Get-DistributionGroupMember

このコマンドレットは、オンプレミスの Exchange およびクラウド ベースのサービスで使用できます。 一部のパラメーターおよび設定は、いずれかの環境専用となっている場合があります。

配布グループとメールが有効なセキュリティ グループのメンバーを表示するには、Get-DistributionGroupMember コマンドレットを使用します。

以下の構文セクションのパラメーター セットの詳細については、「Exchangeのコマンドレット構文」を参照してください。

構文

Get-DistributionGroupMember
   [-Identity] <DistributionGroupMemberIdParameter>
   [-Credential <PSCredential>]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-IgnoreDefaultScope]
   [-IncludeSoftDeletedObjects]
   [-ReadFromDomainController]
   [-ResultSize <Unlimited>]
   [<CommonParameters>]

説明

組織に複数の Active Directory ドメインがある場合は、Get-DistributionGroupMember コマンドレットを実行してフォレスト全体を表示する前に、ViewEntireForest パラメーターを $true に設定してSet-ADServerSettings コマンドレットを実行する必要がある場合があります。 詳細については、例 2 を参照してください。

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。

例 1

Get-DistributionGroupMember -Identity "Marketing USA"

この例では、Marketing USA という名前の既存の配布グループのメンバーを返します。

例 2

Set-ADServerSettings -ViewEntireForest $true
Get-DistributionGroupMember -Identity "Marketing Worldwide"

次の使用例は、Set-ADServerSettings コマンドレットを実行してフォレスト全体に検索のスコープを設定し、Get-DistributionGroupMember コマンドレットは、Marketing Worldwide 配布グループ内の配布グループ メンバーについてフォレスト全体を検索します。

パラメーター

-Credential

Credential パラメーターは、このコマンドの実行に使用されるユーザー名とパスワードを指定します。 通常、このパラメーターはスクリプトや、必要なアクセス許可を持つ別の資格情報を入力する必要がある場合に使用します。

このパラメーターの値には、Get-Credential コマンドレットが必要です。 このコマンドを一時停止し、資格情報の入力を求めるメッセージを表示するには、値(Get-Credential)を使用します。 または、このコマンドを実行する前に、資格情報を変数 (たとえば、$cred = Get-Credential) に保存し、このパラメーターに変数名 ($cred) を使用します。 詳細については、Get-Credentialに関するページをご覧ください。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-DomainController

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

DomainController パラメーターは、このコマンドレットで Active Directory からのデータの読み取りまたは Active Directory へのデータの書き込みに使用されるドメイン コントローラーを指定します。 ドメイン コントローラーは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) で識別します。 たとえば、dc01.contoso.com です。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-Identity

Identity パラメーターは、配布グループまたはメールが有効なセキュリティ グループを指定します。 グループを一意に識別する任意の値を使用できます。 例:

  • 名前
  • Alias
  • 識別名 (DN)
  • 正規 DN
  • 電子メール アドレス
  • GUID
Type:DistributionGroupMemberIdParameter
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-IgnoreDefaultScope

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

IgnoreDefaultScope スイッチは、Exchange PowerShell セッションに対する受信者の範囲の既定の設定を無視し、フォレスト全体を範囲として使用するようにコマンドに指示します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチを使用すると、コマンドは、既定の範囲では現在使用できない Active Directory オブジェクトにアクセスできますが、次の制限もあります。

  • DomainController パラメーターは使用できません。 このコマンドは、適切なグローバル カタログ サーバーを自動的に使用します。
  • Identity パラメーターの DN しか使用できません。 エイリアスや GUID などの他の形式の ID は使用できません。
Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-IncludeSoftDeletedObjects

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

IncludeSoftDeletedGroups スイッチは、論理的に削除されたグループ メンバーを結果に含めるかどうかを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

論理的に削除されたグループ メンバーは、回復可能なMicrosoft 365 グループまたはメールボックスに削除されます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online, Exchange Online Protection

-ReadFromDomainController

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

ReadFromDomainController スイッチは、情報がユーザーのドメインのドメイン コントローラーから読み取られることを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

コマンド: Set-AdServerSettings -ViewEntireForest $true フォレスト内のすべてのオブジェクトを含めるには、ReadFromDomainController スイッチが必要です。 それ以外の場合、コマンドは、古い情報を含むグローバル カタログを使用する可能性があります。 また、情報を取得するには、ReadFromDomainController スイッチを使用してコマンドの繰り返しを複数回実行する必要がある場合があります。

既定では、受信者の範囲は、Exchange サーバーをホストするドメインに設定されています。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-ResultSize

ResultSize パラメーターは、返される結果の最大数を指定します。 クエリに一致するすべてのリクエストを返す場合は、このパラメーターの値に unlimited を使用します。 既定値は 1,000 です。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

入力

Input types

このコマンドレットに使用できる入力の種類を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 コマンドレットで入力の種類のフィールドが空白の場合、そのコマンドレットには入力データを指定できません。

出力

Output types

このコマンドレットに使用できる戻り値の型 (出力の種類) を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 出力の種類のフィールドが空白の場合、コマンドレットはデータを返しません。