Set-CMSiteSystemServer

サイト システム サーバーの役割を構成します。

構文

Set-CMSiteSystemServer
   [-AccountName <String>]
   [-EnableProxy <Boolean>]
   [-FdmOperation <Boolean>]
   -InputObject <IResultObject>
   [-PassThru]
   [-ProxyAccessAccount <IResultObject>]
   [-ProxyServerName <String>]
   [-ProxyServerPort <UInt32>]
   [-PublicFqdn <String>]
   [-UseSiteServerAccount]
   [-DisableWildcardHandling]
   [-ForceWildcardHandling]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-CMSiteSystemServer
   [-AccountName <String>]
   [-EnableProxy <Boolean>]
   [-FdmOperation <Boolean>]
   [-PassThru]
   [-ProxyAccessAccount <IResultObject>]
   [-ProxyServerName <String>]
   [-ProxyServerPort <UInt32>]
   [-PublicFqdn <String>]
   [-SiteCode <String>]
   [-SiteSystemServerName] <String>
   [-UseSiteServerAccount]
   [-DisableWildcardHandling]
   [-ForceWildcardHandling]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを使用して、サイト システム サーバーの役割を構成します。 サイト システムの役割を持つサーバーは、Configuration Manager サイトの 1 つ以上の他の役割をホストします。

特定のサイト システムの役割を構成するには、次のいずれかのコマンドレットを使用します。

注:

Configuration Manager サイト ドライブからConfiguration Managerコマンドレットを実行します (例: PS XYZ:\>)。 詳細については、「作業の 開始」を参照してください。

例 1: サイト システム サーバーを変更する

このコマンドは、最初に Get-CMSiteSystemServer コマンドレットを使用して 、Server2.contoso.com のサイト システム サーバー オブジェクトを取得します。 次に、パイプライン演算子を使用して、サーバーを構成する Set-CMSiteSystemServer にオブジェクトを渡します。 サーバーに FQDN を追加し、 ProxyServer1 という名前のプロキシ サーバーを使用して、ポート 80 を使用してインターネットに接続できるようにします。

Get-CMSiteSystemServer -Name "Server2.contoso.com" -SiteCode "MP5" | Set-CMSiteSystemServer -PublicFqdn "Internetsrv2New.contoso.com" -FdmOperation $False -AccountName "contoso\cmsvc" -EnableProxy $True -ProxyServerName "ProxyServer1" -ProxyServerPort 80 -ProxyAccessAccount (Get-CMAccount "contoso\proxysvc") -PassThru

パラメーター

-AccountName

このサイト システムをインストールするためのアカウントと、サイト サーバーからのすべての接続に使用されるアカウントを指定します。 詳細については、「 サイト システムのインストール アカウント」を参照してください。

サイト サーバーのコンピューター アカウントを使用するには、 UseSiteServerAccount パラメーターを使用します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DisableWildcardHandling

このパラメーターは、ワイルドカード文字をリテラル文字の値として扱います。 ForceWildcardHandling と組み合わせることはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EnableProxy

インターネットから情報を同期するときにプロキシ サーバーを使用するには、サイト システムに対してこのパラメーターを に $true 設定します。

このオプションを有効にする場合は、次のパラメーターも構成します。

  • ProxyServerName
  • ProxyServerPort
  • ProxyAccessAccount
Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-FdmOperation

サイト サーバーがこのサイト システムへの接続を開始するように要求するには、このパラメーター $true を に設定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ForceWildcardHandling

このパラメーターはワイルドカード文字を処理し、予期しない動作が発生する可能性があります (推奨されません)。 DisableWildcardHandling と組み合わせることはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-InputObject

構成するサイト システム サーバー オブジェクトを指定します。 このオブジェクトを取得するには、 Get-CMSiteSystemServer コマンドレットを使用します。

Type:IResultObject
Aliases:SiteSystemServer
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-PassThru

このパラメーターを追加して、作業中のアイテムを表すオブジェクトを返します。 既定では、このコマンドレットは出力を生成しない場合があります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ProxyAccessAccount

EnableProxy を に設定した$true場合は、このパラメーターを使用してアカウント オブジェクトを指定します。 サイト システムは、これらの資格情報を使用してプロキシ サーバーに対する認証を行います。 このアカウント オブジェクトを取得するには、 Get-CMAccount コマンドレットを 使用します。

Type:IResultObject
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ProxyServerName

EnableProxy を に設定した$true場合は、このパラメーターを使用してプロキシ サーバーの名前を指定します。 このパラメーターは、次の種類の値を受け入れます。

  • 完全修飾ドメイン名 (FQDN)
  • ホスト名
  • IPv4 または IPv6 アドレス
Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ProxyServerPort

EnableProxy を に設定した$true場合は、このパラメーターを使用してプロキシ サーバーのポート番号を指定します。

Type:UInt32
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PublicFqdn

インターネットで使用するサイト システムの FQDN を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SiteCode

このサイト システムのサイト コードを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SiteSystemServerName

構成するサイト システム サーバーの名前を指定します。

Type:String
Aliases:Name, ServerName
Position:0
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-UseSiteServerAccount

サイト サーバーのコンピューター アカウントを使用してこのサイト システムをインストールするには、このパラメーターを追加します。 詳細については、「 サイト システムのインストール アカウント」を参照してください。

別のアカウントを使用するには、 UseSiteServerAccount パラメーターを 使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

Microsoft.ConfigurationManagement.ManagementProvider.IResultObject

出力

IResultObject