Set-Group

このコマンドレットは、オンプレミスの Exchange およびクラウド ベースのサービスで使用できます。 一部のパラメーターおよび設定は、いずれかの環境専用となっている場合があります。

グループ オブジェクトの設定を変更するには、Set-Group コマンドレットを使用します。 グループがメールが有効なセキュリティ グループまたは配布グループの場合は、Set-DistributionGroup コマンドレットを使用して、Set-Group コマンドレットを使用して使用できない他のMicrosoft Exchange 設定を変更できます。

以下の構文セクションのパラメーター セットの詳細については、「Exchangeのコマンドレット構文」を参照してください。

構文

Set-Group
   [-Identity] <GroupIdParameter>
   [-BypassSecurityGroupManagerCheck]
   [-Confirm]
   [-Description <MultiValueProperty>]
   [-DisplayName <String>]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-IgnoreDefaultScope]
   [-IsHierarchicalGroup <Boolean>]
   [-ManagedBy <GeneralRecipientIdParameter[]>]
   [-Name <String>]
   [-Notes <String>]
   [-PhoneticDisplayName <String>]
   [-SeniorityIndex <Int32>]
   [-SimpleDisplayName <String>]
   [-Universal]
   [-WhatIf]
   [-WindowsEmailAddress <SmtpAddress>]
   [<CommonParameters>]

説明

Set-Group コマンドレットを使用して、動的配布グループを変更することはできません。 動的配布グループを変更するには、Set-DynamicDistributionGroup コマンドレットを使用します。

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。

例 1

Set-Group -Identity "Legal Department" -Universal -Notes "verified"

この例は、以下の変更を Legal Department という既存のグローバル セキュリティ グループに適用します。

グループのスコープをユニバーサルに変更します。

Notes パラメーターの確認済みの値を追加します。

例 2

Set-Group -Identity "Human Resources" -IsHierarchicalGroup $true -SeniorityIndex 1

この例は、グループ Human Resources が階層型グループで、そのインデックス番号が 1 であるため、階層内の最後に表示されることを示します。

パラメーター

-BypassSecurityGroupManagerCheck

BypassSecurityGroupManagerCheck スイッチは、グループの所有者ではないユーザーにグループの変更または削除を許可するかどうかを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

グループの ManagedBy プロパティで定義されていない場合は、グループを変更または削除するコマンドでこのスイッチを使用する必要があります。 このスイッチを使用するには、アカウントにグループの種類に基づいて特定のアクセス許可が必要です。

  • 配布グループまたはメールが有効なセキュリティ グループ: 組織の管理役割グループのメンバーであるか、セキュリティ グループの作成とメンバーシップロールが割り当てられている必要があります。
  • 配布グループまたはメールが有効なセキュリティ グループ: ユーザーは Organization Management 役割グループのメンバーであるか、Security Group Creation and Membership の役割が割り当てられている必要があります。
Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-Confirm

Confirm スイッチは、確認プロンプトを表示するか非表示にするかを指定します。 このスイッチがコマンドレットにどのような影響を与えるかは、先に進む前にコマンドレットで確認が必要となるかどうかで決まります。

  • 破壊的なコマンドレット (Remove-* コマンドレットなど) には、続行する前にコマンドの確認を強制する組み込みの一時停止があります。 これらのコマンドレットでは、正確な構文-Confirm:$falseを使用して、確認プロンプトを省略できます。
  • 他のほとんどのコマンドレット (New-* コマンドレットや Set-* コマンドレットなど) には、一時停止が組み込まれています。 これらのコマンドレットの場合、値なしで Confirm スイッチを指定すると、先に進む前に、一時停止してコマンドを確認する必要があります。
Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-Description

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill Description Description }}

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-DisplayName

DisplayName パラメーターは、グループの表示名を指定します。 表示名は、Exchange 管理センターとアドレス一覧に表示されます。 最大の長さは 256 文字です。 値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

このパラメーターは、グループがメール対応の場合にのみ意味があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-DomainController

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

DomainController パラメーターは、このコマンドレットで Active Directory からのデータの読み取りまたは Active Directory へのデータの書き込みに使用されるドメイン コントローラーを指定します。 ドメイン コントローラーは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) で識別します。 たとえば、dc01.contoso.com です。

DomainController パラメーターは、エッジ トランスポート サーバーではサポートされません。 エッジ トランスポート サーバーは、Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) のローカル インスタンスを使用してデータの読み書きを行います。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-Identity

Identity パラメーターは、変更するグループを指定します。 グループを一意に識別する任意の値を使用できます。 例:

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • 正規 DN
  • GUID
Type:GroupIdParameter
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-IgnoreDefaultScope

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

IgnoreDefaultScope スイッチは、Exchange PowerShell セッションに対する受信者の範囲の既定の設定を無視し、フォレスト全体を範囲として使用するようにコマンドに指示します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチを使用すると、コマンドは、既定の範囲では現在使用できない Active Directory オブジェクトにアクセスできますが、次の制限もあります。

  • DomainController パラメーターは使用できません。 このコマンドは、適切なグローバル カタログ サーバーを自動的に使用します。
  • Identity パラメーターの DN しか使用できません。 エイリアスや GUID などの他の形式の ID は使用できません。
Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-IsHierarchicalGroup

IsHierarchicalGroup パラメーターは、グループが階層型アドレス帳の一部であるかどうかを指定します。 有効な値は $true または $false です。 既定値は $false です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-ManagedBy

ManagedBy パラメーターは、グループの所有者を指定します。 グループには、最低 1 人の所有者が必要です。 このパラメーターを使用してグループの作成時に所有者を指定しない場合、グループを作成したユーザー アカウントが所有者になります。 グループ所有者は、次のことが可能です。

  • ManagedBy パラメーターには、グループの所有者を指定します。グループには、最低 1 人の所有者が必要です。グループの作成時に、このパラメーターを使用せずに所有者を指定した場合、そのグループを作成したユーザー アカウントはその所有者です。グループの所有者は、次の操作を実行できます。
  • グループのプロパティを変更する
  • グループのメンバーを追加または削除する
  • グループを削除する
  • メンバーの退会要求または参加要求を承認する (可能な場合)

このパラメーターに指定する所有者は、メールボックス、メール ユーザー、またはメールが有効なセキュリティ グループ (アクセス許可を割り当てることができるメールが有効なセキュリティ プリンシパル) である必要があります。 所有者を一意に識別する、任意の値を使用できます。 以下に例を示します。

  • 名前
  • Alias
  • 識別名 (DN)
  • 正規 DN
  • Domain\Username
  • 電子メール アドレス
  • GUID
  • LegacyExchangeDN
  • SamAccountName
  • ユーザー ID またはユーザー プリンシパル名 (UPN)

複数の所有者を入力し、既存のすべてのエントリを上書きするには、次の構文を使用します。 Owner1,Owner2,...OwnerN 値にスペースが含まれている場合、または引用符が必要な場合は、次の構文を使用します。 "Owner1","Owner2",..."OwnerN"

他の既存のエントリに影響を与えずに所有者を追加または削除するには、次の構文を使用します。 @{Add="Owner1","Owner2",...; Remove="Owner3","Owner4"...}

このパラメーターで指定した所有者は、グループ メンバーとして追加されません。 所有者をメンバーとして手動で追加する必要があります。

: 所有者がメールが有効なセキュリティ グループの場合、Outlook でのグループ管理は機能しません。 Outlook でグループを管理するには、所有者がメールボックスまたはメール ユーザーである必要があります。

Type:GeneralRecipientIdParameter[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-Name

Name パラメーターは、グループの一意の名前を指定します。 最大の長さは 64 文字です。 値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-Notes

Notes パラメーターには、オブジェクトに関する追加情報を指定します。 値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-PhoneticDisplayName

PhoneticDisplayName パラメーターは、ユニファイド メッセージング (UM) 環境で音声合成に使用される、ユーザーの名前の代替のスペルを指定します。 一般に、このパラメーターは、ユーザーの名前の発音とスペルが一致しない場合に使用します。 最大の長さは 256 文字です。 値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-SeniorityIndex

SeniorityIndex パラメーターには、このグループが階層型アドレス帳に表示される順番を指定します。 値が 2 のグループは、値が 1 のグループよりも上位の順番でアドレス帳に表示されます。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-SimpleDisplayName

SimpleDisplayName パラメーターは、使用できる文字が限定されている場合にオブジェクトの代替説明を表示するために使用されます。 使用できる文字は、次のとおりです。

  • a から z
  • A ~ Z
  • 0 - 9
  • スペース
  • " ' ( ) + , - . / : ?

このパラメーターは、グループがメール対応の場合にのみ意味があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-Universal

ユニバーサル スイッチは、グループのスコープを Global または DomainLocal から Universal に変更します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-WhatIf

WhatIf スイッチは、コマンドの操作をシミュレートします。 このスイッチを使用すると、実際にその変更内容を適用せずに、発生する変更を確認できます。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

-WindowsEmailAddress

WindowsEmailAddress パラメーターは、この受信者の Windows 電子メール アドレスを指定します。 これは、すべての環境 (Exchange のない環境を含む) に存在する共通の Active Directory 属性です。 WindowsEmailAddress パラメーターを受信者に対して使用すると、次のいずれかの結果になります。

  • 受信者がメール アドレス ポリシーの対象になる (その受信者に対して EmailAddressPolicyEnabled プロパティが値 True に設定されている) 環境では、WindowsEmailAddress パラメーターは WindowsEmailAddress プロパティまたはプライマリ メール アドレスの値に影響を与えません。
  • 受信者がメール アドレス ポリシーの対象にならない (その受信者に対して EmailAddressPolicyEnabled プロパティが値 False に設定されている) 環境では、WindowsEmailAddress パラメーターは WindowsEmailAddress プロパティおよびプライマリ メール アドレスを同じ値に更新します。

WindowsEmailAddress プロパティは、[Active Directory ユーザーとコンピューター] の受信者に対して [電子メール] 属性で表示されます。 属性の共通名は E-mail-Addresses であり、Ldap-Display-Name は mail です。 この属性を Active Directory で変更した場合、受信者のプライマリ電子メール アドレスは同じ値に更新されません。

Type:SmtpAddress
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online, Exchange Online Protection

入力

Input types

このコマンドレットに使用できる入力の種類を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 コマンドレットで入力の種類のフィールドが空白の場合、そのコマンドレットには入力データを指定できません。

出力

Output types

このコマンドレットに使用できる戻り値の型 (出力の種類) を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 出力の種類のフィールドが空白の場合、コマンドレットはデータを返しません。