客様が HDInsight クラスターの Azure Monitor の状態を取得できるように、コマンドレット 'Get-AzHDInsightAzureMonitor' を追加。
    • お客様が HDInsight クラスターの Azure Monitor を有効にすることができるように、コマンドレット 'Enable-AzHDInsightAzureMonitor' を追加。
    • お客様が HDInsight クラスターの Azure Monitor を無効にすることができるように、コマンドレット 'Disable-AzHDInsightAzureMonitor' を追加。

Az.KeyVault

  • 'Get-AzKeyVault' の重複するリスト アイテムを削除しました [#15164]
  • 'SecretManagement' タグを 'Az.KeyVault' モジュールに追加しました [#15173]

Az.Network

  • IP 構成を追加する方法をより安定させるために、ルート サーバー用のコマンドレットを更新しました。
  • 1 つのプライベート リンク リソースを取得する機能のサポートを追加しました。
  • 'New-AzPrivateLinkServiceConnection' に GroupId のより詳細な説明を追加しました
  • AzureFirewallPolicy に対して PrivateRange の設定を有効にするためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzFirewallPolicy'
    • 'Set-AzFirewallPolicy'
  • VirtualNetworkGateway と BgpRouteTranslationForNat に NatRules を追加するためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualNetworkGateway'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGateway'
  • VirtualNetworkGatewayConnection に IngressNatRules と EgressNatRules を追加するためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
  • VirtualNetwork の FlowTimeout の設定を有効にするためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualNetwork'
  • VirtualNetworkGatewayNatRules の取得、作成、更新、削除を行うコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayNatRule'
    • 'Update-AzVirtualNetworkGatewayNatRule'
    • 'Get-AzVirtualNetworkGatewayNatRule'
    • 'Remove-AzVirtualNetworkGatewayNatRule'
  • VirtualNetworkPeering での同期用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Sync-AzVirtualNetworkPeering'
  • 新しいプロパティを追加するためにコマンドレットを更新し、VirtualNetworkPeering の既存のプロパティを再定義しました
    • 'Add-AzVirtualNetworkPeering'
    • 'Get-AzVirtualNetworkPeering'
  • VirtualHub で PreferredRoutingGateway の設定を有効にするためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualHub'
    • 'Update-AzVirtualHub'
  • クライアント証明書の 2 つの読み取り専用プロパティを公開するためにコマンドレットを更新しました。
    • 'Get-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate'

Az.RecoveryServices

  • テナント間 DS 移動を追加しました。
  • 30 日間の時間の範囲に対してのみ復旧ポイントをフェッチする制限を削除しました。
  • 新しいリージョンに対して CRR を有効にしました。

Az.Resources

  • デプロイのテスト時にデプロイに名前を付けることができるようになりました [#11497]

Az.SignalR

  • 'Update-AzSignalRNetworkAcl' コマンドレットの 'Allow' および 'Deny' パラメーターに対して変更を行いました。
    • 有効な値として 'Trace' を承認しました。
    • リストをクリアする空のコレクションとして '@()' を承認しました。
  • 該当するコマンドレットで 'ResourceGroupCompleter' と 'ResourceNameCompleter' をサポートしました。
  • 次のコマンドレットの出力の種類 'PSSignalRResource' の 'HostNamePrefix' プロパティを非推奨にしました。
    • 'Get-AzSignalR'
    • 'New-AzSignalR'
    • 'Update-AzSignalR'

Az.Sql

  • 'New-AzSqlInstance' および 'Set-AzSqlInstance' コマンドレットで、Managed Instance のメンテナンス構成 ID の短縮バージョンをサポートするオプションを追加しました
  • HighAvailabilityReplicaCount を 'New-AzSqlDatabaseSecondary' に追加しました
  • AzSqlServer と AzSqlInstance に外部管理者と Microsoft Entra のみのプロパティを追加しました
    • 'New-AzSqlInstance' および 'Set-AzSqlInstance' コマンドレットで '-ExternalAdminName'、'-ExternalAdminSid'、'-EnableActiveDirectoryOnlyAuthentication' を指定するオプションを追加しました
    • 'Get-AzSqlServer' および 'Get-AzSqlInstance' コマンドレットで '-ExpandActiveDirectoryAdministrator' を使用して外部管理者情報を展開するオプションを追加しました
  • 指定されていない場合に既定の ReadScale が Disabled にならないように 'Set-AzSqlDatabase' を修正しました
  • ID と null のプロパティのみを含む部分的な PUT 向けに 'Set-AzSqlServer' と 'Set-AzSqlInstance' を修正しました
  • 'New-AzSqlServer'、'New-AzSqlInstance'、'Set-AzSqlServer'、および 'Set-AzSqlInstance' コマンドレットに UMI に関連するパラメーターを追加しました。
  • 次のコマンドレットに -AutoRotationEnabled パラメーターを追加しました。
    • 'Set-AzSqlServerTransparentDataEncryptionProtector'
    • 'Get-AzSqlServerTransparentDataEncryptionProtector'
    • 'Set-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector'
    • 'Get-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector'

Az.Storage

  • NFS または SMB が有効な EnabledProtocol と RootSquash を指定したファイル共有の作成と、RootSquash を指定した共有の更新をサポートしました
    • 'New-AzRmStorageShare'
    • 'Update-AzRmStorageShare'
  • ファイル サービスでの SMB マルチチャネルの有効化をサポートをしました
    • 'Update-AzStorageFileServiceProperty'
  • Oauth 資格情報を使用して同じアカウント内で BLOB をコピーするときに、匿名の資格情報を含むアクセス ソースによる同じアカウント内のコピーに関する問題を修正しました
  • ストレージ アカウントの作成または更新で、パラメーター DefaultSharePermission の値セットから StorageFileDataSmbShareOwner を削除しました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'

Az.Websites

  • 'Remove-AzWebAppAccessRestrictionRule' で名前および一意識別子による規則の削除を妨げていた問題を修正しました
  • 'Set-AzWebAppSlot' で AlwaysOn が既定で false になる問題を修正しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Andy Roberts (@andyr8939)、使用されていない TimeGrain 変数を例から削除 (#15062)
  • Ashley Roll (@AshleyRoll)、Write-Host によるファイル共有資格情報の漏えいを解消 (#15225)
  • Kailash Mandal (@KaishM)、New-AzPublicIpAddress.md を更新 (#15040)
  • Olivier Miossec (@omiossec)、Get-AzExpressRouteCircuitRouteTable.md を更新 (#15054)
  • Scott (@S-T-S)、Set-AzNetworkInterface.md を更新 (#15112)
  • @sohaibMSFT、Application Gateway の自動スケーリングの例 (#15071)
  • @Srihsu、Split-AzReservation.md を更新 (#15049)
  • @srozemuller、resourcegroup パラメーター例の入力ミス (#15146)

6.0.0 - 2021 年 5 月

Az 6.0.0 (Az.Accounts 2.3.0) は、Windows PowerShell 5.1、PowerShell 7.0 バージョン 7.0.6 以降、および PowerShell 7.1 バージョン 7.1.3 以降でのみサポートされています。 https://aka.ms/install-powershell を開くと、アップグレード方法を確認できます。 詳細については、https://aka.ms/azpslifecycle にアクセスしてください。

Az.Accounts

  • Azure.Identity を 1.4 に、MSAL を 4.30.1 にアップグレードしました
  • コマンドレット 'Connect-AzAccount' の古いパラメーター 'ManagedServiceHostName'、'ManagedServicePort'、および 'ManagedServiceSecret' を削除しました。代わりに環境変数 'MSI_ENDPOINT' と 'MSI_SECRET' を使用できます
  • サービス プリンシパルのシークレットを非表示にするように PSAzureRmAccount の表示形式をカスタマイズします [#14208]
  • データ プレーン機能の強化された認証をサポートするために、省略可能なパラメーター 'AuthScope' を 'Connect-AzAccount' に追加しました
  • 環境変数で再試行回数を設定します [#14748]
  • サブジェクト名の発行者認証をサポートしました

Az.Compute

  • PowerShell を使用した VM へのパッチ インストールをサポートするために、'Invoke-AzVmInstallPatch' を追加しました。
  • 最新の .Net SDK バージョン 46.0.0 を使用するように Compute モジュールを更新しました。
  • 次のコマンドレットに省略可能なパラメーター '-EdgeZone' を追加しました。
    • 'Get-AzVMImage
    • 'Get-AzVMImageOffer'
    • 'Get-AzVMImageSku'
    • 'New-AzDiskConfig'
    • 'New-AzImageConfig'
    • 'New-AzSnapshotConfig'
    • 'New-AzVM'
    • 'New-AzVmssConfig'
    • 'New-AzVMSS'

Az.ContainerInstance

  • 新しいコマンドレットを追加しました: 'Start-AzContainerGroup'、'Stop-AzContainerGroup' [#10773]、'Invoke-AzContainerInstanceCommand' [#7648]、'Update-AzContainerGroup'、'Add-AzContainerInstanceOutput'、'Get-AzContainerInstanceCachedImage'、'Get-AzContainerInstanceCapability'、'Get-AzContainerInstanceUsage'、'New-AzContainerGroupImageRegistryCredentialObject'、'New-AzContainerGroupPortObject'、'New-AzContainerGroupVolumeObject'、'New-AzContainerInstanceEnvironmentVariableObject'、'New-AzContainerInstanceInitDefinitionObject'、'New-AzContainerInstanceObject'、'New-AzContainerInstancePortObject' および 'New-AzContainerInstanceVolumeMountObject'
  • 'New-AzContainerGroup' で Log Analytics のパラメーターをサポートします [#11117]
  • 'New-AzContainerGroup' でネットワーク プロファイルと Azure ファイル共有の名前を指定するサポートを追加しました [#9993] [#12218]
  • 環境変数を SecureValue として指定するサポートを追加しました [#10110] [#10640]

Az.ContainerRegistry

  • 'Import-AzContainerRegistryImage' のユーザー名とパスワードの問題を修正しました [#14971]
  • 単一の PowerShell セッションでクロス レジストリに失敗したデータ プレーン操作 (リポジトリ、タグ、マニフェスト) を修正しました [#14849]

Az.CosmosDB

  • SQL データ プレーン RBAC のサポートが導入され、ロール定義とロールの割り当ての作成、更新、削除、取得が可能になりました
    • 次のコマンドレットが追加されました。
      • Get-AzCosmosDBSqlRoleDefinition、Get-AzCosmosDBSqlRoleAssignment、
      • New-AzCosmosDBSqlRoleDefinition、New-AzCosmosDBSqlRoleAssignment、
      • Remove-AzCosmosDBSqlRoleDefinition、Remove-AzCosmosDBSqlRoleAssignment、
      • Update-AzCosmosDBSqlRoleDefinition、Update-AzCosmosDBSqlRoleAssignment、
      • New-AzCosmosDBSqlPermission

Az.DesktopVirtualization

  • API バージョンを 2021-02-01-preview にアップグレードしました。

Az.Functions

  • Python 3.9 および Node 14 関数アプリの関数アプリ作成のサポートを追加しました
  • V2、Python 3.6、Node 8、および Node 10 関数アプリの関数アプリ作成のサポートを削除しました
  • Update-AzFunctionApp で IdentityID パラメーターを文字列から文字列配列に更新しました。 これは、文字列配列として同じパラメーターを持つ New-AzFunctionApp と整合性を持たせるためです
  • 無効な Functions バージョンの FullyQualifiedErrorId を FunctionsVersionIsInvalid から FunctionsVersionNotSupported に更新しました
  • Node.js 関数アプリを作成するときに、ランタイム バージョンが指定されていない場合、既定のランタイム バージョンは 12 ではなく 14 に設定されます

Az.KeyVault

  • RSA キーのキー サイズを提供しました [#14819]

Az.Kusto

  • API バージョンを安定した 2021-01-01 へアップグレードしました

Az.Maintenance

  • API バージョンを安定した 2021-05-01 へアップグレードしました

Az.Migrate

  • Initialize-AzMigrateReplicationInfrastructure.ps1 の問題を修正しました

Az.Network

  • saDataSizeKilobytes パラメーターに 0 の値を渡すのを許可する検証を更新しました
    • 'New-AzureRmIpsecPolicy'
  • 次のコマンドレットに省略可能なパラメーター '-EdgeZone' を追加しました。
    • 'New-AzNetworkInterface'
    • 'New-AzPublicIpAddress'
    • 'New-AzVirtualNetwork'

Az.RecoveryServices

  • SQL 復元に関するセキュリティの問題を修正しました。これは必要な破壊的変更です。 TargetContainer は、代替場所への復元で必須になります。
  • Set-AzRecoveryServicesBackupProperties コマンドレット 別名を削除しました。Set-AzRecoveryServicesBackupProperty がサポートされています。
  • Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetails コマンドレット別名を削除しました。Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetail がサポートされています。
  • サブスクリプション間 DS Move のサポートを追加しました。
  • コントロール プレーンとして RCM を使用する VMware から Azure へのディザスター リカバリー シナリオに対する Azure Site Recovery のサポート。

Az.Resources

  • 'New-AzADApplication' の '-IdentifierUris' を省略可能なパラメーターに変更しました
  • 'New-AzADServicePrincipal' によって作成された ADApplication で生成される 'DisplayName' を削除しました
  • GA TemplateSpecs API バージョンを使用するように SDK を 3.13.1-preview に更新しました
  • PSADUser と PSADGroup に 'AdditionalProperties' を追加しました [#14568]
  • 'New-AzADAppCredential' および 'Get-AzADAppCredential' で 'CustomKeyIdentifier' をサポートします [#11457]、[#13723]
  • テンプレート スペック バージョンの既定のフォーマッタで表示される 'MainTemplate' を変更しました

Az.SecurityInsights

  • Az.SecurityInsights の GA リリース

Az.ServiceFabric

  • 非推奨のクラスター証明書コマンドを削除しました。
    • 'Add-AzServiceFabricClusterCertificate'
    • 'Remove-AzServiceFabricClusterCertificate'
  • sdk から直接 properties パラメーターを使用しないように PSManagedService モデルを変更しました。
  • 管理対象コマンドレットの非推奨パラメーターを削除しました。
    • 'ReverseProxyEndpointPort'
    • 'InstanceCloseDelayDuration'
    • 'ServiceDnsName'
    • 'InstanceCloseDelayDuration'
    • 'DropSourceReplicaOnMove'
  • クラスター リソース上のプライマリ ノード タイプの VM インスタンス数を正しく更新するように 'Update-AzServiceFabricReliability' を修正しました。

Az.Sql

  • 'Set-AzSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentRuleBaseline' ドキュメントを更新し、1 つの内部配列を持つ配列の define array の例を含めました。
  • コマンドレット 'Copy-AzSqlDatabaseLongTermRetentionBackup' を追加しました
    • LTR バックアップを別のサーバーにコピーします
  • コマンドレット 'Update-AzSqlDatabaseLongTermRetentionBackup' を追加しました
    • LTR バックアップのバックアップ ストレージ冗長性の値を更新します
  • CurrentBackupStorageRedundancy、RequestedBackupStorageRedundancy を 'Get-AzSqlDatabase'、'New-AzSqlDatabase'、'Set-AzSqlDatabase'、'New-AzSqlDatabaseSecondary'、'Set-AzSqlDatabaseSecondary'、'New-AzSqlDatabaseCopy' に追加しました
    • BackupStorageRedundancy の値を CurrentBackupStorageRedundancy、RequestedBackupStorageRedundancy に変更し、現在の値と変更が行われた場合に要求された内容の両方を反映するようにしました

Az.Storage

  • ファイル共有のスナップショットをサポートします
    • 'New-AzRmStorageShare'
    • 'Get-AzRmStorageShare'
    • 'Remove-AzRmStorageShare'
  • スナップショットを使用したファイル共有の削除 (リースおよびリース以外) をサポートします。既定では、共有にスナップショットがある場合、ファイル共有の削除は失敗します
    • 'Remove-AzRmStorageShare'
  • BLOB インベントリ ポリシーの設定、取得、削除をサポートします
    • 'New-AzStorageBlobInventoryPolicyRule'
    • 'Set-AzStorageBlobInventoryPolicy'
    • 'Get-AzStorageBlobInventoryPolicy'
    • 'Remove-AzStorageBlobInventoryPolicy'
  • ストレージ アカウントの作成、更新で DefaultSharePermission をサポートします
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • ストレージ アカウントの作成、更新で AllowCrossTenantReplication をサポートします
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • ストレージ アカウント リソース ID として SourceAccount/DestinationAccount を使用するオブジェクト レプリケーション ポリシーの設定をサポートします
    • 'Set-AzStorageObjectReplicationPolicy'
  • SasExpirationPeriod を TimeSpan.Zero に設定することをサポートします
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount
  • アカウント資格情報を作成するときに、正しいアカウント名が使用されていることを確認します
    • 'New-AzStorageContext'

Az.StorageSync

  • 'Invoke-AzStorageSyncFileRecall' を非推奨にしました
    • 代わりに、Azure File Sync エージェントに付属しているコマンドレット 'Invoke-StorageSyncFileRecall' を使用する必要があります。
  • 'New-AzStorageSyncServerEndpoint' のオフライン データ転送機能を削除しました。

Az.StreamAnalytics

  • API バージョンを 2017-04-01-preview にアップグレードしました。
  • StreamAnalytics クラスターのサポートを追加しました

Az.Websites

  • 新しいタグを追加するときに既存のタグを保持するように 'Set-AzAppServicePlan' を更新しました
  • AppSettings を設定するように 'Set-AzWebApp' を修正しました
  • FtpsState を設定するように 'Set-AzWebAppSlot' を更新しました
  • StaticSites のサポートを追加しました。

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @corichte、New-AzVirutalNetworkGatewayConnection 例 1 の更新 (#14858)
  • Hiroshi Yoshioka (@hyoshioka0128)
    • タイプミス "Azure SQL database"→"Azure SQL Database" (#14883)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14891)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14892)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14902)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14901)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14900)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14898)
    • タイプミス "Azure SQL managed instance"→"Azure SQL Managed Instance" (#14899)
  • Jay Zelos (@jzelos)、正しいパラメーターを使用するように例 3 を更新しました (#14852)
  • @StevePantol、New-AzVMwarePrivateCloud.md を更新 (#14996)

5.9.0 - 2021 年 5 月

Az.Aks

  • "Set-AzAksCluster" での "AcrNameToAttach" のサポートを追加しました。 [#14692]
  • "Set-AzAksCluster" での "AcrNameToDetach" のサポートを追加しました。 [#14693]
  • 既存の AKS クラスターの ServicePrincipal をリセットする "Set-AzAksClusterCredential" を追加しました。

Az.Automation

  • ユーザー割り当て ID と PublicNetworkAccess フラグのサポートを追加しました。

Az.Cdn

  • 新しい AFD Premium/Standard SKU をサポートするコマンドレットを追加しました。

Az.Compute

  • 2 パス (Microsoft Entra ID 入力パラメーターのあるバージョン) から 1 パス (Microsoft Entra ID 入力パラメーターのないバージョン) への ADE 拡張機能の移行をサポートする "Set-AzVMDiskEncryptionExtension" コマンドレットを更新しました。
    • 移行ワークフローをトリガーするスイッチ パラメーター "-Migrate" を追加しました。
    • 2 つのパスの ADE からの移行後に障害が発生した VM の復旧ワークフローをトリガーするスイッチ パラメーター "-MigrationRecovery" を追加しました。

Az.DataFactory

  • Data Factory にユーザー割り当て ID を追加しました。
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.18.0 に更新しました。

Az.FrontDoor

  • Enable-AzFrontDoorCustomDomainHttps の SecretVersion パラメーターは、独自の証明書の持ち込みの自動ローテーションをサポートするために省略可能になりました。

Az.KeyVault

  • 現在のバージョンが無効になっている場合の "Get-AzKeyVaultSecret -IncludeVersions" のバグを修正しました [#14740]
  • 消去されたシークレットを更新するときにエラー コードとメッセージが表示されます [#14800]

Az.RecoveryServices

  • Azure Site Recovery で、Azure から Azure プロバイダーへの NIC ごとの複数の IP をサポートします。
  • Azure Site Recovery で、VMware から Azure および HyperV から Azure プロバイダーへの SqlServerLicenseType をサポートします。
  • Azure Site Recovery で、VMware から Azure および HyperV から Azure プロバイダーへの可用性セットをサポートします。
  • Azure Site Recovery で、VMware から Azure および HyperV から Azure プロバイダーへの TargetVmSize をサポートします。
  • Azure Site Recovery で、VMware から Azure および HyperV から Azure プロバイダーへの ResourceTagging をサポートします。
  • Azure Site Recovery で、Azure から Azure プロバイダーへの仮想マシン スケール セットをサポートします。
  • アンマネージド ディスク VM をマネージド ディスクとして復元するためのサポートを追加しました。

Az.Resources

  • "New-AzRoleAssignment" のパラメーター "ObjectType" を追加しました。

Az.ServiceFabric

  • マネージド クラスターのコマンドで、Service Fabric リソース プロバイダー API バージョン 2021-05-01 を使用する Service Fabric マネージド クラスター SDK バージョン 1.0.0 を使用するようにアップグレードしました。
  • "New-AzServiceFabricManagedCluster" によって UpgradeCadence および ZonalResiliency パラメーターが追加されました。
  • "New-AzServiceFabricManagedNodeType" によって DiskType、VmUserAssignedIdentity、IsStateless、および MultiplePlacementGroup パラメーターが追加されました。
  • "New-AzServiceFabricManagedClusterService" と "Set-AzServiceFabricManagedClusterService" では、非推奨のパラメーターとして InstanceCloseDelayDuration、DropSourceReplicaOnMove、および ServiceDnsName がマークされます。 それらはサポートされていません。

Az.ResourceMover

  • "Az.ResourceMover" モジュールの一般提供

Az.Storage

  • KeyExpirationPeriod と SasExpirationPeriod を使用するストレージ アカウントの作成/更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • ユーザー割り当て ID を使用した KeyVault 暗号化とアクセス KeyVault を使用したストレージ アカウントの作成/更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • ストレージ アカウントの作成で EdgeZone をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
  • 変更できない BLOB を削除したときに正しくないメッセージが表示される問題を修正しました。
    • 'Remove-AzStorageAccount'
  • キーの自動ローテーションを有効にするために Keyversion をクリーンアップすることで、ストレージ アカウントの KeyVault プロパティを更新できるようになりました [#14769]
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • 今後のコマンドレットの破壊的変更に関する破壊的変更の警告メッセージを追加しました
    • 'Remove-AzRmStorageShare'

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Thomas Lee (@doctordns)、Get-AzEnvironment.md を更新 (#14704)
  • Fabian (@FullByte)、パラメーターが間違っている例 (入力ミス) (#14743)
  • @gradinDotCom、Get-AzNetworkWatcherNextHop.md の更新 (#14813)
  • Dr Greg Low (@greglow-sdu)、Get-AzSqlServerDnsAlias.md を更新 (#14737)
  • Prateek Singh (@PrateekKumarSingh)
    • 入力ミスの修正 (#14779)
    • 入力ミスの修正 (#14773)
  • Remco Eissing (@remcoeissing)
    • Restore-AzApiManagement の入力ミスを修正 (#14770)
    • New-AzPolicyExemption を使用する例 2 (#14716)
  • @sharma224
    • ユーザー ID の変更 (#14803)
    • 顧客マネージド キーをサポート (#14680)
  • Yannick Dils (@yannickdils)、場所の説明を更新 (#14719)

5.8.0 - 2021 年 4 月

Az.Accounts

  • 現在の既定のコンテキスト キーが無効な 'Default' の場合、最初の有効なコンテキストにフォールバックします

Az.Automation

  • システム割り当て ID によるカスタマー マネージド キー暗号化のサポートが追加されました
  • 同じ名前でスケジュールが再作成された場合に、更新プログラムの展開のスケジュールが無効になる問題を修正しました

Az.Compute

  • Remove-AzVmssDataDisk で VMSS に 1 つのデータ ディスクが接続されている場合のバグを修正しました [#13368]
  • TrustedLaunch 関連のコマンドレットをサポートする以下の新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Set-AzVmSecurityProfile'
    • 'Set-AzVmUefi'
    • 'Set-AzVmssSecurityProfile'
    • 'Set-AzVmssUefi'
  • New-AzVM コマンドレットの Size パラメーターの既定値を Standard_DS1_v2 から Standard_D2s_v3 に編集しました。

Az.ContainerRegistry

  • "Get-AzContainerRegistryManifest" で誤ったイメージ名が表示されるバグを修正しました

Az.HDInsight

  • お客様が関連パラメーター '-WorkerNodeSize'、'-HeadNodeSize'、'-ZookeeperNodeSize'、'-EdgeNodeSize'、'-KafkaManagementNodeSize' を指定していない場合の、バックエンドからの既定の vmsize 取得をサポートしました。

Az.HealthcareApis

  • Acr LoginServers のサポートを追加しました

Az.KeyVault

  • シークレットが見つからない場合の 'Get-AzKeyVaultSecret -AsPlainText' のバグを修正しました [#14645]

Az.Migrate

  • 検出されたサーバーの取得およびレプリケーション インフラストラクチャの初期化のコマンドレットでヌル参照のバグを修正しました。

Az.Monitor

  • サブスクリプションの診断設定カテゴリを取得するコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzSubscriptionDiagnosticSettingCategory'
  • 新しいパラメーター SubscriptionId を使用したサブスクリプション診断設定の操作をサポートしました
    • 'Get-AzDiagnosticSetting'
    • 'New-AzDiagnosticSetting'
    • 'Remove-AzDiagnosticSetting'
  • メトリック警告ルールのプロパティで 'AutoMitigate' パラメーターをサポートしました。 このフラグは、警告を自動解決するかどうかを示します。

Az.Resources

  • 'IdentifierUris' パラメーターの値には検証済みドメインが必要なため、以下のコマンドレットに今後の破壊的変更に関する警告を追加しました。
    • 'New-AzADApplication'
    • 'Update-AzADApplication'
    • 'New-AzADServicePrincipal'
    • 'Update-AzADServicePrincipal'
  • 終了コードが 0 に等しい場合、エラー ストリームの Bicep 警告メッセージを無視しました。

Az.Sql

  • 次のコマンドレットの出力に、破壊的変更の警告を追加しました。
    • 'New-AzSqlDatabase'
    • 'Get-AzSqlDatabase'
    • 'Set-AzSqlDatabase'
    • 'Remove-AzSqlDatabase'
    • 'New-AzSqlDatabaseSecondary'
    • 'Remove-AzSqlDatabaseSecondary'
    • 'Get-AzSqlDatabaseReplicationLink'
    • 'New-AzSqlDatabaseCopy'
    • 'Set-AzSqlDatabaseSecondary'

Az.Storage

  • ソース コンテキストが Oauth として BLOB のコピーが失敗する問題を修正しました [#14662]
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'

Az.StreamAnalytics

  • パラメーターに対する今後の変更のために、今後の破壊的変更に関する警告メッセージをすべてのコマンドレットに追加しました。

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Andrei Zhukouski (@BurgerZ)、入力ミスを修正 (#14575)
  • Mark Allison (@markallisongit)、Invoke-AzSqlInstanceFailover.md を更新 (#14603)

5.7.0 - 2021 年 3 月

Az.Accounts

  • Windows PowerShell の正しくない警告メッセージを修正しました [#14556]
  • 環境を検出するときに、'AzureKeyVaultDnsSuffix' の値に従って、環境変数 'AzureKeyVaultServiceEndpointResourceId' を設定します

Az.Automation

  • パラメーターを使用して Python3 Runbook を開始する際の問題を修正しました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.15.0 に更新しました

Az.EventHub

  • 'New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken' によって無効なトークンが返されることを修正しました。 [#12975]

Az.IotHub

  • IoT Hub 管理 SDK とモデルをバージョン 3.0.0 (API バージョン 2020-03-01) に更新しました

Az.KeyVault

  • 'Export-AzKeyVaultSecurityDomain' 用に予定されている新しい API 設計をサポートしました
  • コマンドレット メッセージのいくつかの入力ミスを修正しました [#14341]

Az.Network

  • 今後、古い製品名 'virtual router' を新しい名前 'route server' に置き換える新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzRouteServerPeerAdvertisedRoute'
    • 'Get-AzRouteServerPeerAdvertisedRoute'
    • 古いコマンドレットに非推奨属性の警告を追加しました。
  • -MaxScaleUnits を指定せずにパラメーター -MinScaleUnits を使用できるように 'set-azExpressRouteGateway' を更新しました
  • VpnSiteLinkConnections で VpnLinkConnectionMode の設定を有効にするためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVpnSiteLinkConnection'
    • 'Update-AzVpnConnection'
  • VPN サイト リンク接続の IKE セキュリティ アソシエーションをフェッチするための新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-VpnSiteLinkConnectionIkeSa'
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイ接続をリセットするための新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Reset-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
  • VPN サイト リンク接続をリセットするための新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Reset-VpnSiteLinkConnection'
  • 省略可能なパラメーター -TrafficSelectorPolicies の設定を有効にするためにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVpnConnection'
    • 'Update-AzVpnConnection'
  • vpnServerConfiguration の更新のバグ修正。
  • P2S マルチ認証 VWAN の シナリオ テスト を追加。
  • VNG のマルチ認証機能のサポートを追加しました
    • 'Get-AzVpnClientConfiguration'
    • 'New-AzVirtualNetworkGateway'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGateway'

Az.RecoveryServices

  • マネージド仮想マシンのクロスゾーン復元を追加しました。

Az.RedisEnterpriseCache

  • Az.RedisEnterpriseCache の GA バージョン

Az.Resources

  • Bicep メッセージを詳細ストリームにリダイレクトしました
  • Bicep テンプレート ファイルを一時フォルダーにコピーするロジックを削除しました。
  • ポリシー除外リソースの種類のサポートを追加
  • '-QueryString' パラメーターを使用する場合の what-if 機能を修正しました。
  • 動的パラメーターを含むシナリオで、'?' で始まる '-QueryString' を正規化しました。

Az.ServiceBus

  • 'New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken' によって無効なトークンが返されることを修正しました。 [#12975]

Az.ServiceFabric

  • パラメーター 'VMImagePublisher'、'VMImageOffer'、'VMImageSku'、'VMImageVersion' を 'Add-AzServiceFabricNodeType' に追加しました。これにより、新しいノード タイプに対して代替 OS イメージを簡単に作成できます。
  • パラメーター 'IsPrimaryNodeType' を Add-AzServiceFabricNodeType' に追加しました。これにより、OS の移行時にプライマリ ノード タイプを別のものに切り替えるために、追加のプライマリ ノード タイプを作成できます。
  • 'Add-AzServiceFabricNodeType' が LinuxDiagnostic 拡張機能を正しくコピーするようになりました。 これは、以前は Linux では機能していませんでした。
  • 'Add-AzServiceFabricNodeType' が RDP/SSH ロード バランサーの受信 NAT ポート マッピングを新しいノード タイプに正しくコピーするようになりました。
  • 'New-AzServiceFabricCluster' を使用して Ubuntu 18.04 クラスターを作成するための 'UbuntuServer1804' のテンプレートを追加しました。
  • 'Remove-AzServiceFabricNodeType' は、ブロンズ持続性ノード タイプの削除を誤ってブロックしていました。これは、SF ノード タイプと VMSS 設定の間でブロンズ持続性レベルが異なる場合にのみブロックするように更新されました。
  • 配信された SF ランタイム パッケージの種類を更新するためのコマンドレット 'Update-AzServiceFabricVmImage' を追加しました。 これは、Ubuntu 16 から 18 への移行時に変更する必要があります。
  • クラスター ノード タイプのプロパティを更新するためのコマンドレット 'Update-AzServiceFabricNodeType' を追加しました。 現時点では、これは、ブール値のパラメーター '-IsPrimaryNodeType False' を使用してノード タイプがプライマリであるかどうかを更新するためにのみ使用されます。
  • クラスターに複数のプライマリ ノード タイプがある場合、'Update-AzServiceFabricReliability' で信頼性レベルを更新できるようになりました。 これを行うには、ノード タイプの名前を、新しい -NodeType パラメーターを使用して指定します。
  • マネージド アプリケーション用の新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzServiceFabricManagedClusterApplication'
    • 'Get-AzServiceFabricManagedClusterApplication'
    • 'Set-AzServiceFabricManagedClusterApplication'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedClusterApplication'
    • 'New-AzServiceFabricManagedClusterApplicationType'
    • 'Get-AzServiceFabricManagedClusterApplicationType'
    • 'Set-AzServiceFabricManagedClusterApplicationType'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedClusterApplicationType'
    • 'New-AzServiceFabricManagedClusterApplicationTypeVersion'
    • 'Get-AzServiceFabricManagedClusterApplicationTypeVersion'
    • 'Set-AzServiceFabricManagedClusterApplicationTypeVersion'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedClusterApplicationTypeVersion'
    • 'New-AzServiceFabricManagedClusterService'
    • 'Get-AzServiceFabricManagedClusterService'
    • 'Set-AzServiceFabricManagedClusterService'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedClusterService'
  • マネージド クラスターのコマンドで、Service Fabric リソース プロバイダー API バージョン 2021-01-01-preview を使用する Service Fabric マネージド クラスター SDK バージョン 1.0.0-beta.1 を使用するようにアップグレードしました。

Az.Sql

  • コマンドレット 'New-AzSqlServerTrustGroup' を追加しました
  • コマンドレット 'Remove-AzSqlServerTrustGroup' を追加しました
  • コマンドレット 'Get-AzSqlServerTrustGroup' を追加しました

Az.Storage

  • リソース グループのアカウントの一覧で nextlink が使用されない問題を修正しました
    • 'Get-AzStorageAccount'
  • Blob service で ChangeFeed を有効にするときの ChangeFeedRetentionInDays をサポートしました
    • 'Update-AzStorageBlobServiceProperty'

Az.Websites

  • サポートされているすべてのサービス タグを許可し、Service Tag API に対して検証するために、'Add-AzWebAppAccessRestrictionRule' を更新しました。

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Freddie Sackur (@fsackur)、New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken および New-AzEventHubAuthorizationRuleSASToken からの無効な SAS トークンを修正 (#14535)
  • Serafín Martín (@infoTrainingym)、不明のパラメーター (#14515)
  • João Carlos Ferra de Almeida (@Jalmeida1994)、Get-AzAksNodePool.md を更新 (#14503)
  • Liam Barnett (@liambarnett)、ドキュメント内の 3 つの入力ミスを修正 (#14335)
  • @sbojjawar-Msft。Set-AzSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentRuleBaseline.md を更新 (#14432)
  • Yannick Dils (@yannickdils)、get-azloadbalancer からリソース グループを削除し、結果としてリージョン/ゾーンを更新 (#14417)

5.6.0 - 2021 年 3 月

Az.Accounts

  • ADFS の資格情報が使用された場合に Connect-AzAccount が失敗する問題を修正するために Azure.Identity をアップグレードします [#13560]

Az.Automation

  • 文字列を正しくシリアル化できないという問題を修正しました。 [#14215]
  • Python3 Runbook の種類のサポートを追加しました

Az.Compute

  • Windows マシン用の 'Set-AzVMOperatingSystem' コマンドレットにパラメーター '-EnableHotpatching' を追加しました。
  • コマンドレット 'Set-AzVMOperatingSystem' の Linux パラメーター セットにパラメーター '-PatchMode' を追加しました。
  • [破壊的変更] VM ゲスト パッチ適用機能のパブリック プレビューのユーザーに対する破壊的変更。
    • 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.LastPatchInstallationSummary' オブジェクトからプロパティ 'RebootStatus' を削除しました。
    • 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.LastPatchInstallationSummary' オブジェクトからプロパティ 'StartedBy' を削除しました。
    • 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.VirtualMachineSoftwarePatchProperties' オブジェクトのプロパティ 'Kbid' を 'KbId' に名前変更しました。
    • 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.VirtualMachineAssessPatchesResult' オブジェクトのプロパティ 'patches' を 'availablePatches' に名前変更しました。
    • オブジェクト 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.SoftwareUpdateRebootBehavior' を 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.VMGuestPatchRebootBehavior' に名前変更しました。
    • オブジェクト 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.InGuestPatchMode' を 'Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.WindowsVMGuestPatchMode' に名前変更しました。
  • [破壊的変更] すべての 'ContainerService' コマンドレットを削除しました。 Container Service API は 2020 年 1 月に非推奨となりました。
    • 'Add-AzContainerServiceAgentPoolProfile'
    • 'Get-AzContainerService'
    • 'New-AzContainerService'
    • 'New-AzContainerServiceConfig'
    • 'Remove-AzContainerService'
    • 'Remove-AzContainerServiceAgentPoolProfile'
    • 'Update-AzContainerService'

Az.ContainerRegistry

  • Connect-AzContainerRegistry の認証を修正しました

Az.CosmosDB

  • データベース アカウント コマンドレット用に NetworkAclBypass と NetworkAclBypassResourceIds を導入しました。
  • Update-AzCosmosDBAccount に ServerVersion パラメーターを導入しました。
  • データベース アカウント コマンドレット用に BackupInterval と BackupRetention を導入しました。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.14.0 に更新しました

Az.Migrate

  • Az.Migrate GA
  • 現在実行されている外部スクリプトから、Az.Migrate モジュールのコマンドレットとして Initialize-AzMigrateReplicationInfrastructure を組み込みました。
  • New-AzMigrateServerReplication と New-AzMigrateDiskMapping のいくつかのパラメーターを大文字と小文字を区別しないようにしました。
  • 新しい V3 キーを処理するための、スケーリング アプライアンス変更のサポートを追加しました。

Az.RecoveryServices

  • FileShare 復元でターゲット ストレージ アカウントの null チェックを追加しました。

Az.Resources

  • Bicep 言語での Azure リソース デプロイのサポートを追加しました。
  • 'New-AzTenantDeployment' と 'New-AzManagementGroupDeployment' の TemplateSpec デプロイに関する問題を修正しました
  • 'Test-Az*Deployments' コマンドレットに '-QueryString' パラメーターのサポートを追加しました
  • 'New-Az*Deployments' が '-QueryString' と共に使用されている場合の動的パラメーターに関する問題を修正しました
  • 'New-Az*Deployments' コマンドレットで '-TemplateSpecId' パラメーターを使用する際の '-TemplateParameterObject' パラメーターのサポートを追加しました
  • 存在しないテンプレートの仕様をデプロイしようとしたときに受信する不正確なエラー メッセージを修正しました

Az.Storage

  • 新しい API バージョン 2021-01-01 をサポートするために、Microsoft.Azure.Management.Storage 19.0.0 にアップグレードしました。
  • NetworkRuleSet でリソース アクセス規則をサポートしました
    • 'Update-AzStorageAccountNetworkRuleSet'
    • 'Add-AzStorageAccountNetworkRule'
    • 'Remove-AzStorageAccountNetworkRule'
  • 管理ポリシーで BLOB バージョンと追加 BLOB の種類をサポートしました
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'
    • 'New-AzStorageAccountManagementPolicyFilter'
    • 'Set-AzStorageAccountManagementPolicy'
  • AllowSharedKeyAccess でアカウントの作成および更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • RequireInfrastructureEncryption で暗号化スコープの作成をサポートしました
    • 'New-AzStorageEncryptionScope'
  • 暗号化スコープを使用した、ブロック BLOB の同期的なコピーをサポートしました
    • 'Copy-AzStorageBlob'
  • Linux と MacOS で Get-AzStorageBlobContent が間違ったディレクトリ区切り文字を使用する問題を修正しました [#14234]

Az.Websites

  • 'Publish-AzWebApp' のカスタム タイムアウトを指定するオプションを導入しました
  • App Service Environment のサポートを追加しました
    • 'New-AzAppServiceEnvironment'
    • 'Remove-AzAppServiceEnvironment'
    • 'Get-AzAppServiceEnvironment'
    • 'New-AzAppServiceEnvironmentInboundServices'

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @alunmj、軽微なスペル、書式設定の変更 (#14155)
  • @chakra146、Add-AzLoadBalancerInboundNatPoolConfig.md を更新 (#14231)
  • Martin Ehrnst (@ehrnst)、コマンドレットの入力ミスを修正 (#14112)
  • Jan David Narkiewicz (@jdnark)
    • レガシ コマンドレットであり、New-AzAksCluster のエイリアスである New-AzAks が例で使用されていました。 このドキュメント ページで対象とするコマンドレットである New-AzAksCluster を使用するように例を変更しました。 (#14088)
    • 入力ミスの修正: SshKeyVaule を SshKeyValue に変更しました (#14087)
  • Ivan Kulezic (@kukislav)、sql mi のメンテナンス構成例を追加 (#14216)
  • @webguynj、Set-AzNetworkSecurityRuleConfig.md を更新 (#14176)
  • Yannick Dils (@yannickdils)、ロード バランサーに変更を適用する例にコマンドラインを追加 (#14185)

5.5.0 - 2021 年 2 月

Az.Accounts

  • 例外で CloudError コードを追跡します
  • 'Clear-AzContext' が実行されたときに 'ContextCleared' イベントを発生させます

Az.Aks

  • コマンドレット エラーのエラー メッセージを改善しました。
  • 例外処理を、Azure PowerShell 関連の例外を使用するようにアップグレードしました。
  • 提供されたサービス プリンシパルを使用してユーザーが Kubernetes クラスターを作成できないという問題を修正しました。 [#13938]

Az.Automation

  • 'PSCustomObject' および 'Array ' の処理の問題が修正されました。

Az.Compute

  • パラメーター '-EnableAutomaticUpgrade' を 'Set-AzVmExtension' および 'Add-AzVmssExtension' に追加しました。
  • FilterExpression パラメーターを 'Get-AzVMImage' コマンドレット ドキュメントから削除しました。
  • ContainerService コマンドレットに非推奨メッセージを追加しました。
    • 'Add-AzureRmContainerServiceAgentPoolProfileCommand'
    • 'Get-AzContainerService'
    • 'New-AzContainerService'
    • 'New-AzContainerServiceConfig'
    • 'Remove-AzContainerService'
    • 'Remove-AzContainerServiceAgentPoolProfile'
    • 'Update-AzContainerService'
  • パラメーター '-BurstingEnabled' を 'New-AzDiskConfig' および 'New-AzDiskUpdateConfig' に追加しました
  • '-GroupByApplicationId' および '-GroupByUserAgent' の各パラメーターを 'AzLogAnalyticThrottledRequest' および 'AzLogAnalyticRequestRateByInterval' の各コマンドレットに追加しました。
  • 'VMParameterSet' パラメーター セットを 'Get-AzVMExtension' コマンドレットに追加しました。 新しいパラメーター '-VM ' をこのパラメーター セットに追加しました。

Az.ContainerRegistry

  • サポートされているリポジトリ、マニフェスト、タグの操作にコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzContainerRegistryRepository'
    • 'Update-AzContainerRegistryRepository'
    • 'Remove-AzContainerRegistryRepository'
    • 'Get-AzContainerRegistryManifest'
    • 'Update-AzContainerRegistryManifest'
    • 'Remove-AzContainerRegistryManifest'
    • 'Get-AzContainerRegistryTag'
    • 'Update-AzContainerRegistryTag'
    • 'Remove-AzContainerRegistryTag'

Az.Databricks

Databricks ワークスペースの作成時に -EnableNoPublicIP がサポートされます

Az.FrontDoor

  • プロパティに FrontDoorId を追加しました
  • マネージド ルールに JSON の除外と RequestBodyCheck のサポートを追加しました

Az.HDInsight

  • コンピューティングの分離機能をサポートするために、新しいパラメーター '-EnableComputeIsolation' および '-ComputeIsolationHostSku' をコマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' に追加しました
  • クラス AzureHDInsightCluster にプロパティ 'ComputeIsolationProperties' および 'ConnectivityEndpoints' を追加しました。

Az.KeyVault

  • BYOK ファイルを介してキーをインポートするときに、キーの種類と曲線名を指定することがサポートされます

Az.Network

  • 今後、古い製品名 'virtual router' を新しい名前 'route server' に置き換える新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzRouteServer'
    • 'Get-AzRouteServer'
    • 'Remove-AzRouteServer'
    • 'Update-AzRouteServer'
    • 'Get-AzRouteServerPeer'
    • 'Add-AzRouteServerPeer'
    • 'Update-AzRouteServerPeer'
    • 'Remove-AzRouteServerPeer'
    • 古いコマンドレットに非推奨属性の警告を追加しました。
  • ExpressRouteLink MacSecConfig のバグ修正。 新しいプロパティ 'SciState' を 'PSExpressRouteLinkMacSecConfig' に追加しました
  • Get-AzVirtualNetworkGatewayConnectionIkeSa の形式の一覧と形式のテーブル ビューを更新しました

Az.PolicyInsights

  • 要求行の制限を引き上げた、PowerShell で行った変更を取り消しました。 ページングをサポートするという正しくないステートメントを削除しました

Az.RecoveryServices

  • バックアップ サービスに合わせてポリシー検証の制限を変更しました。
  • Recovery Service コンテナーのゾーン冗長を追加しました。
  • Azure Site Recovery で、VMware から Azure および HyperV から Azure プロバイダーへの近接配置グループをサポートします。
  • Azure Site Recovery で、VMware から Azure および HyperV から Azure プロバイダーへの可用性ゾーンをサポートします。
  • Azure Site Recovery で、HyperV から Azure プロバイダーへの UseManagedDisk をサポートします

Az.Resources

  • 現在のマッピングが特定のシナリオに不適切であるため、New-AzRoleAssignment と Set-AzRoleAssignment のプリンシパルの種類を削除しました

Az.Sql

  • MaintenanceConfigurationId を 'New-AzSqlDatabase'、 'Set-AzSqlDatabase'、 'New-AzSqlElasticPool'、'Set-AzSqlElasticPool' に追加しました
  • PredicateExpression 引数を指定したときの 'Set-AzSqlServerAudit' の回帰を修正しました

Az.Storage

  • ストレージ アカウントの作成および更新で RoutingPreference の設定をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • Azure.Storage.Blobs を 12.8.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Files.Shares を 12.6.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Files.DataLake を 12.6.0 にアップグレードしました

Az.Websites

  • キー コンテナー 証明書の WebApp へのインポートに対するサポートを追加しました。

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @atul-ram、Set-AzEventHub.md を更新 (#13921)
  • Christoph Bergmeister [MVP] (@bergmeister)、Set-AzDataLakeGen2AclRecursive.md - 入力ミスである directry を directory に修正 (#14082)
  • Alexander Schmidt (@devdeer-alex)、投稿に関するガイドラインへの壊れたリンクを修正 (#14009)
  • @JiangYuchun、Get-AzApplicationGatewayAuthenticationCertificate.md を更新 (#13972)
  • Sebastian Olsen (@Spacebjorn)、コマンド例を修正 (#13901)

5.4.0 - 2021 年 1 月

Az.Accounts

  • デバッグ メッセージで正しいクライアント要求 ID が表示されます [#13745]
  • Azure PowerShell の一般的な例外の種類を追加しました
  • Storage API 2019-06-01 がサポートされました

Az.Automation

  • Update Management のスケジュールの説明が設定されなかった問題を修正しました

Az.CosmosDB

  • 'Az.CosmosDB' モジュールの一般提供
  • 既存のデータベース アカウントに対する更新呼び出しを実行するために、New-AzCosmosDBAccount を制限します。
  • SqlContainer に AnalyticalStorageTTL を導入します。

Az.IotHub

  • SAS トークンの生成に関する回帰を修正しました

Az.KeyVault

  • Secret Management モジュールの問題を修正しました

Az.LogicApp

  • 'Get-AzLogicAppTriggerHistory' および 'Get-AzLogicAppRunAction' によって、結果の最初のページのみが取得される問題を修正しました [#9141]

Az.Monitor

  • データ収集ルールのコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzDataCollectionRule'
    • 'New-AzDataCollectionRule'
    • 'Set-AzDataCollectionRule'
    • 'Update-AzDataCollectionRule'
    • 'Remove-AzDataCollectionRule'
  • データ収集ルールの関連付けのコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzDataCollectionRuleAssociation'
    • 'New-AzDataCollectionRuleAssociation'
    • 'Remove-AzDataCollectionRuleAssociation'

Az.Network

  • VpnGatewayNATRule の CRUD の新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzAzVpnGatewayNatRule'
    • 'Update-AzAzVpnGatewayNatRule'
    • 'Get-AzAzVpnGatewayNatRule'
    • 'Remove-AzAzVpnGatewayNatRule'
  • VpnGateway で NATRule を設定し、それを VpnSiteLinkConnection リソースと関連付けるようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVpnGateway'
    • 'Update-AzVpnGateway'
    • 'New-AzVpnSiteLinkConnection'
  • Virtual Network ゲートウェイ接続で ConnectionMode の設定を有効にするようにコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
  • 'New-AzFirewallPolicyApplicationRule' コマンドレットを更新しました。
    • パラメーター TargetUrl を追加しました
    • パラメーター TerminateTLS を追加しました
  • Azure Firewall Premium 機能用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzFirewallPolicyIntrusionDetection'
    • 'New-AzFirewallPolicyIntrusionDetectionBypassTraffic'
    • 'New-AzFirewallPolicyIntrusionDetectionSignatureOverride'
  • New-AzFirewallPolicy コマンドレットを更新しました。
    • パラメーター -SkuTier を追加しました
    • パラメーター -Identity を追加しました
    • パラメーター -UserAssignedIdentityId を追加しました
    • パラメーター -IntrusionDetection を追加しました
    • パラメーター -TransportSecurityName を追加しました
    • パラメーター -TransportSecurityKeyVaultSecretId を追加しました
  • Virtual Network ゲートウェイ接続のIKE セキュリティ アソシエーションをフェッチする新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzVirtualNetworkGatewayConnectionIkeSa'
  • p2sVpnGateway の複数の認証のサポートを追加しました
    • 複数の認証パラメーターを設定できるように New-AzVpnServerConfiguration と Update-AzVpnServerConfiguration を更新しました。
  • 'New-AzVpnGateway' および 'New-AzP2sVpnGateway' コマンドレットを更新しました。
    • パラメーター EnableRoutingPreferenceInternetFlag を追加しました

Az.RecoveryServices

  • リージョンをまたがる復元機能を追加しました。
  • ターゲット項目が可用性グループである場合に、ワークロードの構成の取得がブロックされます。

Az.Resources

  • New-Az*Deployments コマンドレットに -QueryString パラメーターのサポートを追加しました

Az.Sql

  • 'Start-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay' コマンドレットを同期し、-AsJob フラグを追加しました

Az.Storage

  • -IncludeVersion を使用して BLOB を一覧表示すると、ContinuationToken が null にならない問題を修正します
    • 'Get-AzStorageBlob'

Az.Websites

  • App Service マネージド証明書のサポートを追加しました
    • 'New-AzWebAppCertificate'
    • 'Remove-AzWebAppCertificate'
  • 'Set-AzWebApp' および 'Set-AzWebAppSlot' の appsettings から Docker パスワードが削除される原因となる問題を修正しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Ivan Akcheurov (@ivanakcheurov)、Set-AzSecurityWorkspaceSetting.md を更新 (#13877)
  • @javiermarasco、例を更新 (#13837)
  • @jhaprakash26、Set-AzVirtualNetwork.md を更新 (#13857)
  • Michael Holmes (@MichaelHolmesWP)、New-AzStorageTableStoredAccessPolicy.md を更新 (#13871)
  • Michael James (@mikejwhat)、Get-AzLogicAppTriggerHistory および Get-AzLogicAppRunAction が 30 件を超える結果を返すことができるように変更 (#13846)
  • @Willem-J-an、Set-AzWebApp(Slot) の appsettings から Docker パスワードが削除される原因となるバグを修正 (#13866)

5.3.0 - 2020 年 12 月

Az.Accounts

  • Windows PowerShell で Http プロキシが優先されないという問題を修正しました [#13647]
  • 生成されたモジュールでの長期操作のデバッグ ログを改善しました

Az.Automation

  • 'Start-AzAutomationRunbook' のパラメーターでは PSObject でラップされた文字列を JSON 文字列に変換できないという問題を修正しました [#13240]
  • New-AzAutomationUpdateManagementAzureQuery コマンドレットの位置の入力候補を修正しました

Az.Compute

  • 'Get-AzVMDscExtensionStatus' コマンドレットと 'Get-AzVMDscExtension' コマンドレットに、新しいパラメーター セット 'VMParameterSet' の新しいパラメーター 'VM' が追加されました。
  • 同じリソース グループ内に同じ名前の既存のスナップショットがないか確認するために、"New-AzSnapshot" コマンドレットを編集しました。
    • 重複するスナップショットが存在する場合は、エラーをスローします。

Az.Databricks

Az.DataFactory

  • SupportsShouldProcess の問題のために 'Invoke-AzDataFactoryV2Pipeline' コマンドを修正しました

Az.DesktopVirtualization

  • ホスト プールに StartVMOnConnect プロパティが追加されました。

Az.HDInsight

  • 追加されたプロパティ:AzureHDInsightHostInfo クラスの Fqdn と EffectiveDiskEncryptionKeyUrl。

Az.KeyVault

  • シークレットをプレーンテキストで直接返すための新しいパラメーター '-AsPlainText' が 'Get-AzKeyVaultSecret' に追加されました [#13630]
  • マネージド HSM 完全バックアップからのキーの選択的復元がサポートされました [#13526]
  • いくつかの軽微な問題を修正しました [#13583] [#13584]
  • SecretManagement モジュールに 'Get-Secret' の戻り値のオブジェクトなしが追加されました
  • 既定のアクセス ポリシーを使用せずにコンテナーが作成される可能性がある問題を修正しました [#13687]

Az.Kusto

  • API バージョンを 2020-09-18 に更新しました。

Az.Network

  • ExpressRouteCircuit シナリオでのピアリングと接続コマンドレットの削除に関する問題を修正しました
    • 'Remove-AzExpressRouteCircuitPeeringConfig' と 'Remove-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig'

Az.PolicyInsights

  • Get-AzPolicyState でページ分割された結果を返すためのサポートが追加されました

Az.RecoveryServices

  • SQL の softdelete 機能が有効になりました。
  • SQL AG の復元を修正し、コンテナー名の確認を削除しました。
  • Azure Files バックアップ項目のコンテナー名の形式が変更されました。
  • 復旧サービス コンテナーの CMK 機能のサポートが追加されました。

Az.Resources

  • 'New-AzureManagedApplication' と 'Set-AzureManagedApplication' で NullRef 例外の問題を修正しました。
  • DeploymentScripts の次の最新 GA API バージョンを使用するように Azure Resource Manager SDK が更新されました:2020-10-01。

Az.ServiceFabric

  • 'Add-AzServiceFabricNodeType' を修正しました。 仮想マシン スケール セットを作成する前に、Service Fabric クラスターにノード型を追加しました。

Az.Sql

  • 'InstanceFailoverGroup' コマンドのパラメーターの説明を修正しました。
  • SQL データ分類コマンドの ID から schemaName、tableName、columnName が抽出されるロジックを更新しました。
  • ドキュメントに準拠するように、'Get-AzSqlDatabaseImportExportStatus' の Status フィールドと StatusMessage フィールドを修正しました
  • 次の Microsoft サポート操作 (DevOps) 監査コマンドレットを追加しました:Get-AzSqlServerMSSupportAudit、Set-AzSqlServerMSSupportAudit、Remove-AzSqlServerMSSupportAudit

Az.Storage

  • ストレージ アカウントの EncryptionScope の作成/更新/取得/リストがサポートされました
    • 'New-AzStorageEncryptionScope'
    • 'Update-AzStorageEncryptionScope'
    • 'Get-AzStorageEncryptionScope'
  • 暗号化スコープ設定を使用したコンテナーの作成と BLOB のアップロードがサポートされました
    • 'New-AzRmStorageContainer'
    • 'New-AzStorageContainer'
    • 'Set-AzStorageBlobContent'

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Andreas Wolter (@AndreasWolter)、マーケティング言語を削除し、サンプル フィルターを改善 (#13671)
  • Tidjani Belmansour (@BelRarr)、Get-AzBillingInvoice.md を更新 (#13634)
  • David Klempfner (@DavidKlempfner)
    • スペル ミスを修正しました (#13677)
    • PSMetricNoDetails.cs の更新 (#13676)
  • @kilobyte97、構成を削除するための remove コマンドレットのバグ修正 (#13655)
  • @kongou-ae、Set-AzFirewall.md の更新 (#13727)
  • @MasterKuat、ドキュメント内のタイトルとコードの入れ替えの修正 (#13666)
  • NickT (@nukeulis)、Set-AzContext.md を更新 (#13702)
  • @PaulHCode、Start-AzJitNetworkAccessPolicy.md の更新 - 例を修正して、適切なコマンドレットを表示します (#13713)
  • Ryan Borstelmann (@ryanborMSFT)、サブスクリプション ID を削除しました (#13715)
  • Shashikant Shakya (@shshakya)、Set-AzSqlDatabase.md を更新 (#13674)
  • Sebastian Olsen (@Spacebjorn)、Get-AzRecoveryServicesBackupItem.md を更新 (#13719)

5.2.0 - 2020 年 12 月

Az.Accounts

  • 基になるライブラリから取得できなかった場合に生トークンから ExpiresOn 時間を解析できるようになりました
  • 対話型認証を使用できない場合の警告メッセージを改善しました

Az.ApiManagement

  • [破壊的変更] 既定では、'New-AzApiManagementProduct' にはサブスクリプションの制限がありません。

Az.Compute

  • リソースが多すぎることが原因で調整をチェックする前に '-Name' でフィルター処理するように Get-AZVm を編集しました。
  • 新しいコマンドレット 'Start-AzVmssRollingExtensionUpgrade'。

Az.ContainerRegistry

  • 'Get-AzContainerRegistryUsage' のパイプライン入力のパラメーター 'Name' と値をサポートしました [#13605]
  • 'Connect-AzContainerRegistry' の例外を改善しました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.13.0 に更新しました

Az.HealthcareApis

  • カスタマー マネージド キーのサポートを追加しました

Az.IotHub

  • SAS トークンの問題を修正しました。

Az.KeyVault

  • キー コンテナーのアクセス ポリシーを設定するときのオプションとして 'all' をサポートしました
  • SecretManagement モジュールの新しいバージョンをサポートしました [#13366]
  • SecretManagementModule の 'SecretValue' に対して ByteArray、String、PSCredential、および Hashtable をサポートしました [#12190]
  • [破壊的変更] マネージド HSM に関連するコマンドレットの API サーフェイスを再設計しました。

Az.Monitor

  • 空のリストを受け入れるように 'New-AzAutoscaleProfile' のパラメーター 'Rule' を変更しました。 [#12903]
  • 診断設定のより柔軟な作成をサポートする新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Get-AzDiagnosticSettingCategory'
    • 'New-AzDiagnosticSetting'
    • 'New-AzDiagnosticDetailSetting'

Az.RecoveryServices

  • ヘルプ テキストとパラメーター セットの名前を 'Restore-AzRecoveryServicesBackupItem' コマンドレットに変更しました。

Az.Resources

  • '-Tag' パラメーターのサポートを 'Set-AzTemplateSpec' と 'New-AzTemplateSpec' に追加しました
  • テンプレート スペックの既定のフォーマッタにタグ表示サポートを追加しました

Az.ServiceFabric

  • SettingsSectionDescription パラメーターと共に 'Set-AzServiceFabricSetting' に 例を追加しました
  • サポートは ARM デプロイされたリソースのみを対象としていることを示すようにアプリケーション関連のコマンドレットを更新しました
  • 非推奨のクラスター証明書コマンドレットとして 'Add-AzureRmServiceFabricClusterCertificate' と 'Remove-AzureRmServiceFabricClusterCertificate' をマークしました

Az.Sql

  • SecondaryType を次に追加しました。
    • 'New-AzSqlDatabase'
    • 'Set-AzSqlDatabase'
    • 'New-AzSqlDatabaseSecondary'
  • HighAvailabilityReplicaCount を次に追加しました。
    • 'New-AzSqlDatabase'
    • 'Set-AzSqlDatabase'
  • ReadReplicaCount を次の HighAvailabilityReplicaCount のエイリアスにしました。
    • 'New-AzSqlDatabase'
    • 'Set-AzSqlDatabase'

Az.Storage

  • アップロード Azure ファイルのサイズを 4 TiB までサポートしました
    • 'Set-AzStorageFileContent'
  • Azure.Storage.Blobs を 12.7.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Files.Shares を 12.5.0 にアップグレードしました
  • Azure.Storage.Files.DataLake を 12.5.0 にアップグレードしました

Az.StorageSync

  • ダウンロード ポリシーとローカル キャッシュ モードを備えた同期階層化ポリシー機能を追加しました

Az.Websites

  • 重複するアクセス制限規則を防止します

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Andrew Dawson (@dawsonar802)、Get-AzKeyVaultCertificate.md を更新 - 証明書を取得し、それを PowerShell Core で使用するために pfx セクションとして保存する (#13557)
  • @iviark、Healthcare API Powershell BYOK の更新 (#13518)
  • John Duckmanton (@johnduckmanton)、TagPatchOperation のスペルを修正 (#13508)
  • Michael James (@mikejwhat)
    • Get-AzLogicAppRunHistory ヘルプを整理 (#13513)
  • Richard de Zwart (@mountain65)
    • Update-AzAppConfigurationStore.md を更新 (#13485)
    • New-AzCosmosDBAccount.md を更新 (#13490)
  • @SteppingRazor、New-AzApiManagementProduct:SubscriptionsLimit パラメーターの既定値を None に変更 (#13457)
  • Steve Burkett (@SteveBurkettNZ)、例の WorkspaceResourceId パラメーターの入力ミスを修正 (#13589)

5.1.0 - 2020 年 11 月

Az.Accounts

  • 'Connect-AzAccount -DeviceCode' を使用した場合に TenantId が適用されないことがある問題を修正しました [#13477]
  • 新しいコマンドレット 'Get-AzAccessToken' を追加しました
  • ユーザー プロファイル パスにアクセスできない場合にエラーが発生する問題を修正しました
  • Connect-AzAccount の実行中に Write-Object エラーが発生する問題を修正しました [#13419]
  • パラメーター 'ContainerRegistryEndpointSuffix' を以下に追加しました。'Add-AzEnvironment'、'Set-AzEnvironment'
  • CTRL+C を押すことによるログインの中断がサポートされました
  • 'Connect-AzAccount -KeyVaultAccessToken' が動作しない問題を修正しました [#13127]
  • 'Invoke-AzRestMethod' で null 参照とメソッドの大文字と小文字が区別されない問題を修正しました

Az.Aks

  • ユーザーがサービス プリンシパルを使用して新しい Kubernetes クラスターを作成できないという問題を修正しました。 [#13012]

Az.AppConfiguration

  • 'Az.AppConfiguration' モジュールの一般提供

Az.DataFactory

  • 'New-AzDataFactoryV2LinkedServiceEncryptedCredential' コマンドのエラー メッセージを改善しました

Az.DataLakeStore

  • ADLS データプレーン SDK を 1.2.4-alpha に更新しました。 変更点: https://github.com/Azure/azure-data-lake-store-net/blob/preview-alpha/CHANGELOG.md#version-124-alpha

Az.DesktopVirtualization

  • 新しい MSIX パッケージ コマンドレットを追加し、アプリケーション コマンドレットを更新しました。

Az.EventHub

  • タグのない EventHub クラスターの Cluster コマンドを修正しました
  • AzEventHubGeoDRConfiguration コマンドの PartnerNamespace のヘルプ テキストを更新しました

Az.HDInsight

  • リレー送信とプライベート リンク機能をサポートするために、コマンドレット 'New-AZHDInsightCluster' にパラメーター 'ResourceProviderConnection' と 'PrivateLink' を追加します
  • カスタム Ambari データベース機能をサポートするために、コマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' にパラメーター 'AmbariDatabase' を追加します
  • コマンドレット 'Add-AzHDInsightMetastore' のパラメーター 'MetastoreType' に受け入れ値 'AmbariDatabase' を追加します

Az.IotHub

  • IoT Hub 作成コマンドレットでタグが許可されました

Az.KeyVault

  • キー コンテナー タグの更新がサポートされました

Az.LogicApp

  • Get-AzLogicAppRunHistory で結果の最初のページのみが取得される問題を修正しました

Az.Network

  • 下のコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzLoadBalancerFrontendIpConfigCommand'、'Set-AzLoadBalancerFrontendIpConfigCommand'、'Add-AzLoadBalancerFrontendIpConfigCommand':
      • PublicIpAddressPrefix プロパティを追加しました
      • PublicIpAddressPrefixId プロパティを追加しました
  • グローバルな負荷分散を可能にするために、次のコマンドレットに新しいプロパティを追加しました
    • 'New-AzLoadBalancer':
      • Sku Tier プロパティを追加しました
    • 'New-AzPuplicIpAddress':
      • Sku Tier プロパティを追加しました
    • 'New-AzPublicIpPrefix':
      • Sku Tier プロパティを追加しました
    • 'New-AzLoadBalancerBackendAddressConfig':
      • LoadBalancerFrontendIPConfigurationId プロパティを追加しました
  • 次のコマンドレットに対する警告を非推奨にする計画を更新しました: 'New-AzVirtualHubRoute'、'New-AzVirtualHubRouteTable'、'Add-AzVirtualHubRoute'、'Add-AzVirtualHubRouteTable'、'Get-AzVirtualHubRouteTable'、'Remove-AzVirtualHubRouteTable'
  • 次のコマンドレットの引数 'RouteTable' に対する警告を非推奨にする計画を追加しました: 'New-AzVirtualHub'、'Set-AzVirtualHub'、'Update-AzVirtualHub'
  • 'Set-AzExpressRouteGateway' で引数 '-MinScaleUnits' と '-MaxScaleUnits' をオプションにしました
  • Application Gateway で相互認証と SSL プロファイルをサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration'
    • 'New-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration'
    • 'Remove-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration'
    • 'Set-AzApplicationGatewayClientAuthConfiguration'
    • 'Add-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate'
    • 'Get-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate'
    • 'New-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate'
    • 'Remove-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate'
    • 'Set-AzApplicationGatewayTrustedClientCertificate'
    • 'Add-AzApplicationGatewaySslProfile'
    • 'Get-AzApplicationGatewaySslProfile'
    • 'New-AzApplicationGatewaySslProfile'
    • 'Remove-AzApplicationGatewaySslProfile'
    • 'Set-AzApplicationGatewaySslProfile'
    • 'Get-AzApplicationGatewaySslProfilePolicy'
    • 'Remove-AzApplicationGatewaySslProfilePolicy'
    • 'Set-AzApplicationGatewaySslProfilePolicy'

Az.RecoveryServices

  • ポリシー BackupTime の指定は UTC で行います。
  • Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetails コマンドレットの破壊的変更の警告を変更します。
  • Set-AzRecoveryServicesBackupProtectionPolicy コマンドレットのサンプル スクリプトのヘルプ テキストを更新します。

Az.Resources

  • What-If で、大文字と小文字が異なる 2 つのリソース グループ スコープが表示される問題を修正しました
  • SDK を使用するように 'Export-AzResourceGroup' を更新しました。
  • parse メソッドにカルチャ情報を追加しました

Az.Sql

  • Set-AzSqlDatabaseAudit がハイパースケール データベースをサポートしておらず、データベース エディションを特定できない問題を修正しました
  • 'New-AzSqlInstance' と'Set-AzSqlInstance' に MaintenanceConfigurationId を追加しました
  • GetAzureSqlDatabaseReplicationLink.cs で PartnerServerName パラメーターがキーではなく値でチェックされていたバグを修正しました

Az.Websites

  • 新しいアクセス制限機能のサポートを追加しました。ServiceTag、multi-ip および http-headers

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • John Q. Martin (@johnmart82)、ファイアウォールの前提条件情報を追加 (#13385)
  • Manikandan Duraisamy (@madurais-msft)、PublicSubnetName 引数を修正 (#13417)
  • @mahortas、-HostNames パラメーター値の更新 (#13349)
  • @MariachiForHire、サポートされている TrafficAnalyticsInterval 値を追加 (#13304)
  • Michael James (@mikejwhat)、Get-AzLogicAppRunHistory が 30 個を超えるエントリを返せるように変更 (#13393)
  • Shashikant Shakya (@shshakya)、Restore-AzSqlInstanceDatabase.md を更新 (#13404)

5.0.0 - 2020 年 10 月

Az.Accounts

  • [破壊的変更] 'Get AzProfile' と 'Select-AzProfile' が削除されました
  • Active Directory Authentication Library を Microsoft Authentication Library (MSAL) に置き換えました

Az.Aks

  • [破壊的変更] 'New-AzAksCluster' と 'Set-AzAksCluster' でパラメーター エイリアス 'ClientIdAndSecret' が削除されました。
  • [破壊的変更] 'New-AzAksCluster' の 'NodeVmSetType' の既定値を 'AvailabilitySet' から 'VirtualMachineScaleSets' に変更しました。
  • [破壊的変更] 'New-AzAksCluster' の 'NetworkPlugin' の既定値を 'None' から 'azure' に変更しました。
  • [破壊的変更] 'New-AzAksCluster' のパラメーター 'NodeOsType' は 1 つの値 Linux のみをサポートするため削除されました。

Az.Billing

  • 'Get-AzBillingAccount' コマンドレットが追加されました
  • 'Get-AzBillingProfile' コマンドレットが追加されました
  • 'Get-AzInvoiceSection' コマンドレットが追加されました
  • 'Get-AzBillingInvoice' コマンドレットに新しいパラメーターが追加されました
  • Get-AzBillingInvoice コマンドレットの応答から DownloadUrlExpiry、Type、BillingPeriodNames の各プロパティが削除されました

Az.Cdn

  • 複数配信元およびプライベート リンク機能をサポートするコマンドレットが追加されました

Az.CognitiveServices

  • SDK を v7.4.0-preview に更新しました。

Az.Compute

  • '-VmssId' パラメーターが 'New-AzVm' に追加されました
  • 'PlatformFaultDomainCount' パラメーターが 'New-AzVmss' コマンドレットに追加されました。
  • 新しいコマンドレット 'Get-AzDiskEncryptionSetAssociatedResource'
  • 'Tier' および 'LogicalSectorSize' の省略可能なパラメーターが New-AzDiskConfig コマンドレットに追加されました。
  • 'Tier'、'MaxSharesCount'、'DiskIOPSReadOnly'、および 'DiskMBpsReadOnly' の省略可能なパラメーターが 'New-AzDiskUpdateConfig' コマンドレットに追加されました。

Az.ContainerRegistry

  • [破壊的変更] API バージョンを 2019-05-01 に更新
  • [破壊的変更] SKU 'Classic' とパラメーター 'StorageAccountName' が 'New-AzContainerRegistry' から削除されました
  • 次の新しいコマンドレットが追加されました。'Connect-AzContainerRegistry'、'Import-AzContainerRegistry'、'Get-AzContainerRegistryUsage'、'New-AzContainerRegistryNetworkRule'、'Set-AzContainerRegistryNetworkRule'
  • 新しいパラメーター 'NetworkRuleSet' が 'Update-AzContainerRegistry' に追加されました

Az.Databricks

  • -EncryptionKeyVersion を指定しない Databricks ワークスペースの更新が失敗する原因となる可能性があるバグを修正しました。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.12.0 に更新しました
  • ADF 暗号化クライアント SDK のバージョンを4.14.7587.7 に更新しました
  • 'Stop-AzDataFactoryV2TriggerRun' および 'Invoke-AzDataFactoryV2TriggerRun' の各コマンドを追加しました

Az.DesktopVirtualization

  • 最上位レベルの arm オブジェクトを作成するには、Location プロパティが必要です。 * ApplicationGroupTypeNew-AzWvdApplicationGroup に必須としました。 * HostPoolArmPathNew-AzWvdApplicationGroup に必須としました。 * PreferredAppGroupTypeNew-AzWvdHostPool に追加しました。

Az.Functions

  • [破壊的変更] 'Get-AzFunctionApp' の 1 つのパラメーターセット以外のすべてから 'IncludeSlot' スイッチ パラメーターが削除されました。 このコマンドレットでは、'-IncludeSlot' が指定された場合、結果内のデプロイ スロットの取得がサポートされるようになりました。
  • 'New-AzFunctionApp' が次のように更新されました。
    • -DisableApplicationInsights が修正され、このオプションが指定されているときに Application Insights プロジェクトが作成されなくなりました。 [#12728]
    • [破壊的変更] PowerShell 6.2 の関数アプリの作成がサポートされなくなりました。
    • [破壊的変更] RuntimeVersion パラメーターが指定されていない場合、PowerShell 関数アプリ用の、Windows での Functions バージョン 3 の既定のランタイム バージョンが 6.2 から 7.0 に変更されました。
    • [破壊的変更] RuntimeVersion パラメーターが指定されていない場合、Node 関数アプリ用の、Windows および Linux での Functions バージョン 3 の既定のランタイム バージョンが 10 から 12 に変更されました。
    • [破壊的変更] RuntimeVersion パラメーターが指定されていない場合、Python 関数アプリ用の、Linux での Functions バージョン 3 の既定のランタイム バージョンが 3.7 から 3.8 に変更されました。

Az.HDInsight

  • New-AzHDInsightCluster コマンドレットについて:
    • パラメーター 'DefaultStorageAccountName' を 'StorageAccountResourceId' に置き換えました
    • パラメーター 'DefaultStorageAccountKey' を 'StorageAccountKey' に置き換えました
    • パラメーター 'DefaultStorageAccountType' を 'StorageAccountType' に置き換えました
    • パラメーター 'PublicNetworkAccessType' を削除しました
    • パラメーター 'OutboundPublicNetworkAccessType' を削除しました
    • 新しいパラメーター 'StorageFileSystem' および 'StorageAccountManagedIdentity' が追加され、ADLSGen2 がサポートされるようになりました
    • HDInsight ID ブローカーをサポートするための新しいパラメーター 'EnableIDBroker' を追加しました
    • 新しいパラメーター 'KafkaClientGroupId'、'KafkaClientGroupName'、および 'KafkaManagementNodeSize' が追加され、Kafka REST プロキシがサポートされるようになりました
  • New-AzHDInsightClusterConfig コマンドレットについて:
    • パラメーター 'DefaultStorageAccountName' を 'StorageAccountResourceId' に置き換えました
    • パラメーター 'DefaultStorageAccountKey' を 'StorageAccountKey' に置き換えました
    • パラメーター 'DefaultStorageAccountType' を 'StorageAccountType' に置き換えました
    • パラメーター 'PublicNetworkAccessType' を削除しました
    • パラメーター 'OutboundPublicNetworkAccessType' を削除しました
  • Set-AzHDInsightDefaultStorage コマンドレットについて:
    • パラメーター 'StorageAccountName' を 'StorageAccountResourceId' に置き換えました
  • Add-AzHDInsightSecurityProfile コマンドレットについて:
    • パラメーター 'Domain' を 'DomainResourceId' に置き換えました
    • パラメーター 'OrganizationalUnitDN' の必須要件を削除しました

Az.KeyVault

  • [破壊的変更] 'New-AzKeyVault' のパラメーター DisableSoftDelete と 'Update-AzKeyVault' の EnableSoftDelete が非推奨となりました
  • [破壊的変更] SecretValue が直接表示されないように属性 SecretValueText が削除されました [#12266]
  • サポートされる新しいリソースの種類: マネージド HSM
    • マネージド HSM の CRUD と、マネージド HSM のキーを操作するためのコマンドレット
    • HSM の完全バックアップ/復元、AES キーの作成、セキュリティ ドメインのバックアップ/復元、RBAC

Az.ManagedServices

  • [破壊的変更] パラメーターの名前付け規則と関連する例が更新されました

Az.Network

  • [破壊的変更] パラメーター 'HostedSubnet' を削除し、代わりに 'Subnet' を追加しました
  • 仮想ルーターのピア ルート用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzVirtualRouterPeerLearnedRoute'
    • 'Get-AzVirtualRouterPeerAdvertisedRoute'
  • New-AzFirewall コマンドレットを更新:
    • '-SkuTier' パラメーターを追加しました
    • '-SkuName' パラメーター を追加し、Sku をこのエイリアスにしました
    • '-Sku' パラメーターが削除されました
  • [破壊的変更] 'Start-AzVpnConnectionPacketCapture' と 'Stop-AzVpnConnectionPacketCapture' で 'Connectionlink' 引数が必須になりました
  • [破壊的変更] 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndPointObject' が更新されてパラメーター '-Filter' が削除されました
  • [破壊的変更] 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndpointFilterItemObject' コマンドレットを 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndpointScopeItemObject' に置き換えました
  • 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorEndPointObject' コマンドレットが次のように更新されました。
    • '-Type' パラメーターを追加しました
    • '-CoverageLevel' パラメーターを追加しました
    • '-Scope' パラメーターを追加しました
  • 新しいパラメーター '-DestinationPortBehavior' を追加して 'New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorProtocolConfigurationObject' コマンドレットを更新しました

Az.RecoveryServices

  • 共同作成者のアクセス許可のためのワークロードの復元を修正しています。
  • Restore-AzRecoveryServicesBackupItem コマンドレットのための新しいパラメーター セットと検証を追加しました。

Az.Resources

  • 解析バグを修正しました
  • ARM テンプレートの What-if コマンドレットを更新して結果からプレビュー メッセージが削除されました
  • '-WhatIf ' が上位のスコープで設定されている場合に、テンプレートのデプロイ コマンドレットがクラッシュする問題が修正されました [#13038]
  • テンプレートのデプロイ コマンドレットでテンプレート パラメーターの大文字と小文字の区別が保持されない問題を修正しました
  • 'Export-AzResourceGroup' コマンドレットで使用される既定の API バージョンが追加されました
  • Template Specs 用のコマンドレットを追加しました ('Get-AzTemplateSpec'、'Set-AzTemplateSpec'、'New-AzTemplateSpec'、'Remove-AzTemplateSpec'、'Export-AzTemplateSpec')
  • 既存のデプロイ コマンドレットを使用して (新しい -TemplateSpecId パラメーターを使用して) Template Specs をデプロイするためのサポートが追加されました
  • SDK を使用するように 'Get-AzResourceGroupDeploymentOperation' が更新されました。
  • '*-AzDeployment' コマンドレットから '-ApiVersion' パラメーターを削除しました。

Az.Sql

  • 'Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy' に DiffBackupIntervalInHours を追加しました
  • networkIsolation が指定されていない場合に New-AzSqlDatabaseExport が失敗する問題を修正しました [#13097]
  • New-AzSqlDatabaseExport と New-AzSqlDatabaseImport が結果オブジェクトに OperationStatusLink を返さない問題を修正しました [#13097]
  • バックアップ ストレージの冗長性の警告で Azure ペア リージョンの URL を更新

Az.Storage

  • 古いプロパティ RestorePolicy.LastEnabledTime を削除しました
    • 'Enable-AzStorageBlobRestorePolicy'
    • 'Disable-AzStorageBlobRestorePolicy'
    • 'Get-AzStorageBlobServiceProperty'
    • 'Update-AzStorageBlobServiceProperty'
  • DaysAfterModificationGreaterThan の型を int から int? に変更
    • 'Set-AzStorageAccountManagementPolicy'
    • 'Get-AzStorageAccountManagementPolicy'
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'
    • 'New-AzStorageAccountManagementPolicyRule'
  • アクセス層でのファイル共有の作成/更新がサポートされています
    • 'New-AzRmStorageShare'
    • 'Update-AzRmStorageShare'
  • Datalake Gen2 項目での ACL の再帰的な設定/更新/削除がサポートされています
    • 'Set-AzDataLakeGen2AclRecursive'
    • 'Update-AzDataLakeGen2AclRecursive'
    • 'Remove-AzDataLakeGen2AclRecursive'
  • 新しいアクセス許可 x,t でコンテナーのアクセス ポリシーがサポートされています
    • 'New-AzStorageContainerStoredAccessPolicy'
    • 'Set-AzStorageContainerStoredAccessPolicy'
  • 子プロパティのアクセス許可の種類を enum から String に変更することで、コンテナーのアクセス ポリシーの取得/設定コマンドレットの出力が変更されました
    • 'Get-AzStorageContainerStoredAccessPolicy'
    • 'Set-AzStorageContainerStoredAccessPolicy'
  • JSON での管理ポリシーの設定のサンプル スクリプトの問題を修正しました
    • 'Set-AzStorageAccountManagementPolicy'

Az.Websites

  • Premium V3 価格レベルのサポートを追加しました
  • WebSites SDK を 3.1.0 に更新しました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @atul-ram、Get-AzDelegation.md の更新 (#13176)
  • @dineshreddy007、WAC トークンを使用した Stack HCI の登録の場合に正しく割り当てられたアプリのロールを取得。 (#13249)
  • @kongou-ae、New-AzOffice365PolicyProperty.md の更新 (#13217)
  • Lohith Chowdary Chilukuri (@Lochiluk)、Set-AzApplicationGateway.md を更新 (#13150)
  • Matthew Burleigh (@mburleigh)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクの追加 (#13203)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクの追加 (#13190)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクの追加 (#13189)
    • 参照されているコマンドレットへのリンクの追加 (#13137)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクの追加 (#13204)
    • ドキュメントで参照されている PowerShell コマンドレットへのリンクの追加 (#13205)

4.8.0 - 2020 年 10 月

Az.Accounts

  • 共通ライブラリの DateTime 解析の問題を修正しました [#13045]

Az.CognitiveServices

  • 'New-AzCognitiveServicesAccountApiProperty' コマンドレットを追加しました。
  • 'New-AzCognitiveServicesAccount' と 'Set-AzCognitiveServicesAccount' に対して 'ApiProperty' パラメーターをサポートしました

Az.Compute

  • FailoverTypes の設定により 'Update-ASRRecoveryPlan' の問題を修正しました
  • '-Top' および '-OrderBy' の省略可能なパラメーターを 'Get-AzVmImage' コマンドレットに追加しました。

Az.Databricks

  • 'Az.Databricks' モジュールの一般提供
  • 仮想ネットワーク ピアリングのサポートを追加しました

Az.DataFactory

  • 出力メッセージのミスを修正しました。

Az.EventHub

  • 省略可能なスイッチ パラメーター 'TrustedServiceAccessEnabled' を 'Set-AzEventHubNetworkRuleSet' コマンドレットに追加しました

Az.HDInsight

  • パラメーター 'PublicNetworkAccessType' と 'OutboundPublicNetworkAccessType' を非推奨にするプランの警告メッセージを追加しました
  • パラメーター 'DefaultStorageAccountName' を 'StorageAccountResourceId' に置き換えるプランの警告メッセージを追加しました
  • パラメーター 'DefaultStorageAccountKey' を 'StorageAccountKey' に置き換えるプランの警告メッセージを追加しました
  • パラメーター 'DefaultStorageAccountType' を 'StorageAccountType' に置き換えるプランの警告メッセージを追加しました
  • パラメーター 'DefaultStorageContainer' を 'StorageContainer' に置き換えるプランの警告メッセージを追加しました
  • パラメーター 'DefaultStorageRootPath' を 'StorageRootPath' に置き換えるプランの警告メッセージを追加しました

Az.IotHub

  • デバイス SDK を更新しました。

Az.KeyVault

  • プロパティ SecretValueText 削除の詳細な日付を提供しました。

Az.ManagedServices

  • マネージド サービスの割り当てと定義のコマンドレットにおける破壊的変更の警告を更新しました

Az.Monitor

  • 警告メッセージを抑止できないバグを修正しました。 [#12889]
  • アラート ルールの条件で 'SkipMetricValidation' パラメーターをサポートしました。 メトリック検証をスキップすることによって、まだ出力されていないカスタム メトリックに対するアラート ルールの作成を許可します。

Az.Network

  • VPNSite リソースに Office365 ポリシーを追加しました
    • 'New-AzO365PolicyProperty'

Az.RecoveryServices

  • ワークロード ックアップのコンテナー名の検証を追加しました。

Az.RedisCache

  • Microsoft.Cache RP の登録に関連するアクセス許可の問題により、'New-AzRedisCache' と 'Set-AzRedisCache' コマンドレットが失敗しないようにしました

Az.Sql

  • BackupStorageRedundancy を次に追加しました。
    • 'Restore-AzureRmSqlDatabase'
    • 'New-AzSqlDatabaseCopy'
    • 'New-AzSqlDatabaseSecondary'
  • すべての SQL DB 参照について BackupStorageRedundancy パラメーターの大文字と小文字の区別を削除しました
  • BackupStorageRedundancy 警告メッセージの名前を更新しました

Az.Storage

  • ストレージ アカウントのファイル サービスで、共有の論理的な削除のプロパティの有効化、無効化、取得をサポートしました
    • 'Update-AzStorageFileServiceProperty'
    • 'Get-AzStorageFileServiceProperty'
  • サポートされているファイル共有の一覧には、ストレージ アカウントの削除済みのものと、1 つのファイル共有の使用状況の取得が含まれます
    • 'Get-AzRmStorageShare'
  • 削除されたファイル共有の復元をサポートしました
    • 'Restore-AzRmStorageShare'
  • BLOB サービスのプロパティを変更するためのコマンドレットを変更しました。サーバーから元のプロパティを取得せずに、変更されたプロパティのみをサーバーに設定します。
    • 'Enable-AzStorageBlobDeleteRetentionPolicy'
    • 'Disable-AzStorageBlobDeleteRetentionPolicy'
    • 'Enable-AzStorageBlobRestorePolicy'
    • 'Disable-AzStorageBlobRestorePolicy'
    • 'Update-AzStorageBlobServiceProperty'
  • New-AzStorageAccount パラメーターの -Kind 既定値のヘルプの問題を修正しました [#12189]
  • BLOB のアップロードで正しい ContentType を設定する方法を示す例を追加することで問題を修正しました [#12989]

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • @felickz、件名の特殊文字のエスケープ処理を明確化 (#13028)
  • Martin Zurita (@Gorgoras)、メッセージ内のいくつかの入力ミスを修正しました。 (#12999)
  • @kingsleyAzure
    • 正規表現による照合にマネージド HSM URI を追加 (#12912)
    • SQL でのマネージド HSM サポートの追加 (#13073)
  • @MasterKuat、脆弱性評価用のマネージド インスタンスのシステム データベースに対する苦情を解決しました (#12971)

4.7.0 - 2020 年 9 月

Az.Accounts

  • 今後の破壊的変更メッセージをフォーマット設定しました
  • Azure.Core を 1.4.1 に更新しました

Az.Aks

  • 'New-AzAksCluster'、'Set-AzAksCluster' および'New-AzAksNodePool' のクライアント側のパラメーター検証ロジックを追加しました。 [#12372]
  • 'New-AzAksCluster' にアドオンのサポートを追加しました。 [#11239]
  • アドオン用のコマンドレット 'Enable-AzAksAddOn' と 'Disable-AzAksAddOn' を追加しました。 [#11239]
  • 'New-AzAksCluster' のパラメーター 'GenerateSshKey' を追加しました。 [#12371]
  • API バージョンを 2020-06-01 に更新しました。

Az.CognitiveServices

  • 特定の API に関する追加の法律条項を示しました。

Az.Compute

  • 省略可能なパラメーター '-EncryptionType'を 'New-AzVmDiskEncryptionSetConfig' に追加しました
  • 新しいリソースの種類の新しいコマンドレット:DiskAccess 'Get-AzDiskAccess'、'New-AzDiskAccess'、'Get-AzDiskAccess'
  • 省略可能なパラメーター '-DiskAccessId' および '-NetworkAccessPolicy' を 'New-AzSnapshotConfig' に追加しました
  • 省略可能なパラメーター '-DiskAccessId' および '-NetworkAccessPolicy' を 'New-AzDiskConfig' に追加しました。
  • VirtualMachine インスタンス ビューに 'PatchStatus' プロパティを追加しました
  • 仮想マシンのインスタンス ビューに 'VMHealth' プロパティが追加されました。これは、'-Status' を使用して 'Get-AzVm' が呼び出された場合に返されるオブジェクトです。
  • 'AssignedHost' フィールドを 'Get-AzVM' および 'Get-AzVmss' インスタンス ビューに追加しました。 このフィールドには、仮想マシン インスタンスのリソース ID が表示されます
  • 省略可能なパラメーター '-SupportAutomaticPlacement' を 'New-AzHostGroup' に追加しました
  • '-HostGroupId' パラメーターを 'New-AzVm' と 'New-AzVmss' に追加しました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.11.0 に更新しました

Az.EventHub

  • 新しいクラスター コマンドレットを追加しました - 'New-AzEventHubCluster'、'Set-AzEventHubCluster'、'Get-AzEventHubCluster'、'Remove-AzEventHubCluster'、'Get-AzEventHubClustersAvailableRegions'。
  • 問題 #10722 を修正しました。AuthorizationRule 権限に 'Listen' のみを割り当てる件を修正します。

Az.Functions

  • v2 Functions をサポートしないリージョンでそれを作成する機能を削除しました。
  • PowerShell 6.2 が非推奨になりました。 PowerShell 6.2 関数アプリをユーザーが作成したときに、代わりに PowerShell 7.0 関数アプリを作成するように推奨する警告を追加しました。

Az.HDInsight

  • 自動スケール構成を使用したクラスター作成をサポートしました。
    • 新しいパラメーター 'AutoscaleConfiguration' をコマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' に追加します
  • クラスターの自動スケーリング構成の操作をサポートしました
    • 新しいコマンドレット 'Get-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration' を追加します
    • 新しいコマンドレット 'New-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration' を追加します
    • 新しいコマンドレット 'Set-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration' を追加します
    • 新しいコマンドレット 'Remove-AzHDInsihgtClusterAutoscaleConfiguration' を追加します
    • 新しいコマンドレット 'New-AzHDInsihgtClusterAutoscaleScheduleCondition' を追加します

Az.KeyVault

  • RBAC 認可のサポートを追加しました [#10557]
  • 'Set-AzKeyVaultAccessPolicy' でのエラー処理を強化しました [#4007]

Az.Kusto

  • 'Az.Kusto' モジュールの一般公開

Az.Network

  • [破壊的変更] リソース仮想ルーターと仮想ハブを整合させるために、以下のコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzVirtualRouter':
      • IP 構成の子リソースをサポートするための -HostedSubnet パラメーターを追加しました
      • -HostedGateway および -HostedGatewayId を削除しました
    • 'Get-AzVirtualRouter':
      • サブスクリプション レベルのパラメーター セットを追加しました
    • 'Remove-AzVirtualRouter'
    • 'Add-AzVirtualRouterPeer'
    • 'Get-AzVirtualRouterPeer'
    • 'Remove-AzVirtualRouterPeer'
  • Azure Express Route ポート用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzExpressRoutePortLOA'
  • VirtualNetwork ピアリング リソースに RemoteBgpCommunities プロパティを追加しました
  • 'New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig'、'New-AzPublicIpAddress' および 'New-AzPublicIpPrefix' の警告メッセージを変更しました。
  • 'Get-AzVpnGateway' 出力に VpnGatewayIpConfigurations を追加しました
  • 'Set-AzApplicationGatewaySslCertificate' のバグを修正しました [#9488]
  • 'AllowActiveFTP' パラメーターを 'AzureFirewall' に追加しました
  • 次の機能のために以下のコマンドを更新しました。VirtualWan P2SVpnGateway でのインターネット セキュリティの設定/削除を有効にします。
  • 'New-AzP2sVpnGateway' を更新しました。ポイント対サイト クライアントに適用される、P2SVpnGateway のインターネット セキュリティを有効にするためにお客様が true に設定するオプションのスイッチ パラメーター 'EnableInternetSecurityFlag' を追加しました。
  • 'Update-AzP2sVpnGateway' を更新しました。ポイント対サイト クライアントに適用される、P2SVpnGateway のインターネット セキュリティを有効/無効にするためにお客様が true/false に設定するオプションのスイッチ パラメーター 'EnableInternetSecurityFlag' および 'DisableInternetSecurityFlag' を追加しました。
  • トラブルシューティングのためにお客様が VirtualWan P2SVpnGateway をリセット/再起動するための新しいコマンドレット 'Reset-AzP2sVpnGateway' を追加しました。
  • トラブルシューティングのためにお客様が VirtualWan VpnGateway をリセット/再起動するための新しいコマンドレット 'Reset-AzVpnGateway' を追加しました。
  • 'Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig' を更新しました
    • パラメーターで明示的に設定されている場合は、サブネットの NSG とルート テーブルのプロパティを null 値に設定します [#1548][#9718]

Az.RecoveryServices

  • ワークロード バックアップ項目の削除状態を修正しました。

Az.Resources

  • Set-AzRoleAssignment の不足しているチェックを追加しました
  • 'Get-AzResourceGroupDeploymentOperation' の 'SubscriptionId' パラメーターに破壊的変更の属性を追加しました
  • Resource Manager テンプレートの What-If コマンドレットを更新し、'Ignore' リソースの変更が最後に表示されるようにしました
  • デプロイ コマンドレットのセキュリティと配列のパラメーターのシリアル化に関する問題を修正しました [#12773]

Az.ServiceFabric

  • マネージド クラスターおよびノードの種類の新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzServiceFabricManagedCluster'
    • 'Get-AzServiceFabricManagedCluster'
    • 'Set-AzServiceFabricManagedCluster'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedCluster'
    • 'Add-AzServiceFabricManagedClusterClientCertificate'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedClusterClientCertificate'
    • 'New-AzServiceFabricManagedNodeType'
    • 'Get-AzServiceFabricManagedNodeType'
    • 'Set-AzServiceFabricManagedNodeType'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedNodeType'
    • 'Add-AzServiceFabricManagedNodeTypeVMExtension'
    • 'Add-AzServiceFabricManagedNodeTypeVMSecret'
    • 'Remove-AzServiceFabricManagedNodeTypeVMExtension'
    • 'Restart-AzServiceFabricManagedNodeTyp'
  • Service Fabric SDK をバージョン 1.2.0 にアップグレードしました。これは、現在のモデルに対してサービス ファブリックのリソース プロバイダー api-version 2020-03-01 を使用し、マネージド クラスターに対して 2020-01-01-preview を使用します。

Az.Sql

  • BackupStorageRedundancy を 'New-AzSqlInstance' と 'Get-AzSqlInstance' に追加しました
  • コマンドレット 'Get-AzSqlServerActiveDirectoryOnlyAuthentication' を追加しました
  • コマンドレット 'Enable-AzSqlServerActiveDirectoryOnlyAuthentication' を追加しました
  • Force パラメーターを 'New-AzSqlInstance' に追加しました
  • マネージド データベースのログ再生サービスのコマンドレットを追加しました
    • 'Start-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay'
    • 'Get-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay'
    • 'Complete-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay'
    • 'Stop-AzSqlInstanceDatabaseLogReplay'
  • コマンドレット 'Get-AzSqlInstanceActiveDirectoryOnlyAuthentication' を追加しました
  • コマンドレット 'Enable-AzSqlInstanceActiveDirectoryOnlyAuthentication' を追加しました
  • コマンドレット 'Disable-AzSqlInstanceActiveDirectoryOnlyAuthentication' を追加しました
  • ネットワーク分離機能をサポートするために、コマンドレット 'New-AzSqlDatabaseImport' と 'New-AzSqlDatabaseExport' を更新しました
  • コマンドレット 'New-AzSqlDatabaseImportExisting' を追加しました
  • バックアップ ストレージの種類の指定をサポートするようにデータベース コマンドレットを更新しました
  • Force パラメーターを 'New-AzSqlDatabase' に追加しました
  • 'New-AzSqlDatabase' のリージョンの選択で、BackupStorageRedundancy 構成に関する警告を追加しました
  • ResourceId と InputObject を含むようにサーバーおよびインスタンスの ActiveDirectoryOnlyAuthentication コマンドレットを更新しました

Az.Storage

  • Microsoft.Azure.Storage.DataMovement 2.0.0 にアップグレードすることで、BLOB アップロードの失敗を修正しました [#12220]
  • ポイントインタイム リストアをサポートしました
    • 'Enable-AzStorageBlobRestorePolicy'
    • 'Disable-AzStorageBlobRestorePolicy'
    • 'New-AzStorageBlobRangeToRestore'
    • 'Restore-AzStorageBlobRange'
  • パラメーター -IncludeBlobRestoreStatus を指定して get-AzureRMStorageAccount を実行することで、ストレージ アカウントの BLOB 復元状態の取得をサポートしました
    • 'Get-AzureRMStorageAccount'
  • 今後のコマンドレットの出力変更に関する破壊的変更の警告メッセージを追加しました
    • 'Get-AzStorageContainerStoredAccessPolicy'
    • 'Set-AzStorageContainerStoredAccessPolicy'
    • 'Set-AzStorageAccountManagementPolicy'
    • 'Get-AzStorageAccountManagementPolicy'
    • 'Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction'
    • 'New-AzStorageAccountManagementPolicyRule'
  • Microsoft.Azure.Cosmos.Table SDK を 1.0.8 にアップグレードしました

コミュニティの投稿者の皆様に感謝いたします

  • Thomas Van Laere (@ThomVanL)、Dockerfile-alpine-3.10 を追加 (#12911)
  • Lohith Chowdary Chilukuri (@Lochiluk)、Remove-AzNetworkInterfaceIpConfig.md を更新 (#12807)
  • Roberth Strand (@roberthstrand)、Get-AzResourceGroup - 新しい例、クリーンアップ (#12828)
  • Ravi Mishra (@inmishrar)、Azure Web アプリのランタイム スタックを DOTNETCORE に更新 (#12833)
  • @jack-education、NSG とルート テーブルをサブネットから削除できるように Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig を更新 (#12351)
  • @hagop-globanet、Add-AzApplicationGatewayCustomError.md を更新 (#12784)
  • Joshua Van Daalen (@greenSacrifice)
    • Property のスペルを Property に更新 (#12821)
    • New-AzResourceLock.md の例を更新 (#12806)
  • Eragon Riddle (@eragonriddle)、例のパラメーター フィールド名を修正 (#12825)
  • @rossifumax、New-AzConfigurationAssignment.md のスペルミスの修正 (#12701)

4.6.1 - 2020 年 8 月

Az.Compute

  • 'New-AzVm' の '-EncryptionAtHost' パラメーターを修正し、既定値 false を削除しました [#12776]

4.6.0 - 2020 年 8 月

Az.Accounts

  • 検出エンドポイントが既定の AzureCloud も他のパブリック環境も返さない場合に、すべてのパブリック クラウド環境が読み込まれていました [#12633]
  • 'Get-AzSubscription' で SubscriptionPolicies が公開されていました [#12551]

Az.Automation

  • ハイブリッド worker グループを指定するための '-RunOn' パラメーターを 'Set-AzAutomationWebhook' に追加しました

Az.Compute

  • '-EncryptionAtHost' パラメーターを 'New-AzVm'、'New-AzVmss'、'New-AzVMConfig'、'New-AzVmssConfig'、'Update-AzVM'、および 'Update-AzVmss' に追加しました
  • 'SecurityProfile' を 'Get-AzVM' と 'Get-AzVmss' return オブジェクトに追加しました
  • '-InstanceView' スイッチを省略可能なパラメーターとして 'Get-AzHostGroup' に追加しました
  • 新しいコマンドレット 'Invoke-AzVmPatchAssessment' を追加しました

Az.DataFactory

  • 不足しているプロパティを PSPipelineRun クラスに追加しました。

Az.HDInsight

  • ホストでの暗号化機能を使用したクラスターの作成がサポートされるようになりました。

Az.KeyVault

  • 論理的な削除の無効化を計画するための警告メッセージを追加しました
  • 属性 SecretValueText の削除を計画するための警告メッセージを追加しました

Az.Maintenance

  • 任意指定のスケジュール関連フィールドを 'New-AzMaintenanceConfiguration' に追加しました
  • 'Get-AzMaintenancePublicConfiguration' の新しいコマンドレットを追加しました

Az.ManagedServices

  • マネージド サービスの割り当てと定義のコマンドレットに破壊的変更の警告を追加しました

Az.Monitor

  • ログとメトリックの有効化を分離するために、'Set-AzDiagnosticSetting' に設定されるパラメーターを拡張しました [#12482]
  • パイプラインからメトリック アラートを取得するときの 'Add-AzMetricAlertRuleV2' のバグを修正しました

Az.Resources

  • Azure Policy によって別名が変更可能かどうかを示す情報が含まれるように 'Get-AzPolicyAlias' の応答を更新しました。
  • 新しいコマンドレット 'Set-AzRoleAssignment' を作成しました
  • 管理グループ スコープで Resource Manager テンプレートの What-If 結果を取得するための 'Get-AzDeploymentResourceGroupWhatIfResult' を追加しました
  • テナント スコープで Resource Manager テンプレートの What-If 結果を取得するための新しいコマンドレット 'Get-AzTenantWhatIfResult' を追加しました
  • Resource Manager テンプレートの What-If 結果を使用するために、'New-AzManagementGroupDeployment' と 'New-AzTenantDeployment' の '-WhatIf' と '-Confirm' をオーバーライドしました
  • 新しいデプロイ コマンドレットに対する '-WhatIf' と '-Confirm' の動作を修正し、これらが False に準拠するようにしました
  • '-TemplateObject' および 'TemplateParameterObject' のシリアル化エラーを修正しました [#1528] [#6292]
  • 今後の出力型の変更のために、'Get-AzResourceGroupDeploymentOperation' に破壊的変更の属性を追加しました

Az.SignalR

  • 'Restart-AzSignalR' および 'Update-AzSignalR' ヘルプ ファイルのエラーを修正しました
  • コマンドレット 'Update-AzSignalRNetworkAcl'、'Set-AzSignalRUpstream' を追加しました

Az.Storage

  • BLOB クエリの高速化をサポートしました
    • 'Get-AzStorageBlobQueryResult'
    • 'New-AzStorageBlobQueryConfig'
  • ヘルプ ファイルの更新、説明の追加、タイポの修正を行いました
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'
    • 'Get-AzDataLakeGen2Item'
  • 関連するサブディレクトリが存在しない場合に BLOB のダウンロードが失敗するのを修正しました [#12592]
    • 'Get-AzStorageBlobContent'
  • ストレージ アカウントでのオブジェクト レプリケーション ポリシーの設定/取得/削除がサポートされています
    • 'New-AzStorageObjectReplicationPolicyRule'
    • 'Set-AzStorageObjectReplicationPolicy'
    • 'Get-AzStorageObjectReplicationPolicy'
    • 'Remove-AzStorageObjectReplicationPolicy'
  • ストレージ アカウントの Blob service での ChangeFeed の有効化/無効化をサポートします
    • 'Update-AzStorageBlobServiceProperty'

4.5.0 - 2020 年 8 月

Az.Accounts

  • パラメーター 'MaxContextPopulation' を受け入れるように 'Connect-AzAccount' を更新しました [#9865]
  • SubscriptionClient のバージョンを 2019-06-01 に更新し、テナント ドメインを表示するようにしました [#9838]
  • サブスクリプションのホーム テナントと managedBy テナントの情報がサポートされるようになりました
  • テレメトリ データのモジュール名、バージョン情報を修正しました
  • 環境メタデータ エンドポイントが互換性のない値を返す場合の SqlDatabaseDnsSuffix および ServiceManagementUrl を調整しました

Az.Aks

  • 'ServicePrincipalIdAndSecret' に対する 'ClientIdAndSecret' を削除し、'ClientIdAndSecret' をエイリアスとして設定しました [#12381]。
  • 'Get-AzAksCluster'/'New-AzAksCluster'/'Remove-AzAksCluster'/'Set-AzAksCluster' に対する 'Get-AzAks'/'New-AzAks'/'Remove-AzAks'/'Set-AzAks' を削除し、元のものをエイリアスとして設定しました [#12373]。

Az.ApiManagement

  • 新しい 'Add-AzApiManagementApiToGateway' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementGateway' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementGatewayHostnameConfiguration' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementGatewayKey' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'New-AzApiManagementGateway' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'New-AzApiManagementGatewayHostnameConfiguration' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'New-AzApiManagementResourceLocationObject' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Remove-AzApiManagementApiFromGateway' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Remove-AzApiManagementGateway' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Remove-AzApiManagementGatewayHostnameConfiguration' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい 'Update-AzApiManagementGateway' コマンドレットを追加しました。
  • 新しい省略可能な [-GatewayId] パラメーターを 'Get-AzApiManagementApi' コマンドレットに追加しました。

Az.CognitiveServices

  • 特に NetworkRules の既定のアクションとして 'Deny' が使用されます。

Az.FrontDoor

  • Enum.Parse が null 値を Enabled または Disabled の列挙値に強制しようとすると例外がスローされる問題を修正しました [#12344]

Az.HDInsight

  • 転送中の暗号化機能を使用したクラスターの作成がサポートされるようになりました。
    • 新しいパラメーター 'EncryptionInTransit' をコマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' に追加します
    • 新しいパラメーター 'EncryptionInTransit' をコマンドレット 'New-AzHDInsightClusterConfig' に追加します
  • プライベート リンク機能を使用したクラスターの作成がサポートされるようになりました:
    • 新しいパラメーター 'PublicNetworkAccessType' と 'OutboundPublicNetworkAccessType' をコマンドレット 'New-AzHDInsightCluster' に追加します
    • 新しいパラメーター 'PublicNetworkAccessType' と 'OutboundPublicNetworkAccessType' をコマンドレット 'New-AzHDInsightClusterConfig' に追加します
  • 'New-AzHDInsightCluster' または 'Get-AzHDInsightCluster' を呼び出すときに、仮想ネットワーク情報が返されます

Az.Network

  • 'Remove-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig' に AddressPrefixType パラメーターのサポートを追加しました
  • 非破壊的変更を追加しました:'Remove-AzExpressRouteCircutPeeringConfig' のプライベート ピアリング用の PeerAddressType 機能。
  • AddressPrefixType と PeerAddressType パラメーターの大文字と小文字の区別 を無視するようにコードを変更しました。
  • 'New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig'、'New-AzPublicIpAddress' および 'New-AzPublicIpPrefix' の警告メッセージを変更しました。

Az.OperationalInsights

  • 'Remove-AzOperationalInsightsworkspace' に '-ForceDelete' オプションを追加しました
  • 新しいコマンドレット 'Get-AzOperationalInsightsDeletedWorkspace' を追加しました
  • 新しいコマンドレット 'Restore-AzOperationalInsightsWorkspace' を追加しました

Az.RecoveryServices

  • Azure Backup コンテナー/項目検出エクスペリエンスが向上しました。

Az.Resources

  • プロパティ 'Condition'、'ConditionVersion' および 'Description' を 'New-AzRoleAssignment' に追加しました
    • これには、データ モデルに関連するすべての変更が含まれます。

Az.Sql

  • 'New-AzSqlServer' と 'Set-AzSqlServer' で発生する可能性があった、サーバー名の大文字と小文字が区別されないエラーを修正しました
  • 'New-AzSqlDatabaseSecondary' で既存のデータベースのエラーが発生した際に間違ったデータベース名が返される問題を修正しました

Az.Storage

  • 新しいアクセス許可 x,t を持つコンテナー/BLOB Sas トークンの作成がサポートされるようになりました
    • 'New-AzStorageBlobSASToken'
    • 'New-AzStorageContainerSASToken'
  • 新しいアクセス許可 x,t,f を持つアカウント Sas トークンの作成がサポートされるようになりました
    • 'New-AzStorageAccountSASToken'
  • 単一ファイル共有の使用の取得がサポートされるようになりました
    • 'Get-AzRmStorageShare'

4.4.0 - 2020 年 7 月

Az.Accounts

  • 新しいコマンドレット 'Invoke-AzRestMethod' を追加しました
  • 'Start-Job' を使用した複数の Azure PowerShell コマンドレットの実行など、マルチプロセス シナリオで認証エラーを発生させる可能性がある問題を修正しました [#9448]

Az.Aks

  • 'Get-AzAks' が一部のクラスターを取得しないバグを修正しました [#12296]

Az.AnalysisServices

  • 認証へのプロジェクト参照を削除しました

Az.Automation

  • エスケープ文字を含む文字列を json オブジェクトに変換できないという問題を修正しました。

Az.Compute

  • 'latest' イメージ バージョンを指定せずに 'New-AzVmss' を使用した場合の警告を追加しました

Az.DataFactory

  • Data Factory にグローバル パラメーターを追加しました。

Az.EventGrid

  • 2020-06-01 API バージョンを使用するように更新しました。
  • 追加された新機能:
    • 入力マッピング
    • イベント配信スキーマ
    • Private Link
    • クラウド イベント V10 スキーマ
    • 宛先としての Service Bus トピック
    • 宛先としての Azure 関数
    • Webhook のバッチ処理
    • セキュリティで保護された Webhook (Microsoft Entra ID サポート)
    • IpFiltering
  • 更新されたコマンドレット:
    • 'New-AzEventGridSubscription'/'Update-AzEventGridSubscription':
      • Webhook のバッチ処理をサポートするための新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • 新しい省略可能なパラメーターを追加して、Microsoft Entra ID を使用してセキュリティで保護された Webhook をサポートします。
      • 新しい宛先としての Azure 関数と Service Bus トピックをサポートするための EndpointType パラメーター用の新しい列挙型を追加します。
      • 配信スキーマの新しい省略可能なパラメーターを追加します。
    • 'New-AzEventGridTopic'/'Update-AzEventGridTopic' および 'New-AzEventGridDomain'/'Update-AzEventGridDomain':
      • IpFiltering をサポートするための新しい省略可能なパラメーターを追加します。
    • 'New-AzEventGridTopic'/'New-AzEventGridDomain':
      • 入力マッピングをサポートするための新しい省略可能なパラメーターを追加します。

Az.FrontDoor

  • API 2020-05-01 を使用するようにモジュールを更新しました
  • Storage、Keyvault、および Web アプリ サービス リソースの Private Link サポートを追加しました

Az.HDInsight

  • 各国のクラウドで ADLSGen1/2 ストレージを使用したクラスターの作成がサポートされるようになりました。

Az.Monitor

  • メトリックまたはログが null の場合の 'Get-AzDiagnosticSetting' のバグを修正しました [#12272]

Az.Network

  • VWan HubVnet 接続のパラメーターのスワップを修正しました
  • Azure ネットワーク仮想アプライアンス サイト用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzVirtualApplianceSite'
    • 'New-AzVirtualApplianceSite'
    • 'Remove-AzVirtualApplianceSite'
    • 'Update-AzVirtualApplianceSite'
    • 'New-AzOffice365PolicyProperty'
  • Azure ネットワーク仮想アプライアンス用の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzNetworkVirtualAppliance'
    • 'New-AzNetworkVirtualAppliance'
    • 'Remove-AzNetworkVirtualAppliance'
    • 'Update-AzNetworkVirtualAppliance'
    • 'Get-AzNetworkVirtualApplianceSku'
    • 'New-AzVirtualApplianceSkuProperty'
  • Application Gateway を Private Link 共通コマンドレットにオンボードしました
  • StorageSync を Private Link 共通コマンドレットにオンボードしました
  • SignalR を Private Link 共通コマンドレットにオンボードしました

Az.RecoveryServices

  • 認証へのプロジェクト参照を削除しました
  • Azure Backup のコマンドレットのヘルプ テキストをより正確に調整しました。
  • 'Get-AzRecoveryServicesBackupJob' コマンドレットを使用した MAB エージェント ジョブのフェッチのサポートを Azure Backup に追加しました。

Az.Resources

  • SDK を使用するように 'Save-AzResourceGroupDeploymentTemplate' を更新しました。
  • 'Unregister-AzResourceProvider' コマンドレットを追加しました。

Az.Sql

  • Set-AzSqlInstanceActiveDirectoryAdministrator コマンドレットでのサービス プリンシパルとゲスト ユーザーのサポートを追加しました
  • データ分類コマンドレットのバグを修正しました。
  • Azure SQL Managed Instance のフェールオーバーのサポートを追加しました。'Invoke-AzSqlInstanceFailover'

Az.Storage

  • 一部のデータ プレーン コマンドレットで UserAgent が追加されないという問題を修正しました。
  • MinimumTlsVersion および AllowBlobPublicAccess によるストレージ アカウントの作成/更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • ストレージ アカウントの Blob service でのバージョン管理の有効化/無効化をサポートします
    • 'Update-AzStorageBlobServiceProperty'
  • BLOB バージョンによる BLOB の一覧表示をサポートします
    • 'Get-AzStorageBlob'
  • 単一の BLOB スナップショットまたは BLOB バージョンの取得/削除をサポートします
    • 'Get-AzStorageBlob'
    • 'Remove-AzStorageBlob'
  • Azure.Storage.Blobs V12 から生成された BLOB オブジェクトからのパイプラインをサポートします
    • 'Get-AzStorageBlobContent'
    • 'New-AzStorageBlobSASToken'
    • 'Remove-AzStorageBlob'
    • 'Set-AzStorageBlobContent'
    • 'Start-AzStorageBlobCopy'

Az.StorageSync

  • ApiVersion 2020-03-01 を対象とする新しいバージョンの StorageSync SDK を追加しました
  • ストレージ同期サービスの更新コマンドレットを追加しました
    • 'Set-AzStorageSyncService'
  • StorageSyncService コマンドレットに IncomingTrafficPolicy と PrivateEndpointConnections を追加しました。

Az.Websites

  • App Service プランと同じリソース グループに属していないスロットに対する操作を実行するためのサポートを追加しました

4.3.0 - 2020 年 6 月

Az.Accounts

  • 既定での環境設定の検出、および 'Add-AzEnvironment' を使用した環境の追加がサポートされるようになりました
  • プリロード済みアセンブリの更新 [#12024]、[#11976]
  • Azure.Core のアセンブリを更新しました
  • マルチスレッド実行で 'Connect-AzAccount' が失敗する原因となる問題を修正しました [#11201]

Az.Aks

Az.Batch

  • 'Microsoft.Azure.Management.Batch' SDK バージョン 11.0.0 までを使用するように Az.Batch を更新しました
  • 'New-AzBatchAccount' コマンドレットに BatchAccount ID を設定する機能が追加されました

Az.CognitiveServices

  • アカウントの機能の表示がサポートされるようになりました。
  • PublicNetworkAccess の変更がサポートされるようになりました。

Az.Compute

  • Set-AzVM および Set-AzVmssVM コマンドレットに SimulateEviction パラメーターを追加しました。
  • New-AzGalleryImageVersion コマンドレットに対する StorageAccountType パラメーターの引数の入力候補に 'Premium_LRS' を追加しました。
  • VMCustomScriptExtension に Substatuse を追加しました [#11297]
  • New-AzVM および New-AzVMConfig コマンドレットに対する EvictionPolicy パラメーターの引数の入力候補に 'Delete' を追加しました。
  • 新しい VM Extension for SAP の名前が修正されました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.9.0 に更新しました

Az.EventHub

  • 'New-AzEventHubNamespace' および 'Set-AzEventHubNamespace' コマンドレットにマネージド ID パラメーターを追加しました

Az.Functions

  • PowerShell 7.0 および Java 11 の関数アプリを作成するためのサポートを追加しました

Az.HDInsight

  • ホストの一覧表示と、HDInsight クラスターの特定のホストの再起動がサポートされるようになりました。

Az.HealthcareApis

  • SDK のバージョンを 1.1.0 に更新しました
  • エクスポート設定とマネージド ID のサポートを追加しました

Az.Monitor

  • 'Set-AzActivityLogAlert' の入力オブジェクト パラメーターを修正しました
  • 'Set-AzActionGroup' の 'InputObject' パラメーターを修正しました [#10868]

Az.Network

  • 'Remove-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig' に AddressPrefixType パラメーターのサポートを追加しました
  • Azure FirewallPolicy の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzFirewallPolicyDnsSetting'
    • ファイアウォール ポリシーのネットワーク ルールでの宛先 FQDN に対するサポート
  • バックエンド アドレス プール操作に対するサポートを追加しました
    • 'New-AzLoadBalancerBackendAddressConfig'
    • 'New-AzLoadBalancerBackendAddressPool'
    • 'Set-AzLoadBalancerBackendAddressPool'
    • 'Remove-AzLoadBalancerBackendAddressPool'
    • 'Get-AzLoadBalancerBackendAddressPool'
  • 'New-AzIpGroup ' に対する名前の検証を追加しました
  • Azure FirewallPolicy の新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzFirewallPolicyThreatIntelWhitelist'
  • 次の機能のために以下のコマンドを更新しました。VirtualWan P2SVpnGateway でのカスタム DNS サーバーの設定/削除。
    • New-AzP2sVpnGateway を更新しました。P2SVpnGateway に設定する DNS サーバーを指定するための省略可能なパラメーター '-CustomDnsServer' を追加しました。これは、ポイント対サイト クライアントで使用できます。
    • Update-AzP2sVpnGateway を更新しました。P2SVpnGateway に設定する DNS サーバーを指定するための省略可能なパラメーター '-CustomDnsServer' を追加しました。これは、ポイント対サイト クライアントで使用できます。
  • 'Update-AzVpnGateway' を更新しました
    • VpnGateway に設定するカスタム bgps を指定するための省略可能なパラメーター '-BgpPeeringAddress' を追加しました。
  • VirtualHub リソースのルーティング状態のリセットをサポートする新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'Reset-AzHubRouter'
  • ファイアウォール ポリシーの最近の Swagger 変更に基づいて以下の項目を更新しました
    • RuleGroup、RuleCollectionGroup、および RuleType の名前を変更します
    • 複数の NAT ルール コレクションをサポートするために、ファイアウォール ポリシーの NAT ルール コレクションに対するサポートを追加しました
  • [破壊的変更] 'New-AzFirewallPolicyApplicationRule' と 'New-AzFirewallPolicyNetworkRule' の必須パラメーター 'SourceIpGroup' を追加しました。
  • [破壊的変更] パラメーター 'SourceAddress' を必須にするように、'New-AzFirewallPolicyApplicationRule' を修正しました。
  • [破壊的変更] パラメーター 'SourceAddress' を必須にするように、'New-AzFirewallPolicyApplicationRule' を修正しました。
  • [破壊的変更] 必須パラメーターを削除しました。'New-AzFirewallPolicyNatRuleCollection' の 'TranslatedAddress'、'TranslatedPort'。
  • Application Gateway での PrivateLink をサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzApplicationGatewayPrivateLinkConfiguration'
    • 'Get-AzApplicationGatewayPrivateLinkConfiguration'
    • 'New-AzApplicationGatewayPrivateLinkConfiguration'
    • 'Set-AzApplicationGatewayPrivateLinkConfiguration'
    • 'Remove-AzApplicationGatewayPrivateLinkConfiguration'
    • 'New-AzApplicationGatewayPrivateLinkIpConfiguration'
  • VirtualHub の HubRouteTables 子リソースの新しいコマンドレットを追加しました。
    • 'New-AzVHubRoute'
    • 'New-AzVHubRouteTable'
    • 'Get-AzVHubRouteTable'
    • 'Update-AzVHubRouteTable'
    • 'Remove-AzVHubRouteTable'
  • VirtualWan でのカスタム ルーティングのための省略可能な RoutingConfiguration 入力パラメーターをサポートするように既存のコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzExpressRouteConnection'
    • 'Set-AzExpressRouteConnection'
    • 'New-AzVirtualHubVnetConnection'
    • 'Update-AzVirtualHubVnetConnection'
    • 'New-AzVpnConnection'
    • 'Update-AzVpnConnection'
    • 'New-AzP2sVpnGateway'
    • 'Update-AzP2sVpnGateway'

Az.OperationalInsights

  • PSWorkspace で IOperationalInsightsWorkspace が実装されないバグを修正しました [#12135]
  • 'Set-AzOperationalInsightsWorkspace' のパラメーター 'Sku' の有効な値セットに 'pergb2018' を追加しました
  • パラメーター 'FunctionParameter' の別名 'FunctionParameters' を以下に対して追加しました
    • 'New-AzOperationalInsightsSavedSearch'
    • 'Set-AzOperationalInsightsSavedSearch'

Az.RecoveryServices

  • Azure Backup で、MAB 項目をフェッチするためのサポートが追加されました。
  • Azure Site Recovery で、ディスクの種類 'StandardSSD_LRS' がサポートされます

Az.Resources

  • 'PSADUser' に 'UsageLocation'、'GivenName'、'Surname'、'AccountEnabled'、'MailNickname'、'Mail' を追加しました [#10526] [#10497]
  • 'Get-AzADUser' で '-Mail' が機能しない問題を修正しました [#11981]
  • 'Get-AzDeploymentWhatIfResult' と 'Get-AzResourceGroupDeploymentWhatIfResult' に '-ExcludeChangeType' パラメーターを追加しました
  • 'New-AzDeployment' と 'New-AzResourceGroupDeployment' に '-WhatIfExcludeChangeType' パラメーターを追加しました
  • より適切なエラー メッセージが表示されるように 'Test-Az*Deployment' コマンドレットを更新しました
  • deployment create と What-If コマンドレットの '-Name' パラメーターのヘルプ メッセージを修正しました

Az.Sql

  • Set SQL Server Microsoft Entra Admin コマンドレットでサービス プリンシパルに対するサポートを追加しました
  • データ分類コマンドレットでの同期の問題を修正しました。
  • 'Set-AzSqlServerActiveDirectoryAdministrator' でメールによるユーザーの検索がサポートされるようになりました [#12192]

Az.Storage

  • RequireInfrastructureEncryption でストレージ アカウントの作成がサポートされるようになりました
    • 'New-AzStorageAccount'
  • Azure.Core の読み込みロジックを Az.Accounts に移動しました

Az.Websites

  • 'Restore-AzDeletedWebApp' で復元が失敗した場合に、作成された Webapp を削除する保護を追加しました
  • 'New-AzWebApp' と 'New-AzWebAppSlot' の 'SourceWebApp.Location' を追加しました
  • 'Set-AzWebApp' と 'Set-AzWebAppSlot' でコンテナー設定の変更を妨げていたバグを修正しました
  • Get-AzWebApp で Name が指定されていない場合に get SiteConfig を取得するバグを修正しました
  • Linux アプリ用の ASP を作成するためのサポートを追加しました
  • リソース グループ間での複製の例外を追加しました

4.2.0 - 2020 年 6 月

Az.Accounts

  • Az で Azure Automation または PowerShell ジョブのログがスキップされる可能性がある問題を修正しました [#11492]

Az.AnalysisServices

  • データ プレーン コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.ApiManagement

  • サービス管理コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.Billing

  • 使用量コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.CognitiveServices

  • PrivateEndpoint と PublicNetworkAccess コントロールをサポートします。

Az.DataFactory

  • データ ファクトリ V2 コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.DataShare

  • ''Az.DataShare'' モジュールの一般提供

Az.DesktopVirtualization

  • ''Az.DesktopVirtualization'' モジュールの一般提供

Az.OperationalInsights

  • SDK を 0.21.0 にアップグレードしました
  • 省略可能なパラメーターを以下に追加しました
    • 'New-AzOperationalInsightsSavedSearch'
    • 'Set-AzOperationalInsightsSavedSearch'

Az.PolicyInsights

  • 'Start-AzPolicyComplianceScan' の例 3 を修正しました

Az.PowerBIEmbedded

  • PowerBI コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.PrivateDns

  • Remove-AzPrivateDnsRecordSet の詳細出力文字列形式を修正しました

Az.RecoveryServices

  • ゾーンからゾーンへのレプリケーションの復旧計画を xml 入力から作成するための Azure Site Recovery のサポート。
  • SiteRecovery および Backup コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.Resources

  • Get-AzDeploymentScriptLog および Save-AzDeploymentScriptLog コマンドレットに Tail パラメーターを追加しました
  • Output プロパティをフォーマットし、Get-AzDeploymentScript コマンドレットの出力に表示します
  • -DeploymentScriptInputObject parameter を -DeploymentScriptObject に名前変更しました
  • コマンドレット メッセージで欠落しているファイル/ターゲット名を修正しました。
  • リソース マネージャーとタグのコマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

Az.Sql

  • UsePrivateLinkConnection を 'New-AzSqlSyncGroup'、'Update-AzSqlSyncGroup'、'New-AzSqlSyncMember' および 'Update-AzSqlSyncMember' に追加しました
  • SyncMemberAzureDatabaseResourceId を 'New-AzSqlSyncMember' と 'Update-AzSqlSyncMember' に追加しました
  • Set SQL Server Microsoft Entra Admin コマンドレットにゲスト ユーザー参照サポートを追加しました

Az.Storage

  • データ プレーン コマンドレットのアセンブリ バージョンを更新しました

4.1.0 - 2020 年 5 月

前回のリリース以降のハイライト

  • 次の PowerShell バージョンをサポートしました。Windows PowerShell 5.1、PowerShell Core 6.2.4+、PowerShell 7
  • Az.Functions の一般公開
  • Az.ApiManagement、Az.Batch、Az.Compute、Az.KeyVault、Az.Monitor、Az.Network、Az.OperationalInsights、Az.Resources、Az.Storage にメジャー リリースがあります

Az.Accounts

  • パラメーター 'AzureSynapseAnalyticsEndpointResourceId' および 'AzureSynapseAnalyticsEndpointSuffix' を受け入れるように 'Add-AzEnvironment' と 'Set-AzEnvironment' を更新しました
  • Azure.Core 関連アセンブリを Az.Accounts に追加しました。サポートされている PowerShell プラットフォームには、Windows PowerShell 5.1、PowerShell Core 6.2.4、PowerShell 7 以降が含まれます

Az.Aks

  • API バージョンを 2019-10-01 にアップグレードしました
  • Windows コンテナーを使用した AKS の作成をサポートしました
  • 新しいコマンドレットを用意しました: 'New-AzAksNodePool'、'Update-AzAksNodePool'、'Remove-AzAksNodePool'、'Get-AzAksNodePool'、'Install-AzAksKubectl'、'Get-AzAksVersion'

Az.ApiManagement

  • 'New-AzApiManagement' と 'Set-AzApiManagement': [-AssignIdentity] パラメーターの名前を [-SystemAssignedIdentity] に変更しました
  • 'New-AzApiManagement' と 'Set-AzApiManagement': 新しいパラメーター [-UserAssignedIdentity <String[]>] が追加されました
  • 'Get-AzApiManagementProperty': 名前を 'Get-AzApiManagementNamedValue' に変更しました。 PropertyId パラメーターの名前を NamedValueId に変更しました。
  • 'New-AzApiManagementProperty': 名前を 'New-AzApiManagementNamedValue' に変更しました。 PropertyId パラメーターの名前を NamedValueId に変更しました。
  • 'Set-AzApiManagementProperty': 名前を 'Set-AzApiManagementNamedValue' に変更しました。 PropertyId パラメーターの名前を NamedValueId に変更しました。
  • 'Remove-AzApiManagementProperty': 名前を 'Remove-AzApiManagementNamedValue' に変更しました。 PropertyId パラメーターの名前を NamedValueId に変更しました。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementAuthorizationServerClientSecret' コマンドレットを追加しました。'Get-AzApiManagementAuthorizationServer' ではクライアント シークレットは返されなくなります。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementNamedValueSecretValue' コマンドレットを追加しました。'Get-AzApiManagementNamedValue' ではシークレット値は返されません。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementOpenIdConnectProviderClientSecret' コマンドレットを追加しました。'Get-AzApiManagementOpenIdConnectProvider' ではクライアント シークレットは返されなくなります。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementSubscriptionKey' コマンドレットを追加しました。'Get-AzApiManagementSubscription' ではサブスクリプション キーは返されなくなります。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementTenantAccessSecret' コマンドレットを追加しました。'Get-AzApiManagementTenantAccess' ではキーは返されなくなります。
  • 新しい 'Get-AzApiManagementTenantGitAccessSecret' コマンドレットを追加しました。'Get-AzApiManagementTenantGitAccess' ではキーは返されなくなります。

Az.ApplicationInsights

  • 次のパラメーターを追加しました。'New-AzApplicationInsights' 用の 'RetentionInDays' 'PublicNetworkAccessForIngestion' 'PublicNetworkAccessForQuery'
  • コマンドレット 'Update-AzApplicationInsights' を作成しました
  • リンクされているストレージ アカウント用のコマンドレットを作成しました

Az.Batch

  • 'Microsoft.Azure.Batch' SDK バージョン 13.0.0 と 'Microsoft.Azure.Management.Batch' SDK バージョン 9.0.0 を使用するように Az.Batch を更新しました。
  • 新しい '-CertificateKind' パラメーターを使用して追加する証明書の種類を選択する機能を 'New-AzBatchCertificate' に追加しました。
  • 以前は常に '' であった 'PSApplication' から 'ApplicationPackages' プロパティを削除しました。
    • アプリケーション内の特定のパッケージは 'Get-AzBatchApplicationPackage' を使用して取得できるようになっています。 次に例を示します。'Get-AzBatchApplication -AccountName myaccount -ResourceGroupName myresourcegroup -ApplicationId myapplication'
  • 'New-AzBatchPool' を使用してプールを作成する場合に、'PSImageReference' の 'VirtualMachineImageId' プロパティが Shared Image Gallery のイメージのみを参照できるようになりました。
  • 'New-AzBatchPool' を使用してプールを作成する場合に、'PSNetworkConfiguration' の新しい 'PublicIPAddressConfiguration' プロパティを使用して、そのプールをパブリック IP なしでプロビジョニングできます。
    • 'PSNetworkConfiguration' の 'PublicIPs' プロパティも 'PSPublicIPAddressConfiguration' に移動しました。 このプロパティは、'IPAddressProvisioningType ' が 'UserManaged' の場合にのみ指定できます。

Az.Compute

  • 'Update-AzVM' コマンドレットに HostId パラメーターを追加しました
  • 'New-AzVMConfig'、'New-AzVmssConfig'、'Update-AzVmss'、'Set-AzVMOperatingSystem'、'Set-AzVmssOsProfile' コマンドレットのヘルプ ドキュメントを更新しました。
  • 重大な変更
    • FilterExpression パラメーターが 'Get-AzVMImage' コマンドレットから削除されています。
    • AssignIdentity パラメーターが 'New-AzVmssConfig'、'New-AzVMConfig'、'Update-AzVM' コマンドレットから削除されています。
    • AutomaticRepairMaxInstanceRepairsPercent が 'New-AzVmssConfig' と 'Update-AzVmss' コマンドレットから削除されています。
    • AvailabilitySetsColocationStatus、VirtualMachinesColocationStatus、VirtualMachineScaleSetsColocationStatus プロパティが ProximityPlacementGroup から削除されています。
    • MaxInstanceRepairsPercent プロパティが AutomaticRepairsPolicy から削除されています。
    • AvailabilitySets、VirtualMachines、VirtualMachineScaleSets の種類が IList<SubResource> から IList<SubResourceWithColocationStatus> に変更されています。
  • 'Get-AzVM' コマンドレットの説明を、わかりやすくするために更新しました。

Az.DataFactory

  • Managed IR でデータ フロー ランタイム プロパティの CRUD をサポートしました。

Az.FrontDoor

  • Front Door ルール エンジン オブジェクトを作成、更新、取得、削除するための新しいコマンドレットを追加しました
  • Front Door ルール エンジン オブジェクトを構築するためのヘルパー コマンドレットを追加しました
  • Front Door ルーティング規則オブジェクトにルール エンジン参照を追加しました。
  • Front Door バックエンド オブジェクトにプライベート リンク パラメーターを追加しました

Az.Functions

  • ''Az.Functions'' モジュールの一般公開

Az.HDInsight

  • お客様が管理するキー ディスクの暗号化をサポートしました。

Az.HealthcareApis

  • アクセス ポリシーの既定値が現在のプリンシパルではなくなりました

Az.IotHub

  • SQL に似た言語を使用して情報を取得するために、IoT ハブ内でクエリを呼び出すコマンドレットを追加しました。
  • 'Add-AzIotHubDevice' が子デバイスなしで Edge 対応デバイスを作成できない問題を修正しました [#11597]
  • Iot Hub、デバイス、またはモジュールの SAS トークンを生成するコマンドレットを追加しました。
  • 構成メトリック クエリを呼び出すコマンドレットを追加しました。
  • 大規模な IoT Edge 自動デプロイを管理します。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Add-AzIotHubDeployment'
    • 'Get-AzIotHubDeployment'
    • 'Remove-AzIotHubDeployment'
    • 'Set-AzIotHubDeployment'
  • IoT Edge デプロイ メトリック クエリを呼び出すコマンドレットを追加しました。
  • 指定されたエッジ デバイスに構成内容を適用するコマンドレットを追加しました。

Az.KeyVault

  • 次の 2 つの別名を削除しました。'New-AzKeyVaultCertificateAdministratorDetails' と 'New-AzKeyVaultCertificateOrganizationDetails'
  • キー コンテナーを作成するときに、論理的な削除を既定で有効にしました
  • キー コンテナーを作成するときに、特定のネットワークの場所からのアクセスを管理するようにネットワーク ルールを設定できます
  • Bring Your Own Key (BYOK) のサポートを追加しました
    • 'Add-AzKeyVaultKey' で、キー交換キーの生成をサポートします
    • 'Get-AzKeyVaultKey' で、PEM 形式の公開キーのダウンロードをサポートします
  • 'Add-AzKeyVaultKey' のヘルプ ドキュメントの 'KeyOps' 部分を更新しました

Az.Monitor

  • 保持ポリシーがすべてのカテゴリに適用されないという 'Set-AzDiagnosticSettings' のバグを修正しました [#11589]
  • メトリック アラート V2 の WebTest 可用性基準をサポートしました
    • 'New-AzMetricAlertRuleV2Criteria': WebTest 可用性基準を作成するためのオプションを追加しました
    • 'Add-AzMetricAlertRuleV2': 新しい WebTest 可用性基準をサポートします
  • PSLogProfile 内の RetentionPolicy の冗長な定義を削除しました [#7608]
  • PSEventData で定義された冗長なプロパティを削除しました [#11353]
  • 'Get-AzLog' の名前を 'Get-AzActivityLog' に変更しました

Az.Network

  • ゾーンの既定の動作が変更されることを通知するための、破壊的変更属性を追加しました
    • 'New-AzPublicIpAddress'
    • 'New-AzPublicIpPrefix'
    • 'New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig'
  • 新しい最上位リソース SecurityPartnerProvider のサポートを追加しました
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzSecurityPartnerProvider
      • Remove-AzSecurityPartnerProvider
      • Get-AzSecurityPartnerProvider
      • Set-AzSecurityPartnerProvider
  • 'RequiredZoneNames' を 'PSPrivateLinkResource' に、'GroupId' を 'PSPrivateEndpointConnection' に追加しました
  • New-AzNetworkWatcherConnectionMonitorTestConfigurationObject の SuccessThresholdRoundTripTimeMs パラメーターの誤った種類を修正しました
  • AllowVnetToVnetTraffic 引数の既定値を True に設定するように VirtualWan コマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualWan'
    • 'Update-AzVirtualWan'
  • プライベート エンドポイントの DNS ゾーン グループをサポートする新しいコマンドレットを追加しました
    • 'New-AzPrivateDnsZoneConfig'
    • 'Get-AzPrivateDnsZoneGroup'
    • 'New-AzPrivateDnsZoneGroup'
    • 'Set-AzPrivateDnsZoneGroup'
    • 'Remove-AzPrivateDnsZoneGroup'
  • 'DNSEnableProxy'、'DNSRequireProxyForNetworkRules'、'DNSServers' パラメーターを 'AzureFirewall' に追加しました
  • 'EnableDnsProxy'、'DnsProxyNotRequiredForNetworkRule'、'DnsServer' パラメーターを 'AzureFirewall' に追加しました
    • 更新されたコマンドレット:
      • New-AzFirewall

Az.OperationalInsights

  • 生成された新しい SDK を適用するようにレガシ コードを更新しました
  • 非推奨になった API が原因でコマンドレットを削除しました
    • 'Get-AzOperationalInsightsSavedSearchResult' (別名 'Get-AzOperationalInsightsSavedSearchResults')
    • 'Get-AzOperationalInsightsSearchResult' (別名 'Get-AzOperationalInsightsSearchResults')
    • 'Get-AzOperationalInsightsLinkTarget' (別名 'Get-AzOperationalInsightsLinkTargets')
  • 'Set-AzOperationalInsightsWorkspace' と 'New-AzOperationalInsightsWorkspace' のパラメーターを追加しました
  • リンクされているストレージ アカウント用のコマンドレットを作成しました
  • クラスターおよびリンクされたサービス用のコマンドレットを作成しました

Az.RecoveryServices

  • Azure Site Recovery で、Azure to Azure プロバイダーの近接配置グループ仮想マシンを保護するためのサポートを追加しました。
  • Azure Site Recovery でゾーン間レプリケーションのサポートを追加しました。
  • Azure Backup で、Azure FileShare 回復ポイントの長期保持サポートを追加しました。
  • Azure Backup で、'Get-AzRecoveryServicesBackupItem' コマンドレット出力にディスク除外プロパティを追加しました。
  • Site Recovery サービスのコンテナー資格情報ファイルのプライベート エンドポイントを追加しました。

Az.Resources

  • 新しいロール定義を作成するときの表示遅延に関するメッセージ警告を追加しました
  • 厳密に型指定されたオブジェクトを出力するようにポリシー コマンドレットを変更しました
  • 'Get-AzResourceLock' コマンドレットで使用されていた '-TenantLevel' パラメーターを削除しました [#11335]
  • 'Remove-AzResourceGroup -Id ResourceId' を修正しました [#9882]
  • リソース グループ スコープで Resource Manager テンプレートの What-If 結果を取得するための新しいコマンドレットを追加しました。'Get-AzDeploymentResourceGroupWhatIfResult'
  • サブスクリプション スコープで ARM テンプレートの What-If 結果を取得するための新しいコマンドレット 'Get-AzDeploymentWhatIfResult' を追加しました。
    • エイリアス:'Get-AzSubscriptionDeploymentWhatIf'
  • ARM テンプレートの What-If 結果を使用するために、'New-AzDeployment' と 'New-AzResourceGroupDeployment' の '-WhatIf' と '-Confirm' パラメーターをオーバーライドしました
  • デプロイ コマンドレットの 'ApiVersion' パラメーターの非推奨メッセージを追加しました
  • デプロイの失敗に対する改善されたエラー メッセージを表示する機能を追加しました
  • デプロイの失敗に対する correlationId のログ記録を追加しました
  • デプロイ スクリプトの出力に 'error' プロパティを追加しました
  • nuget Microsoft.Azure.Management.ResourceManager を '3.7.1-preview' に更新しました
  • DeploymentValidateResult の Error プロパティがnuget 3.7.1-preview から読み取り専用に変更されたため、特定のテスト ケースを削除しました
  • SDK ResourceManager 3.7.1-preview から GenericResourceExpanded を取得しました
  • デプロイ用のすべての Get コマンドレットおよび以下に対するタグ サポートを追加しました。
    • 'New-AzDeployment'
    • 'New-AzManagementGroupDeployment'
    • 'New-AzResourceGroupDeployment'
    • 'New-AzTenantDeployment'

Az.ServiceFabric

  • --SecretIdentifier を使用した証明書の追加で、誤った証明書の拇印を取得していたバグを修正しました

Az.Sql

  • 以下のパフォーマンスを強化しました。
    • 'Set-AzSqlDatabaseSensitivityClassification'
    • 'Set-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityClassification'
    • 'Remove-AzSqlDatabaseSensitivityClassification'
    • 'Remove-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityClassification'
    • 'Enable-AzSqlDatabaseSensitivityRecommendation'
    • 'Enable-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityRecommendation'
    • 'Disable-AzSqlDatabaseSensitivityRecommendation'
    • 'Disable-AzSqlInstanceDatabaseSensitivityRecommendation'
  • コマンドレット 'Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy' から 'RetentionDays' パラメーターのクライアント側の検証を削除しました
  • Vnet のストレージ アカウントを監査し、Storage Blob Data Contributor ロールの作成時のバグを修正します。

Az.Storage

  • コマンドレット 'Get-AzStorageAccount' でアカウントを取得/一覧表示するために '-AsJob' を追加しました
  • KeyvaultEncryption を使用してストレージ アカウントを更新するときに KeyVersion をオプションにして、キーの自動ローテーションをサポートします
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • Azure File Directory の削除がパイプラインで失敗することを修正しました
    • 'Remove-AzStorageDirectory'
  • [#9880] を修正しました。swagger に合わせて NetWorkRule DefaultAction 値の定義を変更しています。
    • 'Update-AzStorageAccountNetworkRuleSet'
    • 'Get-AzStorageAccountNetworkRuleSet'
  • [#11624] の修正: サーバー障害を回避するため、NetworkRules の追加時に重複するルールをスキップします
    • 'Add-AzStorageAccountNetworkRule'
  • Microsoft.Azure.Cosmos.Table SDK を 1.0.7 にアップグレードしました
  • DataLake Gen2 項目の一覧表示で一部の項目のみが返されたときに、ContinuationToken を使用して再度一覧表示するようにユーザーに促す警告メッセージを追加しました。
    • 'Get-AzDataLakeGen2ChildItem'
  • Azure Files Active Directory Domain Service 認証でのストレージ アカウントの作成または更新をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • ストレージ アカウントの Kerberos キーの新規作成または一覧表示をサポートしました
    • 'New-AzStorageAccountKey'
    • 'Get-AzStorageAccountKey'
  • ストレージ アカウントのフェールオーバーをサポートしました
    • 'Invoke-AzStorageAccountFailover'
  • 'Get-AzStorageBlobCopyState' のヘルプを更新しました
  • 'Get-AzStorageFileCopyState' と 'Start-AzStorageBlobCopy' のヘルプを更新しました
  • ストレージ クライアント ライブラリ v12 を Queue および File コマンドレットに統合しました
  • 出力の種類を CloudFile から AzureStorageFile に変更しました。元の出力は新しい出力の子プロパティになります
    • 'Get-AzStorageFile'
    • 'Remove-AzStorageFile'
    • 'Get-AzStorageFileContent'
    • 'Set-AzStorageFileContent'
    • 'Start-AzStorageFileCopy'
  • 出力の種類を CloudFileDirectory から AzureStorageFileDirectory に変更しました。元の出力は新しい出力の子プロパティになります
    • 'New-AzStorageDirectory'
    • 'Remove-AzStorageDirectory'
  • 出力の種類を CloudFileShare から AzureStorageFileShare に変更しました。元の出力は新しい出力の子プロパティになります
    • 'Get-AzStorageShare'
    • 'New-AzStorageShare'
    • 'Remove-AzStorageShare'
  • 出力の種類を FileShareProperties から AzureStorageFileShare に変更しました。元の出力は新しい出力のサブの子プロパティになります
    • 'Set-AzStorageShareQuota'

Az.TrafficManager

  • 'DisableAzureTrafficManagerEndpoint' の詳細出力の間違ったプロファイル名を修正しました

Az.Websites

  • 'Update-AzWebAppAccessRestrictionConfig' のヘルプの誤記を修正しました。

3.8.0 - 2020 年 4 月

Az.Accounts

  • 'Resolve-AzError' の Azure PowerShell アンケートの URL を更新しました [#11507]

Az.ApiManagement

  • 将来のリリースでの Azure File コマンドレット出力の変更に対する破壊的変更の通知を追加しました
  • GroupId パラメーターの指定について 'Set-AzApiManagementGroup' のドキュメントを更新しました

Az.Cdn

  • ChinaCDN 関連の価格 SKU の表示を修正しました

Az.CognitiveServices

  • ID、暗号化、UserOwnedStorage をサポートします

Az.Compute

  • 'Set-AzVmssOrchestrationServiceState' コマンドレットを追加しました。
  • 'Get-AzVmss' に -InstanceView を指定することで、OrchestrationService の状態が表示されます。

Az.IotHub

  • IoT デバイス ツインの構成を管理します。新しいコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Get-AzIotHubDeviceTwin'
    • 'Update-AzIotHubDeviceTwin'
  • Iot Hub のデバイスでダイレクト メソッドを呼び出すコマンドレットを追加しました。
  • IoT デバイス モジュール ツインの構成を管理します。新しいコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Get-AzIotHubModuleTwin'
    • 'Update-AzIotHubModuleTwin'
  • IoT の自動デバイス管理構成を大規模に管理します。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Add-AzIotHubConfiguration'
    • 'Get-AzIotHubConfiguration'
    • 'Remove-AzIotHubConfiguration'
    • 'Set-AzIotHubConfiguration'
  • Iot Hub で edge モジュール メソッドを呼び出すコマンドレットを追加しました。

Az.KeyVault

  • コンテナーでの論理的な削除と消去保護を有効にできる新しいコマンドレット 'Update-AzKeyVault' を追加しました
  • Microsoft.PowerShell.SecretManagement へのサポートを追加しました [#11178]
  • 'Remove-AzKeyVaultManagedStorageSasDefinition' の例の誤りを修正しました [#11479]
  • プライベート エンドポイントへのサポートを追加しました

Az.Maintenance

  • GA 用のメンテナンス コマンドレットのリリース バージョンを公開しています

Az.Monitor

  • プライベート リンク スコープのコマンドレットを追加しました
    • 'Get-AzInsightsPrivateLinkScope'
    • 'Remove-AzInsightsPrivateLinkScope'
    • 'New-AzInsightsPrivateLinkScope'
    • 'Update-AzInsightsPrivateLinkScope'
    • 'Get-AzInsightsPrivateLinkScopedResource'
    • 'New-AzInsightsPrivateLinkScopedResource'
    • 'Remove-AzInsightsPrivateLinkScopedResource'

Az.Network

  • 仮想ネットワーク ゲートウェイのプライベート IP での接続を有効にするコマンドレットを更新しました。
    • 'New-AzVirtualNetworkGateway'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGateway'
    • 'New-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
    • 'Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection'
  • FQDN ベースの LocalNetworkGateways と VpnSites を有効にするコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzLocalNetworkGateway'
    • 'New-AzVpnSiteLink'
  • ExpressRouteCircuitConnectionConfig (Global Reach) で IPv6 アドレス ファミリのサポートを追加しました。
    • 'Set-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig' を追加しました
      • IPv6CircuitConnectionProperties を含むすべての既存のプロパティを設定できます
    • 'Add-AzExpressRouteCircuitConnectionConfig' を更新しました
      • アドレス プレフィックスのアドレス ファミリを指定する、別の省略可能なパラメーター AddressPrefixType を追加しました
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイ接続で DPD タイムアウトの設定を有効にするコマンドレットを更新しました。
    • New-AzVirtualNetworkGatewayConnection
    • Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection

Az.PolicyInsights

  • ポリシー コンプライアンス スキャンをトリガーするための 'Start-AzPolicyComplianceScan' コマンドレットを追加しました
  • ポリシー定義、セット定義、および割り当てのバージョンを 'Get-AzPolicyState' 出力に追加しました

Az.ServiceFabric

  • 'New-AzServiceFabricCluster' サンプルのコードのフォーマットと使いやすさが向上しています

Az.Sql

  • コマンドレット 'Get-AzSqlInstanceOperation' および 'Stop-AzSqlInstanceOperation' を追加しました
  • VNet のストレージ アカウントに対する監査をサポートします。

Az.Storage

  • 将来のリリースでの Azure File コマンドレット出力の変更に対する破壊的変更の通知を追加しました
  • ストレージ アカウントの作成/更新時に新しい SkuName StandardGZRS、StandardRAGZRS をサポートします
    • 'New-AzStorageAccount'
    • 'Set-AzStorageAccount'
  • Supported DataLake Gen2
    • 'New-AzDataLakeGen2Item'
    • 'Get-AzDataLakeGen2Item'
    • 'Get-AzDataLakeGen2ChildItem'
    • 'Move-AzDataLakeGen2Item'
    • 'Set-AzDataLakeGen2ItemAclObject'
    • 'Update-AzDataLakeGen2Item'
    • 'Get-AzDataLakeGen2ItemContent'
    • 'Remove-AzDataLakeGen2Item'

0.10.0-preview - 2020 年 4 月

全般

  • Az モジュールが Azure Stack Hub のプレビューで使用できるようになりました。 これにより、Linux および macOS とのクロスプラットフォームの互換性が確保されます。 Azure Stack Hub で、Az モジュールを使用した PowerShell Core がサポートされるようになりました。詳細については、こちらを参照してください
  • Az モジュールでプロファイル 2019-03-01-hybrid がサポートされます。
    • Az.Billing
    • Az.Compute
    • Az.DataBoxEdge
    • Az.EventHub
    • Az.IotHub
    • Az.KeyVault
    • Az.Monitor
    • Az.Network
    • Az.Resources
    • Az.Storage
    • Az.Websites
  • Azure Stack Hubで動作する、Az 用の 3 つの新しい PowerShell モジュール (Az.Databox、Az.IotHub、Az.EventHu) が導入されました
  • コマンドは比較的同じままですが、AzureRM を Az に変更するなどの軽微な変更が加えられています
  • Azure Stack Hub の PowerShell ドキュメントへのリンクを更新しました。こちらで確認できます

Az.Accounts

  • ADAL から MSAL へのアップグレード

3.7.0 - 2020 年 3 月

Az.Accounts

  • ログインしていない場合に、'Get-AzTenant'/'Get-AzDefault'/'Set-AzDefault' が NullReferenceException をスローする問題を修正しました [#10292]

Az.Compute

  • 'New-AzDiskConfig' コマンドレットに次のパラメーターを追加しました。
    • DiskIOPSReadOnly、DiskMBpsReadOnly、MaxSharesCount、GalleryImageReference
  • 'New-AzGalleryImageVersion' コマンドレットの Target パラメーターで Encryption プロパティを使用できるようになりました。
  • 'Set-AzVmss' の -Reimage と 'Invoke-AzVMReimage' コマンドレットの tempDisk の問題を修正しました。 [#11354]
  • 新しい SAP 拡張機能の次のコマンドレットに対するサポートを追加しました
    • 'Set-AzVMAEMExtension'
    • 'Get-AzVMAEMExtension'
    • 'Remove-AzVMAEMExtension'
    • 'Update-AzVMAEMExtension'
  • ヘルプ ドキュメントの例の誤りを修正しました
  • VM PowerState の正確な文字列値をテーブル形式で示しました。
  • 'New-AzVmssConfig': SinglePlacementGroup が無効な場合の AutomaticRepairs プロパティのシリアル化を修正しました。 [#11257]

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.8.0 に更新しました
  • 再実行をサポートするために、'Invoke-AzDataFactoryV2Pipeline' コマンドに省略可能なパラメーターを追加しました

Az.DataLakeStore

  • 'Export-AzDataLakeStoreItem' と 'Import-AzDataLakeStoreItem' に破壊的変更の説明を追加しました
  • 'New-AzDataLakeStoreItem'、'Add-AzDAtaLakeStoreItemContent'、および 'Get-AzDAtaLakeStoreItemContent' にバイト エンコードのオプションを追加しました

Az.HDInsight

  • クラスターの作成時に、最低限サポートされている TLS バージョンの指定をサポートします。

Az.IotHub

  • デバイスごとの分散設定の管理のサポートを追加しました。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Get-AzIotHubDistributedTracing'
    • 'Set-AzIotHubDistributedTracing'

Az.KeyVault

  • 'New-AzKeyVault' に破壊的変更の属性を追加しました

Az.Monitor

  • 'New-AzScheduledQueryRuleLogMetricTrigger' のドキュメントを更新しました

Az.Network

  • テナント間の VirtualHubVnetConnections を許可するためにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzVirtualHubVnetConnection'
    • 'Update-AzVirtualHubVnetConnection'
    • 'New-AzVirtualHub'
    • 'Update-AzVirtualHub'
  • SQL 管理 SDK の依存関係を削除しました
  • firewallPolicy の関連付けを強制できるようにコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzApplicationGateway'

Az.PolicyInsights

  • エラー メッセージを改善しました

Az.RecoveryServices

  • Azure Site Recovery で再保護を行うためのサポートを追加し、Azure Disk Encryption を使用して暗号化されている Virtual Machines の vm プロパティを更新しました。
  • Azure Site Recovery に VmwareToAzure プロパティの DR 監視を追加しました
  • Azure Backup に、失敗した項目の再試行ポリシー更新のサポートを追加しました。
  • Azure Backup に、バックアップおよび復元中のディスク除外設定のサポートを追加しました。
  • Azure Backup に、AzureFileShare で複数ファイル/フォルダーを復元するためのサポートを追加しました
  • Azure Backup に、IaasVM ポリシーの更新中にユーザーによって指定された Resourcegroup へのサポートを追加しました

Az.Resources

  • 既定の apiVersion ではなく、リソースの実際の apiVersion を使用するように 'Get-AzResource -ResourceGroupName -Name -ExpandProperties -ResourceType' を修正しました [#11267]
  • エラー シナリオでの correlationId のログ記録を追加しました
  • 'Get-AzResourceLock' のドキュメントをわずかに変更しました。 例を追加しました。
  • 'Get-AzADUser' のパラメーター値の単一引用符をエスケープしました [#11317]
  • デプロイ スクリプト ('Get-AzDeploymentScript'、'Get-AzDeploymentScriptLog'、'Save-AzDeploymentScriptLog'、'Remove-AzDeploymentScript') に新しいコマンドレットを追加しました

Az.Sql

  • 'Invoke-AzSqlDatabaseFailover' に読み取り可能なセカンダリ パラメーターを追加しました
  • コマンドレット 'Disable-AzSqlServerActiveDirectoryOnlyAuthentication' を追加しました
  • データベース内の列を分類するときの秘密度ランクを保存しました。

Az.Support

  • 'Az.Support' モジュールの一般提供

Az.Websites

  • 次の新しいコマンドレットを使用して、webapp トラフィック ルーティング規則を処理するためのサポートを追加しました
    • 'Get-AzWebAppTrafficRouting'
    • 'Update-AzWebAppTrafficRouting'
    • 'Add-AzWebAppTrafficRouting'
    • 'Remove-AzWebAppTrafficRouting'

3.6.1 - 2020 年 3 月

Az.Accounts

  • 'Send-Feedback' で Azure PowerShell アンケート ページを開きます [#11020]
  • 'Resolve-Error' に Azure PowerShell アンケートの URL を表示します [#11021]
  • UserAgent で Az バージョンを追加しました

Az.ApiManagement

  • DeveloperPortal エンドポイントでカスタム ドメインを取得および構成するためのサポートを追加しました [#11007]
  • 'Export-AzApiManagementApi' で、JSON 形式で API 定義をダウンロードするためのサポートを追加しました [#9987]
  • 'Import-AzApiManagementApi' で、JSON ドキュメントから OpenApi 3.0 定義をインポートするためのサポートを追加しました
  • 'New-AzApiManagementIdentityProvider' および 'Set-AzApiManagementIdentityProvider' で、Azure AD B2C プロバイダーの 'サインイン テナント' を構成するためのサポートを追加しました [#9784]

Az.DataLakeStore

  • csproj および psd1 で明示的に System.Buffers への参照を追加しました。

Az.IotHub

  • Iot Hub でデバイスを管理するためのサポートを追加しました。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Add-AzIotHubDevice'
    • 'Get-AzIotHubDevice'
    • 'Remove-AzIotHubDevice'
    • 'Set-AzIotHubDevice'
  • Iot Hub のターゲット Iot デバイスでモジュールを管理するためのサポートを追加しました。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Add-AzIotHubModule'
    • 'Get-AzIotHubModule'
    • 'Remove-AzIotHubModule'
    • 'Set-AzIotHubModule'
  • Iot Hub 内のターゲット IoT デバイスの接続文字列を取得するコマンドレットを追加しました。
  • Iot Hub 内のターゲット IoT デバイス上のモジュールの接続文字列を取得するコマンドレットを追加しました。
  • IoT デバイスの親デバイスを取得/設定するためのサポートを追加しました。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Get-AzIotHubDeviceParent'
    • 'Set-AzIotHubDeviceParent'
  • デバイスの親子関係を管理するためのサポートを追加しました。

Az.Monitor

  • 'Get-AzMetricDefinition' の出力値を修正しました [#9714]

Az.Network

  • SQL 管理 SDK を更新しました。
  • PrivateLinkServiceConnectionState クラスの naming-difference の問題を修正しました。
    • フィールド ActionRequired を ActionRequired にマップしています。
  • 'New-AzSqlServer' と 'Set-AzSqlServer' に PublicNetworkAccess を追加しました

Az.Resources

  • 'Get-AzRoleAssignment' で null 参照のバグを修正しました。
  • 'Remove-AzADGroup' でスイッチ '-Force ' および '-PassThru ' に省略可能のマークを付けました [#10849]
  • 'MailNickname' が 'Remove-AzADGroup' で返さない問題を修正しました [#11167]
  • 'Remove-AzADGroup' パイプ操作が機能しない問題を修正しました [#11171]
  • GetAzureRoleAssignmentCommand の null 参照のバグを修正しました
  • ポリシー コマンドレットの今後の変更について、破壊的変更の属性を追加しました
  • サーバー側でリソース グループ タグのフィルター処理を実行するように 'Get-AzResourceGroup' を更新しました
  • タグ コマンドレットで -ResourceId を受け入れるように拡張しました
    • Get-AzTag -ResourceId
    • New-AzTag -ResourceId
    • Remove-AzTag -ResourceId
  • 新しいタグ コマンドレットを追加しました
    • Update-AzTag -ResourceId
  • SDK 3.3.0 から ScopedDeployment を導入しました

Az.Sql

  • 'New-AzSqlServer' と 'Set-AzSqlServer' に PublicNetworkAccess を追加しました
  • マネージド データベースの長期的な保有期間のバックアップ構成のサポートを追加しました
    • マネージド データベースで LTR ポリシーを取得/設定します
    • マネージド データベース、マネージド インスタンス、または場所で LTR バックアップを取得します
    • LTR バックアップを削除します
    • LTR バックアップを復元して新しいマネージド データベースを作成します
  • New-AzSqlServer と Set-AzSqlServer に MinimalTlsVersion を追加しました
  • New-AzSqlInstance と Set-AzSqlInstance に MinimalTlsVersion を追加しました
  • Az.Network の SQL SDK のバージョンを上げました

Az.Storage

  • ImmutabilityPolicy で AllowProtectedAppendWrite をサポートします
    • 'Set-AzRmStorageContainerImmutabilityPolicy'
  • 将来のリリースでの AzureStorageTable 型の変更に対する破壊的変更の警告メッセージを追加しました
    • 'New-AzStorageTable'
    • 'Get-AzStorageTable'

Az.Websites

  • 'New-AzAppServicePlan' と 'Set-AzAppServicePlan' の Tag パラメーターを追加しました
  • Web サイトにカスタム ドメインを追加するときに例外がスローされた場合、コマンドレットの実行を停止します
  • App Service プランと同じリソース グループに含まれていない App Services の操作を実行するためのサポートを追加しました
  • 異なるリソース グループ内の WebApp/Function へのアクセス制限を適用しました
  • WebAppSlots のカスタム ホスト名を設定するための問題を修正しました

3.5.0 - 2020 年 2 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • クライアント側のテレメトリを更新しました。
  • Az.IotHub に、デバイスの管理をサポートするコマンドレットを追加しました。
  • Az.SqlVirtualMachine に、可用性グループ リスナー用のコマンドレットを追加しました。

Az.Resource

  • 正しいテナント レベルのリソース ID が生成されないバグを修正しました。
  • 入力ミスを修正しました。

Az.Accounts

  • クライアント側テレメトリのデータに SubscriptionId、TenantId および実行時間を追加しました

Az.Automation

  • 'New-AzAutomationSoftwareUpdateConfiguration' のリファレンス ドキュメントの例 1 で、タイプミスを修正しました

Az.CognitiveServices

  • SDK を 7.0 に更新しました
  • サーバーが空の本文を応答する場合のエラー メッセージを改善しました

Az.Compute

  • 更新中に ProximityPlacementGroupId で空の値を許可するようにしました

Az.FrontDoor

  • WAF で使用できるマネージド ルールの定義を取得するコマンドレットを追加しました

Az.IotHub

  • Iot Hub でデバイスを管理するためのサポートを追加しました。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • 'Add-AzIotHubDevice'
    • 'Get-AzIotHubDevice'
    • 'Remove-AzIotHubDevice'
    • 'Set-AzIotHubDevice'

Az.KeyVault

  • Add-AzKeyVaultKey.md の重複するテキストを修正しました

Az.Monitor

  • Get-AzLog コマンドレットの説明を修正しました。
  • ActionGroupId という名前の新しいパラメーターが、'New-AzMetricAlertRuleV2' コマンドに追加されました。
    • ユーザーは、ActionGroupId(string) または ActionGorup(ActivityLogAlertActionGroup) のいずれかを指定できます。

Az.Network

  • 'New-AzPrivateLinkService' コマンドレットのパラメーター '-EnableProxyProtocol' にパラメーターのノートを追加しました。
  • Start-AzVirtualNetworkGatewayConnectionPacketCapture.md と Start-AzVirtualnetworkGatewayPacketCapture.md の FilterData 例を修正しました。
  • Start-AzVirtualNetworkGatewayConnectionPacketCapture.md と Start-AzVirtualnetworkGatewayPacketCapture.md ですべての内部および外部パケットをキャプチャするパケット キャプチャの例を追加しました。
  • VNet ファイアウォールで Azure Firewall ポリシーをサポートします
    • 新たに追加されたコマンドレットはありません。 VNet ファイアウォールでのファイアウォール ポリシーの制限を緩和します

Az.RecoveryServices

  • SQL Database でファイルとして復元のサポートを追加しました

Az.Resources

  • テンプレート デプロイのコマンドレットをリファクターしました
    • 管理グループでデプロイを管理するための新しいコマンドレットを追加しました: *-AzManagementGroupDeployment
    • テナントの範囲でデプロイを管理するための新しいコマンドレットを追加しました: *-AzTenantDeployment
    • *-AzDeployment コマンドレットをリファクターしてサブスクリプションの範囲で動作するようにしました
    • *-AzDeployment コマンドレット用の別名 *-AzSubscriptionDeployment を作成しました
  • パラメーター 'AvailableToOtherTenants' が設定されていない場合の 'Update-AzADApplication' を修正しました
  • AmbiguousParameterSetException を回避するために ApplicationObjectWithoutCredentialParameterSet を削除しました。
  • ヘルプ ファイルを再生成しました

Az.Sql

  • Managed Instance でのクロス サブスクリプションのポイントインタイム リストアのサポートを追加しました。
  • 既存の SQL Managed Instance ハードウェアの世代変更のサポートを追加しました
  • 'Update-AzSqlServerVulnerabilityAssessmentSetting' のヘルプの例を修正しました: パラメーター/プロパティの出力 - EmailAdmins

Az.SqlVirtualMachine

  • 可用性グループ リスナー用のコマンドレットを追加しました

Az.StorageSync

  • 'Invoke-AzStorageSyncCompatibilityCheck' でサポートされている文字セットを更新しました。

3.4.0 - 2020 年 2 月

Az.CosmosDB

  • Gremlin、MongoDB、Cassandra、Table の各 API 用のコマンドレットを追加しました。
  • .Net SDK のバージョンを 1.0.1 に更新しました
  • Set-AzCosmosDBSqlContainer に、パラメーター ConflictResolutionPolicyMode、ConflictResolutionPolicyPath、および ConflictResolutionPolicyPath を追加しました。
  • SQL API 用の新しいコマンドレット (New-CosmosDBSqlSpatialSpec、New-CosmosDBSqlCompositePath、New-CosmosDBSqlIncludedPathIndex、New-CosmosDBSqlIncludedPath) を追加しました

Az.Accounts

  • AzureRmContext.json が使用できないときにコンテキストの自動保存を無効にします
  • Azure Powershell Common の参照を 1.3.5-preview に更新します

Az.ApiManagement

Az.Compute

  • Get-AzVM -Status がVM 名なしで実行される場合にスロットルを回避するために、VM 状態の数を 100 に制限します。
  • Update-AzDiskEncryptionSet コマンドレットを追加します
  • EncryptionType と DiskEncryptionSetId パラメーターを次のコマンドレットに追加します。
    • New-AzDiskUpdateConfig、New-AzSnapshotUpdateConfig
  • ColocationStatus パラメーターを Get-AzProximityPlacementGroup コマンドレットに追加します。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.7.0 に更新します

Az.DeploymentManager

  • リソースの LIST 操作を追加します
  • 正常性チェック ステップで操作を実行するための機能を追加します

Az.HDInsight

  • New-AzHDInsightCluster のドキュメントのエラーを修正します。

Az.KeyVault

  • 名前エイリアスを VaultName 属性に追加して、Remove-AzureKeyVault を New-AzureKeyVault と一致させます。

Az.Network

  • Traffic Analytics が無効なシナリオを示すために、Set-AzNetworkWatcherConfigFlowLog.md に新しい例を追加しました。
  • 管理 IP 構成を Azure Firewall に割り当てるサポートを追加します: ファイアウォールが管理トラフィックに使用する専用サブネットとパブリック IP
    • New-AzFirewall コマンドレットを更新:
      • パブリック IP アドレス オブジェクトを受け入れるパラメーター -ManagementPublicIpAddress (必須でない) を追加しました
      • ファイアウォール オブジェクトにメソッド SetManagementIpConfiguration を追加しました。サブネットとパブリック IP アドレスが入力として必要です。サブネット名は 'AzureFirewallManagementSubnet' でなければなりません
  • ネットワーク インターフェイスではなく NSG の例を示すために、Get-AzNetworkSecurityGroup の例を修正しました。
  • New-AzVpnSite コマンドで、リソース ID 補完機能がパラメーターを完了できない入力ミスを修正しました。
  • Application Gateway での Rewrite Rules Action Set の URL 構成のサポートを追加しました
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzApplicationGatewayRewriteRuleUrlConfiguration
    • 省略可能なパラメーター - UrlConfiguration を持つように更新されたコマンドレット
      • New-AzApplicationGatewayRewriteRuleActionSet
  • NetworkWatcher ConnectionMonitor バージョン 2 リソースのサポートを追加します

Az.PolicyInsights

  • 修復するリソースを決定する前にコンプライアンスを評価することをサポートします
    • '-ResourceDiscoverMode' パラメーターを Start-AzPolicyRemediation に追加します
  • ポリシー メタデータ リソースを取得するための Get-AzPolicyMetadata コマンドレットを追加します
  • API バージョン 2019-10-01 の Get-AzPolicyState および Get-AzPolicyStateSummary を更新しました

Az.RecoveryServices

  • レプリケートされたディスクを削除するための Azure Site Recovery のサポート。
  • Recovery Services コンテナー の作成中にタグを追加するサポートが Azure Backup で追加されました。

Az.Resources

  • *-AzPolicyAssignment コマンドレットで -Scope を任意指定にし、コンテキスト サブスクリプションを既定にします
  • パスワードとキー資格情報を使用した ADServicePrincipal の作成例を追加します

Az.Sql

DatabaseName の存在の代わりに PartnerDatabaseName の存在を確認するように New-AzSqlDatabaseSecondary コマンドレットを修正します。

Az.Storage

  • [ストレージ アカウントの作成] でテーブル/キュー暗号化キーの種類の設定をサポートします
    • New-AzStorageAccount
  • StorageException で ExtendedErrorInformation がない場合に RequestId を表示します
  • コマンドレット Start-AzStorageBlobCopy の例 6 を修正します

Az.Websites

  • Set-AzWebapp および Set-AzWebappSlot で AlwaysOn、MinTls、および FtpsState プロパティをサポートします
  • 単一の Set-AzWebApp コマンドを使用して、AppservicePlan の変更と同時に HttpsOnly を設定すると、HttpsOnly が既定値にリセットされる問題を修正します

3.3.0 - 2020 年 1 月

Az.Accounts

  • AzureAttestationServiceEndpointResourceId および AzureAttestationServiceEndpointSuffix パラメーターを受け入れるように、Add-AzEnvironment と Set-AzEnvironment を更新しました

Az.Cdn

  • New-AzCdnEndpoint コマンドレットのエラー応答の詳細を表示します

Az.Compute

  • OS プロファイルのないマネージド OD ディスクを使用する VM 用の Set-AzVMCustomScriptExtension コマンドレットを修正します。

Az.ContainerInstance

  • New-AzContainerGroup の例で使用されるパラメーター名を修正しました

Az.DataBoxEdge

  • コマンドレット 'Get-AzDataBoxEdgeStorageContainer' を追加しました
    • Edge ストレージ コンテナーを取得します
  • コマンドレット 'New-AzDataBoxEdgeStorageContainer' を追加しました
    • 新しい Edge ストレージ コンテナーを作成します
  • コマンドレット 'Remove-AzDataBoxEdgeStorageContainer' を追加しました
    • Edge ストレージ コンテナーを削除します
  • コマンドレット 'Invoke-AzDataBoxEdgeStorageContainer' を追加しました
    • Edge ストレージ コンテナーのデータを更新するアクションを呼び出します
  • コマンドレット 'Get-AzDataBoxEdgeStorageAccount' を追加しました
    • Edge ストレージ アカウントを取得します
  • コマンドレット 'New-AzDataBoxEdgeStorageAccount' を追加しました
    • 新しい Edge ストレージ アカウントを作成します
  • コマンドレット 'Remove-AzDataBoxEdgeStorageAccount' を追加しました
    • Edge ストレージ アカウントを削除します
  • コマンドレット 'Invoke-AzDataBoxEdgeShare' を呼び出します
    • 共有のデータを更新するアクションを呼び出します
  • コマンドレット 'Set-AzDataBoxEdgeStorageAccountCredential' を追加しました
    • az databoxedge ストレージ アカウント資格情報を設定します

Az.DataFactory

  • Get-AzDataFactoryV2IntegrationRuntime コマンドに AutoUpdateETA、LatestVersion、PushedVersion、TaskQueueId、VersionStatus の各プロパティを追加します
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.6.0 に更新します
  • 静的パブリック IP アドレスを持つ Azure-SSIS IR を作成できるように、'Set-AzDataFactoryV2IntegrationRuntime' コマンドにパラメーター 'PublicIPs' を追加します。

Az.DevTestLabs

  • Get-AzDtlAllowedVMSizesPolicy.md の壊れたリンクを削除します

Az.EventHub

  • 問題 10634 を修正:remove eventhubnamespace の null オブジェクト参照を修正します

Az.HDInsight

  • Invoke-AzHDInsightHiveJob.md エラーを修正します。

Az.MachineLearning

  • MachineLearningCompute が使用できなくなったため、以下のコマンドレットを削除しました
    • Get-AzMlOpCluster
    • Get-AzMlOpClusterKey
    • New-AzMlOpCluster
    • Remove-AzMlOpCluster
    • Set-AzMlOpCluster
    • Test-AzMlOpClusterSystemServicesUpdateAvailability
    • Update-AzMlOpClusterSystemService

Az.Network

  • Microsoft.Azure.Management.Sql の依存関係を 1.36-preview から 1.37-preview にアップグレードします

Az.RecoveryServices

  • Azure Site Recovery は、Azure to Azure プロバイダー向けの、カスタマー マネージド キーを使用して保存時に暗号化されたマネージド ディスク VM のサポートを変更します。
  • Azure Site Recovery は、Vmware から Azure への保護を有効にするときに、オプションの入力として、ディスク暗号化セット ID の入力をサポートします。
  • Azure Site Recovery は、Vmware から Azure への保護を有効にするために、ディスク レベルでのオプションの入力として、ディスク暗号化セット ID の入力をサポートします。
  • Azure Site Recovery は、HyperV から Azure へのディスク暗号化セット マップを使用して、レプリケーション保護された項目の更新をサポートします。

Az.Resources

  • 'Remove-AzTag' のヘルプ ドキュメントのエラーを修正します。

Az.Sql

  • 脆弱性評価のベースラインの設定のコマンドレット機能が Azure データベースのマスター DB で動作し、マネージド インスタンス システム データベース上に限定されるように修正します。
  • SQL インスタンスのフェールオーバー グループの作成時のエラーを修正します

Az.SqlVirtualMachine

  • 新しい有効なライセンスの種類として DR を追加します

Az.Storage

  • 将来のリリースでの DefaultAction 値の変更に対する破壊的変更の警告メッセージを追加します
    • Update-AzStorageAccountNetworkRuleSet
  • パラメーター -IncludeGeoReplicationStats を指定して get-AzStorageAccount を実行することで、ストレージ アカウントの最終同期時刻の取得をサポートします
    • Get-AzStorageAccount

3.2.0 - 2019 年 12 月

全般

  • すべてのモジュールで相対パスを使用するように、.psd1 の参照を更新します

Az.Accounts

  • Az 4.0 プレビューのクライアント側テレメトリに適切な UserAgent を設定します
  • Az 4.0 プレビューでコンテキストが null の場合にユーザー フレンドリなエラー メッセージを表示します

Az.Batch

  • イシュー #10602 (New-AzBatchPool で 'VirtualMachineConfiguration.ContainerConfiguration' と 'VirtualMachineConfiguration.DataDisks' がサーバーに適切に送信されなかった) を修正。

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.5.0 に更新します

Az.FrontDoor

  • WAF マネージド規則の除外サポートを追加しました
  • SocketAddr をオートコンプリートに追加します

Az.HealthcareApis

  • 例外処理

Az.KeyVault

  • 設定されていない可能性のある値へのアクセス エラーを修正します
  • 楕円曲線暗号証明書の管理
    • 証明書ポリシーの曲線を指定するためのサポートを追加しました

Az.Monitor

  • [診断設定を追加する] コマンドに省略可能な引数を追加しています。 これは切り替え引数で、指定した場合、Log Analytics へのエクスポートが固定スキーマ (別名: 専用、データ型) 宛でなければならないことを示します

Az.Network

  • AzureFirewall アプリケーション、NAT、およびネットワーク規則での IpGroups のサポート。

Az.RecoveryServices

  • VM の SoftDelete 機能を追加し、softdelete のテストを追加しました
  • Azure Site Recovery では Azure から Azure での Azure Disk Encryption の 1 パスがサポートされます。

Az.Resources

  • テンプレートの名前が組み込みパラメーター名と競合している場合、テンプレートのデプロイでテンプレート パラメーターの読み取りに失敗する問題を修正しました。
  • ポリシー セット定義内でのグループ化サポートを導入する新しい API バージョン 2019-09-01 を使用するようにポリシーのコマンドレットを更新しました。

Az.Sql

  • 脆弱性評価の自動有効化でのストレージ作成を StorageV2 にアップグレードしました

Az.Storage

  • OAuth 認証に基づくストレージ コンテキストでの BLOB/コンテナー ID ベースの SAS トークン生成をサポートします
    • New-AzStorageContainerSASToken
    • New-AzStorageBlobSASToken
  • ストレージ アカウントのユーザー委任キーの取り消しをサポートします。これにより、すべての ID SAS トークンが取り消されます
    • Revoke-AzStorageAccountUserDelegationKeys
  • 新しい API バージョン 2019-06-01 をサポートするために、Microsoft.Azure.Management.Storage 14.2.0 にアップグレードしました。
  • 管理プレーンのファイル共有コマンドレットで 5120 を超える QuotaGiB の共有をサポートし、パラメーター別名 'Quota' をパラメーター 'QuotaGiB' に追加します
    • New-AzRmStorageShare
    • Update-AzRmStorageShare
  • パラメーター別名 'QuotaGiB' をパラメーター 'Quota' に追加します
    • Set-AzStorageShareQuota
  • Set-AzStorageContainerAcl で保存されているアクセス ポリシーをクリーンアップできる問題を修正します
    • Set-AzStorageContainerAcl

3.1.0 - 2019 年 11 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az.DataBoxEdge 1.0.0 がリリースされました
  • Az.SqlVirtualMachine 1.0.0 がリリースされました

Az.Compute

  • VM の再適用機能
    • Set-AzVM コマンドレットに Reapply パラメーターを追加します
  • VM スケール セットの AutomaticRepairs 機能:
    • 次のコマンドレットに、EnableAutomaticRepair、AutomaticRepairGracePeriod、AutomaticRepairMaxInstanceRepairsPercent パラメーターを追加: New-AzVmssConfig、Update-AzVmss
  • New-AzVM でのテナント間のギャラリー イメージ サポート
  • New-AzVM、New-AzVMConfig、および New-AzVmss コマンドレットの Priority パラメーターの引数の入力候補に "Spot" を追加します
  • Add-AzVmssDataDisk コマンドレットに DiskIOPSReadWrite および DiskMBpsReadWrite パラメーターを追加します
  • New-AzGalleryImageVersion コマンドレットの SourceImageId パラメーターを省略可能に変更します
  • New-AzGalleryImageVersion コマンドレットに OSDiskImage および DataDiskImage パラメーターを追加します
  • New-AzGalleryImageDefinition コマンドレットに HyperVGeneration パラメーターを追加します
  • New-AzVmss、New-AzVmssConfi および Update-AzVmss コマンドレットに SkipExtensionsOnOverprovisionedVMs パラメーターを追加します

Az.DataBoxEdge

  • コマンドレット Get-AzDataBoxEdgeOrder を追加しました
    • 注文を取得します
  • コマンドレット New-AzDataBoxEdgeOrder を追加しました
    • 新しい注文を作成します
  • コマンドレット Remove-AzDataBoxEdgeOrder を追加しました
    • 注文を削除します
  • コマンドレット New-AzDataBoxEdgeShare の変更
    • ローカル共有を作成するようになります
  • コマンドレット Set-AzDataBoxEdgeRole を追加しました
    • IotRole を共有にマップできるようになりました
  • コマンドレット Invoke-AzDataBoxEdgeDevice を追加しました
    • デバイスで更新プログラムのスキャン、更新プログラムのダウンロード、更新プログラムのインストールを呼び出します
  • コマンドレット Get-AzDataBoxEdgeTrigger を追加しました
    • トリガーに関する情報を取得します
  • コマンドレット New-AzDataBoxEdgeTrigger を追加しました
    • 新しいトリガーを作成します
  • コマンドレット Remove-AzDataBoxEdgeTrigger を追加しました
    • トリガーを削除します

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.4.0 に更新します
  • カスタム セットアップ スクリプトなしでセットアップ構成およびサードパーティ コンポーネントを有効にするために、"Set-AzDataFactoryV2IntegrationRuntime" コマンドにパラメーター "ExpressCustomSetup" を追加します。

Az.DataLakeStore

  • Get-AzDataLakeStoreDeletedItem および Restore-AzDataLakeStoreDeletedItem のドキュメントを更新します

Az.EventHub

  • 問題 10301 を修正:SAS トークンの日付形式を修正します

Az.FrontDoor

  • Enable-AzFrontDoorCustomDomainHttps および New-AzFrontDoorFrontendEndpointObject に MinimumTlsVersion パラメーターを追加します
  • New-AzFrontDoorHealthProbeSettingObject に HealthProbeMethod および EnabledState パラメーターを追加します
  • Front Door の作成/更新に渡される BackendPoolsSettings オブジェクトを作成するための新しいコマンドレットを追加します
    • New-AzFrontDoorBackendPoolsSettingObject

Az.Network

  • "Start-AzVirtualNetworkGatewayConnectionPacketCapture.md" と "Start-AzVirtualnetworkGatewayPacketCapture.md" の FilterData オプションの例を変更します。

Az.PrivateDns

  • PrivateDns .net sdk をバージョン 1.0.0 に更新しました

Az.RecoveryServices

  • 保護の有効時にディスクの種類を選択するための Azure Site Recovery のサポート。
  • 復旧計画アクション編集のための Azure Site Recovery のバグ修正。
  • filestream DB を受け入れるための Azure Backup での SQL 復元のサポート。

Az.RedisCache

  • "New-AzRedisCache" および "Set-AzRedisCache" コマンドレットに "MinimumTlsVersion" パラメーターを追加しました。 また、"Get-AzRedisCache" コマンドレットの出力に "MinimumTlsVersion" を追加しました。
  • "Set-AzRedisCache" および "New-AzRedisCache" コマンドレットの "-Size" パラメーターに対する検証を追加しました

Az.Resources

  • ポリシー割り当てに新しい EnforcementMode プロパティを持つ新しい API バージョン 2019-06-01 を使用するように、ポリシー コマンドレットを更新しました。
  • ポリシー定義作成のヘルプの例を更新しました
  • サービス プリンシパル名が見つからない場合に Remove-AZADServicePrincipal -ServicePrincipalName が null 参照をスローするバグを修正します。
  • テナントにサブスクリプションがない場合に New-AZADServicePrincipal が null 参照をスローするバグを修正します。
  • 関連付けられたアプリケーションのみに資格情報を追加するように New-AzAdServicePrincipal を変更します。

Az.Sql

  • データベース ReadReplicaCount のサポートを追加しました。
  • ゾーン冗長性が設定されていない場合の Set-AzSqlDatabase を修正しました

3.0.0 - 2019 年 11 月

全般

  • Az.PrivateDns 1.0.0 がリリースされました

Az.Accounts

  • 'Resolve-Error' エイリアスの非推奨メッセージを追加します。

Az.Advisor

  • Get-AzAdvisorRecommendation コマンドレットに新しいカテゴリ 'Operational Excellence' が追加されました。

Az.Batch

  • BatchAccountContextCoreQuotaDedicatedCoreQuota に変更しました。 新しい LowPriorityCoreQuota もあります。
    • これにより、Get-AzBatchAccount が影響をうけます。
  • New-AzBatchTask-ResourceFile パラメーターは PSResourceFile オブジェクトのコレクションを取るようになりました。これは新しい New-AzBatchResourceFile コマンドレットを使用して作成できます。
  • 新しい New-AzBatchResourceFile コマンドレットにより PSResourceFile オブジェクトの作成が簡単になります。 これらは、-ResourceFile パラメーターで New-AzBatchTask に指定できます。
    • これにより、既存の HttpUrl の方法に加えて、2 つの新しい種類のリソース ファイルがサポートされます。
      • AutoStorageContainerName ベースのリソース ファイルでは、自動ストレージ コンテナー全体が Batch ノードにダウンロードされます。
      • StorageContainerUrl ベースのリソース ファイルでは、URL で指定されたコンテナーが Batch ノードにダウンロードされます。
  • Get-AzBatchApplication によって返される PSApplicationApplicationPackages プロパティを削除しました。
    • アプリケーション内の特定のパッケージは Get-AzBatchApplicationPackage を使用して取得できます。 (例: Get-AzBatchApplication -AccountName myaccount -ResourceGroupName myresourcegroup -ApplicationId myapplication)。
  • Get-AzBatchApplicationPackageNew-AzBatchApplicationPackageRemove-AzBatchApplicationPackageGet-AzBatchApplicationNew-AzBatchApplicationRemove-AzBatchApplication、および Set-AzBatchApplicationApplicationIdApplicationName に変更しました。
    • ApplicationIdApplicationName の別名になりました。
  • 新しい PSWindowsUserConfiguration プロパティが PSUserAccount に追加されました。
  • PSApplicationPackageVersionName に変更されました。
  • PSResourceFileBlobSourceHttpUrl に変更されました。
  • PSVirtualMachineConfiguration から OSDisk プロパティを削除しました。
  • Set-AzBatchPoolOSVersion を削除しました。 この操作は現在サポートされていません。
  • PSCloudServiceConfiguration から TargetOSVersion を削除しました。
  • PSCloudServiceConfigurationCurrentOSVersionOSVersion に変更されました。
  • PSPoolUsageMetrics から DataEgressGiB および DataIngressGiB を削除しました。
  • Get-AzBatchNodeAgentSku を削除し、Get-AzBatchSupportedImage に置き換えました。
    • Get-AzBatchSupportedImage は、Get-AzBatchNodeAgentSku と同じデータを返しますが、よりわかりやすい形式で返します。
    • 新しく検証されていないイメージも返されるようになりました。 各イメージの CapabilitiesBatchSupportEndOfLife に関する追加情報も含まれています。
  • New-AzBatchPool の新しい MountConfiguration パラメーターを使用して、プールの各ノードにリモート ファイル システムをマウントする機能を追加しました。
  • トラフィックのソース ポートに基づいてプールへのネットワーク アクセスをブロックするネットワーク セキュリティ規則がサポートされるようになりました。 これを行うには、PSNetworkSecurityGroupRuleSourcePortRanges プロパティを使用します。
  • コンテナーを実行するときに、Batch でコンテナーの作業ディレクトリまたは Batch タスクの作業ディレクトリでのタスクの実行がサポートされるようになりました。 これは PSTaskContainerSettingsWorkingDirectory プロパティで制御されます。
  • 新しい PublicIPs プロパティを使用して PSNetworkConfiguration でパブリック IP のコレクションを指定する機能が追加されました。 これにより、プール内のノードは、ユーザーが指定した IP アドレスの一覧から IP を持つことが保証されます。
  • 指定しない場合、PSSTartTaskWaitForSuccess の既定値は $True になります (以前は $False でした)。
  • 指定しない場合、PSAutoUserSpecificationScope の既定値は Pool になります (以前は Windows では Task、Linux では Pool でした)。

Az.Cdn

  • UrlRewriteAction と CacheKeyQueryStringAction を RulesEngine に導入しました。
  • New-AzDeliveryRuleCondition コマンドレットで 'Selector' 入力が見つからないなどのいくつかのバグを修正しました。

Az.Compute

  • ディスク暗号化の設定機能
    • 新しいコマンドレット: New-AzDiskEncryptionSetConfig、New-AzDiskEncryptionSet、Get-AzDiskEncryptionSet、Remove-AzDiskEncryptionSet
    • 次のコマンドレットに DiskEncryptionSetId パラメーターが追加されました: Set-AzImageOSDisk、Set-AzVMOSDisk、Set-AzVmssStorageProfile、Add-AzImageDataDisk、New-AzVMDataDisk、Set-AzVMDataDisk、Add-AzVMDataDisk、Add-AzVmssDataDisk、Add-AzVmssVMDataDisk
    • 次のコマンドレットに DiskEncryptionSetId および EncryptionType パラメーターが追加されました: New-AzDiskConfig、New-AzSnapshotConfig
  • PublicIPAddressVersion パラメーターを New-AzVmssIPConfig に追加します
  • カスタム スクリプト拡張機能の FileUris をパブリック設定から保護された設定に移動します
  • ScaleInPolicy を New-AzVmss、New-AzVmssConfig、および Update-AzVmss コマンドレットに追加します
  • 重大な変更
    • CreateOption が Upload のときに、New-AzDiskConfig に対して DiskSizeGB ではなく UploadSizeInBytes パラメーターが使用されます
    • PublishingProfile.Source.ManagedImage.Id は、GalleryImageVersion オブジェクトの StorageProfile.Source.Id に置き換えられます

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.3.0 に更新します

Az.DataLakeStore

  • ADLS SDK バージョン (https://github.com/Azure/azure-data-lake-store-net/blob/preview-alpha/CHANGELOG.md#version-123-alpha) を更新し、次の修正を行いました
  • ごみ箱またはディレクトリ エントリの creationtime を逆シリアル化できない場合に例外をスローしないようにします。
  • adlsclient で要求タイムアウトごとに設定を公開します
  • badoffset 復旧のための元の syncflag の受け渡しを修正します
  • 応答が確認された後に継続トークンを取得するように EnumerateDirectory を修正します
  • Concat のバグを修正します

Az.FrontDoor

  • モジュール全体でさまざまな入力ミスを修正しました

Az.HDInsight

  • Get-AzHDInsightCluster を使用して ADLSGen1 ストレージのクラスターを取得するときに、ユーザーが「有効な Base-64 文字列ではありません」というエラーを受け取るバグを修正しました。
  • AzHDInsightClusterIdentity、AzHDInsightClusterConfig、AzHDInsightCluster の 3 つのコマンドレットに 'ApplicationId' という名前のパラメーターを追加して、顧客が Azure Data Lake にアクセスするためのサービス プリンシパル アプリケーション ID を指定できるようにします。
  • Microsoft.Azure.Management.HDInsight を 2.1.0 から 5.1.0 に変更しました
  • 5 つのコマンドレットを削除しました。
    • Get-AzHDInsightOMS
    • Enable-AzHDInsightOMS
    • Disable-AzHDInsightOMS
    • Grant-AzHDInsightRdpServicesAccess
    • Revoke-AzHDInsightRdpServicesAccess
  • 3 つのコマンドレットを追加しました。
    • Get-AzHDInsightOMS を Get-AzHDInsightMonitoring に置き換えます。
    • Enable-AzHDInsightOMS を Enable-AzHDInsightMonitoring に置き換えます。
    • Disable-AzHDInsightOMS を Disable-AzHDInsightMonitoring に置き換えます。
  • 特定の場所からの機能情報の取得をサポートするために、コマンドレット Get-AzHDInsightProperties を修正しました。
  • Add-AzHDInsightConfigValue からパラメーターセット ('Spark1'、'Spark2') を削除しました。
  • コマンドレット Add-AzHDInsightSecurityProfile のヘルプ ドキュメントに例を追加します。
  • 次のコマンドレットの出力の型を変更しました:
    • Get-AzHDInsightProperties の出力の型を CapabilitiesResponse から AzureHDInsightCapabilities に変更しました。
    • Remove-AzHDInsightCluster の出力の型を ClusterGetResponse からブール値に変更しました。
    • Set-AzHDInsightGatewaySettings HttpConnectivitySettings の出力の型を GatewaySettings に変更しました。
  • いくつかのシナリオ テスト ケースを追加しました。
  • 次の別名を削除します。'Add-AzHDInsightConfigValues'、'Get-AzHDInsightProperties'。

Az.IotHub

  • 破壊的変更:
    • コマンドレット 'Add-AzIotHubEventHubConsumerGroup' でパラメーター 'EventHubEndpointName' がサポートされなくなり、元のパラメーター名の別名は見つかりませんでした。
    • コマンドレット 'Add-AzIotHubEventHubConsumerGroup' のパラメーター セット '__AllParameterSets' が削除されました。
    • コマンドレット 'Get-AzIotHubEventHubConsumerGroup' でパラメーター 'EventHubEndpointName' がサポートされなくなり、元のパラメーター名の別名は見つかりませんでした。
    • コマンドレット 'Get-AzIotHubEventHubConsumerGroup' のパラメーター セット '__AllParameterSets' が削除されました。
    • 'Microsoft.Azure.Commands.Management.IotHub.Models.PSIotHubProperties' 型のプロパティ 'OperationsMonitoringProperties' が削除されました。
    • 'Microsoft.Azure.Commands.Management.IotHub.Models.PSIotHubInputProperties' 型のプロパティ 'OperationsMonitoringProperties' が削除されました。
    • コマンドレット 'New-AzIotHubExportDevice' では、別名 'New-AzIotHubExportDevices' がサポートされなくなりました。
    • コマンドレット 'New-AzIotHubImportDevice' では、別名 'New-AzIotHubImportDevices' がサポートされなくなりました。
    • コマンドレット 'Removet-AzIotHubEventHubConsumerGroup' でパラメーター 'EventHubEndpointName' がサポートされなくなり、元のパラメーター名の別名は見つかりませんでした。
    • コマンドレット 'Remove-AzIotHubEventHubConsumerGroup' のパラメーター セット '__AllParameterSets' が削除されました。
    • コマンドレット 'Set-AzIotHub' でパラメーター 'OperationsMonitoringProperties' がサポートされなくなり、元のパラメーター名の別名は見つかりませんでした。
    • コマンドレット 'Set-AzIotHub' のパラメーター セット 'UpdateOperationsMonitoringProperties' が削除されました。

Az.RecoveryServices

  • Azure Site Recovery は、Azure から Azure での NSG、パブリック IP、内部ロード バランサーなどのネットワーク リソースの構成をサポートします。
  • Azure Site Recovery は VMWare から Azure でのマネージド ディスクへの書き込みをサポートします。
  • Azure Site Recovery は VMWare から Azure での NIC 削減をサポートします。
  • Azure Site Recovery は Azure から Azure での高速ネットワークをサポートします。
  • Azure Site Recovery は Azure から Azure でのエージェント自動更新をサポートします。
  • Azure Site Recovery は Azure から Azure での Standard SSD をサポートします。
  • Azure Site Recovery は Azure から Azure での Azure Disk Encryption の 2 パスをサポートします。
  • Azure Site Recovery は Azure から Azure で新しく追加されたディスクの保護をサポートします。
  • VM の SoftDelete 機能を追加し、softdelete のテストを追加しました

Az.Resources

  • 依存関係アセンブリ Microsoft.Extensions.Caching.Memory を 1.1.1 から 2.2 に更新します

Az.Network

  • 汎用サービス プロバイダーをサポートするために、PrivateEndpointConnection のすべてのコマンドレットを変更します。
    • 更新されたコマンドレット:
      • Approve-AzPrivateEndpointConnection
      • Deny-AzPrivateEndpointConnection
      • Get-AzPrivateEndpointConnection
      • Remove-AzPrivateEndpointConnection
      • Set-AzPrivateEndpointConnection
  • PrivateLinkResource の新しいコマンドレットを追加し、これも汎用サービス プロバイダーをサポートします。
    • 新しいコマンドレット:
      • Get-AzPrivateLinkResource
  • 機能 Proxy Protocol V2 の新しいフィールドとパラメーターを追加します。
    • PrivateLinkService にプロパティ EnableProxyProtocol を追加します
    • PrivateEndpointConnection にプロパティ LinkIdentifier を追加します
    • 新しい省略可能なパラメーター EnableProxyProtocol を追加するように New-AzPrivateLinkService を更新しました。
  • 'New-AzApplicationGatewaySku' のリファレンス ドキュメントで間違ったパラメーターの説明を修正します
  • Azure ファイアウォール ポリシーをサポートするための新しいコマンドレット
  • VirtualHub の子リソース RouteTables のサポートを追加します
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • Add-AzVirtualHubRoute
      • Add-AzVirtualHubRouteTable
      • Get-AzVirtualHubRouteTable
      • Remove-AzVirtualHubRouteTable
      • Set-AzVirtualHub
  • VirtualHub の Sku と VirtualWANType の VirtualHub という新しいプロパティのサポートを追加します
    • 省略可能なパラメーターを持つように更新されたコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzVirtualHub: パラメーター Sku を追加しました
      • Update-AzVirtualHub: パラメーター Sku を追加しました
      • New-AzVirtualWan: パラメーター VirtualWANType を追加しました
      • Update-AzVirtualWan: パラメーター VirtualWANType を追加しました
  • HubVnetConnection、VpnConnection、および ExpressRouteConnection の EnableInternetSecurity プロパティのサポートを追加します
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • Update-AzVirtualHubVnetConnection
    • 省略可能なパラメーターを持つように更新されたコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzVirtualHubVnetConnection: パラメーター EnableInternetSecurity を追加しました
      • New-AzVpnConnection: パラメーター EnableInternetSecurity を追加しました
      • Update-AzVpnConnection: パラメーター EnableInternetSecurity を追加しました
      • New-AzExpressRouteConnection: パラメーター EnableInternetSecurity を追加しました
      • Set-AzExpressRouteConnection: パラメーター EnableInternetSecurity を追加しました
  • TopLevel WebApplicationFirewall ポリシーを構成するためのサポートを追加します
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicySetting
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyExclusion
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleGroupOverride
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleOverride
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRule
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicyManagedRuleSet
    • 省略可能なパラメーターを持つように更新されたコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzApplicationGatewayFirewallPolicy: パラメーター PolicySetting、ManagedRule を追加しました
  • CustomRule での Geo-Match 演算子のサポートを追加しました
    • FirewallCondition の演算子に GeoMatch を追加しました
  • perListener および perSite ファイアウォール ポリシーのサポートを追加しました
    • 省略可能なパラメーターを持つように更新されたコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzApplicationGatewayHttpListener: パラメーター FirewallPolicy、FirewallPolicyId を追加しました
      • New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig: パラメーター FirewallPolicy、FirewallPolicyId を追加しました
  • 'PSBastion' で AzureBastionSubnet という名前の必須サブネットの大文字と小文字が区別されないように修正します
  • Azure Firewall のネットワーク規則における宛先 FQDN と NAT 規則における変換された FQDN のサポート
  • IpGroup の最上位リソース RouteTables のサポートを追加します
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzIpGroup
      • Remove-AzIpGroup
      • Get-AzIpGroup
      • Set-AzIpGroup

Az.ServiceFabric

  • Add-AzServiceFabricApplicationCertificate コマンドレットを削除します。このシナリオは、Add-AzVmssSecret のよってカバーされています。

Az.Sql

  • Managed Instance での削除されたデータベースの復元のサポートを追加しました。
  • 古い監査コマンドレットをコードから非推奨にしました。
  • 非推奨の別名を削除しました。
  • Get-AzSqlDatabaseIndexRecommendations (代わりに Get-AzSqlDatabaseIndexRecommendation を使用します)
  • Get-AzSqlDatabaseRestorePoints (代わりに Get-AzSqlDatabaseRestorePoint を使用します)
  • Get-AzSqlDatabaseSecureConnectionPolicy コマンドレットを削除します
  • 非推奨の脆弱性評価の設定コマンドレットの別名を削除します
  • 高度な脅威検出の設定コマンドレットを非推奨にします
  • データベースの列に対する機密性の推奨を無効および有効にするコマンドレットを追加します。

Az.Storage

  • Storage アカウントの作成または更新時に大容量ファイル共有の有効化をサポートします
    • New-AzStorageAccount
    • Set-AzStorageAccount
  • ファイル ハンドルを閉じる/取得するときに、入力パスがファイル ディレクトリまたはファイルであることの確認をスキップして、DeletePending ステータスのオブジェクトでのエラーを回避します
    • Get-AzStorageFileHandle
    • Close-AzStorageFileHandle

2.8.0 - 2019 年 10 月

全般

  • Az. HealthcareApis 1.0.0 リリース

Az.Accounts

  • 生成されるモジュールのテレメトリと URL 書き換えを更新し、Windows 単体テストを修正しました。

Az.ApiManagement

Az.Automation

  • Linux リブート設定パラメーターの New-AzureAutomationSoftwareUpdateConfiguration コマンドレットを修正しました。

Az.Batch

  • Get-AzBatchNodeAgentSku は非推奨となり、バージョン 2.0.0 で Get-AzBatchSupportImage に置き換えられます。

Az.Compute

  • New-AzVM と New-AzVmss コマンドレットに Priority、EvictionPolicy、および MaxPrice パラメーターを追加します
  • Add-AzVMAdditionalUnattendContent および Add-AzVMSshPublicKey コマンドレットの警告メッセージとヘルプ ドキュメントを修正します
  • Set-AzVMDiskEncryptionExtension のマネージド ディスクを使用する Linux VM の -skipVmBackup 例外を修正します。
  • Set-AzVMDiskEncryptionExtension の 2つのパス シナリオでの暗号化設定の更新のバグを修正します。

Az.DataFactory

  • ADF V2 データ フロー用の次の CRUD コマンドを追加します:Set-AzDataFactoryV2DataFlow、Remove-AzDataFactoryV2DataFlow、Get-AzDataFactoryV2DataFlow。
  • ADF V2 データ フローのデバッグ セッション用のアクション コマンドを追加します:Start-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSession、Get-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSession、Add-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSessionPackage、Invoke-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSessionCommand、Stop-AzDataFactoryV2DataFlowDebugSession。
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.2.0 に更新します

Az.DataLakeStore

  • ドメインを使用せずに '-' を含むアカウントを渡すことができるように、アカウントの検証を修正します

Az.HealthcareApis

  • PowerShell のバージョンを1.0.0 に更新しました
  • SDK のバージョンを1.0.2 に更新しました
  • 新しい SDK バージョンを参照するようにテストを更新します
  • 出力構造を入れ子からフラット化に更新しました。

Az.IotHub

  • 新しいルーティング ソースの追加:DigitalTwinChangeEvents
  • 軽微なバグの修正:Get-AzIothub が subscriptionId を返さない

Az.Monitor

  • アクション グループに追加された新しいアクション グループ受信者: -ItsmReceiver、-VoiceReceiver、-ArmRoleReceiver、-AzureFunctionReceiver、-LogicAppReceiver、-AutomationRunbookReceiver、-AzureAppPushReceiver
  • 受信側で有効になっている共通のアラート スキーマを使用します。 これは、SMS、Azure アプリのプッシュ、ITSM、および音声の受信側には適用されません
  • Webhook が Microsoft Entra 認証をサポートするようになりました。

Az.Network

  • サービス エンドポイント ポリシーに使用できる別名を取得するために呼び出すことができる新しいコマンドレット Get-AzAvailableServiceAlias を追加します。
  • Virtual Network ゲートウェイ接続にトラフィック セレクターを追加するためのサポートを追加しました
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzureRmTrafficSelectorPolicy
    • 省略可能なパラメーター -TrafficSelectorPolicies によってコマンドレットが更新されました: New-AzVirtualNetworkGatewayConnection、Set-AzVirtualNetworkGatewayConnection
  • ネットワーク セキュリティ規則の構成で ESP および AH プロトコルのサポートを追加します
    • 更新されたコマンドレット:
      • Add-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • New-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • Set-AzNetworkSecurityRuleConfig
  • Cortex コマンドレットでの例外処理を改善します
  • VirtualNetworkGateways の新しい世代と SKU
    • VirtualNetworkGateways の新しい世代を導入します。
    • VirtualNetworkGateways の新しい高スループット SKU を導入します。

Az.RedisCache

  • '-Size' パラメーターの欠損値を含むように 'Set-AzRedisCache' 参照ドキュメントを更新しました

Az.Sql

  • Managed Instance に Active Directory 管理者を設定するためのサポートを追加します

Az.Storage

  • Storage クライアント ライブラリを 11.1.0 にアップグレードします
  • 管理プレーン API を使用してコンテナーを一覧表示する場合に、NextPageLink で一覧表示する
    • Get-AzRmStorageContainer
  • サブスクリプションから Storage アカウントを一覧表示する場合に、NextPageLink で一覧表示する
    • Get-AzStorageAccount

Az.StorageSync

  • Reset-AzStorageSyncServerCertificate の問題 9810 を修正します。

Az.Websites

  • Set-AzWebApp でアプリの ASP の更新が失敗していました

2.7.0 - 2019 年 9 月

Az.ApiManagement

  • 'Set-AzApiManagementPolicy' リファレンス ドキュメントで '-Format' パラメーターの説明を更新しました
  • リファレンス ドキュメントから、非推奨のコマンドレット 'Update-AzApiManagementDeployment' の参照を削除しました。 代わりに 'Set-AzApiManagement' を使用してください。

Az.Automation

  • 'Register-AzAutomationDscNode' のリファレンス ドキュメントで例のスペルミスを修正しました
  • Register-AzAutomationDSCNode に OS 制限の説明を追加しました
  • AzAutomationRunbook コマンドレットの -Wait オプションにおける null 参照の例外を修正しました。

Az.Compute

  • UploadSizeInBytes パラメーターを New-AzDiskConfig に追加します
  • Incremental パラメーターを New-AzSnapshotConfig に追加します
  • 低優先度の仮想マシン機能を追加します。
    • MaxPrice、EvictionPolicy、および Priority パラメーターが New-AzVMConfig に追加されます。
    • MaxPrice パラメーターが New-AzVmssConfig、Update-AzVM、Update-AzVmssAzVmss コマンドレットに追加されます。
  • サブスクリプション内のすべての可用性セットを一覧表示するときの Get-AzAvailabilitySet コマンドレットの VM 参照の問題を修正します。
  • Get-AzRemoteDesktopFile の null 例外を修正します。
  • VHD Seek メソッドの終了相対位置を修正します。
  • New-AzVM と Update-AzVM の UltraSSD の問題を修正します。

Az.DataFactory

  • ADF V2 の新しい 3 つのコマンド (AzDataFactoryV2TriggerSubscription、Remove-AzDataFactoryV2TriggerSubscription、Get-AzDataFactoryV2TriggerSubscriptionStatus) を追加します
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.1.3 に更新しました

Az.HDInsight

  • 破壊的変更についてお知らせします

Az.IotHub

  • geo ペアのディザスター リカバリー リージョンへの IotHub のフェールオーバーを呼び出すためのサポートを追加します。
  • IotHub のメッセージ詳細化を管理するためのサポートを追加します。 新たに追加されたコマンドレットは次のとおりです。
    • Add-AzIotHubMessageEnrichment
    • Get-AzIotHubMessageEnrichment
    • Remove-AzIotHubMessageEnrichment
    • Set-AzIotHubMessageEnrichment

Az.Monitor

  • 最新の Monitor SDK (0.24.1-preview) を指しています
    • Metrics のコマンドレットに破壊的でない変更を追加します。Unit の列挙型でいくつかの新しい値がサポートされます。 これらは読み取り専用のコマンドレットのため、コマンドレットの入力に変更はありません。
    • ActionGroups 要求の api-version が 2019-06-01 になりました。以前は 2018-03-01 でした。 この変更に対応するために、シナリオ テストが更新されました。
    • クラス EmailReceiverWebhookReceiver のコンストラクターに、useCommonAlertSchema というブール値が新しく必須の引数として追加されました。 現時点では、この値は false に固定されており、この破壊的変更がコマンドレットに影響しないようになっています。 : これは、アラート チームによって検証する必要がある一時的な変更です。
    • クラス Source のコンストラクターの引数の順序 (ScheduledQueryRuleSource クラスに関連) が、前の SDK から変更されました。 この変更により、2 つの単体テストを修正する必要が生じました。コンパイルはされますが、テストに合格しませんでした。
    • クラス AlertingAction のコンストラクターの引数の順序 (ScheduledQueryRuleSource クラスに関連) が、前の SDK から変更されました。 この変更により、2 つの単体テストを修正する必要が生じました。コンパイルはされますが、テストに合格しませんでした。
  • メトリック アラート V2 の動的しきい値条件のサポート
    • New-AzMetricAlertRuleV2Criteria: 動的しきい値の条件も作成するようになりました
    • Add-AzMetricAlertRuleV2: 動的しきい値の条件も受け入れるようになりました
  • スケジュールされたクエリ ルール コマンドレット (SQR) の機能強化
  • コマンドレットは、'Location' パラメーターを両方の形式 (場所 (例: eastus) または場所の表示名 (例: 米国東部)) で受け入れます。
  • ヘルプ ファイルで 'Enabled' パラメーターを正しく示しました
  • 省略可能なパラメーター 'ActionGroup' の例を追加しました
  • ヘルプ ファイルを全体的に改善しました
  • 'Set-AzActionRule' のスコープの種類を決定する際のバグを修正します

Az.Network

  • 'New-AzApplicationGateway' リファレンス ドキュメントの間違った例を修正します
  • 'Get-AzNetworkWatcherPacketCapture' のリファレンス ドキュメントに、パケット キャプチャのすべてのプロパティの取得に関する注を追加します
  • 'Test-AzNetworkWatcherIPFlow' リファレンス ドキュメントの例を修正し、NIC を正しく列挙しました
  • クラウド例外の解析を改善し、追加の詳細が存在する場合は表示するようにしました
  • クラウド例外の解析を改善し、SDK 例外の追加の種類を処理するようにしました
  • セキュリティ規則モデルの不適切なマッピングを修正しました
  • プライベート IP 機能用のプロパティをネットワーク インターフェイスに追加しました
    • PSNetworkInterface に PSResourceId の型としてプロパティ 'PrivateEndpoint' を追加しました
    • PSNetworkInterfaceIPConfiguration に PSIpConfigurationConnectivityInformation の型としてプロパティ 'PrivateLinkConnectionProperties' を追加しました
    • 新しいモデル クラス PSIpConfigurationConnectivityInformation を追加しました
  • Azure Firewall リソースの新しい ApplicationRuleProtocolType 'mssql' を追加しました
  • Virtual WAN でのマルチリンクのサポート
    • 新しいコマンドレット
      • New-AzVpnSiteLink
      • New-AzVpnSiteLinkConnection
    • 更新されたコマンドレット:
      • New-VpnSite
      • Update-VpnSite
      • New-VpnConnection
      • Update-VpnConnection
  • AzureRM コマンドレットの代わりに Az コマンドレットを使用するようにいくつかの PowerShell の例のドキュメントを修正しました

Az.RecoveryServices

  • ProtectedItemsCount 属性を使用して AzureVMpolicy オブジェクトを更新しました
  • VM ポリシーと元のストレージ アカウントの復元のテストを追加しました

Az.Resources

  • New-AzRoleAssignment をパラメーター Scope なしで呼び出せないバグを修正しました。

Az.ServiceFabric

  • 'Update-AzServiceFabricReliability' リファレンス ドキュメントの例のスペルミスを修正しました
  • アプリケーションとサービスを管理する以下の新しいコマンドレットを追加します。
    • New-AzServiceFabricApplication
    • New-AzServiceFabricApplicationType
    • New-AzServiceFabricApplicationTypeVersion
    • New-AzServiceFabricService
    • Update-AzServiceFabricApplication
    • Get-AzServiceFabricApplication
    • Get-AzServiceFabricApplicationType
    • Get-AzServiceFabricApplicationTypeVersion
    • Get-AzServiceFabricService
    • Remove-AzServiceFabricApplication
    • Remove-AzServiceFabricApplicationType
    • Remove-AzServiceFabricApplicationTypeVersion
    • Remove-AzServiceFabricServic
  • Service Fabric SDK をバージョン 1.2.0 にアップグレードしました。これはサービス ファブリックのリソース プロバイダー api-version 2019-03-01 を使用します。

Az.SignalR

  • Update、Restart、CheckNameAvailability、GetUsage のコマンドレットを追加します

Az.Sql

  • 'Get-AzSqlElasticPool' のリファレンス ドキュメントの例を更新します
  • エラスティック プールの作成 (New-AzSqlElasticPool) に仮想コアの例を追加しました。
  • Set-AzSqlServerAdvancedThreatProtectionPolicy および Set-AzSqlDatabaseAdvancedThreatProtectionPolicy で EmailAddresses が空の場合、EmailAddresses の検証と EmailAdmins が false でないことの検査を削除します
  • 監査カテゴリを有効にする複数の診断設定が存在する場合に、サーバーとデータベースの監査設定が削除できるようになりました。
  • 複数の SQL 脆弱性評価コマンドレットで、メール アドレスの検証を修正します (Update-AzSqlDatabaseVulnerabilityAssessmentSetting、Update-AzSqlServerVulnerabilityAssessmentSetting、Update-AzSqlInstanceDatabaseVulnerabilityAssessmentSetting、Update-AzSqlInstanceVulnerabilityAssessmentSetting)。

Az.Storage

  • 'Get-AzStorageAccountKey' のリファレンス ドキュメントの例を更新しました
  • Azure ファイルのアップロード/ダウンロードで、ソース ファイルの SMB プロパティ (ファイルの属性、ファイルの作成時刻、ファイルの最終書き込み時刻) をコピー先のファイルで維持することをサポートします
    • Set-AzStorageFileContent
    • Get-AzStorageFileContent
  • コンテナーが有効になっている ImmutabilityPolicy で、プロパティ/メタデータを使用するアップロード ブロック BLOB が失敗する問題を修正します。
    • Set-AzStorageBlobContent
  • 管理プレーン API を使用した Azure ファイル共有の管理をサポートします
    • New-AzRmStorageShare
    • Get-AzRmStorageShare
    • Update-AzRmStorageShare
    • Remove-AzRmStorageShare

Az.Websites

  • アプリを新しい ASP に移行するときに webapp タグが削除される問題を修正します
  • Linux と Windows にまたがって動作するように Publish-AzureWebapp を修正します
  • 'Get-AzWebAppPublishingProfile' リファレンス ドキュメントの例を更新します

2.6.0 - 2019 年 8 月

全般

  • 多数のモジュールでさまざまな入力ミスを修正しました

Az.Accounts

  • Azure Functions 認証でユーザー割り当て MSI のサポートを追加しました (#9479)

Az.Aks

  • "Get-AzAks" の出力に関する問題を修正しました (#9847)

Az.ApiManagement

  • productIdapiIdgroupIduserId の空白に関する問題を修正しました (#9351)
  • Get-AzApiManagementProduct - API を使用した製品に対するクエリ実行のサポートを追加しました (#9482)
  • New-AzApiManagementApiRevision - 新しい API リビジョンの作成時に ApiRevisionDescription が設定されない問題を修正しました (#9752)
  • モデル PsApiManagementOAuth2AuthrozationServer の入力ミスを PsApiManagementOAuth2AuthorizationServer に修正しました

Az.Batch

  • ヘルプ メッセージとドキュメントの入力ミスを修正しました

Az.Cdn

  • CDN モジュール変換ヘルパーの入力ミスを修正しました

Az.Compute

  • New-AzVMConfig コマンドレットに VmssId を追加しました
  • New-AzVmssConfigUpdate-AzVmss に、TerminateScheduledEvents および TerminateScheduledEventNotBeforeTimeoutInMinutes パラメーターを追加しました
  • VM イメージ オブジェクトに HyperVGeneration プロパティを追加しました
  • Host と HostGroup の機能を追加しました
    • 新しいコマンドレット:
      • New-AzHostGroup
      • New-AzHost
      • Get-AzHostGroup
      • Get-AzHost
      • Remove-AzHostGroup
      • Remove-AzHost
    • New-AzVMConfigNew-AzVMHostId パラメーターを追加しました
  • Invoke-AzVMRunCommand のドキュメントの例を、適切なパラメーター名を使用するよう更新しました
  • Set-AzVMDiskEncryptionExtensionSet-AzVmssDiskEncryptionExtension のリファレンス ドキュメントの -VolumeType の説明を更新しました

Az.DataFactory

  • New-AzDataFactoryEncryptValue ドキュメントの入力ミスを修正しました
  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.1.2 に更新しました
  • SSIS Integration Runtime のプロキシとしてセルフホステッド統合ランタイムを有効にするために、Set-AzureRmDataFactoryV2IntegrationRuntime にパラメーターを追加しました。
    • DataProxyIntegrationRuntimeName
    • DataProxyStagingLinkedServiceName
    • DataProxyStagingPath
  • トリガーされたパイプライン、メッセージ、プロパティを表示するよう PSTriggerRun を更新し、アクティビティの種類を表示するよう PSActivityRun を更新しました

Az.DataLakeStore

  • Get-DataLakeStoreDeletedItem がエラーとリモート例外でハングする問題を修正しました

Az.EventHub

  • Set-AzEventHubNetworkRuleSet の入力ミス VirtualNteworkRule を修正しました (#9658)
  • Set-AzEventHubNamespace で PUT ではなく PATCH が使用される問題を修正しました (#9558)
  • Set-AzEventHubNamespace コマンドレットに EnableKafka パラメーターを追加しました
  • Listen 権限を含むルールの作成に関する問題を修正しました (#9786)

Az.MarketplaceOrdering

  • ドキュメントの入力ミスを修正しました

Az.Monitor

  • ヘルプ ドキュメントで正しくないパラメーター名を修正しました

Az.Network

  • New-AzPrivateLinkServiceIpConfig を更新しました
    • PublicIpAddress パラメーターはサーバー側で使用されないため、非推奨にしました。
    • 現在の IP 構成がプライマリ IP 構成であるかどうかを示す省略可能なパラメーター Primary を追加しました
  • SDK からの要求エラー例外の処理を改善しました
  • IPv6 のプレフィックス長が適切であることを確認するために、IPv6 の IP プレフィックスの検証ロジックを修正しました
  • サブネット リソース ID で取得するためのパラメーター セットを Get-AzVirtualNetworkSubnetConfig に追加しました
  • AzNetworkServiceTagLocation パラメーターの説明を更新しました

Az.OperationalInsights

  • New-AzOperationalInsightsLinuxSyslogDataSource に関するドキュメントを更新しました。
    • 例を追加しました
    • -Name パラメーターの説明を更新しました
  • New-AzOperationalInsightsWindowsEventDataSource の例を追加しました
  • New-AzOperationalInsightsWindowsEventDataSource-Name パラメーターの説明を変更しました

Az.RecoveryServices

  • Get-AzRecoveryServicesBackupJobDetail のドキュメントを更新しました

Az.Resources

  • Microsoft.Resource の新しい API バージョン 2019-05-10 のサポートを追加しました
    • 変数、リソース、プロパティに対して "copy.count = 0" のサポートを追加しました
    • "condition = false" または "copy.count = 0" が設定されたリソースは完全モードで削除されます
  • サブスクリプション レベルでのポリシーの割り当ての例を追加しました

Az.ServiceBus

  • Set-AzServiceBusNetworkRuleSetVirtualNetworkRule パラメーターの入力ミスを修正しました。イシュー #9658 の修正: 入力ミス
  • Listen-only ルールの作成に関する問題を修正しました (#9786)
  • キューとトピックに名前を使用できるかどうかを確認するために新しいコマンド Test-AzServiceBusNameAvailability を追加しました

Az.ServiceFabric

  • リソース グループの VMSS がサービス ファブリック クラスターに関連していない場合の NullReferenceException を修正しました (#8681)
  • virtualNetwork がクラスターとは別のリソース グループに存在する場合にコマンドレットが失敗するバグを修正しました (#8407)
  • Add-AzServiceFabricApplicationCertificate コマンドレットを非推奨にしました

Az.Sql

  • 古い監査コマンドレットのドキュメントを更新しました

Az.Storage

  • Close-AzStorageFileHandleGet-AzStorageFileHandle のヘルプが更新され、コマンドレットの例にシナリオが追加され、パラメーターの説明が更新されました
  • BLOB のアップロードとコピーで StandardBlobTier のサポートを追加しました
  • BLOB コピーで Rehydrate 優先度のサポートを追加しました

Az.Websites

  • Set-AzWebAppSet-AzWebAppSlot-AppSettings パラメーターに関する説明を追加しました

2.5.0 - 2019 年 7 月

Az.Accounts

  • 最新バージョンの ClientRuntime を使用するように共通コードを更新しました。

Az.ApplicationInsights

  • 「Remove-AzApplicationInsightsApiKey」ドキュメントの例の入力ミスを修正しました

Az.Automation

  • リソース文字列の入力ミスを修正しました

Az.CognitiveServices

  • NetworkRuleSet のサポートを追加しました。

Az.Compute

  • VM インスタンス ビュー オブジェクトの不足していたプロパティ (ComputerName、OsName、OsVersion、HyperVGeneration) を追加しました。

Az.ContainerRegistry

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 4.1.0 に更新しました
  • 「Get-AzDataFactoryV2PipelineRun」ドキュメントの入力ミスを修正しました

Az.EventHub

  • SAS トークンを生成するために次の新しいコマンドレットを追加しました。New-AzEventHubAuthorizationRuleSASToken
  • authorizationrule 権限について、"Manage" のみが割り当てられているかどうかの検証とエラー メッセージを追加しました

Az.KeyVault

  • 証明書ポリシーの KeySize を指定するためのサポートを追加しました

Az.LogicApp

  • Get-AzIntegrationAccountMap ですべてのマップの種類を一覧表示するように修正しました
    • フィルター処理用に新しい MapType パラメーターを追加しました

Az.ManagedServices

  • API バージョン 2019-06-01 (GA) のサポートを追加しました

Az.Network

  • プライベート エンドポイントとプライベート リンク サービスのサポートを追加しました
    • 新しいコマンドレット
      • Set-AzPrivateEndpoint
      • Set-AzPrivateLinkService
      • Approve-AzPrivateEndpointConnection
      • Deny-AzPrivateEndpointConnection
      • Get-AzPrivateEndpointConnection
      • Remove-AzPrivateEndpointConnection
      • Test-AzPrivateLinkServiceVisibility
      • Get-AzAutoApprovedPrivateLinkService
  • 次の機能のために以下のコマンドを更新しました: Virtualnetwork 内のサブネット上の PrivateEndpointNetworkPolicies/PrivateLinkServiceNetworkPolicies フラグ
    • New-AzVirtualNetworkSubnetConfig/Set-AzVirtualNetworkSubnetConfig/Add-AzVirtualNetworkSubnetConfig を更新しました
      • このサブネット内のプライベート エンドポイントでネットワーク ポリシーの適用を有効または無効にすることを示す省略可能なパラメーター -PrivateEndpointNetworkPoliciesFlag を追加しました。
      • このサブネット内のプライベート リンク サービスでネットワーク ポリシーの適用を有効または無効にすることを示す省略可能なパラメーター -PrivateLinkServiceNetworkPoliciesFlag を追加しました。
  • AzPrivateLinkService のコマンドレット パラメーター "ServiceName" の名前が、下位互換性のために別名 "ServiceName" 付きで "Name" に変更されました
  • ネットワークのセキュリティ規則の構成に対して ICMP プロトコルを有効にしました
    • 更新されたコマンドレット
      • Add-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • New-AzNetworkSecurityRuleConfig
      • Set-AzNetworkSecurityRuleConfig
  • ConnectionProtocolType (Ikev1/Ikev2) を New-AzVirtualNetworkGatewayConnection の構成可能なパラメーターとして追加しました
  • LoadBalancerFrontendIpConfiguration に PrivateIpAddressVersion を追加しました
    • 更新されたコマンドレット:
      • New-AzLoadBalancerFrontendIpConfig
      • Add-AzLoadBalancerFrontendIpConfig
      • Set-AzLoadBalancerFrontendIpConfig
  • プローブ内のカスタム ポートをサポートするための Application Gateway の New-AzApplicationGatewayProbeConfig コマンドの更新
    • New-AzApplicationGatewayProbeConfig を更新しました。バックエンドサーバーのプローブに使用される省略可能なパラメーター Port を追加しました。 このパラメーターは、Standard_V2 および WAF_V2 SKU に適用されます。

Az.OperationalInsights

  • 保存された検索条件の既定のバージョンを 1 に更新しました。
  • カスタム ログの null 正規表現の扱いを修正しました

Az.RecoveryServices

  • "Get-AzRecoveryServicesBackupJob.md" を更新しました
  • "Get-AzRecoveryServicesBackupContainer.md" を更新しました
  • "Get-AzRecoveryServicesVault.md" を更新しました
  • "Wait-AzRecoveryServicesBackupJob.md" を更新しました
  • "Set-AzRecoveryServicesVaultContext.md" を更新しました
  • "Get-AzRecoveryServicesBackupItem.md" を更新しました
  • "Get-AzRecoveryServicesBackupRecoveryPoint.md" を更新しました
  • "Restore-AzRecoveryServicesBackupItem.md" を更新しました
  • Azure ファイル共有のコンテナーの登録を解除するためのサービスの呼び出しを更新しました
  • "Set-AzRecoveryServicesAsrAlertSetting.md" を更新しました

Az.Resources

  • 「New-AzResourceGroupDeployment」ドキュメントで参照されていた存在しないコマンドレットを削除しました
  • 新しい API バージョン 2019-01-01 を使用するようにポリシー コマンドレットを更新しました

Az.ServiceBus

  • SAS トークンを生成するために次の新しいコマンドレットを追加しました。New-AzServiceBusAuthorizationRuleSASToken
  • authorizationrule 権限について、"Manage" のみが割り当てられているかどうかの検証とエラー メッセージを追加しました

Az.Sql

  • Set-AzSqlDatabaseSecondary コマンドレットの例の不足を修正しました
  • メール アドレスの指定なしでの脆弱性評価の反復スキャンの設定を修正しました
  • 警告メッセージの軽微な入力ミスを修正しました。

Az.Storage

  • 正しいパラメーター名が使用されるようにリファレンス ドキュメント「Get-AzStorageAccount」内の例を更新しました

Az.StorageSync

  • Invoke-AzStorageSyncChangeDetection コマンドレットを追加しました。
  • TierFilesOlderThanDays に従うように問題 9551 を修正しました

Az.Websites

  • Get-AzWebApp および Set-AzWebApp によって一部の SiteConfig プロパティが返されなかったバグを修正しました
  • Get-AzDeletedWebApp と Restore-AzDeletedWebApp に新しい Location パラメーターを追加しました
  • New-AzWebApp -IncludeSourceWebAppSlots を使用した Web アプリ スロットの複製におけるバグを修正しました

2.4.0 - 2019 年 7 月

Az.Accounts

  • プロファイル コマンドレットのサポートの追加
  • 生成されたコマンドレットにおける環境とデータ プレーンのサポートの追加
  • Windows PowerShell でのデータ プレーン コマンドレットの一部のケースで不適切なエンドポイントが使用されていたバグの修正

Az.Advisor

  • Az.Advisorの GA リリース
  • このモジュールは、ロール アップ Az モジュールの一部として含まれるようになりました

Az.ApiManagement

Az.Automation

  • 文字列値を処理するように Set-AzAutomationConnectionFieldValue コマンドレットのバグを修正しました。

Az.Compute

  • New-AzImageConfig への HyperVGeneration パラメーターの追加

Az.DataFactory

  • アクティビティ実行の取得、パイプライン実行の取得、トリガー実行取得の ADF コマンドレットの出力を Select-Object パイプをサポートするように更新

Az.EventGrid

  • 'New-AzEventGridSubscription' ドキュメントのタイポを修正

Az.IotHub

  • 承認ポリシー キーの再生成のサポートを追加

Az.Network

  • パブリック ip タグに 'RoutingPreference' を追加しました
  • 'Get-AzNetworkServiceTag' リファレンス ドキュメントの例を改善しました

Az.PolicyInsights

Az.OperationalInsights

  • Get AzOperationalInsightsDataSource で返される CustomLog データソース モデルを修正しました

Az.RecoveryServices

  • IaaSVMs の get-policy コマンドを修正しました

Az.Resources

  • Get-AzPolicyState -Top パラメーターのヘルプ テキストを修正します
  • Get-AzPolicyAlias のクライアント側ページング サポートを追加します
  • Set-AzPolicyAssignment-PolicyParameters-PolicyParametersObject の新しいパラメーターを追加します
  • ポリシー コマンドレットの少数のドキュメントと例を更新しました

Az.ServiceBus

  • イシュー #4938 (MaxSizeInMegabytes の設定時、New-AzServiceBusQueue から BadRequest が返される) を修正

Az.Sql

  • プレビュー リリースから公開リリースへのインスタンス フェールオーバー グループ コマンドレットを追加しました
  • 新しいコマンドレットによる Azure SQL Server\Database 監査をサポート
    • Set-AzSqlServerAudit
    • Get-AzSqlServerAudit
    • Remove-AzSqlServerAudit
    • Set-AzSqlDatabaseAudit
    • Get-AzSqlDatabaseAudit
    • Remove-AzSqlDatabaseAudit
  • 脆弱性評価の設定から電子メールの制限を削除しました

Az.Storage

  • 2 つのパラメーター '-IndexDocument' と '-ErrorDocument404Path' を次のコマンドレットで必須から省略可能に変更しました。
    • Enable-AzStorageStaticWebsite
  • 例を追加して Get AzStorageBlobContent のヘルプを更新しました
  • StorageException でコマンドレットが失敗したときにより詳細なエラー情報を表示
  • Azure Files Microsoft Entra Domain Services 認証を持つストレージ アカウントの作成または更新をサポートします
    • New-AzStorageAccount
    • Set-AzStorageAccount
  • ファイル共有、ファイル ディレクトリ、またはファイルのファイル ハンドルを閉じるまたは一覧表示をサポート
    • Get-AzStorageFileHandle
    • Close-AzStorageFileHandle

Az.StorageSync

  • このモジュールは、ロール アップ Az モジュールの一部として含まれるようになりました

2.3.2 - 2019 年 6 月

Az.Accounts

  • 関数呼び出しにおいて、一部のケースで不適切な URL が使用されていたバグを修正しました
  • AzureRM コマンドレットから Az コマンドレットへの移行におけるエイリアスの問題を修正しました
    • Set-AzureRmVMBootDiagnostics -> Set-AzVMBootDiagnostic
    • Export-AzureRMLogAnalyticThrottledRequests -> Export-AzLogAnalyticThrottledRequest

Az.Compute

  • 単純なパラメーター セット New-AzVm および New-AzVmss で "ProximityPlacementGroup" パラメーターが受け入れられるようになりました。
  • "New-AzVM" のリファレンス ドキュメントの入力ミスを修正しました

Az.Dns

  • "Set-AzDnsZone" ヘルプの例の入力ミスを修正しました。

Az.EventGrid

  • 2019-06-01 API バージョンを使用するように更新しました。
  • 新しいコマンドレット:
    • New-AzEventGridDomain
      • 新しい Azure Event Grid ドメインを作成します。
    • Get-AzEventGridDomain
      • Event Grid ドメインの詳細を取得するか、現在の Azure サブスクリプション内のすべての Event Grid ドメインの一覧を取得します。
    • Remove-AzEventGridDomain
      • Azure Event Grid ドメインを削除します。
    • New-AzEventGridDomainKey
      • Azure Event Grid ドメインの共有アクセス キーを再生成します。
    • Get-AzEventGridDomainKey
      • Event Grid ドメインにイベントを発行するために使用される共有アクセス キーを取得します。
    • New-AzEventGridDomainTopic:
      • 新しい Azure Event Grid ドメイン トピックを作成します。
    • Get-AzEventGridDomainTopic
      • Event Grid ドメイン トピックの詳細を取得するか、現在の Azure 内の特定の Event Grid ドメイン下のすべての Event Grid ドメイン トピックの一覧を取得します。
    • Remove-AzEventGridDomainTopic:
      • 既存の Azure Event Grid ドメイン トピックを削除します。
  • 更新されたコマンドレット:
    • New-AzEventGridSubscription と Update-AzEventGridSubscription:
      • 新しい Event Grid ドメインと Event Grid ドメイン トピックのパイプ処理をサポートしてこれらのリソース下に新しいイベント サブスクリプションを作成できるようにするために新しい必須のパラメーターを追加しました。
      • 新しい Event Grid ドメイン名または Event Grid ドメイン トピック名を指定してこれらのリソース下に新しいイベント サブスクリプションを作成できるようにするために新しい必須のパラメーターを追加しました。
      • 既存のパラメーターの再利用を許可するためにドメインとドメイン トピック用の新しいパラメーター セットを追加しました (EndPointType、SubjectBeginsWith など)。
      • 以下を指定するための新しい省略可能なパラメーターを追加:
        • イベント サブスクリプションの有効期限の日付
        • 高度なフィルター パラメーター
      • 宛先として servicebusqueue の新しい列挙型を追加しました。
      • -IncludedEventType オプションの "All" の使用を不許可にし、以下に置き換えました
    • Get-AzEventGridTopic、Get-AzEventGridDomain、Get-AzEventGridDomainTopic、Get-AzEventGridSubscription:
      • 結果の改ページ位置の自動修正とフィルター処理をサポートするために省略可能な新しいパラメーター (Top、ODataQuery、NextLink) を追加しました。
    • Remove-AzEventGridSubscription
      • Event Grid ドメインと Event Grid ドメイン トピックのパイプ処理をサポートしてこれらのリソース下での既存イベント サブスクリプションの削除を許可するように新しい必須のパラメーターを追加しました。
      • Event Grid ドメイン名または Event Grid ドメイン トピック名を指定してこれらのリソース下での既存イベント サブスクリプションの削除を許可するように新しい必須のパラメーターを追加しました。

Az.FrontDoor

  • New-AzFrontDoorWafMatchConditionObject
    • 変換のサポートと新しい演算子のオート コンプリート値 (RegEx) を追加しました
  • New-AzFrontDoorWafManagedRuleObject
    • 新しいオート コンプリート値を追加しました

Az.Network

  • 仮想ネットワーク ゲートウェイ リソースのサポートを追加しました
    • 新しいコマンドレット
      • Get-AzVirtualNetworkGatewayVpnClientConnectionHealth
  • AvailablePrivateEndpointType を追加しました
    • 新しいコマンドレット
      • Get-AzAvailablePrivateEndpointType
  • PrivatePrivateLinkService を追加しました
    • 新しいコマンドレット
      • Get-AzPrivateLinkService
      • New-AzPrivateLinkService
      • Remove-AzPrivateLinkService
      • New-AzPrivateLinkServiceIpConfig
      • Set-AzPrivateEndpointConnection
  • PrivateEndpoint を追加しました
    • 新しいコマンドレット
      • Get-AzPrivateEndpoint
      • New-AzPrivateEndpoint
      • Remove-AzPrivateEndpoint
      • New-AzPrivateLinkServiceConnection
  • 次の機能のために以下のコマンドを更新しました: VpnConnection の UseLocalAzureIpAddress フラグ
    • New-AzVpnConnection を更新:接続の初期化時にローカルの azure ip アドレスをソース アドレスとして使用する必要があることを示すために、省略可能なパラメーター -UseLocalAzureIpAddress を追加しました。
    • Set-AzVpnConnection を更新:接続の初期化時にローカルの azure ip アドレスをソース アドレスとして使用する必要があることを示すために、省略可能なパラメーター -UseLocalAzureIpAddress を追加しました。
  • ExpressRoute ピアリングに読み取り専用フィールド PeeredConnections を追加しました。
  • ExpressRoute に読み取り専用フィールド GlobalReachEnabled を追加しました。
  • ExpressRouteCircuit モデル内の AllowGlobalReach フィールドの廃止に注意を向けるために破壊的変更属性を追加しました
  • TargetListenerID を AzApplicationGatewayRedirectConfiguration コマンドレットと共に使用するとエラーが発生する問題 8756 を修正しました
  • 書き換えルールセットの設定を妨げる New-AzApplicationGatewayPathRuleConfig のバグを修正しました。
  • NetworkInterfaceIpConfiguration での VirtualNetworkTaps 表示を修正しました
  • すべての部分を一覧表示するための Cortex Get コマンドレットを修正しました
  • ExpressRouteGateways、VpnGateway の VirtualHub リファレンス作成を修正しました
  • AzureFirewall および NatGateway の Availability Zones のサポートを追加しました
  • Get-AzNetworkServiceTag コマンドレットを追加しました
  • Azure Firewall の複数のパブリック IP アドレスのサポートを追加しました
    • New-AzFirewall コマンドレットを更新:
      • 1 つ以上のパブリック IP アドレス オブジェクトを受け入れるパラメーター -PublicIpAddress を追加しました
      • 仮想ネットワーク オブジェクトを受け入れるパラメーター -VirtualNetwork を追加しました
      • ファイアウォール オブジェクトにメソッド AddPublicIpAddress および RemovePublicIpAddress を追加しました (これらは入力としてパブリック IP アドレス オブジェクトを受け入れます)
      • パラメーター -PublicIpName および -VirtualNetworkName が非推奨になりました
  • 次の機能のために以下のコマンドを更新しました: VpnClient Microsoft Entra 認証オプションを仮想ネットワーク ゲートウェイ リソースに設定する。
    • New-AzVirtualNetworkGateway を更新しました: ゲートウェイ上で VpnClient Microsoft Entra 認証オプションを設定するための省略可能な AadTenantUri パラメーター、AadAudienceId パラメーター、および AadIssuerUri パラメーターを追加しました。
    • Set-AzVirtualNetworkGateway を更新しました: ゲートウェイ上で VpnClient Microsoft Entra 認証オプションを設定するための省略可能な AadTenantUri パラメーター、AadAudienceId パラメーター、および AadIssuerUri パラメーターを追加しました。
    • Set-AzVirtualNetworkGateway を更新しました: ゲートウェイから VpnClient Microsoft Entra 認証オプションを削除するための省略可能な RemoveAadAuthentication スイッチ パラメーターを追加しました。

Az.OperationalInsights

  • 'New-AzOperationalInsightsWorkspace' コマンドで pergb2018 価格レベルを有効にします

Az.Resources

  • 追加の [テンプレートのエクスポート] オプションがサポートされました
    • Export-AzResourceGroup に "-SkipResourceNameParameterization" パラメーターを追加しました
    • Export-AzResourceGroup に "-SkipAllParameterization" パラメーターを追加しました
    • エクスポートされたリソースのフィルター処理用に Export-AzResourceGroup に "-Resource" パラメーターを追加しました

Az.ServiceFabric

  • 場合によって、ByExistingKeyVault の証明書追加で誤ったサムプリントが取得される問題を修正しました

Az.Sql

  • Advanced Threat Protection ストレージ エンドポイント サフィックスを修正しました
  • Advanced Data Security を有効にする Advanced Threat Protection ポリシーのオーバーライドを修正しました
  • Management.Sql 用の新しいコマンドレットにより、マネージド インスタンスへの TDE キーの追加と TDE プロテクターの設定が可能になりました
    • Add-AzSqlInstanceKeyVaultKey
    • Get-AzSqlInstanceKeyVaultKey
    • Remove-AzSqlInstanceKeyVaultKey
    • Get-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector
    • Set-AzSqlInstanceTransparentDataEncryptionProtector

Az.Storage

  • ストレージ アカウントの作成時の Kind FileStorage および SkuName Premium_ZRS のサポートを追加しました
    • New-AzStorageAccount
  • BLOB 不変コマンドレットの説明を明確化しました
    • Remove-AzRmStorageContainerImmutabilityPolicy

Az.Websites

  • クライアントではなくサーバー上のリソース グループでフィルター処理するように Get-AzWebAppCertificate を最適化しました
  • Get-AzWebAppSnapshot に -UseDisasterRecovery スイッチ パラメーターを追加しました

2.2.0 - 2019 年 6 月

Az.Cdn

  • API バージョン 2019-04-15 に基づいて rulesEngine 機能をサポートするようにコマンドレットを更新しました。

Az.Compute

  • 操作を開始し、操作が完了する前にすぐに戻す、NoWait パラメーターを追加しました。
    • 更新されたコマンドレット: Export-AzLogAnalyticRequestRateByInterval、Export-AzLogAnalyticThrottledRequest、Remove-AzVM、Remove-AzVMAccessExtension、Remove-AzVMAEMExtension、Remove-AzVMChefExtension、Remove-AzVMCustomScriptExtension、Remove-AzVMDiagnosticsExtension、Remove-AzVMDiskEncryptionExtension、Remove-AzVMDscExtension、Remove-AzVMSqlServerExtension、Restart-AzVM、Set-AzVM、Set-AzVMAccessExtension、Set-AzVMADDomainExtension、Set-AzVMAEMExtension、Set-AzVMBginfoExtension、Set-AzVMChefExtension、Set-AzVMCustomScriptExtension、Set-AzVMDiagnosticsExtension、Set-AzVMDscExtension、Set-AzVMExtension、Start-AzVM、Stop-AzVM、Update-AzVM

Az.EventHub

  • #9231 (Get AzEventHubNamespace がタグを返さない) を修正しました
  • #9230 (Get-AzEventHubNamespace が ResourceGroupName ではなく ResourceGroup を返す) を修正しました

Az.Network

  • Nat Gateway の ResourceId と InputObject を更新しました
    • ResourceId と InputObject のエイリアスを追加しました

Az.PolicyInsights

  • Get-AzPolicyEvent の null 参照の問題を修正しました

Az.RecoveryServices

  • IaaSVM ポリシーの最小リテンション期間の日数を 1 日から 7 日に変更しました

Az.ServiceBus

  • #9182 (Get-AzServiceBusNamespace が ResourceGroupName ではなく ResourceGroup を返す) を修正しました

Az.ServiceFabric

  • 'Update-AzServiceFabricReliability' に対するエラー メッセージの誤りを修正しました
  • Service Fabric のコマンドラインの文字の欠落を修正しました

Az.Sql

  • Managed Instance で AutoDr をサポートするために、New-AzureSqlInstance コマンドレットに DnsZonePartner パラメーターを追加しました。
  • Get-AzSqlDatabaseSecureConnectionPolicy コマンドレットを非推奨化
  • Threat Protection の名前を Advanced Threat Protection に変更しました
  • New-AzSqlInstance の -StorageSizeInGB パラメーターと -LicenseType パラメーターが省略可能になりました。

Az.Websites

  • Set-AzWebApp と Set-AzWebAppSlot を -WebApp プロパティと共に使用するとタグが削除されていた問題を修正しました

2.1.0 - 2019 年 5 月

Az.ApiManagement

  • グローバルと API スコープでの診断を管理するための新しいコマンドレットを作成しました
    • Get-AzApiManagementDiagnostic - グローバルまたは API スコープ構成済みの診断を取得します
    • New-AzApiManagementDiagnostic - グローバルまたは API スコープで新しい診断を作成します
    • New-AzApiManagementHttpMessageDiagnostic - ログに記録するヘッダーと Body Bytes のサイズの診断設定を作成します
    • New-AzApiManagementPipelineDiagnosticSetting - ゲートウェイとの HTTP メッセージの着信/発信の診断設定を作成します。
    • New-AzApiManagementSamplingSetting - 診断の要求/応答のサンプリング設定を作成します
    • Remove-AzApiManagementDiagnostic - グローバルまたは API スコープで診断エンティティを削除します
    • Set-AzApiManagementDiagnostic - グローバルまたは API スコープで診断エンティティを更新します
  • ApiManagement サービスのキャッシュを管理するための新しいコマンドレットを作成しました
    • Get-AzApiManagementCache - 識別子で指定されたキャッシュ、またはすべてのキャッシュの詳細を取得します
    • New-AzApiManagementCache - 新しい 'default' のキャッシュ、または Azure の特定の 'region' にキャッシュを作成します
    • Remove-AzApiManagementCache - キャッシュを削除します
    • Update-AzApiManagementCache - キャッシュを更新します
  • API スキーマの管理用に作成された新しいコマンドレット
    • New-AzApiManagementSchema - API の新しいスキーマを作成します
    • Get-AzApiManagementSchema - API で構成されたスキーマを取得します
    • Remove-AzApiManagementSchema - API で構成されたスキーマを削除します
    • Set-AzApiManagementSchema - API で構成されたスキーマを更新します
  • ユーザー トークンを生成するための新しいコマンドレットを作成しました。
    • New-AzApiManagementUserToken - 既定で 8 時間有効な新しいユーザー トークンを生成します。'GIT' ユーザーのトークンは、このコマンドレットを使用して生成できます。/
  • ネットワークの状態を取得する新しいコマンドレットを作成しました
    • Get-AzApiManagementNetworkStatus - API Management サービスが依存しているリソースのネットワークの状態の接続性を取得します。 これは、ApiManagement サービスを仮想ネットワークにデプロイし、依存関係のいずれかが壊れているかどうかを確認する場合に便利です。
  • ApiManagement サービスを管理するためにコマンドレット New-AzApiManagement を更新しました
    • 新しい 'Consumption' SKU のサポートを追加しました
    • 'Consumption' SKU 用に 'EnableClientCertificate' フラグをオンにするサポートを追加しました
    • 新しいコマンドレット New-AzApiManagementSslSetting により 'Backend' と 'Frontend' に 'TLS/SSL' 設定を構成できます。 これを使用して、ApiManagement サービスの 'Frontend' に '3DES' のような 'Ciphers' と 'Http2' のような 'ServerProtocols' を構成することもできます。
    • ApiManagement サービスに 'DeveloperPortal' ホスト名を構成するためのサポートを追加しました。
  • 'PsApiManagement' オブジェクトを入力としてとるようにコマンドレット Get-AzApiManagementSsoToken を更新しました
  • エラー メッセージをインラインで表示するコマンドレットを更新しました
    • PS D:\github\azure-powershell> Set-AzApiManagementPolicy -Context -PolicyFilePath C:\wrongpolicy.xml -ApiId httpbin
      • Set-AzApiManagementPolicy :
      • Error Code: ValidationError
      • Error Message: One or more fields contain incorrect values:
      • Error Details: [Code=ValidationError, Message=Error in element 'log-to-eventhub' on line 3, column 10: Logger not found, Target=log-to-eventhub]
  • API を 'OpenApi 3.0' 形式でエクスポートするためにコマンドレット Export-AzApiManagementApi を更新しました
  • コマンドレット Import-AzApiManagementApi を次のように更新しました
    • API を 'OpenApi 3.0' ドキュメント仕様からインポートする
    • 任意の ('Swagger'、'Wadl'、'Wsdl'、'OpenApi') のドキュメントに指定された 'PsApiManagementSchema' プロパティをオーバーライドする。
    • 任意のドキュメントに指定された 'ServiceUrl' プロパティをオーバーライドする。
  • 'rawxml' を使用して xml 以外でエスケープされた 'format' でポリシーを返すために、コマンドレット Get-AzApiManagementPolicy を更新しました
  • 'rawxml' を使用して xml 以外でエスケープされた 'format' と 'xml' を使用して xml でエスケープされた形式でポリシーを受け入れるために、コマンドレット Set-AzApiManagementPolicy を更新しました
  • コマンドレット New-AzApiManagementApi を次のように更新しました
    • 'OpenId' 承認サーバーで API を構成する。
    • 'ApiVersionSet' に API を作成する
    • 'SourceApiId' と 'SourceApiRevision' を使用して API を複製する。
    • API スコープで 'SubscriptionRequired' を構成できるようになりました。
  • コマンドレット Set-AzApiManagementApi を次のように更新しました
    • 'OpenId' 承認サーバーで API を構成する。
    • 'ApiVersionSet' に API を更新する
    • API スコープで 'SubscriptionRequired' を構成できるようになりました。
  • コマンドレット New-AzApiManagementRevision を次のように更新しました
    • 'SourceApiRevision' を使用して既存のリビジョンを複製する (コピー タグ、製品、操作、およびポリシー)。 新しいリビジョンは親の 'ApiId' を前提としています。
    • 'ApiRevisionDescription' を入力する
    • API を複製するときに 'ServiceUrl' をオーバーライドする。
  • コマンドレット New-AzApiManagementIdentityProvider を次のように更新しました
    • 'AAD' または 'AADB2C' と 'Authority' を構成する
    • 'SignupPolicy'、'SigninPolicy'、'ProfileEditingPolicy'、および 'PasswordResetPolicy' を設定する
  • コマンドレット New-AzApiManagementSubscription を次のように更新しました
    • 'Scope' と 'UserId' を使用して新しい SubscriptonModel に対応する
    • 'ProductId' と 'UserId' を使用して古いサブスクリプション モデルに対応する
    • サブスクリプション レベルで 'AllowTracing' を有効にするサポートを追加しました。
  • コマンドレット Set-AzApiManagementSubscription を次のように更新しました
    • 'Scope' と 'UserId' を使用して新しい SubscriptonModel に対応する
    • 'ProductId' と 'UserId' を使用して古いサブスクリプション モデルに対応する
    • サブスクリプション レベルで 'AllowTracing' を有効にするサポートを追加しました。
  • 'ResourceId' を入力として受け入れるように、次のコマンドレットを更新しました
    • 'New-AzApiManagementContext'
      • New-AzApiManagementContext -ResourceId /subscriptions/subid/resourceGroups/rgName/providers/Microsoft.ApiManagement/service/contoso
    • 'Get-AzApiManagementApiRelease'
      • Get-AzApiManagementApiRelease -ResourceId /subscriptions/subid/resourceGroups/rgName/providers/Microsoft.ApiManagement/service/contoso/apis/echo-api/releases/releaseId
    • 'Get-AzApiManagementApiVersionSet'
      • Get-AzApiManagementApiVersionSet -ResourceId /subscriptions/subid/resourceGroups/rgName/providers/Microsoft.ApiManagement/service/constoso/apiversionsets/pathversionset
    • 'Get-AzApiManagementAuthorizationServer'
    • 'Get-AzApiManagementBackend'
      • Get-AzApiManagementBackend -ResourceId /subscriptions/subid/resourceGroups/rgName/providers/Microsoft.ApiManagement/service/contoso/backends/servicefabric
    • 'Get-AzApiManagementCertificate'
    • 'Remove-AzApiManagementApiVersionSet'
    • 'Remove-AzApiManagementSubscription'

Az.Automation

Az.Compute

  • AzVmssVM コマンドレットに ProtectFromScaleIn パラメーターと ProtectFromScaleSetAction パラメーターを追加しました。
  • これで、'East US' がサポートされていない場合は、New-AzVM の wimple パラメーター セットが既定で使用可能な場所を使用するようになりました

Az.DataLakeStore

  • httpclient を使用し、データプレーン テストを Azure Freamework と統合するために、ADLS SDK を更新しました

Az.Monitor

  • ヘルプの例で正しくないパラメーター名を修正しました

Az.Network

  • 有効なルート テーブルの出力に DisableBgpRoutePropagation フラグを追加しました
    • 更新されたコマンドレット:
      • Get-AzEffectiveRouteTable
  • New-AzApplicationGatewayTrustedRootCertificate ドキュメントの二重ダッシュを修正しました

Az.Resources

  • 拒否割り当てを取得するための新しいコマンドレット Get-AzDenyAssignment を追加しました

Az.Sql

  • Advanced Threat Protection コマンドレットの名前を Advanced Data Security に変更し、既定で脆弱性評価を有効にしました

2.0.0 - 2019 年 5 月

Az.Accounts

  • ユーザー名/パスワード認証での ADFS の問題を修正するために Authentication Library を更新しました

Az.CognitiveServices

  • Bing Search Services について、Bing の免責事項のみを表示します。
  • アカウントの作成が失敗したときのエラーを改善しました。

Az.Compute

  • 近接通信配置グループ機能。
    • 次の新しいコマンドレットが追加されました: New-AzProximityPlacementGroup、Get-AzProximityPlacementGroup、Remove-AzProximityPlacementGroup
    • 新しいパラメーター ProximityPlacementGroupId を次のコマンドレットに追加しました: New-AzAvailabilitySet、New-AzVMConfig、New-AzVmssConfig
  • New-AzGalleryImageVersion に StorageAccountType パラメーターを追加しました。
  • New-AzGalleryImageVersion の TargetRegion に StorageAccountType を含めることができるようになりました。
  • Stop-AzVM と Stop-AzVmss に SkipShutdown スイッチ パラメーターを追加しました
  • 重大な変更
    • Set-AzVMBootDiagnostics が Set-AzVMBootDiagnostic に変更されています。
    • Export-AzLogAnalyticThrottledRequests が Export-AzLogAnalyticThrottledRequests に変更されています。

Az.DeploymentManager

  • Azure Deployment Manager コマンドレットの最初の一般公開リリース

Az.Dns

  • DNS NameServer の自動委任
    • DNS ゾーンの作成コマンドレットは、省略可能な追加のパラメーターとして親ゾーンの名前を受け入れます。
    • 新しく作成された子ゾーンの親ゾーンに、NS レコードを追加しました。

Az.FrontDoor

  • Azure FrontDoor コマンドレットの最初の一般公開リリース
  • WAF コマンドレットの名前を変更して "Waf" が含まれるようにしました
    • Get-AzFrontDoorFireWallPolicy --> Get-AzFrontDoorWafPolicy
    • New-AzFrontDoorCustomRuleObject --> New-AzFrontDoorWafCustomRuleObject
    • New-AzFrontDoorFireWallPolicy --> New-AzFrontDoorWafPolicy
    • New-AzFrontDoorManagedRuleObject --> New-AzFrontDoorWafManagedRuleObject
    • New-AzFrontDoorManagedRuleOverrideObject --> New-AzFrontDoorWafManagedRuleOverrideObject
    • New-AzFrontDoorMatchConditionObject --> New-AzFrontDoorWafMatchConditionObject
    • New-AzFrontDoorRuleGroupOverrideObject --> New-AzFrontDoorWafRuleGroupOverrideObject
    • Remove-AzFrontDoorFireWallPolicy --> Remove-AzFrontDoorWafPolicy
    • Update-AzFrontDoorFireWallPolicy --> Update-AzFrontDoorWafPolicy

Az.HDInsight

  • 次の 2 つのコマンドレットを削除しました。
    • Grant-AzHDInsightHttpServicesAccess
    • Revoke-AzHDInsightHttpServicesAccess
  • Grant-AzHDInsightHttpServicesAccess に置き換わる新しいコマンドレット Set-AzHDInsightGatewayCredential を追加しました
  • 閲覧者ロールと hdinsight オペレーター ロールを区別するようにコマンドレット Get-AzHDInsightJobOutput を更新しました。
    • 閲覧者ロールを持つユーザーは、'DefaultStorageAccountKey' パラメーターを明示的に指定する必要があります。そうしないと、エラーが発生します。
    • hdinsight オペレーター ロールを持つユーザーは影響を受けません。

Az.Monitor

  • SQR API の新しいコマンドレット (スケジュール済みクエリ ルール)
    • New-AzScheduledQueryRuleAlertingAction
    • New-AzScheduledQueryRuleAznsActionGroup
    • New-AzScheduledQueryRuleLogMetricTrigger
    • New-AzScheduledQueryRuleSchedule
    • New-AzScheduledQueryRuleSource
    • New-AzScheduledQueryRuleTriggerCondition
    • New-AzScheduledQueryRule
    • Get-AzScheduledQueryRule
    • Set-AzScheduledQueryRule
    • Update-AzScheduledQueryRule
    • Remove-AzScheduledQueryRule
    • SQR API に関する詳細情報
    • GenV2 (非クラシック) メトリックベースのアラート ルールのコマンドレットが含まれるように Az.Monitor.md を更新しました

Az.Network

  • Nat Gateway Resource に対するサポートを追加しました
    • 新しいコマンドレット
      • New-AzNatGateway
      • Get-AzNatGateway
      • Set-AzNatGateway
      • Remove-AzNatGateway
    • 更新されたコマンドレット: New-AzureVirtualNetworkSubnetConfigCommand、Add-AzureVirtualNetworkSubnetConfigCommand
  • 次の機能のために以下のコマンドを更新しました。Brooklyn Gateway でのカスタム ルートの設定/削除。
    • New-AzVirtualNetworkGateway を更新しました。ゲートウェイで設定されるカスタム ルートとしてアドレス プレフィックスを設定するために、省略可能なパラメーター -CustomRoute を追加しました。
    • Set-AzVirtualNetworkGateway を更新しました。ゲートウェイで設定されるカスタム ルートとしてアドレス プレフィックスを設定するために、省略可能なパラメーター -CustomRoute を追加しました。

Az.PolicyInsights

  • ポリシーの評価の詳細をクエリするためのサポート。
    • Get-AzPolicyState に '-Expand' パラメーターを追加しました。 '-Expand PolicyEvaluationDetails' がサポートされます。

Az.RecoveryServices

  • Azure から Azure へのクロス サブスクリプション サイト回復のサポート。
  • Azure Site Recovery に対する今後の重要な変更へのマーク付け。
  • Azure Site Recovery 復旧計画のアクション終了計画の修正。
  • Azure Site Recovery の Azure から Azure へのネットワーク マッピング更新の修正。
  • マネージド ディスクの Azure から Azure への Azure Site Recovery 保護方向の更新の修正。
  • その他の軽微な修正。

Az.Relay

  • 顧客向けメッセージの入力ミスを修正しました

Az.ServiceBus

  • 名前空間の NetworkRuleSet 用の新しいコマンドレットを追加しました

Az.Storage

  • ストレージ クライアント ライブラリ 10.0.1 にアップグレードしました (この SDK のすべてのオブジェクトの名前空間は、"Microsoft.WindowsAzure.Storage. " から "Microsoft.Azure.Storage. " に変更されています)
  • 新しい API バージョン 2019-04-01 をサポートするために、Microsoft.Azure.Management.Storage 11.0.0 にアップグレードしました。
  • ストレージ アカウントの作成での既定のストレージ アカウントの種類を "Storage" から "StorageV2" に変更しました
    • New-AzStorageAccount
  • "-" を追加して、ストレージ アカウント コマンドレット出力 Sku.Name が入力 SkuName と対応するように変更しました (たとえば、"StandardLRS" は "Standard_LRS" に変更されます)
    • New-AzStorageAccount
    • Get-AzStorageAccount
    • Set-AzStorageAccount

Az.Websites

  • Get-AzWebApp によって返される PSSite オブジェクトに 'Kind' プロパティを設定できるようになります
  • Get-AzWebApp*Metrics および Get-AzAppServicePlanMetrics は非推奨のマークが付けられました

1.8.0 - 2019 年 4 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Az.Compute および Az.Network 用の Get コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加
  • Az.LogicApp:統合アカウント アセンブリとバッチ構成用の新しいコマンドレット

Az.Accounts

  • Mac でモジュールを正常に削除するように Uninstall-AzureRm を更新

Az.Batch

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.Cdn

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.CognitiveServices

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.Compute

  • ディスクのリソース ID に小文字の resourcegroups がある場合の AEM インストールの問題を修正
  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。
  • ワイルドカードのドキュメントを修正

Az.DataFactory

  • マネージド型の統合ランタイムの NodeCount が null でない場合の SsisProperties を追加しました。

Az.DataLakeStore

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.EventGrid

  • 作成/更新イベントのサブスクリプション コマンドレットを使用する前にリソースが作成される必要があることを示すようにエンドポイントのヘルプ テキストを更新しました。

Az.EventHub

  • 名前空間の NetworkRuleSet 用の新しいコマンドレットを追加しました

Az.HDInsight

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.IotHub

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.KeyVault

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。
  • ワイルドカードのドキュメントを修正

Az.MachineLearning

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.Media

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.Monitor

  • GenV2 (クラシック以外) メトリックベースのアラート ルールの新しいコマンドレット
    • New-AzMetricAlertRuleV2DimensionSelection
    • New-AzMetricAlertRuleV2Criteria
    • Remove-AzMetricAlertRuleV2
    • Get-AzMetricAlertRuleV2
    • Add-AzMetricAlertRuleV2
  • Monitor SDK をバージョン 0.22.0-preview に更新しました

Az.Network

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。
  • ワイルドカードのドキュメントを修正

Az.NotificationHubs

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.OperationalInsights

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.PowerBIEmbedded

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.RecoveryServices

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。
  • Azure VM で SQL のテーブル形式を更新しました
  • AzureFileShare で場所をフェッチするよう代替の方法を追加しました
  • タイムゾーンに従って SchedulePolicy オブジェクトの ScheduleRunDays を更新しました

Az.RedisCache

  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。

Az.Resources

  • ワイルドカードのドキュメントを修正

Az.Sql

  • Monitor SDK の依存関係が一般的なコードに置き換えられます
  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。
  • 複数列の分類のプロセスを強化しました。
  • Get-AzSqlServerServiceObjective からの応答に sku プロパティ (sku 名、ファミリ、容量) を含め、既定でテーブルとして書式設定されるようにしました。
  • リージョン内に既存のサーバーを必要としない場所別の Get-AzSqlServerServiceObjective 機能。
  • Managed Instance 作成でのタイム ゾーン パラメーターのサポート。
  • ワイルドカードのドキュメントを修正

Az.Websites

  • 実行時にタグを削除しないように Set-AzWebApp と Set-AzWebAppSlot を修正
  • コマンドレットを複数形名詞から単数形に更新し、複数形名詞が非推奨になりました。
  • WebSites SDK を更新しました。
  • PSAppServicePlan から AdminSiteName プロパティを削除しました。

1.7.0 - 2019 年 4 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Az.Compute および Az.Network 用の Get コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加
  • Az.LogicApp:統合アカウント アセンブリとバッチ構成用の新しいコマンドレット

Az.Accounts

  • AzureAnalysisServicesEndpointResourceId パラメーターを受け取るように、Add-AzEnvironment および Set-AzEnvironment を更新しました

Az.AnalysisServices

  • データプレーン コマンドレットで ServiceClient の使用と、元の認証ロジックの削除
  • Add-AzureASAccount を Connect-AzAccount のラッパーとし、破壊的変更を回避しました

Az.Automation

  • New-AzAutomationSoftwareUpdateConfiguration コマンドレットのインクルージョンのバグを修正しました。 IncludedKbNumber パラメーターと IncludedPackageNameMask パラメーターが機能するようになりました。
  • Azure Automation Update Management の動的グループのバグを修正しました

Az.Compute

  • HyperVGeneration パラメーターを New-AzDiskConfig と New-AzSnapshotConfig に追加しました
  • 他のテナントのギャラリー イメージを使用して VM を作成できるようになりました。

Az.ContainerInstance

  • 末尾の空の引数に追加される、New-AzContainerGroup の -Command パラメーターに関する問題を修正しました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 3.0.2 に更新しました
  • Set-AzDataFactoryV2 コマンドレットを更新し、RepoConfiguration 関連の設定用のパラメーターを追加しました。

Az.Resources

  • "-ResourceId" パラメーターまたは "-ResourceGroupName"、"-Name"、および "-ResourceType" パラメーターを指定するときに、"Get-AzResource" のプロバイダーの処理を改善しました
  • "Test-AzDeployment" と "Test-AzResourceGroupDeployment" のエラー処理を改善しました
  • スクリプトおよびジョブ シナリオでプロンプトをスキップするように、一連のデプロイ コマンドレットに "-IgnoreDynamicParameters" スイッチ パラメーターを追加しました

Az.Sql

  • データベースのデータ分類をサポートしました。

Az.Storage

  • -UseConnectedAccount パラメーターを使用してストレージ コンテキストを作成する場合、Azure アカウントへのログインなしでも詳細なエラーが報告されます
    • New-AzStorageContext
  • 管理プレーン API を使用して、指定したストレージ アカウントの Blob service プロパティの管理がサポートされました
    • Update-AzStorageBlobServiceProperty
    • Get-AzStorageBlobServiceProperty
    • Enable-AzStorageBlobDeleteRetentionPolicy
    • Disable-AzStorageBlobDeleteRetentionPolicy
  • -AsJob で、BLOB とファイルのアップロード/ダウンロード コマンドレットがサポートされました
    • Get-AzStorageBlobContent
    • Set-AzStorageBlobContent
    • Get-AzStorageFileContent
    • Set-AzStorageFileContent

1.6.0 - 2019 年 3 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Az.Compute および Az.Network 用の Get コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加
  • Az.LogicApp:統合アカウント アセンブリとバッチ構成用の新しいコマンドレット

Az.Automation

  • Azure Automation の更新プログラム管理が次の新機能をサポートするように変更されました。
    • 動的なグループ化
    • プリ/ポスト スクリプト
    • 再起動設定

Az.Compute

  • Get-AzVmBootDiagnosticsData のパス解決の問題を修正しました
  • Compute クライアント ライブラリを 25.0.0 に更新しました

Az.KeyVault

  • KeyVault コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加しました

Az.Network

  • Azure Firewall 用の脅威インテリジェンスのサポートを追加しました
  • Application Gateway ファイアウォール ポリシーの最上位レベルのリソースとカスタム規則を追加しました
  • Azure Firewall ネットワークおよびアプリケーション ルール コレクションにアラート アクションの種類を追加します
  • Application Gateway での RewriteRules の条件のサポートを追加しました
    • 追加された新しいコマンドレットは次のとおりです。
      • New-AzApplicationGatewayRewriteRuleCondition
    • コマンドレットを更新して省略可能なパラメーター (RuleSequence と Condition) を付加しました
      • New-AzApplicationGatewayRewriteRule

Az.RecoveryServices

  • インスタント RP をサポートするために Azure VM ポリシーに SnapshotRetentionInDays を追加しました
  • コンテナーの登録解除用にパイプ サポートを追加しました

Az.Resources

  • Get-AzResource と Get-AzResourceGroup のワイルドカードのサポートを更新
  • ARM へのジェネリック呼び出しを行うときに使用される資格情報を更新

Az.Sql

  • 新しい DetectionTypes が追加されたときの将来の保証と、オートコンプリートのサポートのために、脅威検出のコマンドレット パラメーター (ExcludeDetectionType) を DetectionType から string[] に変更しました。
  • Server と Managed Instance に脆弱性評価コマンドレットを追加します

Az.Storage

  • ストレージ アカウントで管理の取得/設定/削除ポリシーをサポート
    • Set-AzStorageAccountManagementPolicy
    • Get-AzStorageAccountManagementPolicy
    • Remove-AzStorageAccountManagementPolicy
    • Add-AzStorageAccountManagementPolicyAction
    • New-AzStorageAccountManagementPolicyFilter
    • New-AzStorageAccountManagementPolicyRule

Az.Websites

  • 'New-AzWebApp -IncludeSourceWebAppSlots' を使用してすべてのスロットの複製を中断させる ARM テンプレート バグを修正

1.5.0 - 2019 年 3 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Az.Compute および Az.Network 用の Get コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加
  • Az.LogicApp:統合アカウント アセンブリとバッチ構成用の新しいコマンドレット

Az.Accounts

  • AutoRest で生成されたコマンドレットをサポートするために、"Register-AzModule" コマンドを追加しました
  • Connect-AzAccount の例を更新しました

Az.Automation

  • 複数の Azure Automation コマンドレットで特定の月ごとのスケジュール取得する際の問題を修正しました
  • Get-AzAutomationDscNode で上位 20 個のノードのみが返される問題を修正しました。 現在はすべてのノードが返されるようになりました

Az.Cdn

  • カスタム ドメイン HTTPS を有効/無効にする新しい PowerShell コマンドレットを追加し、古いコマンドレットを非推奨にしました

Az.Compute

  • Get コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加しました

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 3.0.1 に更新しました

Az.LogicApp

  • ListWorkflows で結果の最初のページのみが取得される問題を修正しました

Az.Network

  • Network コマンドレットにワイルドカードのサポートを追加しました

Az.RecoveryServices

  • Azure VM での SQL Server のサポートを追加しました
  • SDK の更新
  • Get-ProtectableItem で VMappContainer チェックを削除しました
  • Get-ProtectableItem のパラメーターとして Name と ServerName を追加しました

Az.Resources

Az.Sql

  • AuditingEndpointsCommunicator を更新しました。
    • 新しい診断設定を作成する際のエッジ ケースの動作を修正しました。

Az.Storage

  • New-AzStorageAccount で Storage アカウントを作成する場合に、BlockBlobStorage タイプを使用できるようになりました

1.4.0 - 2019 年 2 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加
  • Az.LogicApp:統合アカウント アセンブリとバッチ構成用の新しいコマンドレット

Az.AnalysisServices

  • AddAzureASAccount コマンドレットを非推奨にしました

Az.Automation

  • Import-AzAutomationDscNodeConfiguration のヘルプを更新しました
  • Import-AzAutomationDscConfiguration コマンドレットに構成名検証を追加しました
  • Import-AzAutomationDscConfiguration コマンドレットのエラー処理を改善しました

Az.CognitiveServices

  • New-AzCognitiveServicesAccount の新しい省略可能なパラメーターとして CustomSubdomainName を追加しました。これはリソースのサブドメインを指定するために使用します。

Az.Compute

  • ID パラメーター セットに関する問題を修正しました
  • Name パラメーターが指定されていない場合に、インストールされているすべての拡張機能を一覧表示するように Get-AzVMExtension を更新しました
  • Update-AzImage コマンドレットに Tag パラメーターと ResourceId パラメーターを追加しました
  • Get-AzVmssVM にインスタンス ID を指定せず、InstanceView を使用すると、インスタンス ビューで VMSS VM を一覧表示できます。

Az.DataLakeStore

  • ADL で削除された項目を列挙して復元するコマンドレットを追加しました

Az.EventHub

  • EventHub の CaptureDescription クラス内で空のアーカイブをスキップするための新しいブール値プロパティ SkipEmptyArchives を追加しました

Az.KeyVault

  • Set-AzKeyVaultSecret のタグ付けを修正しました

Az.LogicApp

  • 統合アカウントに Basic SKU を追加しました
  • XSLT 2.0、XSLT 3.0、および Liquid マップの種類を追加しました
  • 統合アカウント アセンブリ用の新しいコマンドレット
    • Get-AzIntegrationAccountAssembly
    • New-AzIntegrationAccountAssembly
    • Remove-AzIntegrationAccountAssembly
    • Set-AzIntegrationAccountAssembly
  • 統合アカウント バッチ構成用の新しいコマンドレット
    • Get-AzIntegrationAccountBatchConfiguration
    • New-AzIntegrationAccountBatchConfiguration
    • Remove-AzIntegrationAccountBatchConfiguration
    • Set-AzIntegrationAccountBatchConfiguration
  • Logic Apps SDK をバージョン 4.1.0 に更新しました

Az.Monitor

  • Get-AzMetric のヘルプを更新しました

Az.Network

  • Add-AzApplicationGatewayCustomError のヘルプの例を更新しました

Az.OperationalInsights

  • ApplicationInsights のデータ ソースを新規作成および取得するためのサポートを追加しました。
    • 指定のワークスペースについて、特定またはすべての ApplicationInsights データ ソースを取得できるようにする、新しい "ApplicationInsights" の種類を追加しました。
    • ApplicationInsights のリソース パラメーター (サブスクリプション ID、resourceGroupName、および名前) を指定してデータ ソースを作成するための New-AzOperationalInsightsApplicationInsightsDataSource コマンドレットを追加しました。

Az.Resources

Az.Sql

  • SQL DB のハイパースケール レベルのサポートを追加しました
  • 復元要求で不要なプロパティを設定したことによって復元が失敗する可能性が生じるバグを修正しました

Az.Websites

  • Get-AzWebAppSlotMetrics の例を修正しました

1.3.0 - 2019 年 2 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加

Az.Accounts

  • ClientRuntime を最新バージョンに更新

Az.AnalysisServices

Az.AnalysisServices モジュールを一般公開

Az.Compute

  • AEM 拡張機能:UltraSSD と、P60、P70、P80 のディスクのサポートを追加
  • Set-AzVMBootDiagnostics のヘルプの説明を更新
  • Update-AzImage のヘルプの説明と例を更新

Az.RecoveryServices

Az.RecoveryServices モジュールを一般公開

Az.Resources

Az.Sql

  • Get/Set-AzSqlDatabaseBackupShortTermRetentionPolicy を追加
  • SQL コマンドレットの実行時に Azure アカウントにログインしていない場合は nullref 例外が発生する問題を修正
  • Get-AzSqlCapability の null ref 例外を修正

1.2.1 - 2019 年 1 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加

Az.Accounts

  • 正しいバージョンの認証によるリリース

Az.AnalysisServices

  • 認証の依存関係の更新によるリリース

Az.RecoveryServices

  • 認証の依存関係の更新によるリリース

1.2.0 - 2019 年 1 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。
  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • Az.Automation の Python 2 Runbook のサポートを追加

Az.Accounts

  • Windows PowerShell 5.1 のみにユーザー名/パスワードの対話型認証を追加
  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新
  • Uninstall-AzureRm 用に PowerShell Core の警告メッセージを追加

Az.Aks

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Automation

  • Python 2 Runbook のサポートを追加
  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Cdn

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Compute

  • Invoke-AzVMReimage コマンドレットを追加
  • TempDisk パラメーターを Set-AzVmss に追加
  • New-AzVM の警告メッセージを修正

Az.ContainerRegistry

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.DataFactory

  • ADF .Net SDK のバージョンを 3.0.0 に更新

Az.DataLakeStore

Az.IotHub

  • エンコード形式を Add-IotHubRoutingEndpoint コマンドレットに追加

Az.KeyVault

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Network

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Resources

Az.ServiceFabric

  • 証明書が VMSS モデルに追加されたときにロールバックするが、例外がスローされるのはバグの修正のためである: https://github.com/Azure/service-fabric-issues/issues/932
  • 一部のエラー メッセージを修正
  • Az への移行を扱っていなかった New-AzServiceFabriCluster で、既定の ARM テンプレートを使用したクラスターの作成を修正
  • 拡張機能でクラスター ID をチェックすることで、クラスターに対応する VM Scale Sets のみに追加するように、クラスター/アプリケーション証明書の追加を修正

Az.SignalR

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Sql

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新
  • LicenseType パラメーターの説明の使用可能な値を更新
  • 更新されるプロパティが マネージド インスタンス ID のみである場合は動作しないように、マネージド インスタンス ID の更新を修正
  • マネージド インスタンスでカスタム照合順序をサポート

Az.Storage

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新
  • Premium Storage アカウントではクラシック ログ/メトリックをサポートしていないため、Premium Storage アカウントでクラシック ログ/メトリックを取得または設定するときの詳細エラー メッセージを付与
    • Get/Set-AzStorageServiceLoggingProperty
    • Get/Set-AzStorageServiceMetricsProperty

Az.TrafficManager

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新

Az.Websites

  • 誤ったオンライン ヘルプの URL を更新
  • アプリが ASE にホストされている場合に正しいリソース グループと場所に証明書をアップロードするように、'New-AzWebAppSSLBinding' を修正
  • SSL 証明書をアプリにバインドするときにタグを上書きしないように、'New-AzWebAppSSLBinding' を修正

1.1.0 - 2019 年 1 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。

Az.Accounts

  • "ローカル" スコープを Enable-AzureRmAlias に追加

Az.Compute

  • 名前が Restart/Start/Stop/Remove/Set-AzVM および Save-AzVMImage の ID パラメーター セットで省略可能になりました。
  • ヘルプ ファイル内の ID の説明が更新されました
  • Az.Accounts モジュールの下位互換性の問題を修正しました

Az.DataLakeStore

  • SDK の修正のために、データプレーンの sdk のバージョンを 1.1.14 に更新しました。
    • getfilestatus と liststatus の負の acesstime と modificationtime の処理を修正し、非同期キャンセル トークンを修正しました

Az.EventGrid

  • 2019-01-01 API バージョンを使用するように更新しました。
  • 2019-01-01 API バージョンで新しいシナリオをサポートするように次のコマンドレットを更新
    • New-AzEventGridSubscription: 次を指定する新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • イベントの Time-To-Live
      • イベントの配信試行の最大数
      • 配信不能エンドポイント
    • Update-AzEventGridSubscription: 次を指定する新しい省略可能なパラメーターを追加します。
      • イベントの Time-To-Live
      • イベントの配信試行の最大数
      • 配信不能エンドポイント
  • New-AzEventGridSubscription および Update-AzEventGridSubscription コマンドレットの EndpointType オプション用の新しい列挙型の値 (つまり storageQueue と hybridConnection) を追加します。
  • イベント サブスクリプションの作成または更新にユーザーからの手動のアクションが必要になると想定される場合、警告メッセージを表示します。

Az.IotHub

  • IotHub SDK の最新バージョンに更新しました

Az.LogicApp

  • Get-AzLogicApp によって指定された名前なしですべてが一覧表示されます

Az.Resources

  • 'Get-AzResource' 用の '-ODataQuery' および '-ResourceId' パラメーターを指定するときのパラメーター セットの問題を修正しました
  • New/Set-AzPolicyDefinition での -Custom パラメーターの処理を修正しました
  • New-AzDeployment ドキュメントのタイポを修正しました
  • 'New-AzADUser' に '-MailNickname' パラメーターが必須となりました

Az.SignalR

  • Az.Accounts モジュールの下位互換性の問題を修正しました

Az.Sql

  • ストレージ管理のクライアント依存関係が、一般的な SDK 実装に変換されました。

Az.Storage

  • ストレージ コンテキストの StorageAccountName が Sas Token、OAuth、または Anonymous と共に作成された場合、これを実際のストレージ アカウント名として設定します
    • New-AzStorageContext
  • '-FullUri' パラメーターを持つ BLOB スナップショット オブジェクトの Sas トークンを作成し、返された Uri がスナップショット Uri となるように修正しました
    • New-AzStorageBlobSASToken

Az.Websites

  • 'Get-AzDeletedWebApp' のバグ解析日を修正しました
  • Az.Accounts モジュールの下位互換性の問題を修正しました

バージョン 1.0.0 - 2018 年 12 月

前回のメジャー リリース以降のハイライト

  • Az モジュールの一般提供
  • Az モジュールの詳細については、次のリンクを参照してください。 https://aka.ms/azps-announce
  • Location、ResourceGroup、ResourceName completers を追加しました。