New-SPMetadataServiceApplication

新しい Managed Metadata Service アプリケーションを作成します。

構文

New-SPMetadataServiceApplication
   -Name <String>
   [-AdministratorAccount <String>]
   -ApplicationPool <SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CacheTimeCheckInterval <Int32>]
   [-Confirm]
   [-DatabaseCredentials <PSCredential>]
   [-DatabaseName <String>]
   [-DatabaseServer <String>]
   [-FailoverDatabaseServer <String>]
   [-FullAccessAccount <String>]
   [-HubUri <String>]
   [-MaxChannelCache <Int32>]
   [-PartitionMode]
   [-ReadAccessAccount <String>]
   [-RestrictedAccount <String>]
   [-SyndicationErrorReportEnabled]
   [-WhatIf]
   [-DisablePartitionQuota]
   [-DeferUpgradeActions]
   [<CommonParameters>]
New-SPMetadataServiceApplication
   -Name <String>
   [-AdministratorAccount <String>]
   -ApplicationPool <SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CacheTimeCheckInterval <Int32>]
   [-Confirm]
   [-DatabaseCredentials <PSCredential>]
   [-DatabaseName <String>]
   [-DatabaseServer <String>]
   [-FailoverDatabaseServer <String>]
   [-FullAccessAccount <String>]
   [-HubUri <String>]
   [-MaxChannelCache <Int32>]
   [-PartitionMode]
   [-ReadAccessAccount <String>]
   [-RestrictedAccount <String>]
   [-SyndicationErrorReportEnabled]
   [-WhatIf]
   -GroupsPerPartition <Int32>
   -LabelsPerPartition <Int32>
   -PropertiesPerPartition <Int32>
   -TermSetsPerPartition <Int32>
   -TermsPerPartition <Int32>
   [-DeferUpgradeActions]
   [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットを New-SPMetadataServiceApplication 使用して、新しいマネージド メタデータ サービス アプリケーションを作成します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------- 例 1 -------------

New-SPMetadataServiceApplication -Name "MetadataServiceApp1" -ApplicationPool "AppPool1" -DatabaseName "MetadataDB1"

この例では、新しい Managed Metadata Service アプリケーションを作成します。

------------------- 例 2 -------------

New-SPMetadataServiceApplication -Name "MetadataServiceApp2" -ApplicationPool "AppPool1" -DatabaseName "MetadataDB2" -HubUri "https://sitename" -SyndicationErrorReportEnabled

This example creates a new managed metadata service application and specifies a content type hub to be used for syndication. It also enables error reporting during syndication.

------------------- 例 3 -------------

New-SPMetadataServiceApplication -Name "MetadataServiceApp3" -ApplicationPool "AppPool1" -DatabaseName "MetadataDB3" -PartitionMode

この例では、購読の各サイトで使用するための、パーティション分割された新しい Managed Metadata Service アプリケーションを作成します。

パラメーター

-AdministratorAccount

サービス アプリケーションを作成して実行できる形式 <domain>\<account> のユーザー アカウントまたはサービス アカウントのコンマ区切りリスト。 アカウントは既に存在している必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ApplicationPool

新しい Managed Metadata Service アプリケーションを実行するための既存の IIS アプリケーション プールを指定します。

値は、SPServiceApplicationPool オブジェクトの ID である GUID であるか、既存のアプリケーション プールの名前であるか、SPServiceApplicationPool オブジェクトのインスタンスである必要があります。

Type:SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-CacheTimeCheckInterval

Specifies an interval, in seconds, that a front-end Web Server should wait before asking the application server for changes. This value is set per timer job, client application, or Web application.

最小値は 1、最大値はありません。 既定値は 10 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseCredentials

データベース SQL 認証用のユーザー名とパスワードを含む PSCredential オブジェクトを指定します。

SQL 認証を使用する場合は、DatabaseCredentials を指定するか、または、DatabaseUserName と DatabasePassword の両方のパラメーターを設定する必要があります。

この型は、有効な PSCredential オブジェクトであることが必要です。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseName

新しい Managed Metadata Service アプリケーション用に作成するデータベースの名前を指定します。

この型は、有効な SQL Server データベース名 (MeatadataDB1 など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseServer

DatabaseName で指定したデータベースのホスト サーバーの名前を指定します。

この型は、有効な SQL Server データベース名 (SqlServerHost1 など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DeferUpgradeActions

アップグレード処理を延期して手動で実行するかどうかを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DisablePartitionQuota

パーティション クォータを無効にします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-FailoverDatabaseServer

フェールオーバー データベース サーバーのホスト サーバーの名前を指定します。

この型は、有効な SQL Server ホスト名 (SQLServerHost1 など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-FullAccessAccount

マネージド メタデータ サービスの用語ストアとコンテンツ タイプ ギャラリーに対する読み取り/書き込みアクセス許可を付与する形式 <domain>\<account> で、アプリケーション プール アカウントのコンマ区切りセットを指定します。 アカウントは既に存在している必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-GroupsPerPartition

パーティションあたりの用語グループの最大数を設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-HubUri

サービスがアクセスを提供するコンテンツ タイプ ギャラリーを含む、サイト コレクションの完全修飾 URL を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-LabelsPerPartition

パーティションあたりのラベルの最大数を設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxChannelCache

フロントエンド Web サーバーがアプリケーション サーバーに開放する Windows Communication Foundation (WCF) チャネルの最大数を指定します。

この値は、タイマー ジョブ、クライアント アプリケーション、または Web アプリケーションごとに設定します。

最小値は 0、最大値はありません。 既定値は 4 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Name

作成するサービス アプリケーションの名前を指定します。 名前には最大 128 文字を使用することができます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-PartitionMode

サービス アプリケーションで購読によってデータを制限するように指定します。

メモ サービス アプリケーションの作成後に、このプロパティを変更することはできません。

このプロパティは、SharePoint Server 2019には影響しません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-PropertiesPerPartition

パーティションごとのプロパティの最大数を設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ReadAccessAccount

マネージド メタデータ サービスの用語ストアとコンテンツ タイプ ギャラリーに対する読み取り専用アクセス許可が付与される形式 <domain>\<account> で、アプリケーション プール アカウントのコンマ区切りのセットを指定します。

アカウントは既に存在している必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-RestrictedAccount

マネージド メタデータ サービスの用語ストアとコンテンツ タイプ ギャラリーを読み取るアクセス許可と、用語セットとローカル用語セットを開き、新しいエンタープライズ キーワードを作成するための書き込みアクセス許可が付与される形式 <domain>\<account> のアプリケーション プール アカウントのコンマ区切りセットを指定します。

アカウントは既に存在している必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SyndicationErrorReportEnabled

コンテンツ タイプをインポートするときのエラー報告を有効にします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-TermSetsPerPartition

パーティションあたりの用語セットの最大数を設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-TermsPerPartition

パーティションあたりの使用条件の最大数を設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition