Remove-SPOSite

SharePoint Online サイト コレクションを SharePoint Online のごみ箱に送ります。

構文

Remove-SPOSite
      [-Confirm]
      -Identity <SpoSitePipeBind>
      [-NoWait]
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]

説明

Remove-SPOSite コマンドレットは、サイト コレクションの一覧からサイト コレクションを完全に削除するものではありません。 削除されたサイト コレクションは、ごみ箱に移されます。 Restore-SPODeletedSite コマンドレットを使用すると、サイト コレクションをごみ箱から復元できます。 サイト コレクションを完全に削除するには、まず Remove-SPOSite コマンドレットを使用してサイト コレクションをごみ箱に移動してから、Remove-SPODeletedSite コマンドレットを使用してサイト コレクションをごみ箱から削除します。

コマンドレットを実行するには、SharePoint Online 管理者かグローバル管理者で、かつサイト コレクション管理者でもある必要があります。

SharePoint Online の Windows PowerShell のアクセス許可と最新の情報については、「SharePoint Online 管理シェルの概要」を参照してください。

-----------------------例 1-----------------------------

Remove-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 -NoWait

この例は、サイト コレクションの一覧から https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 というサイト コレクションを直ちに削除し、ごみ箱に移動します。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Identity

削除するサイト コレクションの URL を指定します。

Type:SpoSitePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoWait

即座にスクリプト実行を続行することを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online