Test-Connection

ICMP エコー要求パケット (ping) を 1 つ以上のコンピューターに送信します。

構文

Test-Connection
    [-TargetName] <string[]>
    [-Ping]
    [-IPv4]
    [-IPv6]
    [-ResolveDestination]
    [-Source <string>]
    [-MaxHops <int>]
    [-Count <int>]
    [-Delay <int>]
    [-BufferSize <int>]
    [-DontFragment]
    [-TimeoutSeconds <int>]
    [-Quiet]
    [<CommonParameters>]
Test-Connection
    [-TargetName] <string[]>
    -Repeat
    [-Ping]
    [-IPv4]
    [-IPv6]
    [-ResolveDestination]
    [-Source <string>]
    [-MaxHops <int>]
    [-Delay <int>]
    [-BufferSize <int>]
    [-DontFragment]
    [-TimeoutSeconds <int>]
    [-Quiet]
    [<CommonParameters>]
Test-Connection
    [-TargetName] <string[]>
    -MtuSize
    [-IPv4]
    [-IPv6]
    [-ResolveDestination]
    [-TimeoutSeconds <int>]
    [-Quiet]
    [<CommonParameters>]
Test-Connection
    [-TargetName] <string[]>
    -Traceroute
    [-IPv4]
    [-IPv6]
    [-ResolveDestination]
    [-Source <string>]
    [-MaxHops <int>]
    [-TimeoutSeconds <int>]
    [-Quiet]
    [<CommonParameters>]
Test-Connection
    [-TargetName] <string[]>
    -TcpPort <int>
    [-IPv4]
    [-IPv6]
    [-ResolveDestination]
    [-Source <string>]
    [-TimeoutSeconds <int>]
    [-Quiet]
    [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Test-Connection 、インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) エコー要求パケット (ping) を 1 つ以上のリモート コンピューターに送信し、エコー応答応答を返します。 このコマンドレットを使用して、特定のコンピューターに IP ネットワーク経由で接続できるかどうかを判断できます。

パラメーターを使用して、送信コンピューターと受信コンピューターの Test-Connection 両方を指定したり、コマンドをバックグラウンド ジョブとして実行したり、タイムアウトと ping の数を設定したり、接続と認証を構成したりできます。

使い慣れた ping コマンドとは異なり、 Test-Connection PowerShell で調査できる TestConnectionCommand+PingStatus オブジェクトを返します。 Quiet パラメーターは、テストされた接続ごとに System.Boolean オブジェクトのブール値を返します。 複数の接続がテストされた場合は、 ブール 値の配列が返されます。

例 1: リモート コンピューターにエコー要求を送信する

次の使用例は、ローカル コンピューターから Server01 コンピューターにエコー要求パケットを送信します。

Test-Connection -TargetName Server01 -IPv4

Destination: Server01

Ping Source           Address                   Latency BufferSize Status
                                                   (ms)        (B)
---- ------           -------                   ------- ---------- ------
   1 ADMIN1           10.59.137.44                   24         32 Success
   2 ADMIN1           10.59.137.44                   39         32 Success
   3 ADMIN1           *                               *          * TimedOut
   4 ADMIN1           10.59.137.44                   28         32 Success

Test-Connectionは、TargetName パラメーターを使用して Server01 コンピューターを指定します。 IPv4 パラメーターは、テストのプロトコルを指定します。

一連の TestConnectionCommand+PingStatus オブジェクトが出力ストリームに送信され、ターゲット コンピューターからの ping 応答ごとに 1 つのオブジェクトが送信されます。

例 2: 複数のコンピューターにエコー要求を送信する

次の使用例は、ローカル コンピューターから複数のリモート コンピューターに ping を送信します。

Test-Connection -TargetName Server01, Server02, Server12

例 3: パラメーターを使用してテスト コマンドをカスタマイズする

この例では、パラメーター Test-Connection を使用してコマンドをカスタマイズします。 ローカル コンピューターは、リモート コンピューターに ping テストを送信します。

Test-Connection -TargetName Server01 -Count 3 -Delay 2 -MaxHops 255 -BufferSize 256

Test-Connectionは、TargetName パラメーターを使用して Server01 を指定します。 Count パラメーターは、2 秒間隔の遅延で Server01 コンピューターに 3 つの ping が送信されるように指定します。

これらのオプションは、ホップの数が多いかトラフィックの多いネットワーク条件が原因で、ping 応答が通常よりも長くかかると予想される場合に使用できます。

例 4: バックグラウンド ジョブとしてテストを実行する

この例では、PowerShell バックグラウンド ジョブとしてコマンドを実行 Test-Connection する方法を示します。

$job = Start-Job -ScriptBlock { Test-Connection -TargetName (Get-Content -Path "Servers.txt") }
$Results = Receive-Job $job -Wait

このコマンドは Start-Job 、このコマンドレットを Test-Connection 使用して、企業内の多くのコンピューターに ping を実行します。 TargetName パラメーターの値は、Get-ContentファイルからServers.txtコンピューター名の一覧を読み取るコマンドです。 このコマンドは、コマンドレットを Start-Job 使用してコマンドをバックグラウンド ジョブとして実行し、そのジョブを変数に $job 保存します。

この Receive-Job コマンドは、ジョブが完了するまで指示され -Wait 、結果を取得して変数に $Results 格納します。

例 5: 接続テストが成功した場合にのみセッションを作成する

この例では、コンピューターに送信された ping の少なくとも 1 つが成功した場合にのみ、Server01 コンピューターにセッションを作成します。

if (Test-Connection -TargetName Server01 -Quiet) { New-PSSession -ComputerName Server01 }

このコマンドレットはTest-ConnectionQuiet パラメーターをServer01指定してコンピューターに ping を実行します。 結果の値は、 $True 4 つの ping のいずれかが成功した場合です。 ping のいずれも成功しない場合、値は $False.

コマンドが Test-Connection 値を $True返す場合、コマンドはコマンドレットを New-PSSession 使用して PSSession を作成します。

例 6: Traceroute パラメーターを使用する

PowerShell 6.0 で導入された Traceroute パラメーターは、ローカル コンピューターと 、TargetName パラメーターで指定したリモート接続先の間のルートをマップします。

Test-Connection -TargetName www.google.com -Traceroute

Target: google.com

Hop Hostname                  Ping Latency Status           Source       TargetAddress
                                      (ms)
--- --------                  ---- ------- ------           ------       -------------
  1 172.20.0.1                   1       4 Success          Lira         172.217.9.174
  1 172.20.0.1                   2       3 Success          Lira         172.217.9.174
  1 172.20.0.1                   3       2 Success          Lira         172.217.9.174
  2 12.108.153.193               1       3 Success          Lira         172.217.9.174
  2 12.108.153.193               2       3 Success          Lira         172.217.9.174
  2 12.108.153.193               3       2 Success          Lira         172.217.9.174
  3 12.244.85.177                1      11 Success          Lira         172.217.9.174
  3 12.244.85.177                2      12 Success          Lira         172.217.9.174
  3 12.244.85.177                3      12 Success          Lira         172.217.9.174
  4 *                            1      14 DestinationNetw… Lira         172.217.9.174
  4 *                            2       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  4 *                            3      20 DestinationNetw… Lira         172.217.9.174
  5 *                            1       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  5 *                            2      15 DestinationNetw… Lira         172.217.9.174
  5 *                            3       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  6 *                            1      18 DestinationNetw… Lira         172.217.9.174
  6 *                            2       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  6 *                            3      16 DestinationNetw… Lira         172.217.9.174
  7 *                            1       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  7 *                            2       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  7 *                            3       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  8 *                            1       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  8 *                            2       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  8 *                            3       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  9 *                            1       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  9 *                            2       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
  9 *                            3       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
 10 *                            1       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
 10 *                            2       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
 10 *                            3       * TimedOut         Lira         172.217.9.174
 11 172.217.9.174                1      23 Success          Lira         172.217.9.174
 11 172.217.9.174                2      21 Success          Lira         172.217.9.174
 11 172.217.9.174                3      22 Success          Lira         172.217.9.174

この Test-Connection コマンドは Traceroute パラメーターを使用して呼び出されます。 結果 (オブジェクト) [Microsoft.PowerShell.Commands.TestConnectionCommand+TraceStatus] は、 Success 出力ストリームに出力されます。

パラメーター

-BufferSize

このコマンドで送信されるバッファーのサイズをバイト単位で指定します。 既定値は 32 です。

Type:Int32
Aliases:Size, Bytes, BS
Position:Named
Default value:32
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Count

送信するエコー要求の数を指定します。 既定値は 4 ですが、

Type:Int32
Position:Named
Default value:4
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Delay

ping 間の間隔を秒単位で指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DontFragment

このパラメーターは、IP ヘッダーの Don't Fragment フラグを設定します。 このパラメーターを BufferSize パラメーターと共に使用して、パスの MTU サイズをテストできます。 Path MTU の詳細については、wikipedia の パス MTU 検出 に関する記事を参照してください。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-IPv4

テストに IPv4 プロトコルを使用するようにコマンドレットを強制します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-IPv6

テストに IPv6 プロトコルを使用するようにコマンドレットを強制します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-MaxHops

ICMP 要求メッセージを送信できるホップの最大数を設定します。 既定値は、オペレーティング システムによって制御されます。 Windows 10 以上の既定値は 128 ホップです。

Type:Int32
Aliases:Ttl, TimeToLive, Hops
Position:Named
Default value:128
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-MtuSize

このパラメーターは、パス MTU サイズを検出するために使用されます。 このコマンドレットは、ターゲットへのパス MTU サイズを含む PingReply#MTUSize オブジェクトを返します。 Path MTU の詳細については、wikipedia の パス MTU 検出 に関する記事を参照してください。

Type:SwitchParameter
Aliases:MtuSizeDetect
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Ping

コマンドレットで ping テストを実行します。 これは、コマンドレットの既定の Test-Connection モードです。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Quiet

Quiet パラメーターはブール値を返します。 このパラメーターを使用すると、すべてのエラーが抑制されます。

テストされる各接続は 、ブール 値を返します。 TargetName パラメーターで複数のコンピューターが指定されている場合は、ブール値の配列が返されます。

特定のターゲット への ping が 成功した場合は、 $True 返されます。

特定のターゲットに対 するすべての ping が失敗した場合は、 $False 返されます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Repeat

コマンドレットが ping 要求を継続的に送信します。 このパラメーターは 、Count パラメーターでは使用できません。

Type:SwitchParameter
Aliases:Continuous
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResolveDestination

コマンドレットでターゲットの DNS 名の解決を試みます。 Traceroute パラメーターと組み合わせて使用すると、可能であれば、すべての中間ホストの DNS 名も取得されます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Source

ping の送信元コンピューターの名前を指定します。 コンピューター名のコンマ区切りのリストを入力します。 既定値はローカル コンピューターです。

注意

このパラメーターは、PowerShell バージョン 6 以降ではサポートされていません。 このパラメーターを指定すると、エラーが発生します。

Type:String
Position:Named
Default value:Local computer
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-TargetName

テストするコンピューターを指定します。 コンピューター名を入力するか、IP アドレスを IPv4 または IPv6 形式で入力します。

Type:String[]
Aliases:ComputerName
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-TcpPort

TCP 接続テストで使用するターゲットの TCP ポート番号を指定します。 このコマンドレットは、ターゲット上の指定されたポートへの TCP 接続を試行します。

接続が可能な場合は、 $True 返されます。

接続できない場合は、 $False 返されます。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-TimeoutSeconds

テストのタイムアウト値を設定します。 タイムアウトが切れる前に応答を受信しなかった場合、テストは失敗します。 既定値は 5 秒です。

このパラメーターは、PowerShell 6.0 で導入されました。

Type:Int32
Position:Named
Default value:5 seconds
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Traceroute

コマンドレットで traceroute テストを実行します。 このパラメーターを使用すると、コマンドレットはオブジェクトを TestConnectionCommand+TraceStatus 返します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

None

このコマンドレットに入力をパイプすることはできません。

出力

TestConnectionCommand+PingStatus, TestConnectionCommand+TraceStatus, Boolean, TestConnectionCommand+PingMtuStatus

既定では、 Test-Connection ping 応答ごとに TestConnectionCommand+PingStatus オブジェクトを返します。

Traceroute パラメーターを指定すると、ルートに沿った ping 応答ごとに TestConnectionCommand+TraceStatus オブジェクトが返されます。

Quiet パラメーターまたは TcpPort パラメーターを指定すると、ブール値が返されます。 複数の接続がテストされた場合は、 ブール 値の配列が返されます。