Import-SPAccessServicesDatabase

Data-Tier フレームワークを使用して、Access Services データベースを DACPAC にインポートします。

構文

Import-SPAccessServicesDatabase
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      -Bacpac <Byte[]>
      -DatabaseName <String>
      -ServerReferenceId <Guid>
      [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは、Access Services データベースを DACPAC にエクスポートします。 このコマンドレットでは、コマンドレットを実行する SharePoint サーバーに Data-Tier Framework をインストールする必要があります。 Data-Tier Framework パッケージは、Microsoft® SQL Server Data-Tier ® Application Framework (17.4.1 GA DacFx) にあります。 ダウンロードから次の MSI をインストールします。

EN\x86\DacFramework.msi

注: x86 パッケージが必要です。 x64 パッケージは、このコマンドレットと互換性がありません。

データ層アプリケーションでの Data-Tier Framework の詳細を参照してください。

例 1

$accessDb = Get-SPAccessServicesDatabaseServer -ServiceContext http://site_url -DatabaseServer SQLSERVERNAME -DatabaseServerGroup DEFAULT
Import-SPAccessServicesDatabase -DatabaseName accessDatabaseName -ServerReferenceId $accessDb.ServerReferenceId -Bacpac (Get-Content -Path C:\accessDb.bacpac -Encoding Byte)

この例では、Access Services サービス アプリケーションのSQL Serverの ServerReferenceId 値を取得します。-DatabaseServerGroup は既定で既定値に設定されています。 次の手順では、bacpac ファイルをバイト配列にインポートし、最後に、指定した SQL データベース名として Access Services Database を指定したSQL Serverにインポートします。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-Bacpac

bacpac ファイルのバイト配列。

Type:Byte[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DatabaseName

bacpac ファイルから作成するデータベースの名前。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ServerReferenceId

アクセス データベースに使用する ServerReferenceId。

Type:Guid
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

入力

System.String

System.Guid System.Byte[] Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

出力

System.Object