Remove-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule

クエリ結果の範囲を削除します。

構文

Remove-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule
      [-Identity] <ScopeRulePipeBind>
      -Url <Uri>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-Confirm]
      [-Scope <ScopePipeBind>]
      [-SearchApplication <SearchServiceApplicationPipeBind>]
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]

説明

Search Service アプリケーションを SharePoint Server にアップグレードした後は、共有スコープを表示できますが、作成、更新、または削除することはできません。 つまり、アップグレード後に共有範囲に対してこのコマンドレットを使用することはできません。 しかし、共有範囲は、同様の結果が得られる検索先に変換できます。 同様に、SharePoint Server サイト コレクションを SharePoint Server にアップグレードした後は、ローカル スコープを表示できますが、作成、更新、または削除することはできません。 つまり、サイト コレクションをアップグレードした後で、ローカル範囲にこのコマンドレットを使用することはできません。 しかし、ローカル範囲は、同様の結果が得られる検索先に変換できます。

コマンドレットは Remove-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule 、スコープ 規則コレクションから 1 つ以上の共有スコープ 規則を削除します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品の権限の詳細と最新情報については、https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251831にあるオンライン ドキュメントを参照してください。

------------------ 例 ------------------

$ssa = Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication -Identity "MySSA"
$scope = Get-SPEnterpriseSearchQueryScope -Identity MustCrawl -SearchApplication $ssa
Get-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule -Scope $scope -Url https://criticalSite | Remove-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule -Url https://criticalSite

次の使用例は、MySSA という名前の検索サービス アプリケーションから URL https://criticalSite のスコープ 規則を削除します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

削除する範囲ルールを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、範囲ルールの有効な名前 (Scope1 など) であるか、有効な ScopeRule オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:ScopeRulePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Scope

範囲を指定して複数のルールを削除するためのフィルター。

この型は、範囲を識別する有効な文字列 (Scope1 など) であることが必要です。

Type:ScopePipeBind
Aliases:n
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SearchApplication

クエリ範囲ルールのコレクションを含む検索アプリケーションを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、検索アプリケーションの有効な名前 (SearchApp1 など) であるか、有効な SearchServiceApplication オブジェクトのインスタンスであることが必要です。

Type:SearchServiceApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Url

結果の URL を指定してクエリ範囲ルールを削除するためのフィルター。

この型は、http://<サーバー名>/<サイト名>/<ページ名> という形式の有効な URL であることが必要です。

Type:Uri
Aliases:u
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition