次の方法で共有


Disable-ComputerRestore

指定したファイル システム ドライブのシステム復元機能を無効にします。

構文

Disable-ComputerRestore
       [-Drive] <String[]>
       [-WhatIf]
       [-Confirm]
       [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットは Disable-ComputerRestore 、1 つまたは複数のファイル システム ドライブのシステム復元機能をオフにします。 その結果、指定したドライブはコンピューターを復元する際の対象になりません。

ドライブのシステム復元を無効にするには、システム ドライブ上で無効にする必要があります。これは最初にまたは同時に行います。

システム復元を再び有効にするには、Enable-ComputerRestore コマンドレットを使用します。 各ドライブのシステム復元の状態を見つけるには、Rstrui.exe

システムの復元ポイントおよび ComputerRestore コマンドレットは、Windows 7、Windows Vista、Windows XP のようなクライアント オペレーティング システムだけでサポートされています。

例 1: 指定したドライブでシステム復元を無効にする

Disable-ComputerRestore -Drive "C:\"

このコマンドは、C ドライブのシステム復元を無効にします。

例 2: 複数のドライブでシステム復元を無効にする

Disable-ComputerRestore "C:\", "D:\"

このコマンドは、C ドライブおよび D ドライブのシステム復元を無効にします。 このコマンドでは Drive パラメーターが使用されますが、ドライブ パラメーター名は省略されています。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Drive

ファイル システム ドライブを指定します。 1 つ以上のファイル システム ドライブ文字を入力し、その後にコロンと円記号を入力し、C:\ や D: などの引用符で囲みます。 このパラメーターは必須です。

リモート ネットワーク ドライブは、ローカル コンピューターにマップされていてもこのコマンドレットを使用してシステム復元を無効にすることはできません。また、外部ドライブのようにシステム復元の対象にならないドライブのシステム復元を無効にすることはできません。

ドライブのシステム復元を無効にするには、システム ドライブ上でシステム復元を無効にする必要があります。これは事前にまたは同時に行います。

Type:String[]
Position:0
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

None

パイプを使用してこのコマンドレットに入力を渡すことはできません。

出力

None

このコマンドレットは出力を生成しません。

メモ

  • Windows Vista 以降のバージョンの Windows でこのコマンドレットを実行するには、[管理者として実行] オプションを使用して Windows PowerShell を開きます。

    システム復元の対象となるファイル システム ドライブを見つけるには、コントロール パネルのシステムの [システム保護] タブを参照してください。Windows PowerShell でこのタブを開くには、「.」と入力しますSystemPropertiesProtection

    このコマンドレットでは、Windows Management Instrumentation (WMI) SystemRestore クラスを使用します。