Submit-SPOMigrationJob

: このコマンドレットは非推奨になりました。 PowerShell を使用して SharePoint と Microsoft 365 に移行するには、「PowerShell を使用して SharePoint に移行する」を参照してください。

Azure BLOB ストレージに以前アップロードしたパッケージを参照する新しい移行ジョブをサイト コレクションに送信するコマンドレットです。

構文

Submit-SPOMigrationJob
      [-TargetWebUrl] <String>
      [-FileContainerUri] <String>
      [-PackageContainerUri] <String>
      [-AzureQueueUri <String>]
      -Credentials <CredentialCmdletPipeBind>
      [-EncryptionParameters <EncryptionParameters>]
      [-NoLogFile]
      [<CommonParameters>]
Submit-SPOMigrationJob
      [-TargetWebUrl] <String>
      [-MigrationPackageAzureLocations] <MigrationPackageAzureLocations>
      -Credentials <CredentialCmdletPipeBind>
      [-EncryptionParameters <EncryptionParameters>]
      [-NoLogFile]
      [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用方法の詳細については、「コマンドレット パラメーター セット」を参照してください。

このコマンドレットは、MigrationJobId を表す GUID 値を返すか、ジョブが正常に作成されなかった場合は空の GUID を返します。

-----------------------例 1-----------------------------

Submit-SPOMigrationJob -TargetUrl https://contoso.sharepoint.com/sites/TargetSite/TargetWeb -FileContainerUri "https://migrationstore.blob.core.windows.net/migration-files?sv=2014-02-14&sr=c&sig=THTTJoeGHysxRLgv22j473XYS2blH1YAVIdsfWrPhq8=&se=2015-04-06T05:09:36Z&sp=rl" -PackageContainerUri "https://migrationstore.blob.core.windows.net/migration-package?sv=2014-02-14&sr=c&sig=2PCBJtiXsVWiK5GrY7jBEdyEAwtunQNJLH8uo6I0+Ew=&se=2015-04-06T05:09:37Z&sp=rwl"

次の使用例は、URL ''https://contoso.sharepoint.com/sites/TargetSite/TargetWeb の Web のターゲット サイト コレクションに新しい移行ジョブを作成します。移行ジョブには、コマンドに渡されるファイルとパッケージ のメタデータ Azure Storage コンテナーに関する情報が含まれています。

-----------------------例 2-----------------------------

Submit-SPOMigrationJob -TargetUrl https://contoso.sharepoint.com/sites/TargetSite/TargetWeb -MigrationPackageAzureLocations $azurelocations

次の使用例は、URL ''https://contoso.sharepoint.com/sites/TargetSite/TargetWeb の Web のターゲット サイト コレクションに新しい移行ジョブを作成します。移行ジョブには、コマンドに渡されるファイルとパッケージ のメタデータ Azure Storage コンテナーに関する情報が含まれています。

パラメーター

-AzureQueueUri

インポート時にインポート操作がイベントを一覧表示する Azure Storage レポート キューを表す、省略可能な完全修飾 URL と SAS トークン。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Credentials

サイト コレクションへの接続に使用するサイト コレクションの管理者の省略可能な資格情報。 資格情報は、UPN 形式 (例: ) でユーザー名を指定する必要があります。 user@company.onmicrosoft.com このプロパティが設定されていない場合、セッションの以前の 呼び出し Connect-SPOService の現在のテナント管理者資格情報がサイト コレクションへの接続に使用されます。

Type:CredentialCmdletPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-EncryptionParameters

EncryptionParameters オブジェクト。 詳細については、「 New-SPOMigrationEncryptionParameters 」を参照してください。

Type:EncryptionParameters
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-FileContainerUri

パッケージ コンテンツ ファイルを保持するAzure Blob Storage コンテナーを表す完全修飾 URL と SAS トークン。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-MigrationPackageAzureLocations

パッケージのコンテンツとメタデータ ファイル、省略可能な Azure Storage レポート キューを保持する Azure Blob Storage コンテナーを表す一連の完全修飾 URL および SAS トークン。 このオブジェクトは、コマンドレットの正常な処理中に Set-SPOMigrationPackageAzureSource 返されます。

Type:MigrationPackageAzureLocations
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoLogFile

ログ ファイルを作成しないことを示します。 既定では、現在のディレクトリ内に新しい CreateMigrationJob ログ ファイルを作成します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-PackageContainerUri

パッケージ メタデータ ファイルを保持するAzure Blob Storage コンテナーを表す完全修飾 URL と SAS トークン。

Type:String
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetWebUrl

パッケージのインポート先の完全修飾ターゲット Web URL です。 これには、 の間 ConvertTo-SPOMigrationTargetedPackageに使用されたのと同じ TargetWebURL が含まれている必要があります。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

入力

Microsoft.Online.SharePoint.Migration.MigrationPackageAzureLocations

出力

System.Object