Share via


Export-CMCollection

コレクションをエクスポートします。

構文

Export-CMCollection
      [-ExportComment <String>]
      -ExportFilePath <String>
      [-Force]
      -Name <String>
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Export-CMCollection
      -CollectionId <String>
      [-ExportComment <String>]
      -ExportFilePath <String>
      [-Force]
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Export-CMCollection
      [-ExportComment <String>]
      -ExportFilePath <String>
      [-Force]
      -InputObject <IResultObject>
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]

説明

コレクション オブジェクトをマネージド オブジェクト形式 (.mof) ファイルに保存するには、このコマンドレットを使用します。

その後、同じサイトまたは別のConfiguration Manager サイトにインポートできます。 このエクスポート/インポート プロセスを使用して、カスタム コレクションをバックアップしたり、開発ライフサイクルに使用したりできます。 たとえば、ラボ環境で新しいコレクションを開発します。 テスト環境からコレクションをエクスポートし、運用環境階層にインポートします。

詳細については、「Configuration Managerでコレクションを管理する方法」を参照してください。

注:

Configuration Manager サイト ドライブからConfiguration Managerコマンドレットを実行します (例: PS XYZ:\>)。 詳細については、「作業の 開始」を参照してください。

例 1: 名前でコレクションをエクスポートする

このコマンドは、 testUser という名前のコレクションを collection.mof という名前のファイルにエクスポートします。

Export-CMCollection -Name "testUser" -ExportFilePath "C:\collection.mof"

例 2: すべてのコレクションをエクスポートする

この例では、最初に Get-CMCollection コマンドレットを使用してすべてのコレクションを取得し、 allColl 変数に格納します。 その後、各コレクションをループし、別のファイルにエクスポートします。 コレクション名 ($coll.Name) をファイル名として使用します。

$allColl = Get-CMCollection

foreach ( $coll in $allcoll ) {
  Export-CMCollection -InputObject $coll -ExportFilePath "D:\Export\Collections\$($coll.Name).mof"
}

パラメーター

-CollectionId

エクスポートするコレクションの ID を指定します。 この値は CollectionID プロパティです (例: XYZ00012)。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DisableWildcardHandling

このパラメーターは、ワイルドカード文字をリテラル文字の値として扱います。 ForceWildcardHandling と組み合わせることはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ExportComment

MOF ファイル内のエクスポートされたコレクションの省略可能なコメントを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ExportFilePath

エクスポート ファイルの完全パスを指定します。 ファイル拡張子 .mofを含めます。

Type:String
Aliases:FileName, FilePath, Path
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Force

確認を求めずにコマンドを実行します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ForceWildcardHandling

このパラメーターはワイルドカード文字を処理し、予期しない動作が発生する可能性があります (推奨されません)。 DisableWildcardHandling と組み合わせることはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-InputObject

エクスポートするコレクション オブジェクトを指定します。 このオブジェクトを取得するには、 Get-CMCollectionGet-CMDeviceCollection、または Get-CMUserCollection コマンドレットを 使用します。

Type:IResultObject
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

エクスポートするコレクションの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

Microsoft.ConfigurationManagement.ManagementProvider.IResultObject

出力

System.Object