Backup-SPConfigurationDatabase

ファームレベルの構成のみをバックアップします。

構文

Backup-SPConfigurationDatabase
      -Directory <String>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-DatabaseCredentials <PSCredential>]
      [-DatabaseName <String>]
      [-DatabaseServer <String>]
      [-Item <String>]
      [<CommonParameters>]
Backup-SPConfigurationDatabase
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-DatabaseCredentials <PSCredential>]
      [-DatabaseName <String>]
      [-DatabaseServer <String>]
      [-Item <String>]
      [-ShowTree]
      [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

Backup-SPConfigurationDatabase コマンドレットでは、現在のファームの構成のみか、現在のファームに接続していない独立した構成データベースの構成のみをバックアップします。 現在のファームの構成のみをバックアップする場合は、DatabaseServer パラメーターと DatabaseName パラメーターを指定する必要はありません。 ただし、このようなシナリオでは、ConfigurationOnly パラメーターで Backup-SPFarm コマンドレットを使用することをお勧めします。

管理者がファーム構成テンプレートを作成して構成をバックアップすると、Restore-SPFarm コマンドレットで復元することにより、そのファーム構成テンプレートを他の SharePoint ファームに適用できます。

SharePoint 製品のWindows PowerShellに関するアクセス許可と最新の情報については、次のオンライン ドキュメントを参照https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251831してください。

------------------- 例 1 --------------------

Backup-SPConfigurationDatabase -DatabaseName SharePoint_Config -DatabaseServer SqlServer1 -Directory \\server\share\Backup -ShowTree

この例では、構成のみのバックアップに含めることができるコンポーネントを表示します。

------------------- 例 2 --------------------

Backup-SPConfigurationDatabase -DatabaseName SharePoint_Config -DatabaseServer SqlServer1 -Directory \\server\share\Backup -Verbose

この例では、構成のみのバックアップを実行し、詳細情報を表示します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseCredentials

SQL Server データベースの管理者のユーザー名に対応する ID およびパスワードを指定します。

This parameter should only be specified if SQL authentication is used to connect to the database. If Windows authentication is used to connect to the database, then this parameter should not be specified.

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseName

構成データベース名を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseServer

構成データベースを含む SQL データベース サーバーを指定します。 既定値はローカル コンピューター名です。

この型は、有効なデータベース サーバー (DS など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Directory

SharePoint Products が生成するバックアップ パッケージを格納するパスを指定します。 SQL Serverと SharePoint 製品のインスタンスがインストールされているコンピューターがある場合は、ローカル ドライブ パスを使用できます。 This includes a basic installation. ただし、SQL Serverと SharePoint 製品が複数のコンピューターにインストールされている場合、または SharePoint 製品を実行している複数のサーバーがある場合は、SQL Server データベースと検索コンポーネントが同じ場所 (computer_name\volume\Backup など\\) に書き込まれるように、ユニバーサル名前付け規則 (UNC) 共有パスを使用する必要があります。

Multiple backup packages can be stored in the same location. This is the same path that you pass to the Directory parameter of the Restore-SPFarm cmdlet.

この型は、どちらかの形式の有効なパスであることが必要です。

  • C:\folder_name
  • \\server_name\folder_name

spbr* フォルダーは自動的に作成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Item

Indicates the part of the farm to back up. You may use the full farm path notation as displayed by the ShowTree parameter or the name of the target component in the path if the component has a unique name. If multiple items match the name, the full path must be provided. Surround the item or path in quotation marks if it contains a space.

Item パラメーターを指定しない場合は、ファーム構成全体がバックアップされます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ShowTree

バックアップ コマンドレットに渡す他のパラメーターに基づいてファーム内のバックアップするオブジェクト ( Item ) を表示します。 Backup-SPConfigurationDatabase コマンドレットに渡す他のパラメーターに基づいてバックアップから除外されるアイテムには、前にアスタリスク文字 (*) が付きます。 バックアップできない項目は、角かっこ ()[ ]で囲まれます。 ShowTree パラメーターを指定しない場合、バックアップは実行されません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition