Remove-SPSocialItemByDate

タグ、メモ、または評価を削除します。

構文

Remove-SPSocialItemByDate
      -EndDate <DateTime>
      -ProfileServiceApplicationProxy <SPServiceApplicationProxyPipeBind>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-Confirm]
      [-RemoveComments <Boolean>]
      [-RemoveRatings <Boolean>]
      [-RemoveTags <Boolean>]
      [-SiteSubscription <SPSiteSubscriptionPipeBind>]
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットを使用して、特定の Remove-SPSocialItemByDate 日付より前に作成された、タグ、メモ、評価を削除します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

----------------------EXAMPLE-----------------------

Remove-SPSocialItemByDate -RemoveTags 1 -ProfileServiceApplicationProxy c6681d53-e6c4-432f-9f31-22d3de81b00c -EndDate 9/15/2009

この例では、指定したユーザー プロファイル サービス アプリケーションのプロキシから 2009 年 9 月 15 日 (9/15/09) 以前のタグを削除します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-EndDate

日付を指定します。この日付以前に作成されたデータが削除されます。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ProfileServiceApplicationProxy

プロキシの一意な識別子を指定します。

Type:SPServiceApplicationProxyPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-RemoveComments

このパラメーターを指定すると、コメントが削除されます。

PasswordQuality パラメーターは、デバイス パスワードに必要なパスワードの最小品質レベルを指定します。パスワードの品質は、パスワードのセキュリティと複雑さを示す数値の尺度です。品質の値が大きいほど、より安全なパスワードであることを示します。

-- $True -- $False

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-RemoveRatings

このパラメーターを指定すると、評価が削除されます。

PasswordQuality パラメーターは、デバイス パスワードに必要なパスワードの最小品質レベルを指定します。パスワードの品質は、パスワードのセキュリティと複雑さを示す数値の尺度です。品質の値が大きいほど、より安全なパスワードであることを示します。

--$True --$False

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-RemoveTags

このパラメーターを指定すると、タグが削除されます。

PasswordQuality パラメーターは、デバイス パスワードに必要なパスワードの最小品質レベルを指定します。パスワードの品質は、パスワードのセキュリティと複雑さを示す数値の尺度です。品質の値が大きいほど、より安全なパスワードであることを示します。

--$True --$False

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SiteSubscription

このサービスの実行に使用するアカウントを指定します。 このパラメーターは、ホスト環境では必須、非ホスト環境では省略可です。

Type:SPSiteSubscriptionPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition